神奈川県立港北高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

神奈川県立港北高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

神奈川県立港北高校は神奈川県横浜市港北区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は横浜市営地下鉄ブルーラインの新羽駅で、徒歩16分となっています。それ以外では東急東横線の大倉山駅から、徒歩18分で通学ができますが、あとはバスを使って通う方法もあります。まずは神奈川県立港北高校の偏差値を知っておく必要があります。学校のレベルを知ってほしいので、偏差値はかなり重要な情報でしょう。また、倍率なども調べておくといいです。こういった情報をもとにして、神奈川県立港北高校の難易度を判断していく必要があります。また、学校の評判も重要になってくるので、そこにも知っておいてほしいです。神奈川県立港北高校の進学実績などはきちんと調べておきましょう。

 

神奈川県立港北高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

神奈川県立港北高校の偏差値についてチェックしていきます。偏差値としては、58程度となっています。したがって、割と高い数字です。この偏差値を見る感じでは、神奈川県立港北高校の難易度は高い方になると言えます。したがって、かなり勉強をしていかないと合格できない可能性もあるのです。実際、この偏差値に関しては結構難しい部類に入ると思います。神奈川県立港北高校の難易度は結構上位と言え、簡単に受かるレベルの学校ではないでしょう。ただ、神奈川県立港北高校のレベルを調べるにあたっては、他にも情報が必要です。神奈川県立港北高校の倍率なども知っておく必要があるでしょう。神奈川県立港北高校の偏差値のみならず、倍率も調べたうえで、学校のレベルを判断してほしいです。

 

倍率について見ていきますけど、神奈川県立港北高校の倍率は1.3倍前後となっています。この数字であれば、そんなに高い方ではありません。でも、年度によっては1.5倍近くまでなっているときもあります。だから、神奈川県立港北高校の倍率は多少なりとも変動があるという認識が必要です。偏差値もそれなりに高いですが、神奈川県立港北高校の倍率もそこそこあるので、学校のレベルは全体的に高いと言えると思います。神奈川県立港北高校の偏差値だけではなくて、倍率も含めて判断すると、神奈川県立港北高校のレベルについて正確に理解しやすいです。受験する可能性がある人は、難易度をこういった形で知っておきましょう。では、神奈川県立港北高校の進学実績に関しても調べておくといいと思います。卒業後の進路に関しては、どうしても学校の評判にかかわってきますから。

 

神奈川県立港北高校の進学実績はどうなっている?

神奈川県立港北高校の進学実績を見ていきますが、ボリューム層としては日東駒専のレベルになりそうですが、GMARCHもかなり合格者数は多いです。したがって、日東駒専とGMARCHあたりがボリューム層という言い方になるでしょう。例年100~200人ほど合格者がいます。ちなみに早慶上理については10~20人程度となっており、人数は減ってしまいますが、神奈川県立港北高校から難易度の高い私立大学への合格者もそれなりにいるのです。こういった進学実績に関しては指定校推薦が含まれている可能性もあります。そして、国公立大学については、例年10~20人ほどが合格しています。過去には横浜国立大学、千葉大学、埼玉大学といった難易度の高い大学に受かっている例もあるので、神奈川県立港北高校の進学実績は十分に評価できるでしょう。学校の評判としても優れた部分になると思いますし、やはり神奈川県立港北高校の偏差値がそれなりに高いことに関して、納得できる側面になるのではないか?と思います。ただ、実際にこういう有名大学に受かるには、それなりに勉強を頑張らないといけないでしょう。

 

神奈川県立港北高校の評判はどんな感じか?

神奈川県立港北高校の評判を確認していきますが、在校生や卒業生の口コミを見ることで、ある程度の状況は見えてくると思います。まずは校則についてですが、公立高校の割には厳しいという声がちょっとあります。頭髪、化粧、ピアス、セーター、カーディガンなどの部分で細かいルールがあるようで、それに関して神奈川県立港北高校の校則は厳しいと言われているのです。でも、いじめはほぼなさそうです。いじめについて見聞きしたという生徒はほとんどいないように見えます。進学実績については、指定校推薦が非常に豊富であると口コミで言われています。だから、神奈川県立港北高校では指定校推薦を狙って、大学に進学することもしやすいのです。それなりの有名大学の枠があると言われています。やはりそれなりに偏差値が高い学校なので、神奈川県立港北高校の難易度を考慮すると、指定校推薦という選択肢も十分使いやすいのでしょう。あとは最近になって新校舎が建てられたようで、その評判が非常にいいです。公立高校の多くは古い校舎であることが多い気がしますが、そういう意味では神奈川県立港北高校は綺麗な環境の中で過ごすことができるため、毎日の高校生活が非常に楽しく感じられるのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

正則高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

正則高校は東京都港区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は東京メトロ日比谷線の神谷町駅、都

記事を読む

福岡大学の評判やキャンパスの雰囲気は?就職率や就職先の企業から就職状況をチェック!

福岡大学は全国的な知名度はそこまで高くないかもしれません。九州の福岡県にある私立大学になりま

記事を読む

大学入学共通テストの会場の決め方は?どうやって決まる?いつ分かるのか?

大学入学共通テストは特定の会場で受験することになります。どこで受けるのか?については、大学で

記事を読む

日本の景気回復は見込みなし!よくならない理由、悪い原因と良くするには?どうしたら良い?

日本の景気はずっと悪いとされています。この状況はいつまで続くのでしょうか?景気がよかった時代

記事を読む

法学部の学科の選び方は?法律学科と政治学科の違いや学ぶ内容は?

大学受験において法学部を目指している日とも多いでしょう。法学部は学科選びも肝心になります。学

記事を読む

日本大学藤沢高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

日本大学藤沢高校は神奈川県藤沢市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は小田急江ノ島線の六会

記事を読む

西南学院大学のレベルは日東駒専や産近甲龍と比較してどっちが上なのか?

西南学院大学のレベルはどれくらいなのでしょうか?他大学と比較すると分かりやすいかもしれません

記事を読む

大阪大学の滑り止めや併願はどこがいい?同志社やMARCH、早慶上智がおすすめ?

大阪大学を受験する予定の人にとっては、滑り止めや併願をどうするか?どこがいいか?という問題は

記事を読む

北陸大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインはどうなっているのか?

北陸地方は大学の数は多くはないのですが、その中でもいろいろな大学があります。このエリアで特に

記事を読む

センター試験の当日の食事、昼食は何を食べれば良い?

センター試験は毎年初めて受ける人だらけなので、ちょっと分からないことも多いでしょう。そんな中

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑