横浜翠陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

横浜翠陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

横浜翠陵高校は神奈川県横浜市緑区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は東急田園都市線の青葉台駅、JR横浜線の十日市場駅、相鉄本線の三ツ境駅となっており、ここからバスを使って通学することになります。徒歩で通学するケースがないとは言えないものの、駅からはちょっと遠い状況となっている点は理解しておきましょう。まずは横浜翠陵高校の偏差値を知っておく必要があります。学校のレベルを調べるときには、偏差値の情報が重要になるのです。でも、横浜翠陵高校の難易度においては、偏差値だけでは十分ではなく、倍率に関しても知っておく必要があるでしょう。そういった部分を通じて、難易度を理解してほしいです。また、横浜翠陵高校の進学実績も調べておいた方がいいです。学校の評判に関する部分はきちんと理解しておきましょう。

 

横浜翠陵高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

横浜翠陵高校の偏差値について調べていきたいと思います。偏差値については、普通科特進コースが58、国際コースが56、文理コースが53となっています。したがって、横浜翠陵高校の偏差値はコースごとに違いがあるのです。ただ、横浜翠陵高校の難易度に関しては、それなりに高いと言えるコースも存在しており、そこは認識しておきましょう。横浜翠陵高校のレベルとしては割と高い状況もあるということです。でも、難易度を正確に理解するためには、偏差値だけでは足りないと言えます。横浜翠陵高校の倍率も一緒に見ておく必要があるのです。そういったところも含めて、横浜翠陵高校のレベルとして評価していく必要があるでしょう。いろいろな角度から把握していくべきと言えるのです。

 

では、倍率を実際に見ていきますけど、横浜翠陵高校の一般入試の倍率については基本的に1倍台前半となっています。1.1倍前後くらいと認識しておくといいと思います。横浜翠陵高校の倍率はコースごとにほとんど差はないですし、年度ごとの差もあまりないです。したがって、倍率としてはそういう数字を認識しておくといいのです。全体的に横浜翠陵高校の倍率は高くはないものの、油断はしないでほしいです。また、やはり横浜翠陵高校の偏差値も重要と言えるので、そういう部分も含めて横浜翠陵高校の難易度を理解しておきましょう。総合的に学校のレベルを判断してほしいです。そして、横浜翠陵高校の進学実績も調べておくといいと思います。こういったところは学校の評判にかかわりますから、卒業後の進路に関してはしっかりとチェックをしておいてほしいと思うのです。

 

横浜翠陵高校の進学実績はどうなっている?

横浜翠陵高校の進学実績をチェックしていきましょう。進学実績においては、ボリューム層と思われるのは日東駒専あたりでしょう。でも、GMARCHもそれに近い数だけ合格者がいます。したがって、こういうレベルの大学に関して合格者がそれなりに多くいるわけです。早慶上理になると、人数は少なくなってしまいます。でも、こちらも合格者は例年一定数いるため、そこも併せて理解しておきましょう。こういった進学実績には指定校推薦が含まれている可能性もありますが。国公立大学に関しても、そこまで人数は多くないものの、合格者はいます。過去には一橋大学、東京工業大学、横浜国立大学などに合格例が確認できます。横浜翠陵高校では難易度の高い大学への合格実績がきちんとあるため、ここは非常に評価できる箇所であると言えるでしょう。卒業後の進路に関しては多くが気になる部分ですし、横浜翠陵高校の評判にも関係してくるので、しっかりと事前に確認しておいた方がいいです。

 

横浜翠陵高校の評判はどんな感じか?

横浜翠陵高校の評判についてチェックしていきたいと思います。在校生や卒業生の口コミを参考にすれば、普段の状況に関して理解がしやすいはずです。まずは校則から見ていきたいと思います。横浜翠陵高校の校則については、割と厳しいという声が多いです。校内でのスマホ使用、メイク、ピアス、アルバイトなどが禁止となっており、そういった部分で不満の口コミが見られます。いじめについてはほぼないと言えそうです。いじめを日常的に見ているという人はほとんど見られませんから。進学実績に関しては、徐々に向上している雰囲気が感じられるとされています。横浜翠陵高校の偏差値はそれなりに高いコースもありますし、今後さらに充実していく可能性もあるのではないでしょうか?横浜翠陵高校はかなりレベルの高い大学に合格している状況がうかがえますけど、そういった部分に関してはこれからもっと期待ができる可能性があるのです。あとは緑豊かな環境で、自然が感じられるため、そういった部分で快適さを感じられる、のびのびできるという口コミもあります。学校の環境としては魅力的な部分が存在しており、そこは横浜翠陵高校の評判として覚えておくといいでしょう。学校生活に関して、どんな感じになりそうか?想像したうえで、受験をしていくといいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

難関大学の定義や基準はどこから、どこまで?旧帝大からMARCH、関関同立か?

大学受験において難関大学って言われる定義がありますよね。どこからが難関大学なの?って思ったこ

記事を読む

大学入学共通テストの会場の決め方は?どうやって決まる?いつ分かるのか?

大学入学共通テストは特定の会場で受験することになります。どこで受けるのか?については、大学で

記事を読む

明治大学付属明治高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

明治大学付属明治高校は東京都調布市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は京王線の西調布駅で

記事を読む

神奈川県立湘南高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立湘南高校は神奈川県藤沢市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は小田急江ノ島線の藤

記事を読む

埼玉県立豊岡高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

埼玉県立豊岡高校は埼玉県入間市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は西武池袋線の入間市駅で

記事を読む

日本女子大学のキャンパスの雰囲気や評判と口コミは?就職実績で就職率などは高い?

日本女子大学のキャンパスに関してはどういう場所になるのか?知っておきましょう。日本女子大学の

記事を読む

中京大と名城大のレベルはどっちが上?頭いい?イメージや雰囲気の違いと就職での差はある?

東海地方の有名大学として中京大学と名城大学があります。どちらもこのあたりでは規模が大きく、知

記事を読む

埼玉県立伊奈学園総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

埼玉県立伊奈学園総合高校は埼玉県北足立郡にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR京浜東北

記事を読む

東京学館浦安高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

東京学館浦安高校は千葉県浦安市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR京葉線の新浦安駅で

記事を読む

同志社大学文化情報学部は偏差値や難易度で入りやすい学部?倍率や合格最低点、センター利用のボーダーを知っておこう

同志社大学に特徴的な学部と言えば、文化情報学部になるのではないでしょうか?他の大学になかなか

記事を読む

新潟運輸の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

新潟運輸の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

東計電算の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

東計電算の就職の難易度はどうなっているのでしょうか?実際にここ

共和レザーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

共和レザーの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職

千葉県立柏の葉高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立柏の葉高校は千葉県柏市にある男女共学の公立高校です。最

栗田工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

栗田工業の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと

→もっと見る

PAGE TOP ↑