都立立川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

都立立川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

都立立川高校は東京都立川市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は多摩モノレールの柴崎体育館駅で、徒歩5分となっています。それ以外では多摩モノレールの立川南駅から徒歩6分、JR中央線、南武線、青梅線の立川駅から徒歩8分で通学可能です。都立立川高校の偏差値に関してまずは理解しておいてほしいです。都立立川高校の難易度がやはり重要になってきますから、偏差値は特に調べておきましょう。ただ、都立立川高校のレベルをチェックするときには、同時に都立立川高校の倍率も大切と評価できます。そういったところを含めて、都立立川高校の難易度を調べておいてほしいのです。総合的に学校のレベルを判断していくといいのではないか?と思います。また、都立立川高校の進学実績は事前にちゃんとチェックしていく必要があるでしょう。学校の評判として非常に重要なポイントになると思います。

 

都立立川高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

都立立川高校の偏差値についてチェックしていきたいと思います。偏差値に関しては、70程度となっています。したがって、都立立川高校の偏差値はかなり高い状況となっています。こういった数字はなかなか見られないので、合格のためのレベルは相当高いと言えます。まずは都立立川高校の偏差値を理解しておきましょう。しかし、都立立川高校の難易度をチェックするときには、他にも倍率のデータも必要になってきます。都立立川高校の倍率も含めて、難易度を理解してほしいのです。都立立川高校のレベルを調べていくときには、いろいろな情報を使っていかないといけません。

 

では、倍率について見ていきましょう。都立立川高校の倍率に関しては、1.5倍前後となっています。全体的にはこういう数字となっているので、都立立川高校の倍率を調べるときには覚えておきましょう。ただ、推薦入試の倍率に関しては、さらに高くなっている可能性がありますが。都立立川高校の倍率はこういう傾向であると言えますが、変動する可能性があります。つまり、都立立川高校の難易度は変わりやすいと言える面があるということです。都立立川高校のレベルに関しては、ここはかなり重要なポイントになると評価できるでしょう。都立立川高校の偏差値についても重要ですが、倍率のデータもしっかりと把握しておいてほしいです。そして、都立立川高校の進学実績はあらかじめしっかりと調べておかないといけないと思います。こういったところは学校の評判として大切になってきますから。

 

都立立川高校の進学実績はどうなっている?

都立立川高校の進学実績に関してチェックしていきたいと思います。ボリューム層はGMARCHのレベルではないか?と思われます。かなり多くの合格者が確認できる状況となっているのです。早慶上理については、それなりの合格者が確認できる状況となっています。都立立川高校では偏差値の高い有名大学に多くの生徒が受かっていると評価できるのです。こういった進学実績は指定校推薦が含まれている可能性もありますけど。国公立大学については、受かっている人数は割と多いです。過去には東京大学、一橋大学、東京工業大学などに合格している例が存在しています。国公立大学に関しても、都立立川高校から難易度の高いところに受かっている生徒がそれなりに多くいるのです。都立立川高校の偏差値の高さを反映した進学実績であると評価できるでしょう。卒業後の進路に関しては事前にしっかりと見ておいてほしいです。こういったところは都立立川高校の評判として欠かせないポイントになると思います。

 

都立立川高校の評判はどんな感じか?

都立立川高校の評判に関してチェックしていきたいと思います。在校生や卒業生の口コミを見ていくことで、ある程度の状況は見えてくるのではないか?と思うのです。まずは校則からチェックしていきましょう。都立立川高校の校則に関しては、緩いという声が多いです。校則はほぼないに等しいという意見も見られるのです。したがって、校則が厳しいと感じる可能性はかなり低いのではないか?と思います。いじめについてはほぼないでしょう。いじめを日常的に目撃しているという声はほとんど見当たりませんから。都立立川高校の進学実績に関しては、主体的に勉強するための環境はきちんと整っていると言われています。課題の量がそれなりに多いみたいなので、学校の授業だけでもある程度十分という見方もできるようです。塾などに通っていない生徒もそれなりにいるとされています。それ以外では校舎がやや古いと言われているので、ここは知っておくといいかもしれません。でも、こういった部分はある程度は仕方ないかもしれませんが。都立立川高校の評判は事前にしっかりと確認しておいてほしいと思います。自分が実際に入学したらどんな学校生活になるのか?について想像しながら、受験をしていくといいのではないか?と思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

慶應義塾大学の入試科目が2科目だから偏差値が高く出るという発想は間違い

慶應義塾大学は文系も理系も小論文を課す学部がいくつかあって、そこでは英語と社会や英語と数学、

記事を読む

上智大とICUのレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

上智大学とICUはどっちが上でしょうか?ICUは国際基督教大学が正式名称ですが、どちらかと言

記事を読む

九州大学と早慶のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

九州大学と早慶はどっちが上か?こういったところが気になっている人もいるかもしれません。九州大

記事を読む

大阪大学と一橋大学はどっちが上?偏差値や入試の難易度で文系を理系を考えてみる

一橋大学は関東では東京大学の次に有名かつ偏差値の高い大学として知られています。しかし、関西で

記事を読む

成蹊大と明治学院のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

成蹊大学と明治学院大学はどっちが上でしょうか?この2つの大学は同じレベルとして扱われることが

記事を読む

都立本所高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立本所高校は東京都墨田区にある男女共学の公立高校です。最寄駅は東京メトロ半蔵門線、都営浅草

記事を読む

成蹊大学の全学部統一E方式の受験科目は2科目!難易度や倍率はどうか?過去問は売っている?

成蹊大学では全学部入試がスタートしており、そのことが大学のホームページにも載っています。全学

記事を読む

津田塾大学の偏差値や難易度は高いが倍率や受験科目は?ボーダーや合格最低点は?

津田塾大学は私立大学の女子大では1番の偏差値を誇っています。偏差値で言うならば60前後になる

記事を読む

専修大学の看板学部は?偏差値で学部の序列や順位をランキングするとどうなる?

専修大学は文系学部のみを擁しており、いろいろな分野を学べる大学ですが、どの学部が看板学部なの

記事を読む

法政大と関西大のレベルはどっちが上か?文学部、法学部、経済学部などで比較!イメージや雰囲気の違いは?

MARCHと関関同立は比較される対象ではありますが、その中でも法政大学と関西大学は特に比較さ

記事を読む

あじかんの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

あじかんの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

集団討論で意見が思いつかないとき、効果的な発言の仕方は?立ち回り方はどうすべき?

集団討論においては、意見を言わないといけない、何か喋らないとい

静岡鉄道の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

静岡鉄道の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職を

グリーンクロスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

グリーンクロスの就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職を

コンフィデンス・インターワークスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

コンフィデンス・インターワークスの就職の難易度はどうなっている

→もっと見る

PAGE TOP ↑