頑張った人、努力をした人が報われる社会なんてありえない

公開日: : 日本の世の中に蔓延る社会問題

頑張った人、努力をした人が報われる社会なんてありえない5751f66116a9a756e6394f9d0f998e68_s

日本は資本主義社会の国ですから、競争が奨励されていて、競争に勝ったものが富み、負けたものは奪われる、または何も手に出来ないという2面性を有しています。それが当たり前だという認識の人も当然いるでしょう。多くの人は「努力をしたものが報われる社会になるべきだ!」という認識を持っていると思うし、それが資本主義社会なんだろうと考えているかもしれない。資本主義社会は努力をしたものが勝っているのだろうか?もっと言うと、ちゃんと努力した量に比例して、富が分配されているのか?それは違うと思う。資本主義社会であっても、努力したものが報われる社会になっていないと思います。それはいろいろな理由があると思うので、それを1つ1つ以下で説明していきたいと思います。資本主義社会はやっぱり惨いです。

 

報われるのは努力した人ではなく、結果を残せる人

努力だけが認められるのはある種中学生くらいまで。と言われることもあると思いますけど、少なくとも社会人になれば、努力しただけではどうにもならない。結果を出さないといけないのです。100の努力をしても、30しか結果を残せないのなら、それに応じた富しか手に入らない。逆に10の努力しかしていなくても、100の結果を出せれば、それだけ多くの富が手に入る。当たり前の話だけど。じゃあ、その差はどこで生まれるか?というと、才能なんですよ。才能っていうのは、ある種勝手に備わったものということができると思うから、個人の努力とは関係ない部分です。そうなると才能があるか?ないか?またはそれを見つけられるか?というのはほぼ運になる。じゃあ、例えば努力量は同じなのに、生まれる成果に差が出る人というのは、運だということになります。

 

それはスタートラインにも差があるということも言えると思います。例えば、貧乏な家に生まれるのと裕福な家に生まれるのでは、スタートラインが間違いなく違うじゃないですか?そういった個人の努力の量では何ともしがたい部分は往々にしてある。運要素が往々にしてある。人生は運ゲーだといわれることがあるが、それもあながち間違っていないと思います。よくフリーターとか、派遣をやっている人が生活が苦しいというと「甘え」とか言われることがあります。生活保護を受給したりする人も動揺の言葉を浴びせられる。要は社会的弱者は総じて「甘え」と罵られる。「甘え」という言葉の裏には「頑張りが足りない」とか、「努力が足りないだけだろ」という意味も含まれていそうだけど、今説明したように、努力をしている、していないの問題じゃないんだよ。努力が足りないというのが正論だとするならば、じゃあ成功者は全員失敗した人よりも努力の量が多いし、怠けている人は1人たりともいないということになるが、それはないと思う。

 

全員同じだけの努力をしても、全員が同じだけの恩恵には与れない

そもそもね、世の中の椅子やポストは数に限りがあるのだから、全員が同じだけ努力をしたとしても、全員が同じだけの椅子やポストには就けない。=全員が同じだけの報酬を得たり、生活水準を維持するというのは不可能なんです。全員が同じだけの努力をしても、結果差が生まれる。その差を生む差というのは何か?というと、「才能」という言葉で表される部分だと思います。普通の人間ならば、誰でもやろうと思えば容易にできる行動を努力と呼び、人によって差が生まれてしまう行動を才能と呼ぶのが妥当だと思いますけど、差を生む原因はやっぱり才能なんだと。努力でどうにかできる部分は全員同じだったとしても、運用その才能がそれに優劣を付けて、結果にも差が生まれる。だから、非正規で働く人が生まれてしまうのは、甘えでも何でもない。勿論、努力が足りないという人も中にはいると思うけど、全員がそうじゃない以上、彼らにそんなことを言っても、それは正論じゃない。全員が同じだけ頑張っても全員は正社員になれないのだから。

 

だから、スタートラインも違うし、各自が乗っている才能という名のバイクの性能も違う。その中で頑張った者が報われる社会が良いといっても、結果的に報われたものが頑張った者か?どうかは分からないのです。本来はそういった各人の違いを社会保障、再分配政策、セーフティネットなどでカバーして、是正していくことが望まれると思うのだけど、それも日本の場合はうまく機能しているとは思えない。努力した人が、ちゃんと頑張った人が報われる社会というのは、資本主義社会では実現不可能だと思う。無論、努力してもそれが還元されない社会主義の社会でも不可能だと思うけど。そういう世の中を踏まえて、各人が頑張る、頑張らないにかかわらず、一定の所得保障はされるべきという「ベーシックインカム」の考えに私は賛同なのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

飲み会を断り続ける、行かない人が増えた理由は金にならないから

会社の飲み会に参加しない若者が増えているという。単純に酒を呑まない人が増えているから。という

記事を読む

少年法と実名報道の問題点として残る加害者家族の影響

少年事件の実名報道をすることの是非について問われていますね。テレビでもこういった話題を取り上

記事を読む

no image

世界平和の実現のために何ができる?どうすれば?←無理、不可能と言える!

世界平和は可能か?について言うと、99.9%不可能と言えます。というか、私に言わせれば平和って状態は

記事を読む

フリーターの彼氏、彼女との結婚は後悔する?反対に遭う?子育てはどうする?

フリーターの人が結婚するのは難易度が高いと言われています。フリーターにもいろいろありますけど

記事を読む

手書きの履歴書はなぜ?メリットは意味不明!めんどうくさい、意味ない作業は日本だけか?

就職活動をしていると履歴書やエントリーシートを書かないといけないことが多々あります。履歴書が

記事を読む

邪魔や迷惑で危険性も高いが、歩きスマホは規制しなくて良い

スマートフォンが普及して、非常に便利な社会になったわけですが、同時に生活に潜む危険性も増した

記事を読む

少子化の何が問題?何がいけない?メリットも多くてなぜいけないのか?分からない

今の日本では結婚しない人たちが増えてきており、さらに結婚をしても子どもを産まない夫婦が多くな

記事を読む

社会人でも実家暮らしなら家賃、生活費0で貯金増えまくり

実家に住んでいる若者が多いという。それは社会人になっても給料が少ないから、一人暮らしをする余

記事を読む

仕事中のタバコ休憩は不公平でおかしい?禁止する企業が増加中

同じ会社で働いていても、その待遇に不満を感じる人も多いみたいですね。例えば、タバコ休憩がそれ

記事を読む

体育が嫌いになる理由や原因は運動音痴か?トラウマになって克服はできる?

学校での体育の授業って嫌いな人も多いと思います。基本的に、学校で行われる授業のうち、何らかの

記事を読む

甲南大学経済学部の偏差値や倍率と入試科目は?評判やボーダーラインの情報について

甲南大学経済学部の偏差値はどうなっているのでしょうか?甲南大学

名古屋外国語大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインはどうなっている?

愛知県にはいろいろな私立大学がありますけど、その中で名古屋外国

学習院女子大学の偏差値や倍率は?入試科目や配点はと合格最低点はどうなっている?

学習院女子大学というのは都心にある女子大で、人気も高いですし、

甲南大学法学部の偏差値や難易度は?倍率や評判とボーダーラインはどうなっている?

甲南大学の中では法学部の難易度というのはどうなっているのでしょ

大阪商業大学の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインや合格最低点の情報について

関西には多くの私立大学がありますが、やはり有名なのは関関同立や

→もっと見る

PAGE TOP ↑