青稜高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

公開日: : 最終更新日:2022/09/20 その他の話題

青稜高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか? – Retire in their 20s

青稜高校は東京都品川区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は東急大井町線の下神明駅で、そこから徒歩1分となっています。アクセスは非常にいい状況でしょう。中学校も存在していますが、高校からの受験も可能です。青稜高校は偏差値が非常に高い高校で、それに伴って進学実績も良好と言える状況でしょう。普通科のみであり、2学期制が採用されています。この青稜高校に受かるためにはどのくらいの学力が必要なのか?レベルは高いのか?倍率はどのくらいか?そういった青稜高校の難易度について知っておきましょう。そして、進学実績はどうなっているのか?さらには学校の評判に関してはどうか?こういった部分について事前にチェックしておきましょう。

 

青稜高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

青稜高校の偏差値をチェックしていきましょう。偏差値に関しては64程度です。この数字であれば、かなり高い方になるのではないか?と思います。都内でも青稜高校のレベルは上の方に該当します。以前と比べても青稜高校の偏差値は高くなっているので、それだけ青稜高校の難易度も上昇してきている、レベルの高い生徒が受験しているという言い方が可能でしょう。進学実績が上がってきていますから、ここが評判となって青稜高校はレベルの高い生徒を惹きつけているのかもしれません。都内の有名大学の付属高校などの偏差値に匹敵する面もあるため、この青稜高校の難易度において受かるにはかなり勉強が必要と言えます。したがって、一般入試にしろ、併願優遇にしろ、青稜高校は難易度が十分に高いはずですから、そこは理解しておくといいと思います。ライバルは非常に強力と言えるはずですし。あとは青稜高校の倍率も見ておきましょう、いろいろな部分から学校の難易度を把握していくといいと思います。

 

青稜高校の倍率はどうなっているのか?というと、全体的には1倍台です。一般入試に関しては、どの入試方式も1.5倍前後という感じで、そんなに高い数字ではありません。青稜高校の倍率だけ見ると、かなり低い数字に見えるかもしれないですけど、青稜高校は偏差値がそれなりに高いですから、青稜高校に受かるための難易度はかなり高いと言えると思います。また、倍率に関しては今後上がる可能性があるでしょう。つまり、偏差値はほとんど変わらなくても、青稜高校の倍率は大きく変化する可能性があるので、そこについて理解しておいてほしいです。かなり難しい高校になりますから、青稜高校に受かるにはかなり対策を頑張らないといけない点は頭に入れておきましょう。

 

青稜高校の進学実績はどうなっている?

青稜高校の進学実績をチェックしていきたいと思います。学校のホームページには一部しか載っていないので、上位大学の傾向しか紹介できません。ただ、ボリューム層で言えばGMARCH(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)でしょう。毎年250人前後が合格しています。偏差値的に言えば、55くらいの大学の合格者が多くなりそうですが、卒業生の6割以上がこのレベルに合格しているので、非常に素晴らしい状況と評価できます。ただ、もちろんそれ以上のランクの大学の合格者も多くいて、早慶上理ICUに関しては100人前後が毎年合格している状況です。さすがにGMARCHよりも数は減りますけど、この数字も申し分ないと言えると思います。かなりの難関大学なので、この数字はいかに生徒が優秀か?という点を表しているでしょう。青稜高校では難易度がかなり高い大学への合格が可能です。学校側の指導の影響もあるとは思いますが。国公立大学に関しては、例年50人前後という感じです。特に多いのは横浜国立大学、横浜市立大学、東京都立大学(首都大学東京)です。旧帝大も合格者は存在していますけど、例年、1人くらいという状況です。こんな感じとなっていますが、やはり青稜高校は偏差値がかなり高いので、進学実績も良好です。指定校推薦による進学も含んでいると思われますが、GMARCHあたりを目指している人にはおすすめの高校かもしれません。

 

青稜高校の評判はどんな感じか?

青稜高校に通っている生徒、OBやOGの口コミをチェックして、どういう評判があるのか?チェックしていきたいと思います。校則に関しては厳しくもなく、ゆるくもなくといった感じみたいで、そんなに不満を持つ可能性はないと思われます。特に制服の着こなしに関しては、厳しい雰囲気は全くなく、校則は割と緩い方であると言われているのです。いじめに関してはそういう話を全く聞かないという口コミがあります。だから、青稜高校でいじめが一切ないとは言い切れないかもしれないですけど、目立つような状況には少なくともなっておらず、数としてはほとんどないと言えるのかもしれません。そして、進学実績の評判に関しては、指定校推薦が充実しているみたいです。早慶やMARCHの枠も存在しているので、一般入試ではなくて、指定校推薦でそういった有名大学を狙うということもできます。指定校推薦の枠は偏差値の比例しやすいので、青稜高校のレベルであればこういう状況もありえるでしょう。そして、校舎や中の施設はかなり綺麗という評判があるので、気持ちよく学生生活を送ることがしやすいのではないか?と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

早稲田大学人間科学部の偏差値、難易度は普通に高い!評判も上々で就職実績、就職状況も良好

早稲田大学には相対的に受かりやすい学部というのが存在しますが、その中には早稲田大学人間科学部

記事を読む

倍率が低い玉川大学の難易度は?偏差値は教育学部は抜けている

教育学部が有名な大学って、いくつかあると思います。例えば、私立大学でいうと早稲田大学とかでし

記事を読む

no image

指定校推薦の枠はどれくらい?減る、増える理由は?なくなる理由は相当なことがあったとき?

指定校推薦というのは、それぞれの高校によって大学学部ごとの枠が決まっています。そして、その枠は毎年変

記事を読む

名古屋市立大学のキャンパスの立地条件や学生の評判、口コミと就職支援や就職実績について

名古屋市立大学のキャンパスというのは、いろいろな地域に分散しているので、そこが特色のある部分

記事を読む

東北学院大学と日東駒専、大東亜帝国はどっちが上?頭いいレベル?イメージや雰囲気の違いを比較してみた

東北地方にある私立大学の中でとくに有名なのは東北学院大学です。地元の私立大学としては最も知名

記事を読む

ベーシックインカムと社会主義や共産主義の違いは?生活保護や最低賃金は廃止?

ベーシックインカムというのは、国民全員に毎月定額のお金を支給するという部分に関しては知ってい

記事を読む

学歴コンプレックスは一生消えない?治らない?多い大学は日東駒専か?治し方はどうする?

学歴コンプレックスというのは多くが抱えているものかもしれません。これは気にしない人は気にしな

記事を読む

東京大学で1番入りやすい、受かりやすい学部、科類は理科一類?文化三類?

東京大学を目指している受験生は往々にしていますが、どこが1番入りやすいのか?で議論されること

記事を読む

AO入試に成績関係ある?成績悪いと不利?成績必要か?は評価基準による

AO入試は一般入試では到底入れなさそうな大学に入れるチャンスがあるところが魅力になるかと思い

記事を読む

相模女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは何割か?

神奈川県の相模原市にある相模女子大学は知名度はそこまでないかもしれませんけど、人気の女子大で

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑