成蹊大学の滑り止めはどこがいい?日東駒専や獨協?併願は成城や明治学院などでおすすめなのは?

公開日: : 最終更新日:2017/10/12 その他の話題

成蹊大学の滑り止めはどこがいい?日東駒専や獨協?併願は成城や明治学院などでおすすめなのは?

30307aaedf32d28ddae770c2475fb2b0_s

成蹊大学を受験する受験生は成蹊大学以外ではどこを受けるか?を決めないといけないでしょう。成蹊大学は難関大学に入るか?どうか微妙なラインな気がしますが、この成蹊大学に受かれば良いものの、どうしても滑り止めを受ける必要性が生じます。滑り止めは絶対に受けないといけないとは言いませんが、浪人ができないとかのケースでは受けた方が良いと言えるでしょう。成蹊大学の滑り止めはどこがいいか?というのは、候補はいろいろとあると思います。MARCHにかなり接近している難易度を誇る大学だけに、滑り止めの候補は本当にたくさんあると思います。その中からどこを受けるか?を決めないといけませんが、そのときに候補となりそうな大学をいくつか挙げていきたいと思います。成蹊大学を第1志望として考えている人に向けた記事になるかと思います。滑り止めはどこにしようか?考えている人にとって少しでも参考になればと思います。

 

成蹊大学の滑り止めとしてはどこがいいのか?

成蹊大学はほぼMARCHということも言えるかと思います。MARCH下位レベルと思って良いのではないでしょうか?そうなると、MARCH下位レベルの滑り止めはどこが妥当か?というと、日東駒専かな?と思います。成蹊大学の文系学部は偏差値が57~58くらいかな?と思いますから、成蹊大学の滑り止めは日東駒専のうち上位を除いた部分になると思います。成蹊大学に実力相応という前提にするとそれくらいですね。日本大学や東洋大学は成蹊大学の滑り止めといしてはややきついと思うのです。ちょっと難しいでしょう。成蹊大学の滑り止めで東洋大学や日本大学の中の主要学部を滑り止めにできるとしたら、偏差値60くらいある受験生じゃないときついんじゃないでしょうか?MARCHのレベルの大学が普通に受かってもおかしくないくらいの実力がある受験生です。それ以外の人はなんとか成蹊大学に受かるくらいの人は滑り止めは駒澤大学や専修大学あたりが最高ラインかな?と思います。それも確実とまでは言えないかもしれないですけどね。ただ、狙い目としてはこの辺になるのではないでしょうか?

 

駒澤大学や専修大学だと平均偏差値は52~54くらいでしょうか?そうなると、3科目で57~58以上ある人ならば成蹊大学の滑り止めになると思います。駒澤大学や専修大学は1つ候補になります。成蹊大学の場合にはそれ以外の候補では、同じ成成明学獨國武の中で獨協大学があるでしょう。成蹊大学の滑り止めでは獨協大学も使えます。ただし、外国語学部や国際教養学部以外です。獨協大学の法学部と経済学部は偏差値が日東駒専の中でも駒澤大学と専修大学のレベルに近いので、獨協大学の法学部と経済学部は成蹊大学の滑り止めになるでしょう。成蹊大学の滑り止めはどこがいい?というときにはセンター利用でとりたいならば、専修大学、駒澤大学、獨協大学あたりでも可能になるかもしれませんけど、さらに下げた方が安全圏でしょう。この3つの大学はセンター利用で3科目7割くらいがちょうど必要になると思います。それが厳しいならば一般入試で受けるという方法もありますけど、少しレベルを下げて、神奈川大学、玉川大学(教育学部以外)、東京経済大学、文教大学、武蔵野大学あたりも候補にしてみると良いかもしれません。文教と武蔵野の教育学部もやや偏差値高いんですよね。日東駒専の下位レベルくらいはありますから。でも、それ以外の学部ならばチャンスはより大きくなりますから。日東駒専に次ぐ大学群としてこのあたりも成蹊大学の滑り止めとして考えてみると良いかもしれません。

 

成蹊大学の滑り止めとしてはどこがいい?というときには日東駒専が中心にはなりますけど、受験生の偏差値によります。成蹊大学が実力相応くらいの人ならば、成蹊大学の滑り止めは駒澤大学、専修大学、獨協大学の法学部、経済学部あたりが良いのではないか?と思います。しかし、それよりも上の実力にあると、偏差値が60くらいあるのならば、成蹊大学の滑り止めは日本大学や東洋大学の主要学部、または國學院大學(文学部以外)や武蔵大学も該当するかもしれません。獨協大学の外国語学部や国際教養学部はちょっとレベルが高いので、成蹊大学の滑り止めにはならないかもしれません。ただ、自分の実力によってどこを受けていくか?というのは滑り止めもそうですけど、併願する大学も大切です。成蹊大学の併願として考えられるのはMARCHの大学です。成蹊大学の志望順位が高いならば立教や明治などの上位大学を受ける人は少ないのかもしれないですが、法政、青山学院、中央あたりは併願する人は多いのではないでしょうか?

 

 成蹊大学の併願する大学はどこがおすすめか?

成蹊大学を受ける人はどういうところを併願しているのか?というと、MARCH下位から成成明学獨國武あたりが多いのではないでしょうか?特にレベルが比較的近い法政大学や成城大学、明治学院大学は成蹊大学の併願としておすすめというか、人気ですよね。法政大学の一部の学部は成蹊大学よりも明らかに難易度が高いんですけど、それ以外の学部は成蹊大学とかなり偏差値が近いです。だから、成蹊大学の併願としては法政大学を選ぶ人もいるでしょう。成蹊大学の併願としておすすめなのは比較的レベルが近い成城大学と明治学院大学で、成蹊大学よりはやや難易度が下がります。あとは國學院大學、獨協大学の国際教養、武蔵大学がレベル的に近いですね。獨協の外国語はちょっと難しいですけど、1科目や2科目入試もやっていると思うので、得意科目のみで受けられるならば成蹊大学の併願としてはありでしょうね。頑張ればMARCHの青山学院や中央を受ける人もいるんじゃないでしょうか?成蹊大学の滑り止めはどこがいい?という問題や併願でおすすめなのはどこか?というのはなんとなくこんな感じでしょうか?成蹊大学を受験する人は併願先としてはMARCHや同じレベルの成城大学、明治学院大学などが該当すると思いますけど、そういったところも重要なので、受験勉強をしながら成蹊大学の受験先について考えていくと良いでしょう。

 

【あわせて読みたい記事】
成蹊大学の看板学部は法学部?経済学部?学部の序列や順位のランキングは?

学習院大学と成蹊大学の難易度の比較はどっちが上?法学部、文学部、経済学部などのレベルは違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

羽沢駅の新設で横浜国立大学の立地条件やアクセスが悪い部分が解消し人気や魅力が増す可能性も!

横浜国立大学のキャンパスへの最寄り駅が今後変わるかもしれません。横浜国立大学はキャンパスの立

記事を読む

あのミスチルまでも!?歌手の口パクは何故非難される?

先日放送された、フジテレビの「FNS歌謡祭」にて、大物バンドのMr.Childrenが番組内

記事を読む

ミスドの福袋の発売日、予約はいつから?中身はネタバレ済み!

毎年、年末から新年にかけて福袋が販売されていますね。こういった福袋は在庫処分と言われる面もあ

記事を読む

警察官を目指す予備校に通う時期はいつから?大学何年生から?

公務員は安定した職業として、多くの方に人気ですが、その中でも警察官を目指している方も多くいる

記事を読む

甲南大学法学部の偏差値や難易度は?倍率や評判とボーダーラインはどうなっている?

甲南大学の中では法学部の難易度というのはどうなっているのでしょうか?甲南大学法学部に入りたい

記事を読む

500円玉貯金のやり方や入れ物は?貯めたお金は何に使う?使い道のおすすめは?

500円玉貯金というのがありますが、やり方は簡単ですね。財布の中に500円玉があれば、それを

記事を読む

オープンキャンパス参加時の服装は?私服?制服?

夏休みの風物詩になっているオープンキャンパスですが、行く人もいれば、行かない人も当然いると思

記事を読む

入らなくてもいい大学は多い?ゼミに入るべき?入らないと就活への影響や不利はある?

大学にはいるとゼミをどうするのか?というのは1つの問題というか、ポイントになると思います。ゼ

記事を読む

立教大学の英語の傾向は短い時間で語数多い英文の処理が必要

立教大学に受かりたい人多いと思います。立教大学は日本のミッション系の大学の中でも非常に有名大

記事を読む

指定校推薦で落ちる理由や確率は?面接や小論文で失敗すると不合格の可能性はある?

指定校推薦は99.9%落ちないとされている試験ですが、絶対に落ちないわけではありません。そし

記事を読む

白百合女子大学のキャンパスの雰囲気や評判は?就職支援や就職実績、就職先は?

  白百合女子大学に入りたい人は大学生活をどん

白百合女子大学の偏差値や難易度は?入試科目や倍率とボーダーラインについて

白百合女子大学というと、どういうイメージを持っているでしょうか

刑務官の難易度や筆記、面接の倍率は高い?筆記のボーダーラインは何割か?

公務員試験においては事務職や警察官などが有名な職種になると思い

刑務官の面接で何を聞かれる?聞かれることや志望動機の考え方と倍率について

刑務官の面接対策をするときにはいろいろなことを考えておかないと

神戸女子大学の偏差値や難易度は高い?倍率や評判とボーダーラインはどうなっている?

関西の女子大学にはいろいろな名門大学がありますけど、そのうちの

→もっと見る

PAGE TOP ↑