国家総合職の筆記の難易度や倍率は高い!ボーダーラインは何割?傾斜配点の専門試験が受かるには重要か?

公開日: : その他の話題

国家総合職の筆記の難易度や倍率は高い!ボーダーラインは何割?傾斜配点の専門試験が受かるには重要か? – Retire in their 20s

国家総合職の採用試験を受ける人はその難易度が気になると思いますけど、難しいとは聞いているが、どれだけ難しいか?は分からないかもしれません。国家総合職の難易度は相当です。文章では絶対に伝わらないと思いますけど、実際に過去問を見ればその難しさがよく分かると思います。国家総合職の難易度は言葉で聞いても分からないと思うので、実際に受験するつもりの人は過去問を買って、それを早速ちょっとやってみましょう。すると、あまりの難しさに危機感を覚えるかもしれません。このままじゃ絶対に受からないと感じる人も多いかもしれないのですが、逆に初見でそう感じない人はかなりの素質を持っていると思います。多くの人は難易度の高さを実感できると思うので、国家総合職に受かりたい人は問題のレベルを確認して、その高い問題を解けるようにしていかないといけないのです。国家総合職の難易度は問題のレベルで表れていますが、他にも特殊な選考なども行われるので、そこも含めるとやはり難しさを感じられると思います。国家総合職に受かりたい人はいずれの試験も万全の対策をしていきましょう。

 

国家総合職の問題のレベルは激ムズ!?

国家総合職の筆記試験は一次試験が教養試験と専門試験、二次試験が専門記述と政策課題討議となっており、一次試験と二次試験が筆記試験となるのです。政策課題討議は後述しますけど、筆記試験とはちょっと違う難しさがあります。教養試験と専門試験はこの2つを合わせて一次試験となるので、なんとかボーダーラインを超えないといけません。国家総合職の教養試験は全部で30問、専門試験は40問あります。教養試験の特徴としては知識分野が6問で、知能分野が24問という、非常に偏りのある出題となっています。専門試験はそれぞれの区分(政治・国際、法律、経済、人間科学、工学、数理科学・物理・地球科学、化学・生物・薬学、農業科学・水産、農業農村工学、森林・自然環境、教養)によって科目が変わるので、それぞれで確認をしておいてほしいと思います。教養試験はほとんどが数的処理や文章理解が占めるので大変です。数的処理の対策などは大変でしょう。ただでさえ苦手な人が多いのに、国家総合職の数的処理となると本当に難しいでしょうから。国家総合職の筆記試験の難易度はこういった面でも受験生にとって難しいと感じるのです。専門試験はそれぞれの区分で違いますけど、教養試験は同じだと思うので、国家総合職の数的処理の対策をして、これでどれだけとれるか?そこを突き詰めないといけないのです。

 

国家総合職の筆記試験ではボーダーラインが何割くらいか?というのは気になると思います。問題のレベルが難しいので、そこまで高くはないという予想もあるかもしれませんけど、ボーダーラインは6割強ということが言われています。普通にそこそこ高いです。あの問題の難しさで6割以上もとらないといけないのはかなり難しいですけど、国家総合職を受ける人はそれくらいの学力を持っているということなのでしょう。国家総合職の筆記試験に受かるには教養試験と専門試験で6割は超えないと厳しいと思います。しかも、国家総合職の筆記試験は傾斜配点で専門試験の方が配点が大きくなっています。国家総合職の筆記試験の配点は教養試験と専門試験では差があり、国家総合職の筆記試験の専門試験は傾斜配点となっているため、傾斜配点の専門試験の方で多く正解をしていかないといけないのです。全体の12/15を筆記試験が占めていますが、教養試験が2/15、専門試験が3/15となっているので、専門試験でたくさん正解した人の方が受かりやすいということが言えるのです。ここは国家総合職の筆記試験のボーダーラインに関係してくるので知っておきましょう。だから、国家総合職の筆記試験の合格ラインでは6割を超えていても専門試験の正解数によっては不合格ということもあります。国家総合職の筆記試験に不合格になる人は多いです。実際、国家総合職の一次試験の倍率は高いですから。国家総合職の筆記試験は難易度も高いのですが、倍率も高いので、本当に受かるのが大変です。国家総合職の筆記試験に受かるには配点の高い専門試験で稼がないといけませんが、国家総合職の筆記試験で不合格になる人は多くいるので、ボーダーラインを超えるのは大変ということになります。国家総合職の筆記試験の合格ラインを目指していかないといけないのですが、それは本当に難しいと思いますから、きちんと対策を計画的にやっていきましょう。

 

国家総合職の筆記試験の倍率はどうなっているのか?

国家総合職の筆記試験の倍率に関しては国家公務員の中でも高い方になると思います。区分が細かく分かれているので、全体的に言えば結構差はあります。5~10倍くらいはあると言えるでしょうか?低いと5倍くらいですが、これでもそこそこ高いです。しかし、高いと10倍くらいはあるので、筆記試験の倍率で10倍といったら相当です。国家総合職の一次試験の倍率は相当高いので、ここも難易度が高いと言える部分になります。人気のある区分とそうじゃない区分によって難易度が変わるので、過去の試験結果を見て、国家総合職の筆記試験の倍率はチェックしておきましょう。一次試験の倍率はその年によって変化する部分もあると思うので、そういったところは知っておかないといけませんけど、国家総合職の難易度を認識するのに必要な情報なので、国家総合職の一次試験の倍率は受験生は調べておいてほしいと思います。国家総合職に受かりたい人は一次試験のボーダーラインが何割か?というのも必要ですけど、倍率も客観的な合格可能性を決めるものになるので、国家総合職の筆記試験に不合格になる人が多いというのは、危機感を植え付ける意味でも知っておいてほしいと思います。

 

国家総合職の筆記試験において専門記述と政策課題討議もまた難しい?

国家総合職の筆記試験の筆記試験は二次試験でもあるのです。専門記述はそれぞれの区分ごとに科目が違うのではないか?と思いますけど、こちらも難しいと思います。過去問とかが調べづらいとは思うのですが、国家総合職の筆記試験に受かるにはもちろん専門記述もやっていかないといけません。そして、問題なのは政策課題討議です。聞き慣れない選考で、そもそもこれは何をやるの?と思っている人も多いでしょう。政策課題討議というのは、与えられた資料を読んで、それに関して自分でレジュメを作り、複数人いる中で自分の意見を発表するという、なんていうか、実際に省庁でやりそうな仕事を疑似体験するみたいな感じですかね?もちろん、これは選考として行います。国家総合職の筆記試験の配点では結構高いのです。専門記述の配点が5/15で、政策課題討議が2/15となっているので、この2つもちゃんと対策をしておかないといけないということになります。国家総合職の筆記試験のボーダーラインを超えても、次はこういった試験があるので、本当に難しい試験種だなーと思いますよ。国家総合職の筆記試験に受かるには一次試験の教養と専門の対策もそうですが、専門記述と政策課題討議の対策もやっておかないといけないのです。国家総合職の筆記試験の難易度はこういった感じということで知っておいてほしいと思います。教養試験と専門試験の対策も大変でしょうけど、その合間に専門記述の勉強と政策課題討議の対策も入念にやっておきましょう。政策課題討議が結構難しい可能性があるので、コツなどを予備校に通って教えてもらうというのは重要かもしれません。予備校ならばシミュレーションもできそうですし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

品川翔英高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

品川翔英高校は東京都品川区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR横須賀線、湘南新宿ライ

記事を読む

杉並学院高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

杉並学院高校は東京都杉並区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR中央線、総武線の阿佐ヶ

記事を読む

横浜国大と横浜市立のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

横浜国立大学と横浜市立大学は同じ神奈川県横浜市内にある国公立大学です。この2つの大学は名称は

記事を読む

東京経済大学は偏差値の割に就職実績や評判、雰囲気が良い?

東京経済大学ってありますが、ご存知でしょうか?東京〇〇大学という名称の大学はたくさんあります

記事を読む

日東駒専の偏差値やレベルで順位、序列は?評判や難易度が高いのが特徴

大学受験において、日東駒専というのは有名なグループで、これはMARCHと大東亜帝国の間にある

記事を読む

武蔵大学の全学部統一の難易度と倍率は?合格最低点やボーダーラインは何割くらい?

武蔵大学の全学部統一型入試を受けるときには、やはり難易度が気になるでしょう。武蔵大学の全学部

記事を読む

早慶上智を志望する受験生のための滑り止めや併願校はどこがいい?どこを受ける?

早慶上智などのレベルの大学を受けるという方にとっては、どういったレベルの大学を併願するのか?

記事を読む

no image

警察官の面接の評価基準や受かる人と落ちる人の特徴は?落ちる理由は曖昧なものかもしれない

警察官の面接に受かるにはどういったポイントが必要になるでしょうか?警察官というのは公務員の中でやや特

記事を読む

獨協大学の偏差値、難易度は割と高いが倍率が低く受かりやすい

埼玉県にある大学で獨協大学があります。詳しくない方はそもそも何て読むのか?分からない人もいる

記事を読む

早稲田大学本庄高等学院の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

早稲田大学本庄高等学院は埼玉県本庄市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は上越新幹線の本庄

記事を読む

都立立川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立立川高校は東京都立川市にある男女共学の公立高校です。最寄り

千葉県立小金高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立小金高校は千葉県松戸市にある男女共学の公立高校です。最

千葉県立安房高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立安房高校は千葉県館山市にある男女共学の公立高校です。最

千葉県立柏中央高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立柏中央高校は千葉県柏市にある男女共学の公立高校です。最

水城高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

水城高校は茨城県水戸市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は

→もっと見る

PAGE TOP ↑