早稲田大学スポーツ科学部の英語、国語、数学、小論文の難易度や傾向と対策は?

公開日: : 最終更新日:2016/08/23 その他の話題

早稲田大学スポーツ科学部の英語、国語、数学、小論文の難易度や傾向と対策は?7d088978daf2d90aec096d1b54d7a875_s

早稲田大学スポーツ科学部の入試は他の早稲田大学の学部と比べると難易度はやや落ちます。しかし、決して簡単というわけではないので、しっかりとした対策が必要になるのです。早稲田大学スポーツ学部は慶應義塾大学の入試科目に似ていて、英語と小論文が必須で、国語か数学を選択します。だから、実質2科目という見方もできるかもしれません。英語と小論文は必須なので絶対にやらないといけませんが、国語と数学はどちらを選ぶか?は文系か、理系かで決まるのではないでしょうか?他にも併願する大学学部があると思うので、そっちの入試のことを考えると文系ならば、併願先は国語を使うはずです。だから、早稲田大学スポーツ科学部も国語を使うというので良いと思いますが、理系ならば他の大学を併願するときには数学を使うと思うので、数学で受験をするというのが良いのではないでしょうか?そのうえで早稲田大学スポーツ科学部の入試問題の傾向を踏まえて、各科目をどうやって対策していくか?考えていきましょう。

 

早稲田大学スポーツ科学部の国語の傾向や対策は?

早稲田大学スポーツ科学部の国語は現代文1題、古文が2題というのが例年で、漢文も出ないわけではないので、対策をしておかないといけません。現代文は難易度としてはそこそこ難しいです。選択肢が迷いやすいと思われます。早稲田大学の国語らしい問題という感じかもしれません。その中でも多少は易しいかもしれませんが、早稲田大学スポーツ科学部の国語の過去問をやって現代文の難易度に慣れないといけないでしょう。早稲田大学スポーツ科学部の古文や漢文は文法もそうですけど、知識問題のようなものも出題されているようなので、これも早稲田大学スポーツ科学部の赤本を見て傾向を確認して、必要な勉強を別途していかないといけないかもしれません。早稲田大学スポーツ科学部の国語の傾向としては、そこまで変わっているわけではないものの、国語が難しいと有名な早稲田大学ですから、とにかく赤本で傾向と対策を練っていかないといけないです。早稲田大学スポーツ科学部の国語の難易度やレベルは低くはないです。早稲田大学は国語が本当にポイントなので、早稲田大学スポーツ科学部の国語の難易度や傾向を早めにチェックしておきましょう。

 

早稲田大学スポーツ科学部の英語の傾向や対策は?

早稲田大学スポーツ科学部の英語の難易度は他学部よりはやや易しいです。しかし、独特の問題も出るので、こちらに関しても赤本をよく見ておくことをおすすめします。早稲田大学スポーツ科学部の英語の傾向としては文法問題で、誤った使い方をしている箇所はどれか?を指摘する問題があって、これがやや難しいかもしれないのです。そういった問題を含めて、早稲田大学スポーツ科学部の英語の対策をしていきましょう。こちらに関しても、早稲田大学スポーツ科学部の赤本で英語の傾向をまずは理解していくことが大切です。早稲田大学スポーツ科学部の英語の難易度は易しいまではいかないまでも、早稲田のレベルから比べたら易しいと感じるかもしれないですね。

 

早稲田大学スポーツ科学部の数学の傾向や対策は?

早稲田大学スポーツ科学部の数学に関しては、出題範囲は数Ⅰ、数Ⅱ、数A、数B(数列、ベクトル)となっており、標準的かな?と思いますが、早稲田大学スポーツ科学部の場合には数学の傾向としては全てがマーク式です。記述式ではないというのが特徴的でもあるので、早稲田大学スポーツ科学部の赤本を見てしっかりと過去問研究をしてほしいと思います。早稲田大学スポーツ科学部の数学の難易度はそこまで高くないので、十分太刀打ちができるのではないでしょうか?早稲田大学では他にも数学で受けられる学部がいくつかありますけど、その中でも早稲田大学スポーツ科学部の数学の難易度は高くはないので、事前に赤本で早稲田大学スポーツ科学部の数学の傾向を把握して対策をすれば、十分解ける問題はあるのではないでしょうか?

 

早稲田大学スポーツ科学部の小論文の傾向や対策は?

早稲田大学スポーツ科学部では小論文が出ます。これは必須です。早稲田大学スポーツ科学部では、他の3科目が75点という配点なのに対して、小論文は33点なので、配点はやや落ちますが、これもしっかりと勉強をして対策を立てていかないといけないでしょう。早稲田大学スポーツ科学部の小論文のテーマの傾向としては、スポーツや身体のことに関するものが多いらしいので、やはり学部独特のテーマになりやすいということが言えるかと思います。早稲田大学スポーツ科学部では、グラフやデータを正確に読み取りながら、記述をしていかないといけないので、単純に思っていることを書けば良いという形式ではない可能性も高いので、早稲田大学スポーツ科学部の小論文に関しても赤本で過去問を見ておくこと。そして、何よりも小論文の書き方の基礎から学び、書く練習をすること、添削や第3者からの評価やアドバイスをもらえればなお良いかもしれないです。ただ、早稲田大学スポーツ科学部の小論文だけに限りませんけど、小論文の採点基準は確実には予想できないので、英語、国語、数学と比べたら、どのくらい点数がとれるか?は未知な部分でもあります。早稲田大学スポーツ科学部では英語や国語や数学の難易度はそれほど高くはないものの、早稲田の中ではの話ですから、このあたりの科目がそれなりに難しいことを考えると、まずはこちらに時間を注ぎながら、中心に勉強しながらも、小論文は早くから少しずつ対策をしていくのが良いと思います。早稲田大学スポーツ科学部の赤本で英語や国語や数学のレベルを確認して、自分でも傾向を把握しておくと良いと思います。そして、早稲田大学スポーツ科学部の英語と国語と数学に関しての対策をしながら、小論文もバランスよくやっていくと良いと思います。国語と数学は選択なので、どちらかで良いんですけどね。小論文が出るところは少ないですし、早稲田大学スポーツ科学部の小論文の難易度は何とも言えないです。ここにいかに時間をかけて、しっかりと対策ができるか?がポイントとなるでしょう。でも、簡単と思うと油断するので、早稲田大学スポーツ科学部の小論文の難易度は高いと思って取り組んだ方が良いと思います。

 

【あわせて読みたい記事】

早稲田大学の文系の学部の序列や順位は?偏差値や人気でランキングしてみた!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

働きながら、仕事しながらの社会人に最適な司法書士の予備校

司法書士の取得を目指して、これから勉強を頑張ろうか!と考えている人もいると思います。司法書士

記事を読む

節約と生活費を抑えた隠居、ミニマリストな生き方が今後の主流に?

「ミニマリスト」という言葉をご存知でしょうか?これはここ1年か、2年くらいでよく聞かれるよう

記事を読む

天理大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報について

全国で宗教系の母体を持った大学がありますが、その1つが天理大学です。天理大学は関西での知名度

記事を読む

横浜国立大学は偏差値も難易度高い!経済以外センター重視!

横浜国立大学を目指している受験生は毎年多くいますよね。関東圏の国公立大学では、レベルもそれな

記事を読む

オープンキャンパス参加時の服装は?私服?制服?

夏休みの風物詩になっているオープンキャンパスですが、行く人もいれば、行かない人も当然いると思

記事を読む

松蔭大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

神奈川県にある松陰大学というのは知名度はそこまでないかもしれませんが、神奈川県にある私立大学

記事を読む

武庫川女子大学と産近甲龍はレベルはどっちが上?就職はどっちがいい?

関西では有名な女子大として武庫川女子大学があります。女子大としては規模も大きく、関西ではかな

記事を読む

青山学院大学は頭いい?モテる?女子学生にとっての人気や魅力が非常に高い

青山学院大学の学生はいろいろなところで注目を浴びることが多いですね。私立大学の中では大学名が

記事を読む

横浜市立大学とMARCHではどっちが上?就職や偏差値、難易度でどっちがいいのか?

横浜市立大学とMARCHは世間から見ると同列に見られているみたいですね。偏差値を比較してみて

記事を読む

おせち料理、年越しそば食べる割合は?食べない人が増加中

今の若い人たちを中心にして、年越しそばやおせち料理を食べないという人が増えているそうです。そ

記事を読む

音楽業界、レコード会社の就職の難易度や倍率は?激務の評判はある?今後や将来性は?

音楽業界といえば、レコード会社を代表するような非常に華やかなイ

神奈川大学の国際日本学部と国際経営学部の偏差値や難易度、評判の予想について

神奈川大学ではみなとみらいキャンパスの設置に向けて、新学部の設

ドラッグストアの就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判はあるのか?

ドラッグストアへの就職を考えている人もいるのではないでしょうか

東北学院大学と日東駒専、大東亜帝国はどっちが上?頭いいレベル?イメージや雰囲気の違いを比較してみた

東北地方にある私立大学の中でとくに有名なのは東北学院大学です。

流通経済大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインはどうなっているのか?

茨城県にある大学の中では結構有名かな?と思うのが流通経済大学で

→もっと見る

PAGE TOP ↑