転職でもOB訪問はすべき?した方が有利になる?

転職でもOB訪問はすべき?した方が有利になる?345376cc4cc35d983550c316208535bb_s

転職活動をする場合において、OB訪問ってやった方が良いのでしょうか?というか、そもそも転職でOB訪問なんてものがあるのか?と思っている方もいると思いますけど。転職活動でも、それほど活発ではないかもしれませんが、OB訪問自体は行われていますし、やろうとおもえばできるみたいですね。企業のOBが協力してくれるのであれば、それを利用しても構わないということでしょう。OB訪問ができるならやった方が良いか?というと、メリットはないこともないと思います。ただ、絶対にやらないといけないというものではないので、その気になれないような人は無理してやる必要はないと思います。以下で、転職においても、就職活動のようなOB訪問をする意味や必要性について考えていきたいと思います。

 

OB訪問をして手に入れた情報は確実には信用できない

OB訪問というのは、これから長くお世話になるかもしれない会社のことを深く理解するため、またはそれを生かして面接での合格率を上げるために行われるものです。OB訪問自体は時間や手間がかかるという面はありますけど、やれるならやった方が良いのかもしれません。ただ、そこで話された内容を全て鵜呑みにはしない方が良いと思うのです。それはOBやOGと直接会って、話を聞けるにしても、相手が話している内容が全て真実である保証はないからです。当然、嘘というか、ちょっと事実と違うことを認識しながら話している可能性も考えるべきです。それはどうしてか?というと、そのOBやOGだって、会社内での自分の立場を気にしないといけないので、何でも気軽に話して良いわけじゃない。例えば、自分が職場に不満を持っていたとして、「職場の雰囲気ってどうですか?」と質問を受けて、「いやー、クソですよ」なんて言えるわけがない。多分、可もなく不可もなくな回答になることが多いと思います。それは会社に関する腑の部分を伝えてしまうと、当然会社の名誉を下げることになり、それをしたのが自分だとバレたらヤバいですよね。

 

そうなると、企業の顔色を気にしながらの発言になることも予想されるために、多くの人が聞きたい、職場の雰囲気はどうか?とか、給料や休日などの待遇、残業は多いとか、そういったことはある種濁されてしまう可能性もあり、どれだけ参考にできるのか?というのは未知数です。逆に聞いて意味があるとしたら、そのOBに面接対策はどうやったか?とか、面接でどんなことが聞かれたか?どう答えたか?などです。これは企業の顔色を伺う必要性が乏しく、そのまま本当のことを答えても、企業の名誉を毀損する可能性はないでしょうから、かなり身のある話が聞けるかもしれません。

 

企業の実態、内情を本当に知りたいのであれば

先ほど言った企業の本当の内情を知りたいのであれば、OB訪問よりも「10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス」を利用した方が確実だと思います。ここは全国の企業に関する口コミが掲載されており、実際にそこで働いたことのある人からの情報提供になります。働いた感想とか、仕事は楽しい?つまらない?やりがいはどんな感じ?給料は?とか、そういったなかなか企業の内部の人間しか知りえない情報が生々しく掲載されていると思われます。というのも、ここは匿名で書き込めます。OB訪問みたいに直接を顔を合わせるわけでもないし、書いた人の名前も分かりませんから、情報提供者もある意味本音を書けてしまうのです。書いた人が誰か?特定できませんから、自分の会社の中でも立場などを気にしないで書き込めてしまうので、そこの情報はかなり信用力があるのではないでしょうか?

 

転職でOB訪問をすると、面接官の評価アップ!?

ただ、OB訪問をすることで、やっぱり面接で有利になる可能性もあります。それは先ほど言ったようにOBから面接対策についての話を聞けるということもありますけど、チラっと、面接をしたときに「実はOB訪問をしたときに・・・」と話せば、面接官も「この人はいちいちOB訪問までしたのか!」と思ってくれると思うのです。転職活動では、OB訪問はそれほど一般的とはいえないと思うので、ある種そういった少しでも企業について詳しく知っていこうという姿勢やどうしてもここで働きたいという熱意が、面接官から見ても感じられると思うのです。OB訪問をすること自体が、企業に対する熱意の表れだとするならば、そこは間違いなく面接官の印象を良くする材料の1つになると思います。

 

転職エージェントサイトで、「マイナビ」は欠かせない!

ところで、転職エージェントサイトって、どんなところを登録していますか?個人的には特にオススメしたいのは「マイナビエージェント」です。ここは、スカウトが来るってところが非常に大きな特徴になります。スカウトって何か?っていうと、あらかじめサイトでWEB履歴書なるものを作成しておくと、それを見た各企業の人事があなたに直々にメールをよこしてくれるのです。それは説明会に来てくれませんか?といったものから、中にはいきなり面接を受けてください!という書類選考をパスできる「面接保証メール」もあります。このスカウトは企業があなたに興味を盛っている証拠でもあり、上手く利用していくと転職が成功する可能性を高めるものですよね。また、いろいろな企業からスカウトが来ると、自分が考えてもいなかった業界から意外に評価されている?ということにも気付けますし、今後の転職活動の幅が広がります。

 

マイナビエージェントでは、その他いろいろな手厚いサポートが受けられて、例えば、企業に応募する際に必要書類に添えて、キャリアコンサルタントの推薦状が送付されたりもします。これは普段から多くの企業と付き合いの深いキャリアコンサルタントが自分から見て、求職者の魅力や長所といった部分をまとめて企業に送付してくれるものです。企業からしたら、必要書類やその後の面接では分からない部分を補填してくれて、かついつも付き合っている信頼できるキャリアコンサルタントからの評価なので、かなり参考にしてくれるでしょうし、結果的に採用確率も上がりそうですよね!本気で転職したい方、他の転職活動をしている方に差をつけたい方であれば、是非オススメしたいですね。これから転職を始める方は勿論、もう始めていてすでにエージェントサイトに登録している方も複数登録しておくと、より転職活動の幅が広がったり、手厚い支援を受けられたり、スカウトなどの便利な機能もありますから、損はないと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

何度も転職を繰り返すと年収が下がる?逆に上がるパターンも

転職をすると年収が下がると、一部言われていることもありますけど、本当にそうでしょうか?勿論、

記事を読む

日本史のセンターから日東駒専までのレベルや難易度は?教科書だけで対策はOK?

日本史を選んでいる人はセンター試験を受ける人も多いと思いますけど、日本史のセンター試験のレベ

記事を読む

コンビニのおでんの時期はいつから?いつまで販売?一年中のケースもありうる

コンビニのおでんは結構いろいろな時期で売っていることが多いです。コンビニのおでんは冬だけの販

記事を読む

転職で利用者が急増中!Swicth.は登録すべき求人サイト

転職活動は大変ですよね。多くの企業を見て、その中から自分に合った1社を探さないといけないわけ

記事を読む

指定校推薦に合格後の取り消しの理由や過ごし方は?バイトや赤点をとって成績が悪い、欠席が多いなど

指定校推薦は学校内の推薦に通れば、大学の試験を受けてほぼ100%合格が決まります。そして、実

記事を読む

成城大学の看板学部は?偏差値で学部ごとの順位や序列を比較するとどうなる?

成城大学というのは東京都にある私立大学で偏差値もそれなりに高いです。したがって、受かるのは難

記事を読む

社会人に相応しいのは長財布?二つ折り?色は何色が最適?

社会人になると、身に付けるものいろいろと気を使わないといけないのがダルいと感じている方も多い

記事を読む

神戸大学と横浜国立大学はどっちが上?どっちがいい?難易度のレベルや就職で比較

神戸大学というと関西の中ではかなり知名度のある国立大学ですが、関東で言うと横浜国立大学も似た

記事を読む

日本大学文理学部の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインはどうなっている?

日本大学の中でも特に学科が多くて、難易度がそれぞれで全然違うと言えるのが文理学部になります。

記事を読む

名古屋大学のキャンパスの雰囲気や評判は?就職率や就職状況はどうか?就職先は大手も十分あるが

名古屋大学は旧帝大の1つとして非常に難しい、有名な大学ではありますが、これから受験していく人

記事を読む

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と

中央学院大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

中央学院大学という大学が千葉県にありますが、こちらは偏差値はそ

恵泉女学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や入試科目とボーダーラインの情報

恵泉女学園大学は東京都多摩市にキャンパスがある女子大になります

相模女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは何割か?

神奈川県の相模原市にある相模女子大学は知名度はそこまでないかも

百貨店への就職の難易度や倍率は?評判は激務で将来性はマズイのか?

百貨店への就職を考えている人もいると思いますけど、百貨店への就

→もっと見る

PAGE TOP ↑