会社でクーラーをつけない、つけてくれないで暑い!直撃して寒い場合の対策は?

公開日: : 現代の日本人の働き方

会社でクーラーをつけない、つけてくれないで暑い!直撃して寒い場合の対策は?c21276acaf453f64e5acc768d6397b10_s

夏になるとどの会社でもクーラーをつけることになると思いますが、中にはつけてくれないケースもあるようなのです。さすがに7月以降になれば、首都圏では最高気温は毎日平均30度を越えますし、その中でクーラーなしで仕事なんかできません。仕事どころか、普通に生きていくのも厳しい状況かもしれないです。会社のクーラーは早いところだと6月中からついているところもあるんじゃないですか?6月でも十分暑いですからね。実際、会社のオフィスでクーラーをつけないというのは、社員の能率にも重大な影響を与えますから、軽く考えてはいけません。そもそも会社でクーラーをつけない意図って何なんでしょうか?電気代の節約?エコのため?それ以外に何かあるのか?電気代の節約に関しては、社員の能率の低下によって相殺どころか、マイナスになりそうな気がします。エコに関しては、気持ちは分かるにしても、区ラーをつけないと人間の生存が危ういです。夏に会社でクーラーをつけてくれないところはそうはないと思いますけど、そういう会社だと厳しいですよね。相場としては会社ではクーラーは何月からつけるのでしょうか?6月から7月くらいなのかな?

 

会社でクーラーをつけないと起こる重要な問題

実際にYahoo知恵袋とかでも、会社がクーラーをつけてくれないという相談があります。この地球温暖化の時代にクーラーなしではやっていいくのは難しいです。やっていけないことはないですけど、会社のオフィスの場合にはそういう設計になっていないというか、高層ビルの上の方にあると、クーラー以外に対策をとるのは難しいです。会社ではクーラーは平均していつからつけるんですかね?クーラーなしでは現実的には厳しいといわざるを得ません。強いて言うならば扇風機があれば、まだマシかもしれないということですね。実際、夏の時期に会社のオフィスでクーラーがなしというケースでは扇風機はついているのでしょうか?扇風機がついていれば、まだマシですけど、扇風機は均一に効果をもたらしません。近くの人だけですよね。あと、涼しいかもしれないけど、風が強いと仕事に集中できないなどの問題もありそうです。それに扇風機から離れている人は、扇風機の恩恵を受けられないので暑いですよね。だから、そういう意味で均一にならないのです。扇風機では広いオフィスの場合には限界がありますし、やっぱりクーラーが必要なんです。

 

思えば、小学校、中学校とかも公立はクーラーなかったです。それが当たり前だと認識させられていたから、文句も言えなかったですけど、大人になってみると、あれは正直異常だったなと思いますよ。あれが普通というのは、やっぱりおかしいと思います。児童、生徒は8月前に夏休みに入りますけど、7月後半くらいまでは学校通っているわけですから。大人になってからね、こうやって夏の間に会社でクーラーをつけてくれない事態が実際にあって、おかしいだろうという感覚になるのであれば、当然小学生や中学生もクーラーなしの中で授業を受けるというのも、異常だというほかないです。最近はそういったところが見直されつつあり、変わってきているような感じではありますけど。どこかの自治体が公立小学校や中学校にクーラーをつけるべきか?住民投票か?何かをしていた記憶があります。夏は暑いのです!よほど涼しい場所に住んでいる人以外はまともに生活するだけでもクーラーがないと厳しい場合があります。ましてや仕事をしないといけない人たちにとっては、余計に重要な問題です。会社ではクーラーがなくて暑いという問題もあれば、逆の問題も生じるわけですね。

 

会社でクーラーがあって寒い!寒すぎる!という問題もある

会社ではクーラーをつけてくれない一方で、クーラーをつけてくれるが寒い!という状況になっているケースもあると思います。会社でクーラーをつけているが温度が低すぎて寒い!と感じる人がいます。実際に温度が低すぎるのか?どうかは分からない。その人の体質の問題なのかもしれない。クーラーって、同じ部屋にいたら一律の温度にするしかないので、当然体感温度が違うという意味では、同じ温度でもまだまだ暑い、ちょうどいい、寒いと感じる人がそれぞれ出てくるわけで、これらは両立できません。でも、寒いって人の方がマシな気がします。というのも、会社のクーラーが寒すぎと感じる人は上に洋服を着ればなんとか解決できますから。会社でクーラーが寒いと感じたときの対策がまだとれます。しかし、会社でクーラーがない場合やあっても温度が高くて暑い場合には、どうしようもありません。服は脱げませんし、脱いでも大した緩和策にはならないのです。だからこそ、会社でクーラーがつかない、つけても温度が高すぎるようなケースでは暑い状況が改善されないのです。会社のクーラーの問題は本当に多々あるでしょう。寒いと感じる人の気持ちも分かります。特にクーラーの吹き出し口が近くにあって、自分に直撃しているようなケースはかなり厳しいと言えます。

 

元々冷え性とか、寒がりの人が会社のクーラーが直撃するような状況になれば、それはきついでしょう。扇風機ほどではないが、クーラーも場所によって体感温度の差が感じられる部分はあるのです。先ほども言ったけど、会社とかのオフィス内ではクーラーの温度は一律になってしまうから、基本的には全員が快適な温度で過ごすことはおよそ不可能なのです。会社でクーラーが寒すぎると思う人は対策をするしかないです。暑すぎると思う人は対策はほとんどできないでしょう。そうなれば、クーラーをつけてくれないか?クーラーの温度を下げてくれないか?と頼むしかないでしょうか。クーラー1つをめぐっても、会社の姿勢というものが浮き彫りになっている気がします。会社でクーラーが寒い人の対策、暑い人の対策も大変ですけど、企業経営としてもコストをできるだけ削減するということに毎日追われているわけですから、そういった部分が会社でのクーラーの問題を加速させている、特にクーラーの使用を渋る理由や事情なのかもしれません。会社ではクーラーはいつからつけるでしょうか?7月以降になってもつけてくれない会社は何だかブラック企業臭がしてくる気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

多くのバイトがばっくれる理由とその行為の真の意味

学生など、生活が懸かっていない人のアルバイトは、良い意味でも悪い意味でも仕事を軽く考えている

記事を読む

若者や社会人で腕時計をしない人や男が増加!必要性はあるのか?いらないと考える理由は?

若者を中心に従来は大人が嗜んでいたいろいろなものをいらないとする現象が起きています。例えば車

記事を読む

日本人は勤勉ではない?嘘か?働きすぎ、長時間労働が生産性の低い理由

日本人は勤勉だといわれているが、本当だろうか?真面目に働くって意味なんだろうが、その結果はど

記事を読む

正社員が安定は嘘!今の時代は逆に非正規の方が安定の時代?

大学生は卒業すると、就職を選ぶ人が大半だと思います。そして、サラリーマンになっていく。そうい

記事を読む

若者のビールなどの酒離れ、飲まない理由や原因は実は単純

若い人たちはお酒を飲まなくなってきているという。「若者の〇〇離れ」という言葉が聞かれています

記事を読む

ベーシックインカムは日本でいつから?可能性は?財源で無理、不可能は嘘!

ベーシックインカムに関するニュースを見ることが多くなってきたのではないでしょうか?いろいろな

記事を読む

ワーキングプアをなくすには?ならないためには?非正規や日雇いと大企業でも増え続けるから厳しい?

ワーキングプアは社会問題となっている現象になりますけど、こういった問題は主に非正規や日雇いな

記事を読む

就職したくない、就職しない人はむしろ勝ち組な理由

  就職したくないという気持ちを持っている人はたくさんいると思います。私もず

記事を読む

社会人に相応しいのは長財布?二つ折り?色は何色が最適?

社会人になると、身に付けるものいろいろと気を使わないといけないのがダルいと感じている方も多い

記事を読む

ブラック企業はなぜ生まれた?なぜ増えた?なくならない中で対処法や解決策はどうしたらいい?

日本の労働の世界ではやはりブラック企業が問題になっていますが、ブラック企業は増えている現状が

記事を読む

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的に

no image
不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学と

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑