東京外国語大学の偏差値や難易度と倍率は?センターの足きりのボーダーラインはどうなっている?

公開日: : その他の話題

東京外国語大学の偏差値や難易度と倍率は?センターの足きりのボーダーラインはどうなっている? – Retire in their 20s

東京外国語大学は都内の国立大学で、知名度はそこまでないかもしれませんけど、難易度はかなり高い難関大学と言えるでしょう。東京外国語大学は国立大学の中ではちょっとメジャーではないかもしれませんが、普通に難しいです。東京外国語大学はそもそも規模が小さいのです。外国語系、国際系の学部しかないので、大学の規模がそこまで大きくないということが影響しているかもしれませんけど、東京外国語大学に入りたいと思っている受験生は多くいると思います。そういった人は東京外国語大学の偏差値についてまず知っておいてほしいです。東京外国語大学の偏差値はどうなっているのか?というと、学部によって違います。河合塾の数字を見ると、言語文化学部が60.0~67.5となっており、国際社会学部が62.5~70となっており、どちらの学部もかなり難しいです。したがって、東京外国語大学に入りたい人はどちらの学部を受けるにしてもかなり難易度が高いということは知っておかないといけないのです。この偏差値を見ると、どちらもかなりの難易度になりますけど、相対的に東京外国語大学で入りやすい学部は言語文化学部になるのかもしれません。あまり差はないですけどね。

 

東京外国語大学の偏差値は非常に高くて難易度も高い

東京外国語大学の偏差値はすでに話したような感じとなっています。したがって、非常に高くなっているわけですけど、この偏差値は本当に高いですよ。だから、どちらの学部も難易度が高いですが、偏差値で比べるならば国際社会学部の方が難しいです。でも、難易度で受ける学部を決めるよりは、学問の内容で決める人が多いのではないか?と思います。ただ、2つの学部の偏差値ってかなり幅があるじゃないですか?言語文化学部も国際社会学部も学科や専攻というものが相当幅広いのです。したがって、それぞれの学部ごとに学科や専攻というのがかなり多くて、それぞれで結構偏差値が違うということになります。だから、東京外国語大学の入りやすい学部はそういうところまで見ていかないといけないということなのです。例えば、言語文化学部ではタイ語、ビルマ語、ベンガル語あたりは60.0となっており、言語文化学部の中でも偏差値が1番低いところになります。国際社会学部の方は日本、中央アジア、西アジア・北アフリカが62.5となっているので、ここが偏差値では1番低いです。東京外国語大学の偏差値に関してはこういった感じでかなり差があります。だから、どうしても東京外国語大学に受かりたいと思っている人はそういう穴場のところを受けるという手もあるのです。とはいっても、それでも偏差値高いですけどね。東京外国語大学の相対的に入りやすい学部はこういう部分を見ていきましょう。

 

そして、東京外国語大学はセンター試験を受けていかないといけないのですが、その足きりはどうなっているでしょう?この東京外国語大学のセンター試験の足きりのボーダーラインというのは、東京外国語大学の偏差値にある程度比例しています。したがって、偏差値の低い学科や専攻ほど、センターの足きりのボーダーラインも低くなるということなのです。東京外国語大学のセンター試験の足きりのボーダーラインを見ると、言語文化学部はだいたい80~85%くらいです。特に低いのはカンボジア語で79%です。高いのは英語、ドイツ語、イタリア語せ86%となっています。それ以外でもこの付近の数字になっている学科や専攻はいくつかありますが、こういった感じです。国際社会学部の方はどうなっているのか?というと、国際社会学部は前期と後期があります。全部の学科や専攻で前期と後期に分かれているわけではありませんが、国際社会学部で東京外国語大学のセンター試験の足きりのボーダーラインを見ると、80~90%くらいです。そして、特にボーダーラインが低いのは日本の前期で81%です。高いのは北アメリカの後期で91%です。北アメリカは前期でも87%と高いです。この東京外国語大学のセンター試験の足きりのボーダーラインは毎年微妙に変わることがありますから、それは想定しておいてほしいと思います。ただ、どちらの学部も東京外国語大学のセンター試験の足きりのボーダーラインはとても高いです。前期と後期では東京外国語大学の偏差値も国際社会学部に関しては違いがありますけど、ボーダーラインについても幅がありますから、知っておいてほしいです。

 

東京外国語大学の倍率はどれくらいか?

東京外国語大学の倍率に関しては、学部ごとに学科や専攻が細分化されているということを言いましたけど、それによってかなり倍率に差があります。インターネットで調べれば、学部ごと、学科や専攻ごと、日程ごとの東京外国語大学の倍率が細かく分かりますから、それでチェックしてほしいのですが、ここで簡単に紹介をすると、低いところは2倍くらいでしょうか?だから、倍率としてはかなり低いのではないか?と感じるケースもあるわけです。ただ、高いところは10倍くらいあります。国立大学で医学部でもないのにこんなに高い倍率になるというのは信じられないかもしれませんが、東京外国語大学の倍率ではそういった状況が起きているのです。倍率が高いのは基本的に後期です。前期も高いケースはありますけど、高いのは後期です。でも、これは国際社会学部の話です。国際社会学部の倍率は前期は2~3倍くらいで普通でしょう。後期は5倍以上のケースが増えるので、東京外国語大学に受かりたい人はこういったところは知っておきたいですね。ただ、言語文化学部の倍率に関してはちょっと状況が違います。言語文化学部は前期しかありませんが、2~8倍くらいとかなり幅広いです。だから、前期だけに関して言えば、言語文学部の方が難しいと感じるかもしれません。実際は東京外国語大学の偏差値では国際社会学部の方が全体的に高いので、必ずしも倍率で難易度が決まるわけではないです。東京外国語大学の難易度に関してはだいたい把握できたのではないでしょうか?

 

東京外国語大学の倍率は年度によって変化する部分があるため、確実なことは言えませんけど、学部ごと、日程ごとにかなり違いがあるということで、その年になってみたいと分からない部分は大きいと言えると思います。東京外国語大学に受かりたい人はそういった部分を考慮しておかないといけないということなので覚えておきましょう。東京外国語大学に入りたい受験生は多くいますから、そういった人たちに勝てるように対策をしていかないといけないとなります。東京外国語大学に受かりたい人はまずは大学の難易度を把握しましょう。かなり難しいというのは分かったと思いますが。東京外国語大学の偏差値もそうですけど、センター試験の足きりのボーダーラインも高いですよ。二次試験のことも考えないといけないですし、東京外国語大学のセンター試験と二次試験の入試科目というのも重要です。前期と後期でもまた違う可能性がありますし、東京外国語大学は学部ごとに学科や専攻が細分化されているので、それぞれで調べないといけないのでかなり大変です。でも、東京外国語大学のセンター試験と二次試験の入試科目も重要で、受験先を決めるときには欠かせない情報なので、ホームページなどから調べていきましょう。あと、配点比率なども知っておくと便利ではないでしょうか?東京外国語大学のセンター試験と二次試験の配点比率も調べれば出てくる可能性があります。そういった東京外国語大学の配点比率に関しても調べられれば、他の受験生よりも有利に慣れる可能性がありますから、東京外国語大学の入試科目を調べたときにでも、一緒にチェックしていけると良いと思います。東京外国語大学は難易度が高い国立大学で、本当に難しいと思いますけど、東京外国語大学に入りたい人は勉強を頑張っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

オープンキャンパスに行かないは正解?実はあまり意味ない

夏休みになるとオープンキャンパスが各地で広がりを見せていきますよね。オープンキャンパスは高校

記事を読む

神奈川県立横浜清陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立横浜清陵高校は神奈川県横浜市南区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は京急本線の

記事を読む

保善高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

保善高校は東京都新宿区にある男子校の私立高校です。最寄り駅は東京メトロ副都心線の西早稲田駅で

記事を読む

実践女子大学の学生の評判や口コミは?メリットや魅力は立地条件?就職実績や就職率は?

実践女子大学は女子大の中では知名度も高いですし、人気もある大学だと思います。その理由の1つは

記事を読む

神奈川大学の給費生のレベル、難易度は高い!偏差値の割に倍率は低い

神奈川大学では、ちょっと変わった入試を実施してます。それが給費生という試験で、これは一般入試

記事を読む

一橋大学の在学生の評判は格段に良い!就職や雰囲気も優れている

首都圏の国立大学では特に偏差値が高い名門大学として有名なのは一橋大学です。東京大学に次ぐ偏差

記事を読む

川崎市立川崎総合科学高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

川崎市立川崎総合科学高校は神奈川県川崎市幸区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR京浜

記事を読む

都立南平高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立南平高校は東京都日野市にある男女共学の公立高校です。最寄駅は京王線の南平駅で、徒歩10分

記事を読む

法政大学の滑り止めや併願はどこがいい?中央や学習院、日東駒専や大東亜帝国がおすすめ?

法政大学を受験する人はどういったすべり止めや併願を受験するべきでしょうか?法政大学は私立大学

記事を読む

大阪商業大学の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインや合格最低点の情報について

関西には多くの私立大学がありますが、やはり有名なのは関関同立や産近甲龍です。しかし、そういっ

記事を読む

ダイセキの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ダイセキの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

タカノの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

タカノの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職した

ニューフレアテクノロジーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ニューフレアテクノロジーの就職の難易度はどうなっているのか?こ

エスケー化研の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

エスケー化研の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就

図研の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

図研の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと思っ

→もっと見る

PAGE TOP ↑