駒澤大学高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : 最終更新日:2022/09/03 その他の話題

駒澤大学高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

駒澤大学高校は東京都世田谷区にある男女共学の私立の学校です。最寄り駅は東急田園都市線の用賀駅、桜新町駅で、徒歩13分となっています。駒澤大学が割と近くにあるので、高校からそのまま内部進学する人にとっては、楽でいいかもしれません。駒澤大学高校は駒澤大学の付属校であり、卒業後はそのまま駒澤大学に進学するケースが多くあります。進学実績の部分で詳しく紹介しますけど、どのくらいの割合で内部進学をしているのか?は知っておきましょう。駒澤大学高校の偏差値はそれなりに高いですし、レベルは普通にある学校と評価できるでしょう。ただ、駒澤大学高校の偏差値のみならず、倍率なども含めて難易度を理解しておくべきですが。そして、学校の評判に関しても同時に理解していきましょう。

 

駒澤大学高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

駒澤大学高校の偏差値やレベルをチェックしていきたいと思います。偏差値については60となっています。普通科のみとなっており、駒澤大学高校の難易度はそれなりに高い状況です。この数字については、今後もそんなに大きくは変動しないはずです。したがって、駒澤大学高校に受かるには対策をしっかりと行う必要があるでしょう。ただ、駒澤大学高校の偏差値が60であれば、むちゃくちゃレベルが高いと言える状況ではないので、そこは理解しておきましょう。そこそこ難易度が高い状況と評価できると思います。でも、駒澤大学高校の難易度を正確に理解するには、偏差値だけでは足りないでしょう。同時に倍率に関しても理解していく必要があります。そういった部分も含めて、この駒澤大学高校のレベルを判断するといいと思うのです。

 

駒澤大学高校の倍率はどれくらいか?見ていきますけど、一般入試のみの数字が見つかりません。併願優遇や推薦も含めた、全体の倍率しか載っていないのです。とりあえず数字としては1倍台前半となっています。倍率の数字は割と低い方です。でも、駒澤大学高校は偏差値がそこそこあるので、そこも含めて考えたときには、駒澤大学高校のレベルは決して低い方ではないでしょう。倍率の数字が大したことないといっても、油断をしないで対策をやっていきましょう。とりあえず駒澤大学高校の倍率はこんな感じであり、恐らく同じような数字が今後も続いていくでしょう。駒澤大学高校の倍率を理解しながら、全体の難易度を把握していくといいです。併願優遇や推薦など、一般入試を受ける人たちの場合には、倍率は違う数字になりそうですけど。そういう意味では、併願優遇や推薦が含まれたこの数字に関しては、一般入試を受ける人たちにとってはあまり鵜呑みにできないと評価できると思うのです。

 

駒澤大学高校の進学実績はどうなっている?

基本的には駒澤大学の付属校となっているため、駒澤大学への進学が非常に多いです。駒澤大学への内部進学の枠は全学部通じて450程度あるようですが、400弱くらいの人数が毎年進学しています。成績などの基準はあるんでしょうけど、希望すればそのまま進学できる可能性はかなり高そうです。しかし、もちろん駒澤大学以外の進学実績もあります。早慶上理が20人前後、GMARCHが50人前後となっており、難関大学への合格者もそれなりにいます。駒澤大学高校では難易度の高い大学への進学もそれなりにあるのです。国公立大学に関しては10人いるか?どうかという状況ですけど、東京工業大学など非常に難しい大学への進学実績もあるのです。指定校推薦の内訳も掲載がありますが、日東駒専~GMARCHくらいに集中しています。毎年20人前後が指定校推薦を利用しています。駒澤大学高校の進学実績はこんな感じとなっているのです。偏差値は割と高いので、駒澤大学以外にも有名大学に合格できる状況でしょう。ここは学校の評判として非常に大きいと言えると思います。受験コースも設置されているようなので、他大学の受験ノウハウはたまっているでしょう。だから、駒澤大学への進学を考えている人以外にもおすすめできる高校になると思います。

 

駒澤大学高校の評判はどんな感じか?

駒澤大学高校の評判についてチェックしていきましょう。まず校則に関してですが、そこそこ厳しいという声が聞こえます。頭髪検査が厳しいとか、携帯電話が校内で使用禁止なのが厳しい、メイクやピアスも禁止でそれも厳しいという声が見られます。私立高校なので、多少は仕方ないかもしれませんが、駒澤大学高校の校則はそこそこ厳しいと言える可能性があるでしょう。ここは評判として特に重要な部分です。そして、いじめに関してはほとんど聞いたことがないと言っている人が多いです。ゼロとは言い切れないかもしれないですけど、駒澤大学高校でいじめが起きる可能性は低そうです。また、部活動に関する評判は高く、スポーツをしに来るための学校と評している人もいます。野球部、サッカー部、陸上部、体操部などが強いようです。あとは駒澤大学への進学がしやすい点を評価する口コミが多いです。進学実績のところでも話しましたが、希望すれば最低でも駒澤大学の学歴はかなり得やすいので、そこはメリットと考えている人がいます。駒澤大学高校の難易度もそれなりに高いですが、駒澤大学も現在ではかなりレベルが高いので、そこに行ける可能性が極めて高い点は魅力でしょう。こういった部分は特に期待が持てる部分になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

國學院大學の滑り止めはどこがいい?日東駒専でも専修大学と駒澤大学ならOKか?併願でおすすめなのは?

國學院大學は文学部の偏差値がやや抜けている感じですが、それ以外の学部の偏差値も近年上昇傾向か

記事を読む

明治学院大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは日東駒専や成蹊、成城、獨協、國學院、武蔵などか?

明治学院大学を受験するにあたって、どういった滑り止めや併願が必要なのか?そこが気になっている

記事を読む

大東文化と亜細亜のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の違いは?就職で有利なのは?

大東亜帝国の一角として非常に有名な亜細亜大学と大東文化大学がありますが、この2つは同じ大学の

記事を読む

摂南大学のキャンパスのアクセスや雰囲気、評判や就職先について

大阪にある摂南大学は、非常に多くの受験生が毎年受けていますが、この摂南大学はどういった大学な

記事を読む

早稲田大学文化構想学部の偏差値や難易度、評判は?就職先、就職率も良い?

早稲田大学の伝統的な第二文学部からの継承を経て、数年前に文化構想学部として生まれ変わりました

記事を読む

大東亜帝国の偏差値は?難易度やレベルは受かりやすい、入りやすいけど簡単ではない?

大東亜帝国といえば、どういったイメージをお持ちでしょうか?大学群の中では比較的有名だと思いま

記事を読む

北海道大学の滑り止めや併願はどこがいい?MARCH、関関同立や早慶が候補か?

北海道大学を受験する人たちにとって、滑り止めや併願の問題は非常に重要です。北海道大学を受ける

記事を読む

埼玉県立川口高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

埼玉県立川口高校は埼玉県川口市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は埼玉高速鉄道線の新井宿

記事を読む

横浜市立大学の偏差値や難易度は?センター試験の足きりのボーダーラインや倍率は?

横浜市立大学は公立大学ではありますけど、首都圏の大学の中では難しい、名門大学と言えると思いま

記事を読む

東京農業大学第三高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

東京農業大学第三高校は埼玉県東松山市にある男女共学の私立高校です。最寄駅は東武東上線の東松山

記事を読む

ダイセキの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ダイセキの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

タカノの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

タカノの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職した

ニューフレアテクノロジーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ニューフレアテクノロジーの就職の難易度はどうなっているのか?こ

エスケー化研の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

エスケー化研の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就

図研の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

図研の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと思っ

→もっと見る

PAGE TOP ↑