冤罪の可能性はどうなる?死刑制度を遺族感情は本当に望んでいる?

公開日: : 日本の世の中に蔓延る社会問題

冤罪の可能性はどうなる?死刑制度を遺族感情は本当に望んでいる?ab9d4ec6c8e2cc44ebee565dbe776f19_s

死刑制度は日本において存続しているが、日本国民の多くは賛成しているらしい。私は少なくとも賛成はしていないが、いろいろ思うところもあって、反対という立場もとりづらい状況になっています。日本国民の多くが死刑制度に賛成するのは何故か?その理由を自分なりに考えてみたが、大きいのはこの国では死刑制度が慣習として、制度としてずっと存続されてきたからです。保守層が多いというか、慣習として続けられてきたことに対する守りの姿勢があるんじゃないか?と思う。日本人って、何か「伝統」にこだわるわけですよね。長く続けられてきたものに対して、そのものの合理性などとは別に「伝統なんだから守らないといけない」みたいなことを言う人は多いわけです。秋田県で「なまはげが児童虐待に当たるからとして、衰退してきている中で「伝統なんだから続けてほしい」といった、合理性とは違う、伝統に固執するような意見も見られたが、これと同様に、長く続けられてきたものというのが、死刑制度として違和を感じさせない原因になっている。逆に長く続いてきた死刑制度を廃するほうが、よほど違和を感じさせる。それが1つの理由ではないか?と思います。

 

死刑制度では冤罪が1つに問題になるが・・・

死刑制度では、冤罪だったらどうするんだ!?という意見も見られます。確かにこれは大問題だが、私はあまり問題視していないというか、これを死刑だけの問題にするのは些か変な感じがするのです。懲役刑だって1つ問題になるでしょう。自由を奪われた時間は戻ってこない。冤罪だと分かれば、お金で解決するしかないが、お金をいくらもらって解決する問題ではないのは明白であり、こちらも大問題のはずだ。罰金刑とかはともかく、人身の自由を奪い、拘束する、または死に至らしめる類の刑は後から取り返しがつかないわけだ。私自身は死刑には賛成するつもりは全くないが、死刑に賛成しないならば、同様の理由で懲役刑も賛成すべきではないだろう。死刑制度は何故ダメで、懲役刑はなぜ良いのか?という問題になる。私は正直、懲役刑もやはり問題だと思えてきます。というか、人が人を裁くこと自体すでに問題だと思っている。冤罪に遭う可能性の問題を考えたときに、あまりにも少なすぎるのが、人々に想像力をかき立てない原因になっていると思います。罰金刑以外の刑っていうのは、後から取り返しがつきづらい性質のものじゃないですか?ってことは、罰金刑が冤罪と分かれば、あとから利息をつけてお金を返せば一応は済む問題な気はするが、懲役刑と死刑はどうにもならない。

 

その前提で、あなたがもし冤罪になって10年程度の懲役刑を受けたとしよう。もちろん、自分は無罪だと主張するよね?そして、冤罪を憎むよね?しかし、日頃から人が人を裁判によって裁くこと自体を容認しているのでれば、誰かが冤罪に遭うという事態は、もはや避けようが無いわけです。1番良いのは真犯人のみを逮捕、起訴、そして刑罰を受けさせて、冤罪を一切生まないことですね。しかし、それは可能ですか?現実的にはまず無理でしょう。そもそも冤罪か?どうかはその刑を受けた本人じゃないと分からないので、周囲には認識できない。そういう問題もあるから、冤罪が起きているのか?起きていたらどれくらいの割合で起きているのか?は分かりません。となると、起きていても不思議ではないと言えるのだが、すでに述べたように、冤罪を一切起こさないで、真犯人のみを牢屋にぶち込むというのは、現実的には不可能とも言える。とすれば、人が人を裁くこと自体を容認している人は、冤罪がわずかでも起きてもしょうがないという姿勢だととられてもしょうがないと思います。だって、冤罪を一切生まずに真犯人のみを牢屋にぶち込むことはほぼ無理と言わざるを得ない。そうなれば、とれる選択肢は人が人を裁くことを容認して、冤罪自体も容認するか?人が人を裁くことを否定して、冤罪も0にするか?この2つしか現実的にはとれません。そして、前者を選んだ人間は、まさか自分が本当に冤罪に遭うなんて思っていないだろうけど、仮に本当に冤罪に遭うこと自体に文句を言うべきじゃないということになる。文句を言いたいならば、当然後者を選ぶべきだったとなるからです。2者択一の中から前者を選ぶということは、そういうことまでも意味すると思います。現実的には、自分が冤罪になんか遭わないと思っているから、前者を選ぶ人間ばかりだろうが、もし冤罪に遭ったときに冤罪に対する不満を口にするというのであれば、全く説得力が無い。随分都合が良い主張だということになってしまう。

 

懲役刑はお金によって取り戻せるのか?

死刑はどうあがいても取り戻せないが、懲役刑ならばまだ取り戻せないこともないという人もいる。つまり人間の命と時間は違うという意見なのだろうが、それは本当にそうか?と思う。この主張は死刑反対派に対して、冤罪を理由に死刑に反対するならば、懲役刑だって同様だろうという意図をこめてなされた批判です。つまり、冤罪が問題になるのは死刑だけじゃない。懲役刑もだ!という、先ほど指摘したことが言われているのですが、それに対する反論として、懲役刑はまだ解決のしようがあるという主張があります。私はこれ違うと思う。私はあくまでも死刑制度は反対派よりの中立だが、この件に関しては死刑賛成派の味方をしたい。そもそも、失った時間をお金によって解決できると考えている人間がいるというだけであって、解決できるわけがないのです。時間と命は次元が違うというのも、そもそも感情論でしかないと思う。失った時間がせいぜい数年間とかで済むなら、そうかもしれないが、数十年とかに及ぶ場合、それはほとんど死に近い状況も存在する。というか、そもそも無実の罪で牢屋にぶちこまれたことがきっかけで精神的に落ち込み、いろいろな意味で再起不能になり、寿命に影響が出たような場合、これは死刑にかなり近いと思うけどね。死刑だって、執行されるまでにはかなりの時間がある。状況は変わらないと思う。また、仮に最終的に冤罪だと判明したとしても、それまでは人生の絶望に立っていたわけだから、その苦しみが身体の体調とか、健康状態に間違いなく影響を与えていると思いますよ。見た目で、死刑と懲役の違いはあるものの、受刑者が受けている苦痛そのものは私は大差ないと思います。だいたいね、時間をお金によって取り戻せるとか言うならば、死刑だって、立派な墓を作るとか、遺族に莫大なお金を与えるとか、冤罪被害者が少しでも報われるようなやり方はできるはずだ。それじゃダメだと言うならば、当然懲役刑の冤罪に対する補償だって、全然足りるものじゃない。お金で解決するくらいなら、自分を冤罪に追い込んだ関係者全員を殺してくれと望んでいる人も多いのではないか?公では口が裂けても言えないだろうけど。

 

死刑制度は遺族感情のために残すべきなのか?

死刑制度とよく結び付けられるのが、被害者遺族の問題です。死刑制度は遺族感情のために残すべきだという意見もあります。それは自分の家族が殺されたら同じことが言えるのか?といった問題で、私は同じこと言えますよ。私は他の人と感覚が違うかもしれないが、そもそも人間の苦痛として死刑が大きいとは思えない。遺族感情を考慮しろということは、一種の復讐心から死刑を残すべきだということになるんじゃないか?と思うのです。つまり、遺族が直接復讐ができないから、国が代わりにやることを正当化すべきだ。ということにもなるのかもしれない。仮にそれが良いとしても、私はその場合に死刑という選択肢は選ばないですよ。人は死んだら苦痛は味わえないので、懲役刑が良いとも思えないが、死刑で十分遺族感情が満足するとも思えないのです。実際、遺族がどれだけ死刑を望んでいるか?というデータでもないと、そもそも遺族感情と死刑制度の是非を結び付けるべきではないと思います。遺族の気持ちを考えろといっているのは、恐らく遺族ではない人たちだろうから、本当の遺族の人たちがどう考えているのか?全く明らかにされないわけです。一部の人たちが「極刑を望む」ということを口にしているのも聞いたことがあるが、これは最高刑を望むということであり、死刑じゃなくても良いことになります。私は死刑に処したら、その囚人は2度と苦痛を味わえないので、復讐心があったとしても、少なくとも死刑に処すことを望むことはないでしょう。遺族感情を根拠にするのであれば、遺族の多くが死刑制度を望んでいるというデータでもないと、これもまた説得力が無いと思うのです。死刑制度に遺族感情を入れて考えるべきか?というのは、別途議論の余地があると思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

仕事中のタバコ休憩は不公平でおかしい?禁止する企業が増加中

同じ会社で働いていても、その待遇に不満を感じる人も多いみたいですね。例えば、タバコ休憩がそれ

記事を読む

共働きの割合が急増中!家事や育児を分担すれば離婚率は低い

現代は昔と比べて、夫婦のあり方が変わりつつあります。夫が外に仕事に出かけて、妻が家の中で家事

記事を読む

カジノ法案への賛成や反対は割れてる?ギャンブル依存症や治安の悪化、犯罪増加が懸念みたいだが・・・

日本でのカジノの実現がいよいよ本格的にありうる状況になってきたのか?ということを窺わせるよう

記事を読む

小学校でシャーペン禁止、鉛筆のみの謎ルールの存在理由が謎な件

小学校ではシャーペンを使ってはいけないみたいな謎ルールがあった学校も多いのではないでしょうか

記事を読む

貧困や仕事探し、生活費すら厳しいシングルマザーの辛さ

「シングルマザー」問題は以前から日本でも取り沙汰されてきました。実は、今日本で生活しているシ

記事を読む

ブラックバイトを辞めたいのに辞められない←解決策はない

学生を悩ませているのがブラックバイトです。こういった類の話は以前から聞いており、正社員が社畜

記事を読む

ブラック企業はなぜ生まれた?なぜ増えた?なくならない中で対処法や解決策はどうしたらいい?

日本の労働の世界ではやはりブラック企業が問題になっていますが、ブラック企業は増えている現状が

記事を読む

自粛や不謹慎を叫ぶ人はただのモンスタークレーマー

日本人は「自粛文化」が本当に好きだ。私は自粛をしたい人は勝手にすれば良いと思っている。確かに

記事を読む

教育と洗脳の違いは?日本の学校教育は洗脳と同義だと思う

「教育」と「洗脳」と言う言葉がありますが、これらはどう違うのでしょうか?考えたこともない人が

記事を読む

社会人でも実家暮らしなら家賃、生活費0で貯金増えまくり

実家に住んでいる若者が多いという。それは社会人になっても給料が少ないから、一人暮らしをする余

記事を読む

明治学院と國學院はどっちが上?偏差値やレベルを文学部、法学部、経済学部で比較!雰囲気や就職の違いはある?

明治学院大学と國學院大學はどっちが上となるでしょうか?明治学院

松蔭大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

神奈川県にある松陰大学というのは知名度はそこまでないかもしれま

化粧品会社への就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判は多い?

化粧品会社への就職を考えている人はその難易度は気になるところか

東京成徳大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインの情報

東京成徳大学というのは知名度はそこまではないと思いますけど、子

愛知東邦大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインについて

愛知東邦大学というのは愛知県内ではそれなりに知名度があって、人

→もっと見る

PAGE TOP ↑