神奈川県立住吉高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

神奈川県立住吉高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

神奈川県立住吉高校は神奈川県川崎市中原区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は東急東横線、目黒線の元住吉駅で、徒歩8分となっています。それ以外でもJR南武線、横須賀線、東急東横線などの武蔵小杉駅から徒歩15分で通うことが可能です。この神奈川県立住吉高校に関しては、やはり偏差値がまず気になるでしょう。そういった部分を調べて、難易度を理解していく必要があります。でも、神奈川県立住吉高校のレベルを調べるときには、偏差値だけでは足りません。倍率などのデータもチェックしていくべきです。また、神奈川県立住吉高校の評判も調べておかないといけないでしょう。進学実績などを含めて、学校の実態を知っておくといいと思います。

 

神奈川県立住吉高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

神奈川県立住吉高校の偏差値について見ていきますが、偏差値としては54という数字になっています。この偏差値であれば、神奈川県立住吉高校の難易度は中堅くらいと評価できるでしょう。学校のレベルはすごい高いわけではないが、低いわけでもないという状況です。神奈川県立住吉高校の偏差値はまずこういう状況となっているので、きちんと理解しておきましょう。偏差値は数字だけ見ると、そこまでではありませんが、簡単に受かる学校ではないでしょう。したがって、しっかりと対策をしていく必要があると言えます。でも、難易度を正確に知るには、偏差値家では足りません。倍率のデータについても知っておく必要があります。そういった部分も含めて、神奈川県立住吉高校のレベルを理解していくといいのです。

 

倍率に関してチェックしていきますが、神奈川県立住吉高校の倍率は1倍台前半となっています。1.2~1.3倍程度であることが多いので、そういった倍率を想定しておくといいでしょう。でも、高い年は1.5倍近くになったこともあります。神奈川県立住吉高校の倍率は変動する前提でいた方がいいと思います。偏差値はそこまで高くはありませんが、倍率はそこそこあるので、しっかりと対策をしていかないといけません。神奈川県立住吉高校の難易度をチェックするときには、やはり倍率も重要なので、そこは覚えておきましょう。学校のレベルを判断するときには、トータルで見ていく必要があるのです。では、進学実績についてもチェックをしてほしいと思います。こういう部分は神奈川県立住吉高校の評判にかかわってくるので、事前に見ておくといいと思います。卒業後の進路になりますが、神奈川県立住吉高校の難易度とは違う部分もちゃんとチェックしておいてほしいです。

 

神奈川県立住吉高校の進学実績はどうなっている?

神奈川県立住吉高校の進学実績についてチェックしていきます。ボリューム層と言えるのは日東駒専ではないか?と思われます。50~100人程度が合格している状況です。GMARCHに関しても合格者が出ており、毎年10~20人くらいはいます。ただ、早慶上理になると、合格者はなかなか出てこない状況となっているみたいです。でも、進学実績については指定校推薦なども含まれている可能性があるでしょう。国公立大学については、数人程度となっているので、数としては多くありません。過去には筑波大学、東京都立大学などに受かっている例もあります。神奈川県立住吉高校の偏差値からすると、こういう進学実績はある程度妥当なのではないか?と思います。学校のレベルを考慮するならば、難関大学に合格者を多く出すのはなかなか難しいと言えるでしょう。でも、今後さらに神奈川県立住吉高校の進学実績が充実する可能性はあると思われます。レベルの高い生徒が多く入ってくる状況となれば評判にもつながり、そこから進学実績にも変化が見られるのではないか?と思います。

 

神奈川県立住吉高校の評判はどんな感じか?

神奈川県立住吉高校の評判について見ていきますが、在校生や卒業生などの口コミを見れば、ある程度の状況は見えてくるのではないでしょうか?まず校則についてですが、基本的に緩いと言われています。染髪に関してはちょっと厳しいという声はあるものの、それ以外は割と緩くなっているみたいです。ピアスやメイク、制服の着こなし方などは割と自由なので、神奈川県立住吉高校の校則は厳しいということはないでしょう。いじめに関してはほぼないと言われています。基本的に日常的にいじめを見る機会はほぼないということでしょう。進学実績については、難関大学に行きたいのであれば、相当勉強を頑張らないといけないということは言われています。GMARCH以上に受かる人はかなり勉強しているか、塾などに行っているか、そういう部分はあるのではないか?と推測している口コミもあります。神奈川県立住吉高校の難易度で言えば、有名大学に受かる生徒はそれなりの努力をしている可能性はあるでしょう。あとは校舎に関して不満を持っている人がいます。どうしても古いという声が聞こえます。ここは公立高校であれば、ある程度仕方ない面があるのではないか?と思いますが。こういう部分が神奈川県立住吉高校の評判となっています。学校生活を事前に想像したうえで、受験をしていくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

資本主義の終焉は近い?問題点や限界が多く矛盾を抱えた糞な都合の良い社会は滅びる?

日本を含めて奥の国では資本主義体制がとられていますが、その資本主義社会も限界を見せていると言

記事を読む

中央大学の学部の序列や順位を偏差値を基準にランキング、比較してみた

中央大学は昔からあまり学部の増設を行わずに来ました。近年は有名大学がこぞって学部を増設してき

記事を読む

大谷大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっているのか?

関西にある大学で大谷大学という大学があります。大谷大学は規模はそこまで大きくありませんが、関

記事を読む

医学部の受験に数学がなぜいるのか?必要性はあるの?いらないという意見もあるが

医学部を受験する際にはいろいろな理系科目を勉強することになりますが、その中で数学が課されるこ

記事を読む

早慶上智を志望する受験生のための滑り止めや併願校はどこがいい?どこを受ける?

早慶上智などのレベルの大学を受けるという方にとっては、どういったレベルの大学を併願するのか?

記事を読む

慶應義塾大学の社会科は日本史と世界史はどっちがいい?どっちが有利なのか?

慶應義塾大学の文系学部では日本史か?世界史か?の選択が必要です。受験生はとっくに選択して勉強

記事を読む

神戸大学の滑り止めはどこがいい?同志社など関関同立?併願は早慶が多い?

神戸大学を受験する人は、どういった大学をその他に受けていくのでしょうか?もちろん私立大学も受

記事を読む

no image

経営学部や商学部は何を学ぶのか?数学できないときつい?学ぶ内容は面白い、楽しいことも多い?

経営学部や商学部は社会科学系の学部としてはかなりメジャーで、多くの大学に設置されています。経営学部と

記事を読む

神奈川県立藤沢西高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立藤沢西高校は神奈川県藤沢市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR東海道線の辻

記事を読む

首都大学東京と横浜市立大学の難易度の比較ではどっちが上?就職はどっちが有利?

関東地方や首都圏というのは大学がたくさんありますが、国公立大学でも有名大学が多くあります。公

記事を読む

ダイセキの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ダイセキの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

タカノの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

タカノの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職した

ニューフレアテクノロジーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ニューフレアテクノロジーの就職の難易度はどうなっているのか?こ

エスケー化研の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

エスケー化研の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就

図研の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

図研の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと思っ

→もっと見る

PAGE TOP ↑