既卒は採用しない嘘!有利な受け入れ企業を探せばなんとかなる!就職が不利や厳しいことはない!

公開日: : 既卒者、第二新卒者の就職方法

既卒は採用しない嘘!有利な受け入れ企業を探せばなんとかなる!就職が不利や厳しいことはない!de0f2625b8d0e0638674ad6f8ba62817_s

大学を卒業してしまうと就職するのは困難というのが世間の常識です。確かにそういう常識は存在しています。でも、その常識が正しいという根拠はどこにあるのでしょうか?これは先入観で言われている部分もあります。例えば、大卒と高卒ではどっちが就職に有利か?という問いに、大半の人は当然大卒だろうと答えるのではないでしょうか?しかし、高卒の方が就職しやすいと言える部分もあるのです。それは大学を出ているんだけど、このレベルの人ならば高卒の人と変わらないなと面接官や人事に思われてしまった場合です。多くの人が勘違いしているのは、企業は大卒それ自体に価値を見出しているわけではなくて、大卒の人間の方が高卒よりも優れている可能性が高いだろいうという判断のもと大卒を優遇しているのです。つまり、一般的な大卒の人ならば高卒よりも有利になるかもしれませんけど、大学4年間を通じて、高卒の人とあまり変わらないとか、これなら高卒を採った方が良いと思われたら、その人は大卒になったことで高卒よりも不利になってしまったということになります。なぜならば、大卒は高卒よりも4歳年上なので、ある大卒の人が高卒と同じレベルだと思われたら、人事としては若い方を採りたくなるでしょう。つまり、面接官や人事から大卒としての評価を受けられない場合、4歳歳を重ねてしまったことで、その人は高卒時よりも大卒になったことで不利になっている。4歳歳を重ねる前の高卒時の方が就職しやすかったと言える可能性があります。

 

既卒に関しても既卒の方が有利と言える根拠がある

さて、大卒と高卒の話をしましたが、世の中の常識とされている大卒の人の方が有利という説は必ずしも正しくないということを説明しました。世の中の常識で言えば、新卒の方が既卒よりも有利とされていますが、この常識も同じく正しいとは限りません。企業が新卒を優遇しているという事実はあります。既卒の求人よりも新卒の求人の方が圧倒的に多いからです。だから、そういう状況を見て、学生の多くは既卒になってはいけない、既卒は内定を取るのが厳しいから新卒で就職しないといけない!という気持ちにみんななりますよね。しかし、逆にそういう状況こそが既卒の人にとってはチャンスになります。みんながみんな新卒でいるということを目指してくれるということは、既卒の人が就職しやすいということが言えるのです。既卒の人でもなんとかなると言える根拠の1つになります。既卒の受け入れ企業というのは新卒よりは少ないとは思いますが、新卒の受け入れ企業がいくら多いからって、新卒の人間が多すぎたら、新卒の人が就職するのも難しいですよ。っていうことが実際に起きつつあるのです。既卒の人は受け入れ企業が多くないという意味では就職しづらいと言えるかもしれませんが、採用しないというわけではないのです。枠が狭いだけなのです。だから、既卒になる人が減れば、その狭い枠の中でも就職できる、既卒でもなんとかなるという可能性は高まるわけです。で、実際には新卒の人間は増え続けています。みんな新卒の内に就職しないといけないと思っているからこそ、既卒になるのを恐れて、新卒の内に就職活動をしたり、内定が取れなければ留年して新卒のままでいようとします。そうやって、みんながみんな新卒カードを守ろうとするおかげで、新卒の人間が増え続けて、既卒の人は減りやすくなりますよね。

 

それってどういう状況か?というと、新卒と既卒の求人の数が一定という前提のもとでは、新卒は今まで以上に受かりづらく、既卒は今まで以上に受かりやすくなっていると言えるのです。そういった現状では、既卒の受け入れ企業が少ないとしても、内定を貰える可能性は高くなっていると言えます。そこが既卒の人が就職するための鍵になる部分と言えます。ここが既卒でも就職は何とかなると言える根拠にもなります。既卒の人を採用しないという企業もいるかもしれませんが、受け入れ企業はちゃんとあるので、既卒の人が受からないというのは幻想というか、新卒の人だって受からないと言える根拠はちゃんとあるので、少なくとも新卒でいれば安心とか、そういうことではないと思うのです。既卒の人が就職するのは簡単ではないです。でも、簡単ではないのは新卒も同じで、新卒と既卒の不利の程度の差というのはどんどん縮まってきています。逆転するか?は分かりませんけど、既卒はどこも採用しないとか、就職は不可能みたいなイメージを持っている人がいたら、そこまでではないというのは知っておいてほしいと思います。ただ、既卒の人が就職するには結局のところ、受け入れ企業を探さないといけません。既卒は採用しない、または中途採用と同じ枠でしか採用しないという企業の場合には、既卒の人の就職はちょっと厳しいです。中途採用とは違う、いわゆる既卒を採用している企業の求人を見つけて、そこを受けるということが重要で、そういうことをしていかないと就職するのは難しいと言えます。どうやってそういう求人を探せば良いのか?については、専用のサイトがありますから、そこから探していくのが良いのではないか?と思います。

 

既卒の人のための就職サイトから応募するのが良い

新卒のナビサイトっていうのは有名なところがありますし、そこに登録して多くの就活生が就職活動をしています。新卒は有名なところがあるからこそ、ほぼ全員がその特定のサイトを利用しているのですが、新卒はリクナビやマイナビに登録するのが常識みたいになっており、就活生は迷わずそこに登録するのが就活のスタートみたいな感じになっています。しかし、既卒の人の場合にはそういう定番と言える、有名なサイトは存在していないので、どこを利用すれば良いのか?迷う人が多くいるのではないでしょうか?そこが既卒の人がまず迷う部分で、何をすれば良いのか?分からないというところになると思います。しかし、既卒の人でもちゃんと就職活動ができるようなサイトは存在しているのですが、定番みたいな感じになっていないから知らない人も多くいるだけなのです。新卒のリクナビやマイナビみたいなサイトはあります。例えば、「【ウズキャリ既卒】」は特に人気のサイトになると思います。ここは既卒だけが利用できますが、就職サポートがとても充実していて、恐らくここなら就活が上手くいきそうだという感覚になれる人が多いのではないか?と思います。ここを利用すると既卒でもなんとかなると思える人が多いと思います。ウズキャリ既卒の特徴を挙げると、ここはキャリアアドバイザー的な社員の人があなたを直接サポートしてくれるので、内定を取るまで面倒を見てくれる存在がいるということになります。つまり、自分でもなんとかなるという実感が持てると思います。就職するのは厳しいという感覚も変わる可能性があります。新卒のサイトは多くの会社の求人が載っていて、そこにエントリーして、会社説明会に参加して、選考を受けていくという流れなので、特にサイト側が何か直接サポートしてくれるということはないですが、既卒のサイトでは直にサポートしてくれるので、それも内定を取れる確率を上げてくれると思うのです。例えば、ウズキャリ既卒の場合には会員登録をすると、カウンセリングを行ってあなたの希望を聞いてくれます。そして、そのうえで希望に沿った求人をいくつか紹介してもらって、その中から受ける企業を決めていくことになるのですが、求人を紹介してくれて終わりではありません。ここからがむしろウズキャリ既卒の真価を発揮する部分です。

 

というのも、ウズキャリ既卒では選考ごとにちゃんとキャリアアドバイザー的な社員があなたを直接指導して、ちゃんと選考に通るように配慮をしてくれます。何もしてくれないと、全て自分でやらないといけないので、なかなか受かる確率も上がらず、内定を取るのが難しくなります。しかし、就職活動に詳しい人が直接指導してくれるので、書類選考の添削や推薦状の添付、模擬面接の実施や指導などをしてもらえるので、内定を取るために必要な力を身に付けて、選考を受けることができるのです。特に面接へのサポートが大きいと言えると思います。面接が特に苦手、上手く話すことができないという人が多いと思うのですが、そこに関して就職活動のプロから直接教わることができる、模擬面接などを通じて面接の問題点を指摘して、直してもらえるというのは、非常に大きなメリットと言えます。そして、書類選考の時点では内容をちゃんと事前にチェックして必要な箇所を添削して、かつ推薦状を添付してくれます。ウズキャリ既卒ナビから応募した受け入れ企業は、ウズキャリ既卒ナビと常に良い関係を保っています。だから、求人を出してくれているのですが、そのウズキャリ既卒ナビの社員からの推薦状があれば、それも有利になります。新卒の場合にはこういうサポートはあまり受ける機会がないと思うのですが、既卒の方はかなり充実しているというのがお分かりいただけるでしょう。1人1人に対して、プロの目線で直接指導してくれる機会というのはそうはないので、こういった機会を得られるだけでも実は既卒は就職に有利ともいえると思うのです。既卒の就職は厳しいという印象を持っている人も、こういうサイトを利用すればなんとかなるのではないか?という想像をしている人もいるのではないでしょうか?必ずしも不利とは言えないです。既卒を採用しない企業もありますが、ウズキャリ既卒ナビのような大学や高校を卒業して就職したい人のためのサイトに求人を出している会社がちゃんとあるので、受け入れ企業は実はちゃんとあるのです。そういう企業を見つけられるか?がポイントで、ウズキャリ既卒ナビを利用すれば、それができますし、そこに受かるためのスキルまで磨ける、上達するように指導してもらえるというのは大きなポイントになります。しかも、こういったサポートが全て無料で受けられます。だから、お金を一切かけないで就職活動の面倒を見てもらえるのです。内定を本気で取りたい人は、お金もかからないということで非常におすすめしたいと思います。良かったら参考にしてみてください。

既卒・フリーターでも内定率80%超え!【ウズキャリ既卒】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

フリーターから就職する方法は?正社員に転職するには?

フリーターをやっている人もこのままフリーターで良いと満足している人も少ないと思います。いずれ

記事を読む

就職失敗=人生終了?新卒じゃないと就職できないは嘘です

新卒の大学生は就職活動の戦場において、本当に生死をかけた戦いをしているに等しいです。それは春

記事を読む

フリーターが就職するには、正社員になるには何歳まで?

フリーターの人でも正社員を目指している人はたくさんいると思います。フリーターのままだと何が困

記事を読む

既卒者やフリーターの就活の時期はいつからが最適?

大学を卒業して、既卒として就職活動をされる方もたくさんいます。彼らは卒業後すぐに始めている人

記事を読む

フリーターで面接が怖い、受からない場合の最善の就職方法

フリーターの人でももちろんこのまま終わるつもりはない!と頑張っている方は多くいらっしゃるでし

記事を読む

フリーターが就職の面接で話す自己PR内容はバイトでOK

フリーターをやっているという方もいずれは就職したい、正社員になりたいという気持ちは持っている

記事を読む

就職できない既卒の人の特徴とその不安を一掃する方法

既卒でなかなか就職できない不安を抱えている方、就職活動を頑張ってはいるが、なかなか結果になら

記事を読む

ニートは正社員は無理?不可能?←嘘だと思う理由がある

既卒の人やニートの人は正社員になるのは無理だという定説がある。確かに空白期間が長かったりする

記事を読む

既卒で就活をするのが不安、面接に苦手意識のある人も大丈夫!

既卒の方は世間的にはやはり新卒と比べて不利と言われているし、就職できないということが囁かれて

記事を読む

第二新卒の扱いは新卒と中途の両面を持った最高価値の存在

第二新卒というのは、言ってしまえば非常に中途半端な立場の人たちです。新卒の大学生と転職をする

記事を読む

芝浦工業、工学院、東京都市、東京電機大学と学歴フィルターの影響はある?

学歴フィルターというのは就活をする以上、かなり気になる存在だと

武蔵大学のレベルは日東駒専やMARCHとどっちが上?イメージや雰囲気の特徴は?

武蔵大学というと、大学名自体は知名度はあまり高くありません。有

椙山女学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの得点率について

椙山女学園大学は愛知県にある女子大で、このエリアでは特に規模が

no image
印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多

佛教大学の難易度やレベルを産近甲龍と比較すると?イメージや雰囲気の特徴は?

京都にある佛教大学は関西の中では有名な私立大学であると思います

→もっと見る

PAGE TOP ↑