毎日が忙しい短期大学に行く意味は?メリットやデメリットで短大に行く価値や理由を判断しよう

公開日: : その他の話題

毎日が忙しい短期大学に行く意味は?メリットやデメリットで短大に行く価値や理由を判断しよう2ed950987d07e16b48f539b89afb290d_s

短期大学というのがありますが、これは2年間で卒業のため、4年間ある四年制大学と比べるとあっという間だと思います。四年制大学はだいたい大学3年から就職活動をする人が多いのかな?と思いますけど、短大は就職活動は1年生からやらないといけない場合もあり、非常に大変です。入学早々、就活と勉強を両方やらないといけないので、本当に忙しいです。短大は忙しいというのが1つのポイントになるかと思います。では、短期大学に行く意味とは何でしょうか?短大に入る意味はいくつかありますけど、短期大学は四年制大学と専門学校を併せた学校という言い方もされます。それは本当に両者の特徴を融合させているからでしょう。短大は教養を学びつつも、専門的な実習も多いので、具体的な技術やスキルを習得することもできるのです。四年制大学ではそういった機会は限られており、特に文系ではあまりありません。専門学校はそういった実践的な授業が主体です。専門学校ほど多くはないが、四年制大学よりは多いというのが短大の特徴でもあるのです。こういったところが1つの短期大学のメリットになると思います。それ以外にも短期大学のメリットはあるので、それについて以下で紹介していきたいと思います。短大は忙しいけど、結構楽しいキャンパスライフを送れると思うんですよね。

 

短期大学に通う魅力やメリットはどんなものがある?

短期大学に通うメリットとしては、あとは学費が安いというのがありますね。四年制大学と比べると当然ですが、学費は安いです。だいたい半分くらいになると思います。その結果、専門学校と学費は変わらないでしょう。短大は学費が安いというのは1つ特徴としてあると思います。そのため、四年制大学に通うのは難しいとしても、短期大学ならばなんとかなるというケースもあり、この場合には短期大学のメリットの1つになると思います。短期大学の学費は安いですけど、そこで学ぶ内容が薄いとか、そういうわけではないです。そして、後は短大のメリットというと、今言ったことにもちょっと関連していますけど、学ぶ環境としては最適だと思います。4年制大学と比較しても、授業の質が高いというか、基本的には学生数はどこも多くないので、1つ1つの授業でより密度の濃い指導がしてもらえるでしょう。四年制大学は基本的に座って先生の話を聞いていくというスタイルの授業ですが、短大は専門学校のような直接指導をしてもらいながらの授業が多いとされており、学生数が少ないことによって、そういった授業ができるわけですが、そういう部分も短大のメリットになるのではないか?と思います。

 

そして、就職に関することですけど、短大は2年間で卒業してしまうので、四年制大学と比べると2年早く就職することになるでしょう。全員が就職の道を選ぶというわけではないですけど、仮に就職をするということになれば、これはある意味お得なんですよ。というのも、定年の年齢はだいたいどこの企業も決まっていますから、2年早く仕事を始められるということは、2年分の給料が四年制大学出身者と比べて多く稼げるということになります。生涯賃金において有利なわけですね。ただ、結局はどの企業に就職するか?にもよりますし、短期大学のメリットの1つとは言えると思いますが、必ずしもメリットになっているか?はケースバイケースですね。四年制大学に通えば、もっと良い起業に就職できて、2年分の賃金なんて関係なくなるくらい稼げるかもしれないということもありますからね。でも、このメリットを享受している人は必ずいると思いますよ。短期大学に行く意味としては1つ重要なポイントかもしれません。実際、高卒よりは短大卒の方が選択肢は広がりますから、短大に行く意味にはなるでしょう。しかし、大学にまで行く必要性があるか?というのはやっぱりケースバイケースですね。短大に行く価値を測るときには短大のメリットを考えないといけませんが、一部しか載せていませんけど、こういった部分が短大に行く理由になりそうですかね?こういったメリットを踏まえながらも、後述する短大に行くデメリットについても知ってから、短大に行く価値を考えていけると良いと思います。

短期大学に通うことのデメリットや問題点は?

短期大学に通うことのデメリットというと、すでに話したことになりますけど、やっぱり忙しいという点ですね。短期大学でのキャンパスライフを忙しいと感じるか?どうかは人それぞれですが、四年制大学と比べると、相対的に短期大学は忙しいです。しかし、それだけ濃密な時間を過ごすことができるので、短大に行く価値があるということにもなるかもしれませんけど。短大は四年制大学よりも授業がしっかりしているというか、学ぶ期間が2年間しかないので、ある程度詰め込む部分も出てくるでしょうから、予想以上に短大は忙しい毎日が待っていると思った方が良いかもしれないのです。だから、大学生って暇なイメージはあるかもしれませんけど、それは四年制大学の文系の学生ってことになるかもしれません。短期大学でも暇な学生はいるかもしれませんけど、そんなには多くないと思いますし、逆に暇を感じられる短大に行く意味がどれだけあるか?という問題点もあるでしょう。短期大学のデメリットというか、通常ではある程度は忙しい毎日が待っているというのはあると思います。

 

それと早くから就職活動をしないといけないため、入学早々から忙しいのです。これもすでに話したことと関連がありますけど、短大は勉強がまず忙しいというのがありますけど、そこにさらに就職活動とかが加わってくるとその忙しさに拍車がかかります。卒業後の進路をどうするか?というのは学生によりますけど、民間企業への就職を目指すのであれば、入学してからすぐに就職活動を始めないといけない人もいて、短期大学は本当に忙しい毎日を送ることになります。本当に多くが描いている大学生活というのは、短大の場合にはあまり当てはまらないかもしれない。のんびりしたいならば四年制大学かな?と思います。四年制大学は1,2年生は少なくともある程度のんびりできるはずですから。短期大学もサークルとかは入れるはずですが、そういったものを楽しんでいる余裕がどこまであるか?という問題があるのです。一般的な大学生活のイメージは短大にはあまり当てはまらないかもしれないというのは知っておきましょう。それで短大に行く理由が減るわけではないでしょうけど、大学に何を期待しているか?という部分を考えたときに短大に行く意味が期待という部分ではやや目減りするかもしれないのです。短期大学に行く意味はいろいろな側面から見出せますが、楽しい面もあれば、大変な面もありますし、短期大学に行くメリットやデメリットを比べながら、短大を選ぶのか?四年制大学や専門学校を選ぶのか?を考えていくと良いと思います。人生を決める選択になるかもしれないですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

青山学院大学のオープンキャンパスに行くなら見るべき場所やポイント【相模原キャンパス編】

青山学院大学は東京都の渋谷にある青山キャンパスだけではなく、神奈川県の相模原キャンパスもあり

記事を読む

バイト辞めたいが人手不足で辞められない、言えない場合どうする?

バイトを辞めたいが、辞められないという人たちが非常に多いようです。どうしてか?っていうと、い

記事を読む

早稲田大学スポーツ科学部の難易度や評判は?小論文の対策がカギ

誰もが入りたいと思う大学といえば、早稲田大学ですね。この早稲田大学は、多くの学部を擁していま

記事を読む

早稲田大学文化構想学部の偏差値や難易度、評判は?就職先、就職率も良い?

早稲田大学の伝統的な第二文学部からの継承を経て、数年前に文化構想学部として生まれ変わりました

記事を読む

大妻女子大学のキャンパスの立地条件の評判や魅力は?就職率や就職実績は良い?

大妻女子大学は女子大の中でも非常に知名度があって、人気と言えると思いますけど、大学自体につい

記事を読む

工学院大学の評判や就職実績は最高?キャンパスの雰囲気は新宿と八王子で差がある

工学院大学は東京都にある理系の大学になります。この工学院大学は、理系を目指している人たちから

記事を読む

早稲田大学スポーツ科学部の英語、国語、数学、小論文の難易度や傾向と対策は?

早稲田大学スポーツ科学部の入試は他の早稲田大学の学部と比べると難易度はやや落ちます。しかし、

記事を読む

ゼミは入らなくてもいい?ぼっちで辞めたい、行きたくないなどデメリットがあるのを知っておこう

大学のゼミには入らなくても良いという理由は存在します。ゼミは入ったら入ったで楽しい場合とそう

記事を読む

摂南大学の入試科目や難易度から言って受かりやすい学部は?

関西の大学は結構いろいろな大学があるので、知らない人もいるかもしれませんが、関西では「摂神追

記事を読む

センター試験が終わってから、センター利用であとから出願できる大学はある?

センター試験を受けて、その結果のみで合否が決まるセンター利用入試がありますが、このセンター利

記事を読む

京都橘大学のキャンパスの立地条件や雰囲気と評判や口コミは?就職支援や就職実績はどうなっている?

京都橘大学はキャンパスへのアクセスがいろいろな方法によって可能

東洋大学の看板学部は?学部の序列や順位を難易度でランキングにしてみました

首都圏の私立大学では中堅大学になりますが、規模も大きくて有名な

就活でエントリーは何社?いくつが目安?たくさん大量に応募するのもあり!

就活をするにあたって、やはり最初はエントリーをするところからス

京都女子大学のキャンパスの立地条件や評判と口コミ、就職支援や就職実績の内容は?

京都女子大学は京都を代表する女子大で、それなりに難しい大学です

明治大学農学部の偏差値や倍率と評判は?合格最低点とボーダーラインは高いのか?

明治大学は私立大学の中でも理系が充実している方で、理系の学部が

→もっと見る

PAGE TOP ↑