東京理科大学の滑り止めはどこがいい?法政や成蹊、芝浦工業、日東駒専あたりが候補になる?

公開日: : 最終更新日:2017/04/12 その他の話題

東京理科大学の滑り止めはどこがいい?法政や成蹊、芝浦工業、日東駒専あたりが候補になる?ce1d5bf81e1e6d1e202244e09b3bb12d_s

東京理科大学を第1志望にしている受験生はどこを滑り止めにすべきでしょうか?東京理科大学の滑り止めはどこがいいのか?というのは非常に難しいです。文系学部であれば、候補は多くあるものの、理系の単科大学の滑り止めとなると候補がそこまで多くはないと思います。東京理科大学は上智大学と同じくらいのレベルになると思いますが、滑り止めにする大学としてはまずMARCHが候補に挙がります。しかし、MARCHと理科大のレベルの差はそれほどないので、現実的に滑り止めにするには厳しいと言えるでしょう。理科大にかなり確率で受かるという自信がような人はMARCHが滑り止めになるかと思いますけど、たいていの受験生は厳しい気がします。MARCHの理系の学部を東京理科大学の滑り止めにするという考えはまず思う浮かぶかと思いますけど、法政大学を除いてやや厳しい感じがします。法政大学も絶対に滑り止めになるというわけではないので、そこは注意が必要です。

 

東京理科大学の滑り止めで法政大学はまだ可能なケースも多々あるかもしれない

法政大学の理系の学部はMARCHの中でもやや偏差値が落ちますから、難易度もやや下がると言えるでしょう。東京理科大学の基礎工学部や経営学部を第1志望にしている受験生でなければ、法政大学はギリギリ東京理科大学の滑り止めになる可能性があります。模試などで東京理科大学の主要学部の判定がB以上とれている人ならば法政大学の理系学部は東京理科大学の滑り止めにしても良いと言える余地がありますが、これもできれば模試での判定を見たいところですね。A判定がだいたい出ていれば良いと思うんですけど、法政大学の理系学部も複数あります。理工学部、生命科学部、デザイン工学部などあって、そえれぞれで偏差値や難易度も違いますから、一概には言えませんけど、法政大学を滑り止めにできる受験生は理科大を受ける人の中でもかなり上位のレベルになると思います。他のMARCHの理系学部は概ね厳しいと思います。それこそ早慶の理系学部を受けて受かる見込みがまあまあある人じゃないとMARCHの法政以外の理系学部の滑り止めは厳しいでしょう。現実的には法政大学を滑り止めにできる人は少ないので、多少ランクを下げるのが賢明です。

 

法政大学に比較的近いレベルだと成蹊大学があります。成蹊大学の理工学部は偏差値は55あるか?ないか?くらいなので、東京理科大学の平均偏差値からすると滑り止めになるとも言えると思います。東京理科大学の基礎工学部と経営学部以外を受ける受験生で、記念受験レベルでないならば成蹊大学の理工学部は1つ候補になるのではないでしょうか?成蹊大学というと文系の大学のイメージですが、理系の学部もちゃんとあります。成蹊大学理工学部は文系と同様に吉祥寺キャンパスなので、かなり立地条件の良い場所に通うことができます。総合大学の理系の学部はあまり良い立地条件の大学は多くないんですけど、成蹊大学は例外ですね。東京理科大学の滑り止めはどこがいいか?というときに成蹊大学も1つ候補になるかと思います。東京理科大学の滑り止めで法政大学よりは多少は難易度が下がる気がします。東京理科大学の滑り止めでMARCHは厳しいですが、法政大学と成蹊大学はまだ受けられる余地があるのではないでしょうか?あとはさらに下げて日東駒専あたりでしょうか?ここも候補になると思いますよ。

 

東京理科大学の滑り止めは日東駒専ならばほぼ確実か?

東京理科大学の滑り止めはどこがいい?というと日東駒専の理系学部ならば大方大丈夫でしょう。東京理科大学の模試の判定がC判定以下だと、やはり滑り止めはこのあたりまで下げないと厳しいかもしれません。日本大学の医学部や歯学部などはちょっと除きますが、東京理科大学の滑り止めとして日東駒専はボリューム層になるかもしれません。このあたりならばA判定をほぼ毎回とれる人が多いと思います。あとは芝浦工業大学です。理系の単科大学になりますが、偏差値的には日東駒専よりは上で法政や成蹊と比べたらやや下がるか?同じくらいか?という感じのレベルの大学になります。東京理科大学の滑り止めとして芝浦工業大学もある程度偏差値が高い受験生は大丈夫と言える範囲になる可能性はあります。芝浦工業大学より下の理系の単科大学になると、それこそ日東駒専よりも下になってしまうので、そこまで下げる必要性は少ないかな?とも思えてきます。芝浦工業大学は工学系の大学になるので、そこは注意をしないといけませんけど、偏差値は50台中盤くらいではないかな?と思いますから、東京理科大学の滑り止めになるとは思いますよ。東京理科大学に受かる可能性がそこそこある人にとっては芝浦工業大学は滑り止めとして機能すると思うのです。文系を含んだ総合大学よりはこっちの方が良いという人も多いかもしれないですね。

 

東京理科大学の滑り止めとして日東駒専の理系学部も候補になると言いましたが、厳密に言えば日本大学と東洋大学に絞られるかもしれません。専修大学は理系の学部がありませんし、駒澤大学は理工系の学部ではないと思いますから。逆に日本大学と東洋大学は理系の学部が複数あって、それぞれで偏差値も違うため、比較的選びやすいと言えると思います。東京理科大学の滑り止めとして日本大学や東洋大学も考えてみると良いかもしれません。東京理科大学の滑り止めはどこがいい?ということでいくつか候補を挙げてみました。考えられるのは法政大学や成蹊大学、芝浦工業大学と日東駒専あたりになると思います。もちろんこれ以外から選んできても構いませんが、滑り止めとして受けるのであれば、合格の可能性がかなり望めることが大前提ですし、そのうえで行っても良いと思えるところを受験しないといけません。そういったところを考慮したうえで選ばないといけないので難しいですけど、東京理科大学の滑り止めは早いうちに考えておきましょう。東京理科大学の滑り止めを受けていくつもりならば。

 

【あわせて読みたい記事】

東京理科大学は頭いいイメージ?女子は特にモテる?一般の人の知名度がどこまであるか?が問題だが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

一橋大学の在学生の評判は格段に良い!就職や雰囲気も優れている

首都圏の国立大学では特に偏差値が高い名門大学として有名なのは一橋大学です。東京大学に次ぐ偏差

記事を読む

青山学院大学のオープンキャンパスに行くなら見るべき場所やポイント【相模原キャンパス編】

青山学院大学は東京都の渋谷にある青山キャンパスだけではなく、神奈川県の相模原キャンパスもあり

記事を読む

おもてなしの問題点やデメリットとは?したくない人に無理やり強要する同調圧力や不景気、ブラック企業の原因にもなる

日本では「おもてなし」という気遣いが根付いているような雰囲気もありますが、このおもてなしとい

記事を読む

成蹊大学の看板学部は法学部?経済学部?学部の序列や順位のランキングは?

成蹊大学の看板学部はどこなんでしょうか?そもそも成蹊大学は4つしか学部がありません。しかも、

記事を読む

関関同立ではどこがいい?順位や序列は?評判や就職率、就職状況で比較する意味はあるのか?

関関同立の中ではどこがいい?というときには皆さん何て答えるのでしょうか?それぞれの大学は偏差

記事を読む

チャッカブーツはいつから、何月から使える?夏や冬などいつまででも何月まででもOK?

チャッカブーツは男女問わず着用している人が多いブーツになると思いますが、こういった品はいつか

記事を読む

帰国子女は大学受験に有利、入りやすいからせこい?ずるい?羨ましい?

大学受験の王道は一般入試とされているが、それ以外でも多様な入試によって大学入学をして来る人も

記事を読む

神戸大学の偏差値は早慶並み?受かりやすい学部は難易度が下がる発達科学部?

関西圏の国立大学では京都大学、大阪大学に次いで名門とされているのが神戸大学ですね。旧帝大では

記事を読む

青山学院大学のオープンキャンパスに行く人が見ておくべきポイントは?【青山キャンパス編】

夏になるとオープンキャンパスに参加する人も多くいると思いますが、私の卒業した大学である青山学

記事を読む

法政大学の多摩キャンパスの立地条件が改善?経済と社会学部が都心回帰でレベルが上昇?

法政大学は文系の学部は市ヶ谷キャンパスと多摩キャンパスに分かれています。市ヶ谷キャンパスは文

記事を読む

東京外国語大学の偏差値や難易度と倍率は?センターの足きりのボーダーラインはどうなっている?

東京外国語大学は都内の国立大学で、知名度はそこまでないかもしれ

日本史の出題傾向はどこからどこまで?よく出る時代は?どの時代から勉強すると良い?

大学受験で日本史を選ぶ人はどこからやって、どこまでやれば良いの

成城大学の看板学部は?偏差値で学部ごとの順位や序列を比較するとどうなる?

成城大学というのは東京都にある私立大学で偏差値もそれなりに高い

no image
東京外国語大学のキャンパスの雰囲気や立地条件と評判、口コミや就職支援、就職実績など

東京外国語大学は東京都内にキャンパスがある数少ない国立大学です

日本大学商学部の偏差値や倍率は高い?評判やボーダーラインはどうなっているのか?

日本大学商学部に入りたい受験生も多くいるかもしれませんが、日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑