同志社大学文化情報学部は偏差値や難易度で入りやすい学部?倍率や合格最低点、センター利用のボーダーを知っておこう

公開日: : 最終更新日:2017/02/06 その他の話題

同志社大学文化情報学部は偏差値や難易度で入りやすい学部?倍率や合格最低点、センター利用のボーダーを知っておこう40f0a47932119ac319e9a0cab10ef229_s

同志社大学に特徴的な学部と言えば、文化情報学部になるのではないでしょうか?他の大学になかなかないような、あまり聞かない学部名ですからね。社会科学系なのか?情報系なのか?よく分からないかもしれませんが、女子学生人気が高そうな印象のある学部ですね。個人的にはかなり気になる学部で、関西に住んでいたら目指していた可能性が高いと思います。同志社大学の中ではかなり私好みですね。同志社大学の中では偏差値が低い方に分が情報学部は入ると思います。したがって、同志社大学の中で入りやすい学部になるかもしれません。同志社大学文化情報学部の偏差値は57~59くらいかな?関関同立の中ではどちらかというと下位になると思います。簡単に入れるというわけではないですけど、狙い目の学部にはなるかもしれないです。この同志社大学文化情報学部に入りたい人はどうやったら受かるのか?受験科目や倍率、入試の難易度などを知っておくと良いでしょう。そして、入学後の評判などについても調べておくと良いと思います。どういったことを勉強するのか?などについて。

 

同志社大学文化情報学部の難易度はどれくらいなのか?

同志社大学文化情報学部の偏差値はすでに話したように50台後半くらいなので、同志社大学の中では入りやすい学部になると思います。だから、どこでも良いから同志社大学に入りたい人にとってはおすすめの学部になるのではないか?と思います。同志社大学文化情報学部のセンター利用入試のボーダーについては8割程度です。センター利用のB方式が80%、A方式が82%なので、簡単ではないですが、首都圏でいえば法政大学のセンター利用入試の平均くらいの割合になるかもしれません。同志社大学文化情報学部の偏差値は同大学の中ではどちらかというと下の方になるので、受かりやすい学部ということは言えるかと思いますが、それでもこのセンター利用のボーダーの割合を見るとなかなか受かりづらい感じはしますね。同志社大学ではセンター利用は何割くらいとれば良いか?というと、85%前後くらいが多いです。学部学科によっては9割近く必要な場合もありますし。同志社大学はどこの学部を受けても難しいんですよね。でも、同志社大学は学部が増えてきたので、その中で穴場の学部はどうしても出てきます。そこで、同志社大学文化情報学部の難易度は相対的に入りやすいと言える可能性が出てくるわけです。同志社大学文化情報学部のセンター利用のボーダーをすでに示したので、センター試験が得意な人はセンター利用でも受かるかもしれないですし、そうじゃない方は一般入試の全学部日程や個別日程を受けると良いでしょう。

 

同志社大学文化情報学部の受験科目は?

同志社大学文化情報学部の受験科目はどうなっているのでしょうか?これについては特に変わったところはないですけど、受ける可能性のある人はチェックしておきましょう。この同志社大学文化情報学部の受験科目は文系型と理系型に分かれているのが特徴です。文系型は英語、国語、地歴公民数学の3科目です。国語は古典も含めて、地歴公民数学は日本史、世界史、政治経済、数学から選びます。数学は数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)の範囲です。配点は英語が200点、それ以外の2つが150点の合計500点満点です。やはり英語の配点が大きいです。そして、理系型は数学、理科、英語の3科目で、数学は数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)の出題範囲となっており、理科は化学基礎・化学・物理基礎・物理、生物基礎・生物からの選択です。英語と数学が200点の配点で、理科は150点となっており、合計550点満点です。この同志社大学文化情報学部は文系と理系の融合したイマドキの学部とも言えるかもしれません。この同志社大学文化情報学部の受験科目は個別日程も全学部日程も基本的には同じみたいです。同志社大学文化情報学部は理系でも目指せる学部ということになります。

 

同志社大学文化情報学部の倍率は?

同志社大学文化情報学部の倍率は高くないですね。全学部日程の方がやや高いですが、3~3.5倍くらいです。個別日程の方は2~2.5倍くらいですから、低い方に入ると思います。この同志社大学文化情報学部の倍率を見るとやはり入りやすい学部の1つと言える面もあるかと思います。文系型と理系型がありますけど、理系型の方が倍率は低いです。同志社大学は他の学部も3倍程度が多いので、文化情報学部が著しく低いわけではないですけど。ちなみに同志社大学文化情報学部の合格最低点は結構入試方式によって差があります。同志社大学文化情報学部の合格最低点は全学部日程の場合には文系型が70.0%、理系型が58.5%とかなり差があります。個別日程の方は文系型が71.2%、理系型が52.3%とこれまた凄い差です。これは2016年度の結果なので、また変わる可能性もありますけど。同志社大学文化情報学部のボーダーラインというのはちょっと傾向がくっきり分かれた感じです。やっぱり倍率でも表れていますけど、理系の方が受ける人が少ないということなので、特に理系の人には同志社大学では受かりやすい学部になっている面があるのでしょう。こういった部分は同志社大学の受験先を決めるときに有効なデータなので覚えておくと良いでしょう。

 

同志社大学文化情報学部の評判としては就職率とか就職に関するデータなども見ておくとなお良いかもしれません。そういった同志社大学文化情報学部の口コミはできるだけ多くチェックしておきましょう。多くの人が気になる就職率や就職状況などもそうですね。同志社大学文化情報学部の難易度は倍率や偏差値を見ると受かりやすい学部の1つになると思います。同志社大学で入りやすい学部として文化情報学部がそうだと思えたならば、どこでも良いから同志社大学に入りたい人は狙い目になるのではないか?と思います。同志社大学文化情報学部は文理融合の可能性もあるので、学生の口コミは重要でしょう。同志社大学文化情報学部の評判は在学生のものを知っておくと良いと思います。同志社大学に入りたい人は学部選びが難しいと思いますけど、同志社大学文化情報学部の偏差値を見ると、どこでも良い人にとってはおすすめかと思います。ただ、文理融合なので、入った後のことまで考えて受験先を考えないといけませんけどね。今年はどうなるか?分かりませんけど、同志社大学文化情報学部の倍率などを予想していきましょう。あと、同志社大学文化情報学部の合格最低点を越えられるように、赤本などを使ってひたすら、大学部学部に特化した対策をしていくのが鍵です。受ける可能性のある方、受けることが決まっている方はその対策をしていきましょう。難しい大学なのは間違いないですけど、少しでも可能性はあると思いますから。

 

同志社大学の資料が無料で請求できる!

同志社大学を受けたいと思っている人、興味がある人は「リクナビ進学」から資料請求ができます。ここでは同志社大学の大学案内を請求できるので、あらかじめ読んでおいて同志社大学について知っておくと良いのではないでしょうか?こういったものでは同志社大学の学生が普段どんな授業を受けているのか?ゼミやサークルの雰囲気はどうなっているのか?卒業後の進路は?など、同志社大学に入学したらどういう4年間を過ごすのか?といったことが想像しやすく、今まで以上に同志社大学に対しての理解が進み、入りたいという気持ちが強くなるかもしれません。そして、同志社大学の入試情報についても載っている可能性があります。同志社大学の入試について必要な科目、配点、募集人数、日程などを学部別、入試方式別に詳しくまとめてくれている可能性があります。したがって、そういったものを見れば、同志社大学の入試についてかなり理解ができるでしょう。過去の倍率や合格最低点なども載っていれば相当貴重なデータになるはずです。リクナビ進学のトップページに「同志社大学」と入れて検索をして、「パンフをもらう」のリンクをクリックして、必要事項を記入して送信すれば自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

医学部の受験に数学がなぜいるのか?必要性はあるの?いらないという意見もあるが

医学部を受験する際にはいろいろな理系科目を勉強することになりますが、その中で数学が課されるこ

記事を読む

成蹊大学の全学部統一E方式の受験科目は2科目!難易度や倍率はどうか?過去問は売っている?

成蹊大学では全学部入試がスタートしており、そのことが大学のホームページにも載っています。全学

記事を読む

マフラーやストールはいつから使う?気温が何度ならOK?

冬になると、暖かくして外に出かける方が非常に多くなります。特に防寒対策はかなりきっちりやって

記事を読む

金沢大学の立地条件や雰囲気と学生の評判は?就職実績や就職率はかなり良い?

金沢大学というのは北陸地方ではかなり大きな大学になると思いますけど、この金沢大学は評判などは

記事を読む

MARCHのセンター利用の国語で現代文のみ、古文と漢文が必要ない、いらない大学学部は?

MARCHの大学受かりたい場合には一般入試だけではなくて、センター利用入試というのも使えます

記事を読む

センター試験が終わってから、センター利用であとから出願できる大学はある?

センター試験を受けて、その結果のみで合否が決まるセンター利用入試がありますが、このセンター利

記事を読む

レザージャケットの選び方で何色が、どの革の種類が、どういうサイズがおすすめか?

秋から冬にかけて若者の定番のファッションといえば、レザージャケットです。革ジャンという言い方

記事を読む

大学受験の志望学部が決まらない!決め方の基準をどうやって決めるのか?

大学受験をするときには受ける大学と学部(学科)を決めないといけません。自分が題が君は言ってか

記事を読む

実践女子大学の学生の評判や口コミは?メリットや魅力は立地条件?就職実績や就職率は?

実践女子大学は女子大の中では知名度も高いですし、人気もある大学だと思います。その理由の1つは

記事を読む

関西学院大学は素敵な雰囲気と評判の高さ、就職実績の良さが魅力

関西の私立大学では非常に名門の関西学院大学は、実はキャンパスの数がとても多いのです。5つくら

記事を読む

京都女子大学の偏差値や難易度は?倍率やボーダーラインと入りやすい学部はあるのか?について

京都にある女子大の中でも特に偏差値が高いのが京都女子大学になり

第二新卒の就職で成功する人の特徴とうまくいかない人が失敗しないためのおすすめサイトの紹介

第二新卒として就活をしている人の中でも成功する人と失敗する人が

手書きの履歴書はなぜ?メリットは意味不明!めんどうくさい、意味ない作業は日本だけか?

就職活動をしていると履歴書やエントリーシートを書かないといけな

大阪経済大学の評判や口コミは?キャンパスの立地条件や就職支援、就職実績はどうか?

大阪経済大学というのはキャンパスはどういった場所にあるのか?と

名古屋大学と早慶はどっちが上?難易度やレベル、就職を比較するとどっちがいい?

名古屋大学と早慶はどちらが上でしょうか?非常にざっくりとした質

→もっと見る

PAGE TOP ↑