神戸大学の滑り止めはどこがいい?同志社など関関同立?併願は早慶が多い?

公開日: : その他の話題

神戸大学の滑り止めはどこがいい?同志社など関関同立?併願は早慶が多い?9debe59cb2c2059fac9c3fdffde9ea0a_s

神戸大学を受験する人は、どういった大学をその他に受けていくのでしょうか?もちろん私立大学も受験していくと思うんですけど、滑り止めをどこにすべきか?というのは悩みますよね。神戸大学の滑り止めはどこがいいでしょうか?私立大学で関西というところが条件になると思いますが、神戸大学のレベルを踏まえると、関西では関関同立が筆頭になるでしょう。この中からどこを受けるか?になりますが、神戸大学を受験するに値する学力があるという前提ならば、同志社大学でも大丈夫かな?という気がしています。センター利用で受けるか?一般入試で受けるか?にもよりますけど。同志社大学は関西の私立大学ではナンバー1で、関関同立の中でもトップで、抜けている存在ですから、ここが滑り止めの中では人気になると思います。神戸大学は関東で言えば早慶にも匹敵する大学とされていますから、同志社大学が滑り止めになるか?どうかはちょっと微妙なところもあるかもしれませんけど、ならないわけではないと思うんです。同志社大学を中心に考えていきましょう。神戸大学の滑り止めはどこがいいのか?難しいところですけど、いくつか候補を考えていきたいと思います。

 

神戸大学の滑り止めは同志社大学で大丈夫か?

同志社大学も学部が非常に多いので、その中でどこを受けるか?によって合格の難易度が変わってきます。上から下まで結構偏差値の差がありますから。神戸大学が早慶のレベルに近いということならば、同志社大学はその下のMARCHの上位レベルになると思うので、滑り止めにならないことはないでしょう。ただし、同志社大学でも上位に位置する学部は厳しいかもしれません。そこは模試などの結果や判定にもよるんですけど、模試でA判定がだいたい出るようなところじゃないと厳しいので、同志社大学の中でもA判定をほぼ毎回とれているならば、そこは神戸大学の滑り止めになります。今までの模試を振り返ってみた方が良いです。同志社大学の模試の判定がA判定がほぼ毎回とれていないならば、同志社大学の学部のレベルをやや下げてみるというのもありです。でも、同志社大学って、京都大学の受験生も滑り止めにするくらいですから、やっぱり厳しいケースもありますよ。そうなると、神戸大学のおすすめの滑り止めとして関西学院大学や立命館大学は候補になりそうです。この2つの大学も上位学部はちょっと難しい面がありますから、それ以外の学部ということになると思いますけど、そこまで下げればだいたい神戸大学の滑り止めになると思うんですよね。関西学院大学や立命館大学は平均偏差値が同志社大学と比べて少し下がりますから。

 

神戸大学の滑り止めのおすすめはどこがいいか?というのは関西のみだと大分選択肢が狭いです。神戸大学しか本命の大学がないという人もいるでしょう。国立を受けるという人はそのケースが多いかもしれません。国公立大学は後期試験もあるので、そこで滑り止めじゃないけど、併願校を受けるということもできますから、私立は滑り止めが中心といのでも構わないかもしれません。神戸大学が第1志望であっても関東に受験しに来るケースも恐らくありますよね。神戸大学を受験する人の中には早慶を受ける人もいるでしょう。関西の大学しか受けないという人もいるかと思いますが、同志社大学ならば早稲田、慶應の方が上ですし、上智大学もありますから。神戸大学に受からなかった場合にはそっちに受かれば早慶や上智に進学するケースもあるでしょう。だからこそ、早慶を受ける受験生もいるということになります。早慶や上智は神戸大学の滑り止めにはならないが、併願にはなるでしょうから。神戸大学の滑り止めでおすすめなのは関関同立やMARCHレベルになると思いますけど、どこがいい?というのはそれぞれの受験生の好みもあるので、そこも考慮して決めることも大切です。

 

神戸大学の併願は同志社大学や早稲田大学、慶應義塾大学が多いのか?

神戸大学の滑り止めは関西ならば関関同立、関東ならばMARCHになると思います。さすがに近畿大学とか、日東駒専まで下げる必要はないと思うんですけど、結局はそれぞれの学力にもよりますからね。神戸大学を受ける人が全員同じ学力ではないので、それぞれで滑り止めの大学も変わるのは必然と言えるでしょう。神戸大学の併願としては早慶上智かな?併願として同志社大学を受けるケースもあると思います。併願としては神戸大学を受けるレベルの人ならば同志社大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学あたりでしょうか。併願する大学は自分の学力や好みで選ぶ傾向にあると思うのですが、選択肢としてはこのあたりが多いのかな?ちなみに国公立大学の後期試験ということになれば、選択肢はいろいろな大学にあるでしょうか?後期試験をやらない大学もあるので、どこでも受けられるわけではないですけど。国公立大学ならば関西や関東どちらでも選択肢があると思います。神戸大学のレベルを考えると大阪府立大学、大阪市立大学、横浜国立大学あたりは候補になるかと思います。前期試験で落ちた人が後期試験で受かるケースもありますから。

 

神戸大学が後期試験をやっているならば、そのまま後期試験も受けるということでも構わないでしょう。神戸大学の滑り止めはどこがいい?というのをちゃんと考えていて、私立大学を受験しているならば良いと思います。滑り止めを受けるというのも、結局は滑り止めの大学に行く気があるという場合だけですけどね。中には滑り止めの大学に行くくらいならば、浪人をするという人もいるでしょう。だから、神戸大学の滑り止めはどこがいいか?ということ以前に、そももそも滑り止めは受けるべきか?って話もあるわけです。神戸大学の滑り止めは同志社大学などの関関同立やMARCHなどが候補になると思いますけど、結局そこに行くことを許容できなければ受ける意味がないので、絶対に滑り止めを受けないといけないわけじゃない。そういうところに進学するくらいならば浪人を選択するという人は受けないでも良いんじゃないですか?浪人を選択できる環境にあるならば。そういう場合には神戸大学と併願校のみを受けて、滑り止めは受けないというのもありかな?とは思いますけどね。そこはそれぞれの考え方や戦略なので、正解はないとは思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

医学部の面接での志望動機が思いつかない!嘘でも良いのか?考え方や書き方の例

大学の医学部を目指す受験生は、面接試験があって、そこで志望動機などを聞かれる可能性があります

記事を読む

浪人は勉強時間、勉強計画を間違えると勉強したくない!勉強できない!受験生を生む

浪人生としての生活を送っている方、送ろうとしている方は、やはり今年絶対に合格を決めたいでしょ

記事を読む

筑波大学と早慶や上智大学はどっちが上?どっちがいい?文系と理系でも違いがある?

筑波大学は関東圏の有名な国立大学です。東京にはないものの、全国的に知名度がある大学です。非常

記事を読む

お茶の水女子大学の滑り止めはどこがいい?MARCHや津田塾か?併願のおすすめは?

お茶の水女子大学は難関国立大学として有名ですけど、そのお茶の水女子大学を受ける場合の滑り止め

記事を読む

法政大と関西大のレベルはどっちが上か?文学部、法学部、経済学部などで比較!イメージや雰囲気の違いは?

MARCHと関関同立は比較される対象ではありますが、その中でも法政大学と関西大学は特に比較さ

記事を読む

東京大学の推薦入試の条件、基準が一般入試よりも難しい!

今朝の朝日新聞の一面に載っていたのだが、東京大学で推薦入試を始めるらしい。推薦で入学できるの

記事を読む

獨協大学の学部ごとの合格最低点、センター利用のボーダーは何割?

獨協大学の入試を受けるという方、受けたという方はそのボーダーラインが気になるのではないでしょ

記事を読む

東京大学で1番入りやすい、受かりやすい学部、科類は理科一類?文化三類?

東京大学を目指している受験生は往々にしていますが、どこが1番入りやすいのか?で議論されること

記事を読む

産近甲龍の偏差値やレベルは?順番に並べたときの序列、順位で1番頭がいいのは?

関西の大学群である産近甲龍は関東の人間からすると、あまり馴染みがないでしょう。知っている人は

記事を読む

成城大学と明治学院大学はレベルはどっちが上?就職はどっちがいい?ほぼ同じ評価か?

成城大学と明治学院大学はどっちが上でしょうか?成城大学と明治学院大学ではレベルに差があるのか

記事を読む

シオノギ製薬の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

シオノギ製薬の就職の難易度はどうなっているのか?正確には塩野義

立命館大と法政大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違いは?

関西では有名大学として名が知れている立命館大学と同じく関東では

大正大学と大東亜帝国のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

大正大学というと、知名度はそこまで高くはないかもしれませんが、

ヤマダ電機の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ヤマダ電機の就職の難易度はどうなっているのか?知りたい人も多く

オリックス銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

オリックス銀行に就職したいという人はその難易度に関して知ってお

→もっと見る

PAGE TOP ↑