横浜創英高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

横浜創英高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

横浜創英高校は神奈川県横浜市神奈川区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR横浜線の大口駅で、徒歩8分となっています。それ以外でも京浜急行の子安駅から徒歩12分、東急東横線の妙蓮寺駅から徒歩17分で通学が可能です。したがって、いろいろなアクセス方法があるという点は知っておくといいです。まずは横浜創英高校の偏差値が気になるでしょう。学校のレベルを調べていく必要がありますけど、横浜創英高校の難易度においては、やはり偏差値を知っておく必要があります。でも、他にも重要な部分はあって、横浜創英高校の倍率に関してもチェックしておかないといけないのです。そういった部分を含めて、横浜創英高校のレベルを判断していくといいです。また、学校の評判も重要になってきます。だから、横浜創英高校の進学実績も調べておくといいと思います。

 

横浜創英高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

横浜創英高校の偏差値について見ていきたいと思います。偏差値は普通科特進コースが59、文理コースが52、普通コースが49となっています。全体的に難易度はそこそこ高いです。ただ、偏差値に関してはコースごとに違いがあるのです。実際、横浜創英高校の難易度においては、かなり高いコースも存在している状況です。横浜創英高校のレベルはそこそこ高い場合もありますけど、偏差値だけの情報では足りません。同時に倍率も知っておく必要があると言えるでしょう。そういった部分も含めて、横浜創英高校の難易度を知ることが大切になります。いろいろな角度から学校のレベルを知ることが重要と言えるのです。

 

では、倍率について調べていきましょう。横浜創英高校の一般入試の倍率に関しては、1倍台前半となっています。年度ごと、コースごとの違いはほぼありません。しかし、オープン入試があって、それに関しては横浜創英高校の倍率は高めとなっています。年度ごとの差も大きいので、横浜創英高校のレベルにかかわってくるという意味では、ここに関しては注意してほしいです。横浜創英高校の倍率においては、そういった注意点があると言えます。横浜創英高校の偏差値も重要なデータですが、こういった倍率も傾向を理解しておいてほしいです。横浜創英高校の難易度にかかわる重要な部分と言えますから。あとは学校の評判に関する部分として、横浜創英高校の進学実績もチェックしておくといいのではないか?と思います。こういった部分が気になっている人は多くいると思いますから、事前にどんな状況になっているのか?は見ておきましょう。

 

横浜創英高校の進学実績はどうなっている?

横浜創英高校の進学実績をチェックしていきたいと思います。ボリューム層としては、日東駒専のレベルになりそうな気がします。でも、GMARCHに関してもかなりの合格者数となっているので、横浜創英高校では偏差値の高い大学に受かっている人たちがそれなりに多いと言えるでしょう。早慶上理になると、人数はかなり減ってしまいますが、こちらも一定数の合格が確認できます。こういった進学実績には指定校推薦が含まれている可能性もありますけど。国公立大学に関しても毎年一定数が合格しているようです。過去には東京大学、横浜国立大学、千葉大学などに受かっている例があります。こういった部分を見ると、やはり横浜創英高校では難易度の高い国公立大学に合格できるだけの状況があると言えるでしょう。こういった卒業後の進路は多くが気になるはずです。したがって、横浜創英高校の進学実績は事前にちゃんと確認しておいてほしいです。やはり学校の評判にかかわると言えるので、細かいところまで見ておくといいのではないか?と思います。

 

横浜創英高校の評判はどんな感じか?

横浜創英高校の評判についてチェックしていきたいと思います。在校生や卒業生の口コミを見ることで、ある程度の状況が判断できるのではないか?と思われるのです。まずは校則からチェックしていきましょう。横浜創英高校の校則はかなり緩いと言われています。例えば、染髪に関しても注意されないという声が見られます。だから、私立高校の中では緩い方かもしれません。いじめについてはほぼ見られないみたいです。いじめを確実に認識していると思われる口コミはほぼないです。横浜創英高校の進学実績については、これから絶対に伸びていくだろうと期待している生徒らの口コミがあります。現状でも横浜創英高校から難易度の高い大学には合格例がありますが、これからさらに伸びると感じている生徒が何人かいて、普段の授業や生徒らのやる気などからそのように感じている可能性があります。あとは新校舎が非常に綺麗と言われています。新しい校舎で勉強ができれば、非常に気分がいいと言えるでしょうし、勉強がはかどる可能性もあります。横浜創英高校の評判は事前にしっかりと把握しておいてほしいです。そのうえでどんな学生生活になりそうか?について、自分なりに想像しながら受験をしていくといいのではないか?と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

法政大学第二高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

法政大学第二高校は神奈川県川崎市中原区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR南武線、東

記事を読む

社会主義や共産主義のデメリット、問題点は?うまくいかない理由は簡単

社会主義の国が今でも残っていますよね。知っているのはキューバとか、ベトナムはもう違うのかな?

記事を読む

京都文教大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や合格最低点の情報について

京都にある私立大学としてはちょっと変わった学部のみを揃えているのが京都文教大学になります。こ

記事を読む

東京農工大学のキャンパスの立地条件と学生の評判や口コミ、魅力と就職実績など

東京農工大学はどういった場所にキャンパスがあるのでしょうか?東京農工大学は東京都内にキャンパ

記事を読む

首都大学東京の偏差値はマーチ並!センターのボーダー、足きりは何割?

関東圏の国公立大学で、人気なのが首都大学東京です。名前がパッとしないせいか、受験生や一般の方

記事を読む

北陸大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインはどうなっているのか?

北陸地方は大学の数は多くはないのですが、その中でもいろいろな大学があります。このエリアで特に

記事を読む

神奈川県立追浜高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立追浜高校は神奈川県横須賀市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は京浜急行の追浜駅

記事を読む

近畿大学文芸学部の偏差値や難易度は?倍率や合格最低点は?評判で授業やゼミのことについて

近畿大学は全体的にレベルが上がってきており、非常に難しい大学の1つになりつつあると思います。

記事を読む

埼玉県立川口北高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

埼玉県立川口北高校は埼玉県川口市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR武蔵野線の東浦和

記事を読む

上智大学で偏差値が高いのは外国語学部、法学部、総合人間科学部

早慶上智の一角をなし、多くの受験生に人気の大学として、上智大学があげられますが、上智大学の看

記事を読む

新潟運輸の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

新潟運輸の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

東計電算の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

東計電算の就職の難易度はどうなっているのでしょうか?実際にここ

共和レザーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

共和レザーの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職

千葉県立柏の葉高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立柏の葉高校は千葉県柏市にある男女共学の公立高校です。最

栗田工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

栗田工業の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと

→もっと見る

PAGE TOP ↑