安田学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

安田学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

安田学園高校は東京都墨田区にある男子共学の私立高校です。最寄り駅は都営大江戸線の両国駅で、徒歩3分となっています。それ以外でもJR総武線の両国駅から徒歩6分、都営浅草線の蔵前駅から徒歩10分です。以前は男子校でしたが、現在では共学となっている点が特徴です。この安田学園高校の偏差値はやはり気になるでしょう。学校のレベルを調べるときには、まず偏差値を知っておく必要があります。でも、安田学園高校の難易度に関しては偏差値のみならず、倍率なども調べておく必要があります。総合的に難易度を理解する必要があるのです。また、学校の評判についてもしっかりとチェックしてほしいと思います。安田学園高校の進学実績などを含めて、事前に調べておきましょう。

 

安田学園高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

安田学園高校の偏差値についてチェックしていきたいと思います。偏差値については、普通科S特コースが64、特進コースが59、進学コースが54となっています。したがって、全体的に難易度は高いです。S特コースはもちろんですが、進学コースでもそこそこの偏差値があるので、安田学園高校のレベルは割と高いと言えるでしょう。この偏差値ということは、それなりに難しいと言えるので、受かるためにはしっかりと勉強をしていく必要があるのです。でも、安田学園高校の難易度については、偏差値だけでは足りません。やはり倍率についても調べておく必要があります。そういったところも含めて、安田学園高校のレベルを知ることになるはずです。だから、学校の難易度を正確に知るためにも、安田学園高校の倍率についても目を通しておきましょう。

 

実際、倍率はどうなっているのか?というと、安田学園高校一般入試の倍率としては1倍台前半であることが多いです。コースごとに若干違いますし、複数の日程があるようですけど、全体的には1.5倍未満であることが多いと言えます。1.2倍前後くらいを想定しておくといいでしょう。ただ、男女別で入試をやっているようなので、安田学園高校の倍率は男女で差があります。したがって、そこも知っておかないといけません。偏差値も重要ですが、こういった倍率の情報もしっかりと頭に入れておくべきでしょう。安田学園高校の偏差値のみならず、倍率も含めて理解すると、学校のレベルを把握しやすいと思いますから。あと併願優遇を利用する可能性がある人は、安田学園高校の併願優遇についても調べておくといいです。では、安田学園高校の進学実績について確認しておいてほしいです。こういう部分は学校の評判として重要と評価できるはずです。

 

安田学園高校の進学実績はどうなっている?

安田学園高校の進学実績をチェックしていきたいと思います。ボリューム層となっているのは日東駒専で、かなり多くの人数が毎年受かっています。しかし、GMARCHもそれに近い状況で、相当な人数が合格しています。だから、こういった有名大学に合格できるレベルの学校ということです。早慶上理(ICUも含めて)になると、ちょっと人数は少なくなりますけど、それでもある程度の人数は受かっている年もあります。こういった進学実績には指定校推薦などが含まれている可能性があります。国公立大学に関してもそれなりに合格者は出ているといった感じです。だから、国公立大学にも受かっている人たちはちゃんといる状況です。東京大学、一橋大学、東京工業大学などに受かっている例があります。安田学園高校の進学実績を見ると、やはり偏差値の高さを実感します。学校の難易度がそれなりに高いので、こういう進学実績は全く不思議ではないでしょう。安田学園高校のレベルはかなり評価できる状況にあり、有名大学に合格している例が非常に多く確認できるのです。では、学校の日常がどんな感じか?について、安田学園高校の評判をチェックしてほしいです。

 

安田学園高校の評判はどんな感じか?

安田学園高校の評判について見ていきたいと思います。在校生や卒業生の口コミから、だいたいの状況は把握できると思うのです。まず校則については、そんなに厳しいとは言われていません。校則の数は多いものの、実際に先生らは細かく言ってこないので、安田学園高校の校則は厳しいという印象になりづらいでしょう。また、いじめはほぼないとされています。日常的にいじめを目撃する機会はないと言われているのです。進学実績については、すでに話した通りにGMARCHや日東駒専に受かる人が多いものの、進学コースから早慶上理に受かった例もあるようで、そういった部分はかなり重要な評判になりそうです。安田学園高校の難易度は普通に高く、有名大学への進学は期待が持てる状態です。あとは食堂が広くて綺麗、非常に美味しいという口コミがあります。食堂がある高校は限られているので、ここは安田学園高校の評判として、特に知っておくといいと思います。こういった部分があると、毎日の高校生活がより楽しく感じやすいのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

都立工芸高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立工芸高校は東京都文京区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR総武線、都営三田線の水

記事を読む

東京四大学の偏差値などのレベルやランクは?各大学の序列や順位はどんな感じか?

東京四大学という大学群をご存知でしょうか?これは非常に地味なネーミングですけど、知っている人

記事を読む

青山学院女子短期大学の偏差値や難易度、受験科目は?倍率などで入りやすい学科は?

青山学院大学には短大もあるんですよね。青山学院女子短期大学という名称になりますけど、この短大

記事を読む

東京農業大学第三高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

東京農業大学第三高校は埼玉県東松山市にある男女共学の私立高校です。最寄駅は東武東上線の東松山

記事を読む

京都文教大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や合格最低点の情報について

京都にある私立大学としてはちょっと変わった学部のみを揃えているのが京都文教大学になります。こ

記事を読む

青山学院大学の一般入試の合格点やボーダー、倍率の詳細

青山学院大学はどの学部も一定の偏差値を誇っているので、非常に難しい大学と言えるでしょう。偏差

記事を読む

工学院大学の偏差値は?難易度が高い建築学部と受かりやすい情報学部

工学院大学というのは、理系専門の大学としては偏差値の中堅くらいになると思います。理系の大学な

記事を読む

早稲田大学人間科学部の偏差値、難易度は普通に高い!評判も上々で就職実績、就職状況も良好

早稲田大学には相対的に受かりやすい学部というのが存在しますが、その中には早稲田大学人間科学部

記事を読む

湘南工科大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

湘南工科大学附属高校は神奈川県藤沢市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR東海道本線の

記事を読む

指定校推薦の枠は1つあたり何人まで?定員越え、定員オーバーで落ちるという事態はありえる?

指定校推薦は基本的には行内で選考が行われて、それを通った人が大学の面接や小論文などの試験を受

記事を読む

新潟運輸の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

新潟運輸の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

東計電算の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

東計電算の就職の難易度はどうなっているのでしょうか?実際にここ

共和レザーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

共和レザーの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職

千葉県立柏の葉高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立柏の葉高校は千葉県柏市にある男女共学の公立高校です。最

栗田工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

栗田工業の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと

→もっと見る

PAGE TOP ↑