共通テスト利用はいくつ出せる?何個まで可能?選び方は?どこ受けるべき?

公開日: : その他の話題

共通テスト利用はいくつ出せる?何個まで可能?選び方は?どこ受けるべき? – Retire in their 20s

大学入学共通テストにおいては、この共通テストの成績のみで合否を判断する共通テスト利用という制度があります。これはセンター試験のときから存在し、当時はセンター利用という名称でした。仕組みそのものは大学入学共通テストになってもあまり変わっておらず、共通テストの点数を利用して、各大学学部が合否判定をすることになります。基本的には私立大学を受けるときに使われる制度です。この共通テスト利用で難関大学に受かるのは非常に難しいです。でも、滑り止めなどを狙うという目的で利用する人もいるので、受ける意味は大いにあるでしょう。ただ、共通テスト利用は何校受けることができるのか?いくつまで受験できるのか?その数について知りたい人がいると思います。何個出せるか?によって、戦略が変わってきますから。また、共通テスト利用はどこに出すか?どこ受けるか?という選び方の部分でも気になっている人がいるので、そこについて解説をしていきます。

 

共通テスト利用はいくつまで出すことができるのか?

共通テスト利用は何個まで受けられるのか?いくつまで出せるのか?に関しては、結論から言えば、数に制限はありません。何個まででもOKです。無限ではないものの、受験料さえ払えばいくつでも出願できます。だから、何個出すか?迷っている人がいれば、問題は受験料ということになります。受験料の点で問題なければ、共通テスト利用は何校でもOKで、10個、20個、100個とかでも可能になるわけです。実際は10個以内というケースが多い気がします。私はセンター試験の時代ですが、4つ出しました。私立文系で4つほど受けて、2つ受かりました。何校までという決まりはないので、いくつ出してもいいわけですけど。平均をとるのであれば、5~10くらいな気がします。私立大学しか受けないのであれば、これくらいの数になるでしょう。受験料の問題で、共通テスト利用は何個までという制限は実際は各家庭であるでしょうけど、ルール的には何個までしか受けられないといったものはない、無制限であるという点は覚えておきましょう。そして、選び方も重要です。共通テスト利用はどこ受けるべきか?ここも一緒に考えてほしいです。適当に受けてもしょうがないので、選び方にこだわる必要があります。共通テスト利用をどこ受けるか?によって、その後の一般入試の受け方なども変わってきますから。

 

共通テスト利用の選び方は?どこに出すべきか?

実際は何校まででもOKでも、現実的にはいくつかに絞らないといけないので、問題は共通テスト利用はどこに出すか?という点です。どこ受けるか?という選択は非常に重要と言えますし、その選び方は大学受験の結果を大きく左右します。でも、具体的な選び方に関しては、実際に出願する数にもよるので、一概には言えません。ただ、私の場合には滑り止めを2つ、実力相応校1つ、チャレンジ校1つでした。当時の私のセンター試験のそれまでの模試や過去問の成績のアベレージが3科目で75%くらいでした。そこでセンター利用のボーダーラインが60%くらいのところを1つと68%くらいのところを1つ受けました、この2つが私としては滑り止めの認識です。そして、残りは75%と82%くらいのところです。82%のところは、当日かなり上手くいったときのために出しておいたものです。本番は72%くらいで、滑り止めとして受けた2つしか受からなかったのです。共通テスト利用はどこ受けるべきか?これについては、基本的には滑り止めをまず確保しておくべきです。滑り止め以外の認識の大学も受けていいですけど、最低でも滑り止めはここで確保しておきましょう。そして、一般入試においては滑り止めは一切受けずに、自分が入りたい大学学部のみを受験する作戦がいいと思います。私のように4つ受けるのであれば、最低でも2つは滑り止めを出願し、残りは好みで受けたいところを出すといいです。共通テスト利用の選び方は滑り止めを最優先であり、どこに出すか?迷ったときには、そこをまず考えてほしいです。何校も出すときには、滑り止めを増やしたり、より高いレベルの大学を増やすなどしていきましょう。

 

大学受験の場合、私立大学の合格のための難易度が最も低いのは一般入試の個別日程です。だから、第一志望を含めて、自分が入りたいと思う大学は一般入試を中心に考えましょう。そのうえで一般入試において、できるだけ希望の大学を多く受けるには、一般入試で滑り止めを受験しない方がいいのです。だからこそ、共通テスト利用において滑り止めを受けておくといいと言えます。共通テスト利用でどこ受けるといいか?については、滑り止めを中心に考え、滑り止めをまず十分に出願したら、それ以外で少しでもレベルの高い大学を選んでいくといいと思います。共通テスト利用の選び方のポイントはだいたいこんな感じです。滑り止めとして出願する数は1つだと微妙なので、2つ以上は出してほしいと思います。いくつも無数に出す必要はないですが。過去問などを説いて、それなりにできる人であれば、滑り止め以外の大学に関して、難易度の高いところも受けていいと思います。共通テスト利用で第一志望の合格が狙える人は現実的にいるはずですから。共通テスト利用はどこに出すか?では、結局は人それぞれ違った面があると言えます。

 

すでに話したように、共通テスト利用は何個でも出すことができます。何校までという制限がないので、可能ならば多く出願してもいいでしょう。その中で第一志望を受けても構わないわけです。多くの人たちにとっては、共通テスト利用で第一志望に受かるというのは非常に難しいと思われます。だから、共通テストでどこ受けるか?を決める際には、実際に第一志望を受ける人は少ないと思われるものの、絶対にやめるべきとは言えません。そこの判断は実際に必要なのです。共通テスト利用の選び方のポイントは、滑り止めをちゃんと受けるという部分であり、それ以外は各自の自由で考えていいと思います。いくつも受けることができるので、自分が共通テスト利用で何校受けるか?ちゃんと考えて、そのうえで滑り止めの数とそれ以外の数をきちんと決めていきましょう。共通テスト利用は国公立大学を受ける人はもちろん受験しないといけませんけど、私立大学のみを受験する人にとってもチャンスなので、しっかりと生かしてほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

品川翔英高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

品川翔英高校は東京都品川区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR横須賀線、湘南新宿ライ

記事を読む

no image

Fランの大学は就職率や内定率低い、ブラックしかないは嘘?メリットもある

Fランの大学は就職しづらいなんてことがよく言われていますが、それはどうでしょうかね?一概にそうとは言

記事を読む

若者の車離れは言い訳じゃない!必要ないから!税金や維持費がかかりすぎ

若者はたいてい車を買いません。車を買えないのか?買わないのか?は分かりませんが、車離れが起き

記事を読む

上智大学で偏差値が高いのは外国語学部、法学部、総合人間科学部

早慶上智の一角をなし、多くの受験生に人気の大学として、上智大学があげられますが、上智大学の看

記事を読む

都立広尾高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立広尾高校は東京都渋谷区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR山手線、東京メトロ日比

記事を読む

神奈川県立有馬高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立有馬高校は神奈川県海老名市にある男女共学の公立高校です。最寄駅はJR相模線の社家駅

記事を読む

常総学院高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

常総学院高校は茨城県土浦市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR常磐線の土浦駅、関東鉄

記事を読む

嘘つき大会の面接で嘘や誇張はばれる?←バレても問題ない

就職活動の面接で嘘をつくのはよくある常套手段ですよね。嘘をつかないと、不安という方もいるので

記事を読む

東京農業大学第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

東京農業大学第一高校は東京都世田谷区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は小田急小田原線の

記事を読む

同志社大学は頭いいしモテる人気の大学!キャンパスの立地も魅力的!

関西では特に有名な私立大学が同志社大学です。この同志社大学は関西でも有数の私立大学で、関東地

記事を読む

新潟運輸の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

新潟運輸の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

東計電算の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

東計電算の就職の難易度はどうなっているのでしょうか?実際にここ

共和レザーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

共和レザーの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職

千葉県立柏の葉高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立柏の葉高校は千葉県柏市にある男女共学の公立高校です。最

栗田工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

栗田工業の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと

→もっと見る

PAGE TOP ↑