指定校推薦の枠はどれくらい?減る、増える理由は?なくなる理由は相当なことがあったとき?

公開日: : 最終更新日:2018/03/10 その他の話題

指定校推薦の枠はどれくらい?減る、増える理由は?なくなる理由は相当なことがあったとき?指定校推薦というのは、それぞれの高校によって大学学部ごとの枠が決まっています。そして、その枠は毎年変動することがあります。例えば、A高校にはB大学C学部の指定校推薦の枠が今年は3つあったが、それが2つにあなったり0になったりすることがあるのです。指定校推薦の枠がなくなることもあるということです。逆に増えることもありますよね。増えるケースよりは減るケースの方が多いかもしれませんけど、指定校推薦の枠が増える理由や減る理由というのは、どういったものになるでしょうか?指定校推薦の枠がどうなるか?というのは、在学生の力はどうにもなりません。基本的には指定校推薦を使って進学した人の実績といか、そこでも過ごし方によって次年度以降の、その高校の指定校推薦の枠が決まると思います。だから、指定校推薦を利用して大学進学した人は、ある意味後輩の人生をも背負っているという状態になるかもしれません。指定校推薦っていうのは、そういう難しいところもあるのです。でも、指定校推薦の枠がなくなるというのは、そんなにあることではないと思いますけどね。

 

指定校推薦の枠が減る理由や増える理由は?

指定校推薦の枠が増えたり、減ったりする理由として考えられることは結構あります。大学側から見て、特に望ましい活躍をした学生の出身高校には指定校推薦の枠を新たに与えたり、増やしたりということがあります。例えば、大学の成績が非常に良いとか、学業において表彰されたり、就職活動で大企業に就職したりなど、いろいろなケースが考えられます。私は指定校推薦じゃなくて、普通の推薦で高校に入りました。で、高校ではそれなりに勉強頑張って、大学も結構有名なところに進学したんですよ。私が進学した大学以上に進学できた日tpは、私を入れて、1つの学年で10人いるか?いないか?くらいだと思います。だから、高校にとっては結構優秀な生徒という認識でいてくれたんじゃないか?と思うのですが、そうなると私の中学に対して、推薦で入るときにはちょっぴり優遇してくれたりするようになったかもしれません。指定校推薦ではないですけど、私もちょっとは後輩に貢献できたかもしれないですね。でも、全ての人が後輩にとって望ましい結果を残すとは言えません。そういう不確定要素で成り立っているのが指定校推薦なので、あまりあてにしない方が良いですね。入学したときには枠があっても、3年生になったときには枠がなくなるということも普通にありますから。

 

指定校推薦で枠が増える理由に関してはすでに話した通りです。しかし、指定校推薦では枠が減るということもありますが、その理由はどんな場合でしょう?指定校推薦で枠が減る理由はすでに話したことの真逆ですね。大学での成績が著しく悪いとか、そもそも中退や除籍になるとか、あとは不祥事を起こすとか、そういったことが当てはまります。大学側に見て都合の悪いことをしたときには、その学生の出身高校の指定校推薦の枠に影響があるのです。そういった状況があるため、指定校推薦は利用しても良いですが、自分の力では何ともならないところで影響を受けることがあるので、自分の力でなんとかできる。、公募推薦、AO入試、一般入試などの別の入試形態を使っていくということを現実的に考えておいた方が良い気がします。指定校推薦っていうのは、仮に枠があっても人気大学になると、校内で争奪戦なので、かなり厳しいと思います。有名大学であれば、かなり確率は低いでしょう。早慶やMARCHクラスはかなり学生に人気だと思います。その下でも成蹊大学、星城大学、明治学院大学あたりまでは人気でしょうね。理系だと東京理科大学も含めて、人気大学に指定校推薦で行くというのは、場合によっては一般入試で入るよりも難しい可能性があります。枠がいくつあって、希望者がどれだけいるか?にもよりますけどね。それに指定校推薦はなくなる理由もあるので、そこも知っておいてほしいです。

 

指定校推薦の枠がなくなる理由とは?

指定校推薦の枠はなくなる可能性もあります。指定校推薦の枠が多い場合でもせいぜい1つの大学学部で10あるか?どうかくらいな気がします。でも、その枠がどんどん減る可能性もありますし、年度が替わると指定校推薦の枠がなくなる可能性もあるのです。ただ、10あったのがいきなり0になるとか、そういうことはあまりないと思いますけど、去年は1つあったのが今年は0とか、そういうことはよくある気がします。指定校推薦の枠がなくなる理由はいくつかあります。それこそすでに話したような感じで、先輩がそこでの大学生活において何かしらの問題点を残したか?あとは別の高校に枠を振り分けた方が良いと判断され、それによって枠がなくなったか?このケースでは先輩がこれといって問題を起こしたわけではないが、他にもっと魅力的な高校があるので、そっちに枠を増やそうを考えたため。という可能性もあります。したがって、指定校推薦の枠はどのくらい増えるか?減るのか?というのは、実は予想ができません。年度が変わると枠の増減も普通にあります。大幅な増減は考えづらいですが、微増、微減は普通にあると思います。私の高校では指定校推薦の枠が多いところでも10もなかった気もしますけどね。5~10の間くらいだったかな?1つの大学学部で。そういう意味では、複数の学部でそういう状況があるならば、大学全体で見ればかなりの枠を貰っていると言える可能性もあるのです。そういうケースでは、その大学は相当その高校に信頼を置いているのでしょう。

 

指定校推薦の枠は上位大学ほど少ないと思います。逆に偏差値的にはあまり高くない大学学部の指定校推薦の枠はどの高校も多いんじゃないですか?そういう大学は一般入試とかで受験生を集めづらいので、定員を埋めるために指定校推薦などを活用することが多いと思います。だから、そういった大学は指定校推薦の枠が多いですし、入りやすいということが言えると思います。指定校推薦の枠がどのくらいか?というのは自分の高校の指定校推薦の枠に関して見せてもらえればすぐにわかると思います。指定校推薦の城大学の枠が多い高校はそれだけ一般入試以外でも有名大学ん進学できる可能性が高まっているので、かなりメリットありますよね。私の高校はそういう状況ではありませんでした。東京理科大学が最高クラスで、文系はmARCH以上はなかったと思います。だから、私はMARCH以上の大学に行きたかったので、一般入試で受験をしましたよ。指定校推薦は指定校推薦で校内の選抜に勝たないといけないので、それは大変だとは思いますけど、一般入試も大変です。でも、一般入試の準備をしておくに越したことはないと思います。指定校推薦は枠が減る理由もちゃんとありますし、枠がなくなる理由もちゃんとあるので、そういう制度だと思っておいた方が良いです。自分の高校の指定校推薦の枠がどのくらいあるか?調べても、それが来年以降も継続されるとは限りません。だから、自分の行きたい大学の指定校推薦の枠が多いと思っていても、一喜一憂しない方が良いかもしれません。自分が受験する学年になるまで、枠が最終的にどうなるか?分かりませんから。

 

【あわせて読みたい記事】

指定校推薦の枠は1つあたり何人まで?定員越え、定員オーバーで落ちるという事態はありえる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

慶應義塾大学薬学部の偏差値や難易度、倍率は高い?合格最低点や受験科目の情報について

慶應義塾大学は理系が充実していることでも有名です。私立大学の中でもかなり理系学部が広範囲にわ

記事を読む

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的には知名度はないかもしれませんけ

記事を読む

東洋大学のキャンパスの雰囲気や学生の評判と就職実績、就職率について

東洋大学は近年人気をとても上げてきており、受験の難易度もとても高くなってきています。その東洋

記事を読む

東京農工大学のキャンパスの立地条件と学生の評判や口コミ、魅力と就職実績など

東京農工大学はどういった場所にキャンパスがあるのでしょうか?東京農工大学は東京都内にキャンパ

記事を読む

私立文系は甘えや逃げ?数学できないで頭悪い、バカにされる風潮はガチで理解に苦しむ

なんとなくですけど、私立文系という存在は世間の中でバカにされる雰囲気を感じます。私立文系はバ

記事を読む

カラオケが嫌い!行きたくない!理由1位は「音痴」

学生から社会人まで、日本人にはお馴染みの文化がカラオケではないでしょうか?私自身はカラオケは

記事を読む

働きながらの社会人が通える通信制の大学はどこがいい?

高卒で就職したけど、何か大卒資格が欲しくなってくる。そういう人もいるかもしれません。というか

記事を読む

大学と専門学校の違いは?学費が安いのは?どっちが楽しい?選び方はどうする?

大学と専門学校はどっちがいいのでしょうか?大学と専門学校は違う場所という認識はあると思います

記事を読む

京都橘大学のキャンパスの立地条件や雰囲気と評判や口コミは?就職支援や就職実績はどうなっている?

京都橘大学はキャンパスへのアクセスがいろいろな方法によって可能で、それに関してまず知っておい

記事を読む

医学部の面接で自己PRや長所と短所でアピールをするための考え方の例とは?

医学部の面接では多くのことを聞かれると思いますが、そんな中でも特に医学部の面接で聞かれやすい

記事を読む

和光大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や入試科目とボーダーラインの情報

和光大学というのは一般的にはあまり知名度は高くはないと思います

ホテル業界の就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判と平均年収や離職率はどうなっている?

ホテル業界というのはどういうイメージでしょうか?ホテル業界と言

鉄道会社の就職の難易度や倍率と仕事の激務の度合いの評判など

鉄道会社への就職を考えている人は魅力を感じる部分があると思うの

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と

中央学院大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

中央学院大学という大学が千葉県にありますが、こちらは偏差値はそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑