実践女子大学の偏差値や難易度は?倍率や入りやすい学部とボーダーラインなどについて

公開日: : 最終更新日:2017/11/30 その他の話題

実践女子大学の偏差値や難易度は?倍率や入りやすい学部とボーダーラインなどについて520e3c000d233030bcd36f2f68091500_s

女子大にはいろいろな有名な大学がありますけど、そのうちの1つには実践女子大学があります。こちらは中堅女子大学として知名度はある程度あると思うのです。実践女子大学の偏差値は50弱くらいなのではないか?と思います。実践女子大学には3つの学部がありますけど、それぞれの学科によって難易度が違いますから、そこは覚えておきましょう。実践女子大学の偏差値は結構幅広いので、平均を出すのは難しいかもしれませんが、だいたい50弱くらいではないか?と思います。したがって、中堅大学くらいの認識になると思うのです。実践女子大学には文学部、生活科学部、人間社会学部の3つがありますけど、この中ではどこが1番入りやすいのか?というと、これは難しいです。学部学科ごとにかなり偏差値がバラバラなので、それこそ偏差値が40を下回っていると思われる学部学科もありますし、50を普通に超えているところもあって、それがこれら3つの学部でバランスよく存在しているような感じなので、トータルで見ると、そこが入りやすい学部なのか?は分かりません。だから、実践女子大学の難易度は学部全体で見るとあまり変わらないのではないでしょうか?

 

実践女子大学の入りやすい学部はどこなのか?

実践女子大学の偏差値に関してはすでに話した通りですけど、この3つの学部で特に入りやすい学部があるとすれば、生活科学部かな?学部全体で入りやすいわけではないですが、学科まで見たときに3つの学部の中で1番偏差値が低いところはここになると思うのです。パスナビによると、生活科学部の生活科学学科の生活心理かな?ここは偏差値が37.5になっていますし、あとは同じく生活科学部の生活科学学科、現代生活に関しても偏差値は同じくらいに低いです。今後、偏差値は微妙に変わる可能性がありますけど、こういったところは穴場の学部になると言えると思うので、知っておいてほしいと思います。実践女子大学に入りたい人は、こういったところをまず調べておくと良いかもしれません。実践女子大学で受験する学部がすでに決まっている人、入りたい学部が決まっている人はそこを受けるということで良いと思うのですが、まだ受験する学部が決まっていない人、または入りやすい学部を探している人、どこでも良い人の場合にはこういった部分を参考にすると良いかもしれません。難易度はその年度によって多少変わることもありますが、紹介したところは今後極端に難易度が上がることはないと思うので、穴場の学部学科ということになるでしょうか?ちなみに実践女子大学はセンター利用入試もやっています。そのボーダーラインはどれくらいか?というと、これも偏差値によって学部学科によって全然違います。

 

実践女子大学のセンター利用入試のボーダーラインは5割強から7割後半なので、学部学科によってかなり難易度が違うということになります。したがって、センター利用入試に関しても学部学科によって難易度が全然違うということになりますから、どこを受けるか?ということはかなり慎重になって決めないといけません。実践女子大学の学部学科、専攻など別のセンター利用入試のボーダーラインは、センター試験で実践女子大学を受験するときには確実に調べておきましょう。センター利用入試でも十分チャンスはあると思いますから。一般入試とともに、センター利用入試も頭に入れておくと良いと思います。実践女子大学の難易度はだいたい分かってもらえたかな?と思いますが、ここで重要なのは倍率です。女子大なので、そこまで高くはないという予想もあるかもしれませんけど、実際どうなのでしょうか?実践女子大学の倍率に関してはデータとして知っておきましょう。実践女子大学の倍率は特に一般入試のものをチェックしておくと思います。

 

実践女子大学の倍率はどれくらい?

実践女子大学の倍率はちょっとややこしい感じなのです。センター利用入試を覗いた一般入試においては、学部学科ごとに入試日程が細分化されており、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期に分かれています。この中で言うと、Ⅰ期が恐らくメインで、募集人数なども多いのではないでしょうか?このⅠ期の倍率は1番低い方になると思います。そして、全体的に見るとⅡ期とⅢ期に関しては結構倍率が高い場合があります。Ⅰ期よりは全然高いです。そして、学部別で見ると、生活科学部は他の2つの学部に比べて倍率が高めです。いくつかの学科や専攻がありますけど、全体的に他の2つの学部よりも高いので、個別の学科や専攻によって具体的な数字は異なりますけど、そういった傾向になっているということなのです。Ⅰ期では倍率が1倍台とかもあるんですけど、Ⅱ期やⅢ期になると3倍、5倍とかが増え始めて、10倍以上とかのケースもあります。ただ、学部学科、専攻によってはⅠ期の方が倍率が高い場合もあるみたいですから、そこは注意しておきましょう。細かい数字を知りたい人は実践女子大学の入試の倍率が載っているページなどを見てみると良いでしょう。そこにはセンター利用入試などの倍率も載っていると思います。

 

実践女子大学に入りたい人は合格最低点などもチェックしておいてほしいです。こういった情報に関しても調べれば出てきますから。過去問を解くことになると思いますが、そのときにはとるべき点数の目安として合格最低点は必要になります。厳密に言えば、合格最低点にプラスして10点、20点くらいとれていないと受からないこともあると思うので、そのくらいを目指してほしいです。大学によっては偏差値で合格最低点を出すことがあるので、そういった場合には合格最低点の数字は素点ではない可能性がありますから。だから、発表されている実績女子大学の合格最低点の少し上を目指してもらいたいなと思います。そういった感じで、実践女子大学に受かりたい人は合格最低点の情報も調べて、過去問を解いていくと良いでしょう。実践女子大学の難易度は中堅大学なので、そこまでたくさんの勉強をしなくても受かる確率はあるとは思われますけど、その人の学力にもよりますし、実践女子大学に受かりたいということならば、必要な受験科目で総合して必要な偏差値を満たせるようにしていきましょう。実践女子大学は女子大の中では知名度もありますし、受験者数も多いので、ライバルも多いと思った方が良いでしょう。

 

実践女子大学の大学案内が無料で請求できる!

実践女子大学に入りたい人はスタディサプリ進路から大学案内が請求できるので知っておきましょう。この大学案内は入試情報や学生生活の情報が満載の資料で、入試情報に関しては実践女子大学の学部別、入試方式別などで必要な科目、配点、日程、募集人数などを細かく載せてくれていると思うので、実践女子大学の入試制度への理解がかなり深まると思います。また、過去の入試結果として倍率や合格最低点なども載っている可能性があるので、そこも期待です。そして、学生生活の情報に関しては実践女子大学の学生が普段どんな授業を受けているのか?ゼミやサークル活動はどうか?卒業後の進路はどうなっているのか?などの情報が載っていると思います。学部学科別などでそういった情報が載っている可能性があるので、非常に分かりやすいと思います。そういったものを見れば、自分が実践女子大学に入学したらどういう4年間を過ごすのか?というのが想像できると思うので、かなりタメになる資料になるのではないでしょうか?スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「実践女子大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあるので、そこを記入して送信すれば自宅に届くと思います。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

【あわせて読みたい記事】

実践女子大学と大東亜帝国、日東駒専はレベルはどっちが上か?就職はどっちがいい?

女子大と共学のメリット、デメリットの違いやモテるのはどっち?就職に不利なのは?合わない可能性もある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

國學院大學の滑り止めはどこがいい?日東駒専でも専修大学と駒澤大学ならOKか?併願でおすすめなのは?

國學院大學は文学部の偏差値がやや抜けている感じですが、それ以外の学部の偏差値も近年上昇傾向か

記事を読む

駒沢女子大学の偏差値や難易度は?評判や倍率とボーダーラインなどについて

駒沢女子大学というのは女子大の中ではどれくらい知名度があるか?は分かりませんが、人気は高いと

記事を読む

東京外国語大学の偏差値や難易度と倍率は?センターの足きりのボーダーラインはどうなっている?

東京外国語大学は都内の国立大学で、知名度はそこまでないかもしれませんけど、難易度はかなり高い

記事を読む

京都橘大学の偏差値や倍率は?ボーダーラインや入りやすい学部は存在するのか?

京都橘大学は関西では有名な私立大学で、中堅大学という扱いになるとは思いますけど、それなりの規

記事を読む

なんのために大学に行く?勉強のためなら大学に行く意味や理由、必要性はない

大学はなんのために行くのでしょうか?勉強をするため?そう思いこんでいる人がいますね。しかし、

記事を読む

1限に授業を入れると起きれない、寝坊でサボる学生が多い理由

大学生の時間割って、高校までよりも大分楽になるというか、自由に決める余地があります。それは好

記事を読む

AO入試や公募推薦の面接のマナーや言葉遣いは大切!コツは失敗しないわけないと思うこと

推薦入試はたいてい面接がありますから、そのための対策をしていかないといけません。推薦入試とい

記事を読む

おせち料理、年越しそば食べる割合は?食べない人が増加中

今の若い人たちを中心にして、年越しそばやおせち料理を食べないという人が増えているそうです。そ

記事を読む

若者が選挙に行かない理由は政治に無関心、興味がないは嘘?

先日、ニコニコ動画内でユーザーに対して行われていたアンケートの結果「ニコニコアンケート基礎調

記事を読む

横浜市立大学の偏差値や難易度は?センター試験の足きりのボーダーラインや倍率は?

横浜市立大学は公立大学ではありますけど、首都圏の大学の中では難しい、名門大学と言えると思いま

記事を読む

鉄道会社の就職の難易度や倍率と仕事の激務の度合いの評判など

鉄道会社への就職を考えている人は魅力を感じる部分があると思うの

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と

中央学院大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

中央学院大学という大学が千葉県にありますが、こちらは偏差値はそ

恵泉女学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や入試科目とボーダーラインの情報

恵泉女学園大学は東京都多摩市にキャンパスがある女子大になります

相模女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは何割か?

神奈川県の相模原市にある相模女子大学は知名度はそこまでないかも

→もっと見る

PAGE TOP ↑