デート代の奢りを拒否、断られるのは脈なし?←違う

公開日: : その他の話題

デート代の奢りを拒否、断られるのは脈なし?←違う8213309bd56eccd8ed0fdefb0ffe6fad_s

デートをしていると、その支払いで揉めるカップルもいます。カップルじゃなくて、好意を寄せる相手とデートをする場合もあります。男性側としては、好意を寄せている分、良いところを見せようと思って、奢ろうとしますが、中には断る女性もいます。その場合は割り勘で良いよ。ということなんでしょう。さて、このときの女性の気持ちってどうなんでしょうか?脈なし?かと思われるかもしれませんが、そうともいえないと思います。少なくとも割り勘にしようとしたのに、奢ってくれないと嫌だ!と言ってくる女性よりはまだ脈あると思います。奢ってくれないと嫌だと言っている女性は、少なくともあなたは好意は持っていないでしょう。おごってくれないと嫌だ!って、割り勘を考えている男性からしたら「え?」って思いますよね。その反応をするのは女性にも想像がつくだろうし、それを分かっていながらやっているのなら、別に相手にどう思われたって良いという意思表示にも見えます。つまり、別によく思われないとは思っていない=好意はないということです。

 

奢ってもらうのを拒否はまだ脈あり

奢ってもらうのを拒否する行為は、相手を気遣っている面もありますから。一見すると、男性の好意を踏みにじっている感もあります。だから、奢ってもらいたいと思ってなくても、それを受け入れるケースもあります。ただ、奢ってもらうのを拒否する理由は、いくつかありますが、「相手に悪いと思うから」というのもあるでしょう。つまり、男性を気遣っている。=好意というわけではないものの、少なくとも好意がないともいえないと思います。あと、女性自身も感じている人は多いと思うんです。というのも、女性の中には奢ってもらって当然とか、奢ってくれない人は嫌だという人も現実的にいます。男性からしたら、ちょっとうんざりする一面かもしれませんが、それを感じているのは男性だけではないのです。同じ女性からも、こういう人にはなりたくないと思われえている可能性もあります。

 

同じ性別でも考え方は人によって違いますから、同じ女性でも奢ってもらって当然という考え方の日ともいれば、語って貰うのが当然なんて傲慢な人にはなりたくないと思っている女性もいるでしょう。男性から見れば、後者の方が「性格の良い女性」として映るのではないでしょうか?だから、同じ女性でも、こういう女にはなりたくない!と思っている人も中にはいると思います。だから、奢ってもらうのを断るのは、相手を気遣っている面もあれば、少なくとも傲慢な性格ではないということですから、プラスに捉えた方が良いと思います。あなたに好意を寄せているか?はワカラナイものの、奢ってももらうことを当然としている女性よりは可能性あるのではないですか?あとは好きであれば好きであるほど、相手に負担を強いたくない、かけたくないという思いもあるでしょうから、脈なしと諦める必要はないと思います。

 

そもそも何で男って奢りたがるのか?

女性が男性に奢るなんて話はあまり聴いたことがないが、男性が女性に奢る話はよく聞く。何でみんな奢りたいんですかね?何か奢るのが当たり前みたいなことはないけど、奢った方がベターみたいな風潮は確かにあるような気がします。金をたくさん持っているからステータスを見せ付けたいとか、良いところ見せたいとか、そういう事情は分からないでもないけど、多くの人はそんなに金持ってないですよね。学生なんか特にそうですよ。お金がないのに、無理をしている男性もたくさんいる気がします。そういう人は付き合ってからどうするんでしょう?デートのたびに奢り続けるのかな?それで財布が持つなら良いけど、そのために他のことを我慢しないといけないとか、生活費とか、趣味のお金とかを切り詰めないといけないとか、そういうケースもあるかもしれません。世の中の風潮としてあるのは、あるんだろうけど、別にそれに従わないといけないものではないし、そもそも割り勘が1番しっくりくると思うし、自然だと思うんですよ。どちらも一応デートを楽しんだ。無理矢理連れてきたわけじゃなくて、一応合意のもとにデートをしたならば、そりゃ割り勘が1番しっくりくると思います。

 

その1番自然な割り勘ではなく、あえて自分が負担を被るのは正しいんですかね?男性って常に多くのことを要求されますよね。街を歩いているときは、車道側を歩くとか、奢ることにしたってお金を直接渡すのではなく、トイレに行っている間に代わりに支払うとか、いろいろと細かい世間からの要求が多いですが、これらに従わないといけない謂れはありません。女性が奢るのは当然と主張してくる根拠も、結局は世間からの風潮でしょう。風潮は別に根拠になりませんけどね。風潮は多数決で決まったともいえないものですから。だから、そもそも奢ってくれるのが当然という主張は、別に根拠なんかないんですよ。根拠もないのに主張してくるわけですから、個人的にはちょっと・・・。と思いますよ。それに比べたら奢るのを拒否する女性なんか良いじゃないですか。だから、男性諸君に言いたいのは、奢る必要はないんですよ。奢ろうとすると、女性が奢ってもらいたくないと思っている場合には、女性に負担を強いることになるし、奢ってもらって当然と思っている女性については、そもそも好意があるのか?分からない。実際、奢ってもらって当然と思っている女性と付き合いたいですか?私は勘弁です。奢らないという選択肢をとると、女性の反応は2つに分かれるでしょう。えー!って引くタイプです。この人は奢ってもらって当然と思っている傾向にあるので、そもそもあなたに好意を持っていない可能性が高い。好意を持っているのならば嫌われない行動をとるでしょうから。つまり、そういう女性と今後デートを重ねる意味はあまりない。早期に分かって良かった。となります。そして、割り勘を潔く受け入れるタイプです。こういう女性は、個人的には性格が良いと思うし、男性に対して嫌われづらい行動をとっているという意味では、脈はあるかもしれない。今後次第ですね。だから、それを見分けるためにもあえて奢らないほうが良いんじゃないか?と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

資本主義の終焉は近い?問題点や限界が多く矛盾を抱えた糞な都合の良い社会は滅びる?

日本を含めて奥の国では資本主義体制がとられていますが、その資本主義社会も限界を見せていると言

記事を読む

no image

世界平和の実現のために何ができる?どうすれば?←無理、不可能と言える!

世界平和は可能か?について言うと、99.9%不可能と言えます。というか、私に言わせれば平和って状態は

記事を読む

日本大学と近畿大学の文系と理系のレベルはどっちが上?就職はどっちがいいのか?

日本大学と近畿大学はどちらも中堅大学のレベルで、比較的近い存在と言えると思います。関東と関西

記事を読む

北陸大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインはどうなっているのか?

北陸地方は大学の数は多くはないのですが、その中でもいろいろな大学があります。このエリアで特に

記事を読む

明治学院大学の合格最低点、倍率、センター利用のボーダーは何割?

  明治学院大学は学部が6つほどあって、文系のみになりますが、毎年多くの受験

記事を読む

no image

みすず学苑のCMは意味不明で怪しい、頭おかしい?口コミは評判いいし、満足度も高い

大学受験の予備校を選ぶときにみすず学苑を選択肢に入れる人はどれだけいるか?は分かりませんが、かなり個

記事を読む

電車で音楽の音漏れにイライラしても撃退する対策は注意以外とれない

電車の中というのは、大勢が乗り合わせる場なので、いろいろとトラブルの元になりやすいです。そう

記事を読む

パルシステムは赤ちゃんも安全!育児中の離乳食レシピも公開

小さいお子さんを抱えたご家庭の場合、なかなか育児に時間をかけなければいかず、スーパーに買出し

記事を読む

no image

大学をサボるのは普通?言い訳を考えたり罪悪感を覚える必要はない

大学をサボると罪悪感が生まれるという人もいるかもしれません。私も大学の授業をサボったことは何度かあり

記事を読む

青山学院大学のオープンキャンパスに行く人が見ておくべきポイントは?【青山キャンパス編】

夏になるとオープンキャンパスに参加する人も多くいると思いますが、私の卒業した大学である青山学

記事を読む

no image
中央大学の滑り止めや併願はどこがいい?日東駒専や成成明学獨國武はどうか?

中央大学に関してはMARCHの下位レベルという印象が強いかもしれません

学習院大学の併願や滑り止めはどこがいい?駒澤、専修や獨協あたりがおすすめか?

学習院大学は首都圏の難関私立大学として有名ですが、MARCHと

no image
甲南と京都産業はどっちが上か?頭いい?法学部、経済学部、経営学部でレベルの比較は?イメージや雰囲気と就職の違いなど

関西では産近甲龍という有名私大のグループがありますけど、最近は近畿大学

no image
エーザイの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

エーザイに就職したいと思っている人はその難易度を把握しておきましょう。

協和発酵バイオの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

協和発酵バイオに就職したいという人もいるはず。そういったときに

→もっと見る

PAGE TOP ↑