喫煙者は確かに臭い、迷惑だが、人間のクズという主張は通らない

公開日: : 日本の世の中に蔓延る社会問題

喫煙者は確かに臭い、迷惑だが、人間のクズという主張は通らない4d3f0bea159b483972d4022bed81133c_s

世の中では喫煙者はかなり煙たがられれている存在ですね。その喫煙者は、確かにタバコを吸わない人間からしたら、百害あって一利なしという存在かもしれません。そういった喫煙者に対する非難は相当多いが、結局、日本人ってのは頭おかしいと思うのが、何故喫煙者に文句がいくのか?ということですよね。私はタバコ一切吸いませんが、喫煙者に文句を言うことはないでしょう。以前はちょっとは言いたかったが、今は我慢している。私は今のところ喫煙者に文句を言おうという気はない。でも、タバコ自体は迷惑に思うこともある。そもそも、何でタバコは合法なんだ?という疑問を私はぶつけるべきだと思う。タバコは確かに迷惑だし、下手すりゃ吸わない人間への健康被害もある。ただ、タバコは合法だ。法律や条令で許されている場所であれば、どこで吸っても構わない。それが今のルールなんです。だから、おかしいと思うのであれば、こちらにその怒りをぶつけるべきでしょう。

 

国に歯向かわない日本人の謎な行動

喫煙者の存在が迷惑なのはその通りだろうが、そこで何故喫煙者本人に文句がいくのか?が分からない。喫煙者はクズとか、頭おかしいとか、死ねとか暴言まで吐く人もいる。そういう罵詈雑言もネットでは散見されるが、それをやっていい行為と認定している国はクズじゃないのか?喫煙者がクズならば、どう考えても、その行為を許している国はもっとクズだと思うのだが。法律で許されている行為に対して、その行為をやっている人に対して文句がいくというのが、はっきり言って自己中心的と言わざるを得ない。じゃあ、何のための法律なんだ?やっても良い行為といけない行為の境目を決めたおが法律であるはずなんだが。こんなことを言うと、「法律で決められていなければ何をやっても良いわけじゃない!」と、あ「モラルも大事だろ!」と言ってくる連中もいるが、それが正しいっていう根拠はないだろう?そういう意見そのものが、法律を越えた自己ルールなんだから、それが正しいという根拠はどこにあるんだ?法律で決まっていないことでもしてはいけないことがあるっていう根拠はどこにもないのだから、それはそう思っている人間が勝手に作り出したルールであり、正当性はまるでない。

 

むしろ、法律によって許されているタバコを吸う行為は、法律という根拠がなによりもあるが、法律で決まっていないのにやってはいけない行為を勝手に作り出す自分勝手な国民やモラルを持ち出す国民は、それ自体に何ら正当性がない。つまり、こういうことを言い出す人たちは、自分たちが納得いかないことに対する主張を通すために、無理矢理それっぽいことを言っているが、頭のいい人間から見れば、ただの悪口にしかなっていないのですよ。つまりね、喫煙者が気に入らないのに、喫煙者本人に文句を言う行為っていうのは、多くの人から仮に支持派得られるかもしれないが、やっているのは、法律の手続きによらずに、喫煙者の権利侵害を行っている、犯罪者のレッテルを貼られても仕方ないのですよ。何故、喫煙を許している国に文句がいかずに、国からお許しを得ている喫煙者に本人に文句が行くのか?この謎の行動は、日本人によく見られるが、本当に理解しがたいし、理屈から考えておかしい。

 

自己中心的な国会議員がいるからタバコは合法なんですよ

結局、自分の思い通りにならない世の中を、法律を越えて、いろいろな言い分を持ち出して、自己中心的に変えようとする日本人が多くいるのはその通りだろうと思うが、そもそも何故国はタバコを合法化しているのか?それは簡単だろうと思うが、もう浸透してしまって変えようがないから。喫煙者の数があまり多すぎる。そして、タバコは一種の依存症でもある。ヘビースモーカーになれば、1日に数十本も吸う人間がいるという。これははっきり言って、私も異常じゃないか?と思うこともあるが、そういう人間がいる中でタバコを一切禁止にしたらどうなるか?いろいろな波乱が起きそうな気がします。また、法律を作る立場にある国会議員の中でもタバコを吸う人間が多くいるはずだ。彼らは自分が吸えなくなるのが困るから禁止にしないんだろう。逆に脱法ドラッグなどは、タバコに似た性質も持っているが、こちらは禁止にされている。何故だか?分かるだろうか?脱法ドラッグを愛用する人間が国会議員の中に皆無だからだ。害悪の程度も違うにしても、タバコの脱法ドラッグも迷惑といえば迷惑だよ。でも、一方が合法で、一方が禁止されているのは、単純に国会議員の自己中心的な理由が中心でしょう。つまり、仮に他者に迷惑がかかったとしても、自分がやりたいものは禁止にされたら困る(お前ら我慢しろと言っている)が、自分にとってどうでも良いものは、禁止にしても困らないから、余裕で禁止にする。非常に身勝手で、自己中心的な理由ですよね。そういう国会議員が間違いなくいると思いますよ。あなた方が憎むのはこっちです。そういう自己中心的な人間が国を作っているんだから、その国の中で生かされて絵要る国民が自己中心的になるのもしょうがないでしょう。それは喫煙者も喫煙者に文句を言う国民も、どちらも自己中の面があるのだから、それに納得いかないのならば、そもそも自己中心的に振舞っている国会議員に文句を言うべきだ。

 

タバコくらいで怒る人間が車を運転していたら呆れるが

私はタバコよりも車の方が嫌いですけどね。私は車一切乗らないので。あんな危ない凶器が法律で許されていること自体が不思議でしょうがない。タバコはせいぜい臭いとか、それくらいで済むことが多いが、車は常に他人の命を危険に晒しているのです。だから、タバコに文句を言っている人間が車を日頃から運転していたら、呆れるレベルですよ?タバコ以上に危険な行為を平気でやっているのだから。運転手は、潜在的な殺人者だと思っていますから。いつ人を殺すか?分からないのに。で、実際に車を法律で許している国会議員が、実際に交通事故に遭ったら、交通事故を起こした運転手を恨むんですかね?もし恨むとしたら謎でしかないんですけどね。だって、車を法律で許していて、これだけ車が毎日走っていたら、交通事故は絶対に起きますよ。交通事故のほとんどは運転手によるミスでしょう。つまり、故意じゃない。ミスを絶対にしないドライバーなんて存在しないのだから、交通事故はどれだけ避けようと努力しても避けられるものじゃないわけですよね。どれだけ努力しても交通事故はたまに起きてしまう。それは人間はミスをするから。ミスを絶対にしないと保証できる人間なんかいないわけですよ。ってことはね、車自体を合法にしていれば、運転手がどれだけ努力しても交通事故は避けられないわけだ。後はその交通事故に遭うのが誰になるか?運の問題でしかない。そうなると、いざ国会議員が交通事故に遭ったら、自らが車を合法化して、交通事故が起きてしまう世の中を作っておきながら、自分が交通事故の被害に遭ったら文句を言うのはおかしいだろうと思う。交通事故を100%避けられる方法があるっていうのならば、それを実践しないドライバーが悪いと言えるが、そんな方法はないし、それはその国会議員にも分かるはずだ。つまり、車を認める以上は交通事故を防ぐ確実な手段はないのに、交通事故が起きたら怒るのは意味が分からない。自分たちが車を認めているのに。だから、認めなければ交通事故は起きません。でも、車の利便性と交通事故による被害の0を両方実現しようとしているのが彼らなんですよね。現実的に無理なのに。無理なことを強いているわけですよね。

 

分かりやすく言えば、リレーのメンバーを選ぶときに100mを10秒台で走れる選手を選ばないと勝てないのに、1人だけ12秒台の選手を選んだ。しかし、その選手はバトンパスをミスする可能性が著しく低い。もう1人別に10秒台の選手もいるのだが、その選手はバトンパスがえらい下手でとても使えない。だから、12秒台の選手を使った。しかし、バトンパスは上手くいったが、12秒台の足じゃ到底敵わず負けてしまった。そして、何故か12秒台の選手を使った監督ではなく、選手に文句を言う。これが現実に起きていることですよ。12秒台の選手はどうあがいたって10秒台は無理なんです。バトンパスの上手さと走力を両立できている選手がいる場合には、その選手を使えば良いが、いないのだから、足は遅いがバトンパスが上手い選手を使うか?足は速いがバトンパスにリスクが大きい選手を使うか?の2択しかない。しかし、その2択のうちのどちらを選んでも、満足いく結果にならない。100%満足のいく結果は出せない。にもかかわらず、選手を責めるのはお門違いでしょう。交通事故の問題も車の利便性と交通事故ーは同時には実現できない。でも、自分が交通事故に巻き込まれたらドライバーに文句を言う人がいれば、それはその無理を強いているということになるのです。実際に交通事故が起きないってことは、車社会を認めていれば100%不可能といっても良い。交通事故をが嫌ならば、車の利便性を捨てて車を禁止にするしかない。車の利便性を重視するなら、交通事故に遭うリスクを誰もが背負わないといけない。国会議員は尚更だ。タバコの話題から大分ずれたが、結局、国会議員は自ら撒いた種なのに、不可能なことを国民に強いる、ワガママな存在だということです。交通事故に遭っても文句を言わない人がいれば別だけどね。タバコの煙に起こっている人間が車の運転をして、日常的に人を殺しかねない状況を作っていたら、もっとおかしいですよね。あなた方は何で車を運転して良いのでしょうか?法律が許しているからでしょう?だから、タバコも合法なんです。タバコに文句を言って良いならば、車にも文句を言って良いはずです。以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

死刑制度賛成の意見は加害者の人権を無視した感情論

このブログでも以前「死刑制度に賛成も反対もしないが、あえて反対意見を投じる」の記事で死刑制度

記事を読む

ブラック企業はなぜ生まれた?なぜ増えた?なくならない中で対処法や解決策はどうしたらいい?

日本の労働の世界ではやはりブラック企業が問題になっていますが、ブラック企業は増えている現状が

記事を読む

障がい者の雇用促進は社会の生産性を下げる?差別禁止は健常者への差別になる

去年だったかな?ホリエモンが「障がい者は働いても効率性がよくないから、そういう人間は生活保護

記事を読む

ニートは憲法違反でも甘えでもない!社会に原因がある

ニートは憲法違反でしょうか?ニートは度々世間から煙たがられる存在ですよね。働かない人を、働く

記事を読む

親の介護をしたくない、拒否や放棄する子に介護の義務化はありえない

介護の問題って、本当に深刻だなと感じます。昔は介護みたいな概念は薄かったんでしょうね。それは

記事を読む

子供を産まない割合が激増!産みたくない理由は子供が可哀想だから?

子供を産まない選択をしている夫婦の割合が増えていると言います。子供を産まないと社会が困るとい

記事を読む

生活保護と年金の逆転なんて起きてない!実は年金の方が得

生活保護の問題になると、どうしても問題になるのは年金との問題です。ホリエモンなども「生活保護

記事を読む

日本がTPP参加でコミケ終了?著作権関連のデメリット多い

先日のビートたけしのTVタックル」で、著作権の非親告罪化について議論され、日本がTPPに参加

記事を読む

ノート提出で加点、忘れたら減点の成績評価は無意味、ルーズリーフ禁止も謎でしかない

ノート提出という無意味な教育が私の時代にもあったわけだが、今でもあるのでしょう。私はノート提

記事を読む

電車でベビーカーをたたまない母親は迷惑、邪魔?マナー違反?

電車の中は本当にいろいろな人たちが乗ってくるので、公共の場といっても良いと思いますが、最近よ

記事を読む

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と

中央学院大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

中央学院大学という大学が千葉県にありますが、こちらは偏差値はそ

恵泉女学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や入試科目とボーダーラインの情報

恵泉女学園大学は東京都多摩市にキャンパスがある女子大になります

相模女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは何割か?

神奈川県の相模原市にある相模女子大学は知名度はそこまでないかも

百貨店への就職の難易度や倍率は?評判は激務で将来性はマズイのか?

百貨店への就職を考えている人もいると思いますけど、百貨店への就

→もっと見る

PAGE TOP ↑