引越しの見積もりはいつから?いつまで?にやれば良い?

公開日: : 最終更新日:2015/09/03 その他の話題

引越しの見積もりはいつから?いつまで?にやれば良い?d561eb8a917c208f769b737a5cc7fa62_s

春はやはり引越しをする時期ですよね。多くの方々が新生活をスタートする時期ですから、全国で引越しが盛んです。それ以外の季節も引越しをする人はたくさんいます。それはシーズンを避ければ多少料金が安くなるというメリットがあるからですね。多くの場合、引越しをするときには見積もりをしますよね。その見積もりは今はほとんどネットから行うのが当たり前になっており、それ以外の方法ではあまり行われないと思います。ネットから情報を入力して、見積もりを依頼したい業者を自由に選んで、クリック1つで見積り依頼が完了です。どれだけの業者に依頼をするにしても、かける手間は一緒というのが大きいですね。さて、そんな見積もりを行う時期というのは、一体いつが良いのでしょうか?というか、どれくらい前にやるべきなのでしょうか?

 

見積もりを依頼する時期は、早ければ早いほど良い

引越しをすることがすでに決定していて、引越しをする時期というのもすでにある程度決まっている(いつでも良い場合も含む)場合には、基本的には早い方が良いと思います。遅くて損をすることがあっても、早くて損をすることはないからです。少なくとも、ギリギリになると、間違いなく損をすると思います。それはギリギリになればなるほど、すでに引越し業者に依頼がかなりきていたりして、見積もりを経て、実際に引越しを依頼を出したときに予定がいっぱいで対応してくれない場合も十分考えられるからです。だから、せっかく見積もりをして、かなり格安の良い業者を見つけた!よし!ここにしよう!と思っても、それが引越しをしたい日のかなりギリギリな場合は、すでに依頼が殺到していて、予定が埋まってしまっていて、断られてしまうケースも十分ありえますから。

 

見積もりを早くから行うと、値引き交渉で確実に有利!

また、見積もりをとりあえず集めた後は値引き交渉とかする人はしますよね。値引き交渉は複数の引越し業者の見積もりのデータが手に入った段階で、その中で1番安い料金を提示してくれた業者を引き合いに出して、他の業者に「〇〇さんは〇〇円だったんですけど、もう少し安くなりませんか?安くなれば、ここにお願いしようかなー?」といった値引き交渉をすると、結構応じてくれるケースが多いのです。引越し業可の値引きはかなり日常茶飯事なので、むしろ値引きをしてもらわないと損といえるかもしれません。値引きの交渉をする時間を確保するには、見積もりから、引越しをしてもらいたい日までの間にかなり余裕があった方が良いです。余裕がないと、そんなことをしている時間がないと思うので、見積もりで出た金額そのままで依頼をするしかなくなってしまいます。それもやっぱり損ですよね。

 

実際、引越し業者も長年仕事をしてきている中で、明らかにお客さんの心理状況を見抜いているのです。それはギリギリになればなるほど、こっちに余裕がない、だから交渉をしている時間的余裕がないのは向こうは感じていますから、仮に交渉をしても、応じてくれない可能性が高まります。それは値引き交渉に応じなくても、早く引越しをしないといけない状況であれば、じゃあしょうがない!早くお願いします!と値引きナシで依頼をしてくれる可能性が高いからです。だから、向こうもプロですから、お客さんの思惑は抜いていて、主導権を完全とられてしまうのです。だからこそ、逆に値引き交渉に応じないと、別のところにお願いするから良いです!と断られてしまう可能性の高い、時間的余裕のある時期に値引き交渉を行うと、応じてくれる可能性が高いのです。だからこそ、値引き交渉をするための時間がたっぷりあるんですよ?ということを業者にアピールするつもりで、見積もりから引越しをしたい日までの時間を多めに用意しておくと良いのです。

 

いつまでに引越しの見積もりを始めれば良いのか?

したがって、余裕があれっばあるほど良いので、引越しをすることが決まっていて、時期もある程度決まっている場合には、すぐにでもやって損はないです。早ければ早いほど、引越し予定日まで時間があればあるほど有利、値引き交渉をしやすいというのがありますからね。遅くとも、引越しを予定している日から1ヶ月、2ヶ月くらい前には見積もりを始めないと、ほとんど値引きもできずに高い料金で引越しをしないといけない可能性が出てきてしまいます。引越しの料金は値引きされた標準価格くらいだと思った方が良いと思いますから、値引きされないで行うと、それは単純に払いすぎ、損をしている、と見た方が良いと思います。引越しにそんなに慣れていないという方、初めてという方は尚更やはり手間取る可能性もありますから、より早く見積もりをした方が良いと思います。

 

ネットからの一括見積もりが凄い便利なんです!

ネットからの一括見積もりは、あらかじめ情報を入力さえしてしまって、希望する引越し業者を好きなだけ選択すると、一括で見積もりの依頼が完了です。そして、その最大手ともいえるのが「HOME’S引越し見積もり」です。ここは、全国の大手から中小まで100社もの業者に一括して見積もりができるのです。見積もりできる業者が多ければ多いほど良い理由としては、見積もりが多くできた方がより安い金額を提示してくれる業者が現れやすいからです。したがって、1円でも安く引越しをしたいのであれば、1社でも多く見積もりを依頼できるサイトを利用した方が良いということになります。そして、ホームズの特徴としては、各引越し業者の口コミなども同時に調べられるということです。ここは過去に実際にその業者を利用した人の感想(満足した点、不満な点など)を自由に閲覧できて、業者選びの参考にすることができます。安い業者に越したことはないけど、ただ安いだけじゃ心配という方もいるでしょう。そういう方は同時にそういった口コミや感想を見て、それを見積もり金額を見ると、いかに安くて、いかに信頼できる引越し業者を選びやすくなると思います!見積もり等は無料で利用できますから、オススメしたいと思います。

日本最大級の引越し見積もりサイトはこちら

HOME’S引越し見積もり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

センター試験が終わってから、センター利用であとから出願できる大学はある?

センター試験を受けて、その結果のみで合否が決まるセンター利用入試がありますが、このセンター利

記事を読む

転職に失敗すると地獄!失敗が怖い人が成功する方法

転職をするとき1番考えることは何でしょうか?やはり転職失敗のリスクを下げることではないか?と

記事を読む

日本女子大学の偏差値や倍率は?入りやすい学部とボーダーラインなどの情報

日本女子大学は関東の女子大ではかなり有名でしょう。私立大学の中でも全国的に見たら偏差値は高い

記事を読む

津田塾、日本女子、東京女子大学は就活の学歴フィルターの影響を受ける?

就活をするときには学歴フィルターという存在が気になる人もいると思いますけど、学歴フィルターと

記事を読む

東京農工大学と横浜国立、筑波、早慶は難易度やレベルでどっちが上?どっちがいいのか?

東京農工大学は農業系と工業系に分かれていて、特徴的な部分もある大学ですけど、他の大学と比較し

記事を読む

冤罪に加担するデメリットが嫌なので裁判員制度は行きたくない!辞退、拒否したい!

裁判員制度って、皆さん行きたいですか?参加したいですか?これって結構分かれると思うんですよ。

記事を読む

日本史の出題傾向はどこからどこまで?よく出る時代は?どの時代から勉強すると良い?

大学受験で日本史を選ぶ人はどこからやって、どこまでやれば良いのか?そのおおまかな部分を知りた

記事を読む

明治大学法学部の偏差値や難易度は?合格最低点が高く、基礎の勉強が大切か!?

明治大学の中では偏差値的に抜けている学部はないものの、伝統的に強いのが法学部です。司法試験の

記事を読む

東京外国語大学の偏差値や難易度と倍率は?センターの足きりのボーダーラインはどうなっている?

東京外国語大学は都内の国立大学で、知名度はそこまでないかもしれませんけど、難易度はかなり高い

記事を読む

独身の場合、持ち家と賃貸はどっちが得?老後の問題は?

独身の人は賃貸に住むというのが一般的な価値観として定着してきましたが、近年はマンションなど、

記事を読む

伊藤ハムの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

伊藤ハムに就職をしたいと思っている人は多くいるでしょう。伊藤ハ

ドン・キホーテの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

ドン・キホーテに就職したい人はまず難易度を知っておきましょう。

CBCテレビの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

CBCテレビに就職をしたいと思っている人もいるでしょう。中部日

ツムラの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ツムラと言えば、漢方のイメージがあると思いますけど、こういった

コーエーテクモの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

コーエーテクモの就職の難易度についてまずは知っておいてほしいで

→もっと見る

PAGE TOP ↑