流通経済大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインはどうなっているのか?

公開日: : 最終更新日:2018/10/06 その他の話題

流通経済大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインはどうなっているのか?

茨城県にある大学の中では結構有名かな?と思うのが流通経済大学です。私立大学の中では割と名が通っており、茨城県以外でも知名度がそれなりにあると思います。この流通経済大学はスポーツでも有名で、サッカーなどで聞くことも多いです。あとは本選ではまず見ませんが、箱根駅伝の予選会でもたびたび惜しいところまでいっている大学になります。流通経済大学は法学部、経済学部、社会学部、流通情報学部、スポーツ健康科学部の5つの学部を備えた大学になります。偏差値は全体としては高くはありません。ただ、学部の選択肢が多く、たくさんの学生が学んでいる大学なので、人気の面もあると言えますし、流通経済大学の評判は良いと思います。流通経済大学の偏差値に関しては学部ごとに紹介をしていきますけど、そこまで難しいわけではありませんが、茨城県内では評判の大学だと思いますから、対策はしっかりとやっていくことをおすすめします。

 

流通経済大学の偏差値はどれくらいか?

流通経済大学の偏差値は学部ごとの差はあまり見られません。河合塾のものを参考にすると、法学部が35.0~37.5で、経済学部が37.5~40.0で、社会学部が37.5~40.0で、流通情報学部が37.5で、スポーツ健康科学部が35.0となっています。流通経済大学で入りやすい学部があるとすれば、スポーツ健康科学部か法学部ビジネス法学科になるでしょう。河合塾の偏差値では35.0となっており、こういったところが流通経済大学で入りやすい学部と言えるでしょう。受かりやすい学部と言っても、そこまで偏差値に差があるわけではないので、流通経済大学では受かりやすい学部を目指すよりは、学部ごとの特徴を捉えて受験先を決めた方が良いとは思いますが。流通経済大学の偏差値は学部ごとに知っておいてほしいけど、流通経済大学の難易度に関してはそれ以外にも重要な情報があります。それが流通経済大学の倍率になります。流通経済大学の倍率に関しても、流通経済大学のレベルに関係しますし、難易度を知るうえでは重要なので把握しておきましょう。流通経済大学の倍率についても学部ごとの特徴を捉えておきましょう。

 

流通経済大学の倍率はどうなっている?

流通経済大学の倍率について過去の傾向を見ておきましょう。流通経済大学の一般入試は2科目、3科目、得意科目の3つの入試方式があるようですが、同じ倍率として流通経済大学のホームページでも書かれているので、入試方式の3つは別枠にはなっていないようです。同じ枠内で競争することになると思われます。流通経済大学の倍率は3つの入試方式が一体となっていますが、学部学科ごとには異なっています。経済学部は経済学科、経営学科ともに5~6倍で、社会学部は社会学科、国際観光学科ともに2~3倍で、流通情報学部は流通情報学科のみで4倍前後で、法学部はビジネス法学科が4倍前後、自治行政学科が8倍程度あるのですが、前年は3倍くらいなので倍率が安定していない印象です。そして、スポーツ健康科学部はスポーツ健康科学科が3倍前後、スポーツコミュニケーション学科が2倍前後となっています。流通経済大学の倍率については、こういった感じですけど、学部学科ごとに多少傾向があります。倍率は毎年多少は変わりますから、過去の傾向がどこまで通用するか?は分かりません。そういった部分も考慮しておきましょう。流通経済大学の倍率については結構高い学部もあるのですが、毎年細かく数字は変化するので、そういったところを踏まえて考慮しておきましょう。流通経済大学の倍率の詳細が気になる人は大学のホームページなどに載っています。流通経済大学の偏差値のみならず、こういう数字も知っておいてほしいです。流通経済大学の評判に関係するのがこういった倍率になります。評判が高い学部学科は倍率が高くなりやすいので。そういった部分としてもチェックしておくと良いと思います。流通経済大学の難易度に関する部分と人気に関する部分が同時にチェックできると思います。

 

流通経済大学の難易度という意味では、センター利用入試におけるボーダーラインも知っておきましょう。センター利用入試も実施しているので、流通経済大学のボーダーラインの得点率を紹介していきたいと思うのです。流通経済大学のセンター利用のボーダーラインの得点率については学部ごとに異なっています。したがって、学部ごとにセンター利用入試のボーダーラインの得点率を確認しておく必要があるのです。流通経済大学のセンター利用入試では3科目型と高得点2科目型があります。経済学部から紹介をしていきますけど、経済学部は経済学科の3科目型が49%、高得点2科目型が58%、経営学科の3科目型が48%、高得点2科目型が55%となっています。社会学部は社会学科の3科目型が45%、高得点2科目型が50%、国際観光学科の3科目型が45%、高得点2科目型が50%となっています。流通情報学部は流通情報学科のみですが、3科目型が45%、高得点2科目型が55%となっています。法学部はビジネス法学科の3科目型が52%、高得点2科目型が56%、自治行政学科の3科目型が55%、高得点2科目型が60%となっています。スポーツ健康科学部はスポーツ健康科学科が50%、高得点2科目型が51%、スポーツコミュニケーション学科の3科目型が45%、高得点2科目型が52%となっています。これが流通経済大学のセンター利用のボーダーラインとなっています。流通経済大学の難易度に関する部分なので、ここも頭に入れておいて、それでセンター利用入試の対策をしてほしいです。

 

流通経済大学のキャンパス選択制の評判

流通経済大学では珍しい取り組みとして、学生によるキャンパス選択制を敷いています。こういった部分によって流通経済大学の評判はある意味良いとも言えます。2つの中から選べるので、より自宅から通いやすいところとか、周辺環境が充実しているところとか、キャンパスの中が綺麗なところとか、いろいろな基準から選ぶことができます。それぞれのキャンパスの詳細は「https://www.rku.ac.jp/campuslife/campus/」から確認できます。ただ、選択できない学生もいて、社会学部国際観光学科の学生は新松戸キャンパス、スポーツ健康科学部の学生は龍ケ崎キャンパスと決まっており、硬式野球、サッカー、ラグビー、駅伝、剣道(男子・女子)、柔道、アメリカンフットボール]に入部を希望する学生は、龍ケ崎キャンパスとなっています。それぞれのキャンパスの雰囲気や立地条件などが異なっているので、特徴を掴んだうえでどっちが良いのか?考えていきましょう。流通経済大学のキャンパスの評判はどっちが良いのか?は人によるので何とも言えませんが、インターネットで調べると流通経済大学の学生の口コミとかが見つかりますから、そういったものを使って流通経済大学のキャンパスの評判をチェックしても良いと思いますが、自分で実際にそれぞれのキャンパスに行って、立地条件や周辺環境などをチェックしたうえで決めても良いかもしれません。キャンパスを選べるというのは流通経済大学ならではの取り組みであり、流通経済大学の評判としても非常に人気となっている取り組みのようなので、そういった特徴を理解しておきましょう。

 

流通経済大学の大学案内が無料で請求できる!

流通経済大学に入りたい人、受験する可能性がある人はスタディサプリ進路から資料請求ができるので知っておきましょう。ここで請求できるのは流通経済大学の大学案内で、入試情報や学生生活の情報が特に満載です。入試情報については、流通経済大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて細かく分かりやすくまとめてくれています。また、過去の入試結果から倍率や合格最低点についても載っている可能性があり、かなり貴重な資料と言えます。学生生活の情報については、流通経済大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルの雰囲気はどんな感じか?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?について、学部学科ごとに詳しく紹介されています。これを読むと、流通経済大学に自分が入学したらどんな四年間を過ごすのか?について想像しやすいですし、今まで知らなかった流通経済大学の魅力について気付けるということも言えると思います。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「流通経済大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページがあります。そこに氏名や住所を入力して送信すると自宅に届きます。無料なので、良かったら参考にしてほしいと思います。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

クールビズの期間はいつからいつまで?実はかなり長い!

2015年も5月あたりからもう暑くなってきますよね。会社で働いている人などは、もう早くクール

記事を読む

明治大学経営学部の偏差値や難易度は?倍率や合格最低点、ボーダーラインは高いのか?

明治大学の中では経営学部というのはどれくらいの難易度になるのでしょうか?偏差値は真ん中くらい

記事を読む

慶應義塾大学で偏差値、難易度や倍率を考慮して受かりやすい学部は文学部とSFC!?

私立大学の中でも特に難易度が高く、難しいが、受験生からは絶大な人気を誇っているのが慶應義塾大

記事を読む

お年玉は何歳までもらえる?いつまで?20歳が相場だが25歳や30歳でもあり

毎年お正月のイベントというと、お年玉がありますよね。このお年玉というのは何歳までもらえるので

記事を読む

京都女子大学のキャンパスの立地条件や評判と口コミ、就職支援や就職実績の内容は?

京都女子大学は京都を代表する女子大で、それなりに難しい大学ですし、人気も高いです。京都やその

記事を読む

駒澤大学の偏差値は普通、合格最低点から受かりやすい学部は?

東京都の駒澤大学駅、または桜新町駅から通うことができる駒澤大学に入りたいと思っている方も多い

記事を読む

指定校推薦で落ちる理由や確率は?面接や小論文で失敗すると不合格の可能性はある?

指定校推薦は99.9%落ちないとされている試験ですが、絶対に落ちないわけではありません。そし

記事を読む

no image

経営学部や商学部は何を学ぶのか?数学できないときつい?学ぶ内容は面白い、楽しいことも多い?

経営学部や商学部は社会科学系の学部としてはかなりメジャーで、多くの大学に設置されています。経営学部と

記事を読む

青山学院女子短期大学から青学への編入の難易度や倍率は?簡単な方法もある?就職への影響は?

青山学院女子短期大学は短大の中では特に難しい大学の1つになりますが、この短大に在籍している人

記事を読む

電車のクーラーが効きすぎ!寒い!逆に暖房が暑すぎ!いらない!という声もある

電車内にはいろいろな人が乗ってくるので、全員にとって快適な過ごし方はできないでしょう。特に夏

記事を読む

PAGE TOP ↑