大学受験の一般入試の併願の決め方は?数は何個、何校受けるべき?

公開日: : その他の話題

大学受験の一般入試の併願の決め方は?数は何個、何校受けるべき?7d9e4729f8b17a83396cc4a9172aa0d2_s

大学受験においていろいろなレベルの大学を受けると思います。行きたいところしか受けないというケースもあれば、現実を見据えて、確実に受かるところと行きたい大学の両方受けていくというケースもあるでしょうし。受験生によっていろいろな考え方があります。堅実なのは、滑り止めといった、確実に受かるであろう大学を受けることかもしれませんが、行きたい大学だけ受けるというのも、行きたい大学に行ける可能性がその分上がるので、必ずしも間違いとは言えません。結局、第1志望の大学に合格することが1番重要なのですから、それをどうやって実現するか?がとても重要なのです。大学受験ではいくつかの併願をすると思いますが、その大学や学部の決め方もまた難しいと思います。第1志望以外にどういうところを受けていくか?そのポイントを解説していきましょう。

 

浪人をする覚悟がある場合には、滑り止めはいらない!

浪人をする覚悟があるならば、私は滑り止めを受けるのは無駄だと思っています。つまり、滑り止めに受かっても、そこに行きたくないし、行く気もない場合には個別日程の一般入試でも、センター利用でも、滑り止めを確保しておくことにあまり意味はありません。だから、行きたい大学のみを乱れうちするとかでも良いと思いますよ。例えば、早稲田大学に行きたい人は、早稲田の学部をたくさん受けるとかね。実際にいると思いますよ。早稲田には入れるならどこでも良いという人は。浪人をする余裕があって、本人も浪人をしても良いと思っているならば、行きたいところだけ受けた方がむしろ良いかもしれない。行きたいところだけじゃなくても構いませんけどね。例えば、早稲田に行きたいが、そこに受からなくても明治くらいだったら良いやと思っている人は、明治までは受けた方が良いでしょう。早稲田よりは確率が高いですから。ここでのポイントは、進学しても良いと思える大学か?どうかです。第1志望じゃなくても、進学しても良いと思えるところは併願に組み込んでいきましょう。

 

私はこのパターンです。私は慶應に行きたかったのですが、偏差値も全然足りないし、全然勉強してなかったので、慶應は正直無理だと悟っていました。ただ、最低でもマーチに入れれば現役でそのまま進学しようと思っていたので、入試では慶應を含めて、上智やマーチのみを受けました。私の当時の偏差値からいうと、マーチでも合格可能性は全然高くありません。でも、受けた中で1番偏差値低いのが法政とかだったので、滑り止めなんて1個も受けませんでした。親のススメでセンター利用では滑り止めに該当するところも受けて、センター利用で一応確実なところは受かっていたのですが、そこには絶対に行きたくなかったから、一般入試で行きたいところ、進学しても良いところ、自分の偏差値ではちょっと難しそうなところを乱れうちしました。その結果、1個だけ青山学院に合格したので、最低マーチという目標は達成したので、そこに進学しました。だから第1志望じゃなくても、行きたい大学、進学しても良いと思える大学、許容範囲の大学と思えるところまでは受けていくと良いと思います。私は一般入試で受けた所が1つも受からなければ、親は反対したかもしれませんが、浪人をしたかったですよ。

 

滑り止めの大学に行く覚悟がある場合には滑り止めを受けよう

でも、私みたいなタイプではなく、滑り止めもちゃんと受けて、行きたいところに受からなかった場合には、不本意だけど、滑り止めの大学に進学するという覚悟を持った受験生もいると思います。滑り止めに行く気がないなら受ける意味はないのですが、行く気があるならば、受けた手も構わないです。絶対に浪人が出来ないとか、いろいろな事情があると思うので、そういう場合には滑り止めを受けるべきでしょう。その場合ですが、問題は一般入試でどうやって併願をしていくか?です。そもそも何校受けるか?が問題なんです。一般入試では、平均5個くらいじゃないか?と思うのです。私は7個受けましたけどね。多い人だと日程がかぶっていない限りうけるので、10個くらい受ける人もいそうですけど。滑り止めを一般入試に組み込む場合には、何個受けるか?個々人で異なりますが、6個受けるとしましょう。そのときの併願の仕方としては、第1志望の大学、学部がまず1個です。そして、挑戦校をもう1個くらい。さらには実力相応校を2個くらい。そして、滑り止めを2個くらい。これがベストかな?って気がします。例えば、偏差値が55の人がマーチを第1志望にしていたとすると、偏差値55だとマーチはちょっと厳しい気がしますが、そこを1個受けます。そして、もう挑戦校として、第1志望以外のマーチの大学、学部をもう1個、そして、実力相応校として、偏差値55前後の大学、学部(成成明学獨國武~日東駒専あたりか)を2個ほど受けて、そして、確実に受かると思われる偏差値50前後の大学、学部(大東亜帝国あたりか)を2個ほど受けると良いでしょう。

 

滑り止めの大学、学部も何かしらのアクシデントとかがあると思うので、一応2個受けておいた方が良いと思います。1個だけ受けて、風邪引いたとかもあるかもしれないので、絶対に浪人をしたくない、できないのであれば、念には念を重ねた方が良いです。これは1つのモデルですから、本人の希望などによって細かい併願校のレベルは変えていっても構いません。また、センター試験を受けるという場合には、センター試験で滑り止めを確保しておくということもできますから、センター試験でも同じように、複数の大学、学部を受験して、挑戦校、実力相応校、滑り止めに分けて、最低3つは受験してもらって、そこで滑り止めが受かっていれば、一半入試では滑り止めを受ける必要はなく、当初予定していた滑り止めの部分に実力相応校や挑戦校の数を増やすとかもできます。また、さらに実力相応校まで受かっていれば、一半入試では全部マーチのみ受けるとか、挑戦校のみを乱れうちするという方法も現実的にはとれます。だから、理想はセンター利用で、最低滑り止めを受かっておいて、一半入試では何個併願するか?分かりませんが、全てを実力相応校と挑戦校のみにするというのが良いのではないでしょうか?併願する数というのもまた人によって違うのでなんとも言えませんけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

主婦や小さい子供のいるご家庭にぴったりな食材宅配はどこがいい?

一人暮らしの方や家族住まいの方、特に分け隔てなく利用されているのが、食材宅配だと思います。食

記事を読む

文教大学と大東亜帝国、日東駒専のレベルはどっちが上?頭いい?の比較やイメージ、雰囲気の違いについて

文教大学というと、世間一般的にはあまり知名度は高くないと思います。知らない人は結構いるんじゃ

記事を読む

早稲田大学文化構想学部の英語や国語、社会科の難易度や傾向、勉強法やと対策は?

早稲田大学文化構想学部の入試問題は早稲田大学の中でも、他の大学と比較してもちょっと傾向が特殊

記事を読む

AO入試では資格は有利になる?英検2級や準1級などは?資格なしは不利にはならないと思う

AO入試というと、徹底した人物入試という感じがとてもする入試形態になると思います。面接や小論

記事を読む

慶應義塾大学の社会科は日本史と世界史はどっちがいい?どっちが有利なのか?

慶應義塾大学の文系学部では日本史か?世界史か?の選択が必要です。受験生はとっくに選択して勉強

記事を読む

福岡大学の評判やキャンパスの雰囲気は?就職率や就職先の企業から就職状況をチェック!

福岡大学は全国的な知名度はそこまで高くないかもしれません。九州の福岡県にある私立大学になりま

記事を読む

no image

センター試験で満点を取りやすいのは数学?国語などは満点の人数はいない?無理か?

センター試験において最も満点を取りやすい科目は何でしょうか?私は文系3教科しか受けていないので、その

記事を読む

名城大学のキャンパスの雰囲気や学生の評判、口コミと就職実績、就職率などの情報

名城大学は愛知県内にいくつかキャンパスがあります。だいたい3つくらいに分かれています。その中

記事を読む

夫婦で働いている、共働き世帯に食材宅配はメリットが大きい

今は共働き世帯が非常に増えてきていると思います。それだけ家計が苦しい、2人とも働かないといけ

記事を読む

東洋大学文学部の難易度は高い?学生の評判と就職実績はどうか?

東洋大学は日東駒専の中ではかなり偏差値も人気も上がってきている印象を受けますが、今後さらなる

記事を読む

日本アクセスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本アクセスの就職の難易度について気になっている人が多いと思い

日本食研の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

日本食研というと、焼き肉のたれのCMが有名です。最近はそこまで

NTT西日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTT西日本グループに就職するにはかなり高い難易度を突破してい

イトーキの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

文具やインテリア、事務機器などのメーカーであるイトーキに就職し

ラウンドワンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

ラウンドワンに就職したいと考えている人については、まずはその難

→もっと見る

PAGE TOP ↑