共働きの割合が急増中!家事や育児を分担すれば離婚率は低い

共働きの割合が急増中!家事や育児を分担すれば離婚率は低い – Retire in their 20se568ea19da98baff1399c7f3cdad41ea_s

現代は昔と比べて、夫婦のあり方が変わりつつあります。夫が外に仕事に出かけて、妻が家の中で家事をするという光景は残ってはいますが、割合としては減ってきています。共働き世帯が急造しているのです。共働き世帯が増えている理由としては想像通りなのかな?と思いますが、夫の給料のみじゃ足りないから。ということになるのでしょうか。男性が貰える給料が減りつつある中で、それだけではとても食べてはいけない。生計が立てられないと感じた女性が自分も働くという選択肢をとっています。それによって少子化につながるとか、いろいろな指摘もありますが、これが現代の家庭のあり方として当たり前になりつつあるような気がします。共働き世帯が片働き世帯を確か超えているんじゃなかったかな?芸能人同士の夫婦とかだと、この共働きパターンですよね。結婚をして、さっさと引退して、専業主婦になるというケースは滅多に聞きません。彼らに子供がいないか?といったら、そんなことは、彼らはベビーシッターに預けたりする金銭的余裕もあるのかもしれませんけど。そういう世の中になってきたということを改めて再認識しますね。

 

共働き世帯の割合が急造した理由は?

共働き世帯が急増した理由は、すでに話したように、男性の収入が落ちてきた。ということが大きいでしょう。それはどうしてか?というと、考えられる理由は主に2つですか。女性の就職率などが上がってきたことにより、正社員になれる男性が減ったこと。そして、各企業が給料を下げる傾向にあることではないでしょうか?必要コストのうち、人件費っていうのは、やっぱりデカイわけですよね。これをどの企業もできるだけ削りたいと思っている。大企業以外は、余計なところにコストをかけていると、それだけで他社に負けてしまう要因になる。だから、どこも人件費をできるだけ安くする。特に安くて良いものを供給するというビジネスモデルが浸透してくると、価格をいかに引き下げるか?という点が特に焦点になり、正社員の割合を減らして、非正規の割合を増やしたり、正社員の給料を下げたりして対応するしかない。そういう流れが出来上がってしまうと、そこから脱出するのは困難です。一部の企業は給料が上がるが、それ以外の会社は現状維持か、下がるかしてしまい、その傾向は今後も続くから、正社員の中でも給料が上がっていく人たちと下がっていく人たちの格差が今よりも顕著になるということが言われています。

 

つまり、正社員なのに、非正規同様に生活が苦しいと感じる人が今後増えていくのです。現段階でもそういう兆候は出ています。だからこそ、共働きになるのです。共働きをしないといけない現状があると、当然女性も会社で働くようになりますね。すると、ただでさえ女性の就職率が上がり、男性が就職できる余地が減ってきているにもかかわらず、共働き世帯の増加により、それ自体も女性の就職率を上げていることになるわけですから、余計に男性が就職しづらくなって、さらに男性の収入が下がる傾向にあるわけですよ。つまり、女性の社会進出も間違いなく原因の1つにはなっているが、それによって男性の収入が落ちた。だから、妻も働かないといけなくなる。すると、さらに男性の収入が落ちるというメカニズムになっているわけですね。共働き世帯が増えることも男性の収入減少を引き起こし、それによってさらに共働き世帯を増やす結果となってしまい、いつしか専業主婦の家庭がほとんどなくなるんじゃないか?と思われます。

 

共働き世帯は貯金も増えるし、収入源も増えて安心

共働き世帯は当然、世帯全体での収入は上がりやすくなるから、貯金などに回せる金額も増えるし、将来への安心感は生むでしょう。あと、お金の使い方で揉めることがなくなるかもしれません。夫が正社員で、妻がパートとかだとあれだけど、どちらも正社員、またはどちらも非正規で働いているような場合には、収入それ自体はそんなに差がないと思うので、それぞれで家計を持って、お金の使い方を決められれば、あまり文句は出ない。貯金もそれぞれで蓄えておくようにしても良い。片方が稼いで、片方が家計を管理すると、お金の使い方でトラブルになりやすいのだが、お互いが自分で稼いだ金額を自分で管理するようにすれば、お互いの文句が出づらい。世帯の中で収入源が2つできるから、片方の会社が倒産したりしても、まだ収入が残るから、いざというときのリスク分散も可能となり、理想的な状態になるのではないでしょうか?また、家事についてもお互いが同じように働いていれば、当然分担をすることになるから、これも平等に負担をして、トラブルになることが少ないのではないでしょうか?専業主婦と働きに出ている夫の家庭の場合、この家事や育児の負担割合で揉めているところも多いみたいですからね。

 

子育て、育児をしていくことは可能なのか?

これが問題になるかもしれない。無理というわけではない。ただ、現実的には今「子なし夫婦」というのはかなり増えてきていますし、子供を欲しくないと思っている人の割合も増えてきている。その原因としては価値観の変化などもあるが、収入の問題やそこから派生した共働き世帯の増加の問題も含んでいると思います。実際無理なわけじゃないが、自分たちの負担が増えることや子供が可哀想と思ったことなどを理由にして、子供を欲しがらない、子供を産み育てない選択をする家庭が増えてきていると思います。これはいろいろな問題を孕んでいるものの、その夫婦が選択したことなら別にそれで良いと思います。貧乏なのに子供を産むことに対する否定意見も実際あるわけですよ。貧乏な家に生まれた子供が可哀想とかね。それは一理ないとは言わない。実際、そういうことを感じている夫婦は子供を産まない選択をしているみたいです。でも、貧乏だけど子供を産むことを一概に否定できるか?とも思えるし、生まれた子供が可哀想というのが理由ならば、別に貧乏以外だって当てはまるでしょう。そういった要素が1つもないような家庭ってそもそもあるのか?と考えると、じゃあ一体どの家庭が子供を産んでも文句を言われないのか?子供が可哀想じゃないのか?となり、子供を産んでも良い家庭なんかほとんど存在しなくなると思います。私の本音としては、今の日本社会を見ていると、子供が確かに可哀想というのも頷けるし、彼らが将来大人になったときに苦しむ、もがく人生しか待っていないケースも多々存在する気がする。そういうことを考えると、子供を産まないという選択肢は賢明と思える部分もある。ただ、一方で生まれた子供がどう思うか?というのも重要だと思うし、貧乏だって良いっていう子供も中にはいるでしょうから、共働き世帯が、貧乏な世帯が子供を産むことを一概に否定していいものでもないかと思う。それぞれの家庭の自由で良いと、私は思っているが、今後は子なし夫婦の割合はどんどん増えていく気がしますね。先ほどの家事と同様に育児をやるにしてもある程度分担させないといけないから、お互いが不満を持ちづらい。働くということを平等に近い状態でお互いがやっているがゆえに、それ以外の家事、育児なども平等にせざるを得ない。そういった点においてトラブルがおきづらいと考えれば、共働きは離婚率が低いんじゃないか?と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

社会人の出社時間や始業時間の平均は?早すぎる?朝起きれない問題の解決はどうするべき?

社会人になると朝早い時間から出社しないといけない人が多いでしょう。夜勤の人やフレキシブルタイ

記事を読む

正社員をクビにできないはおかしい!解雇規制の緩和は当然

働かない正社員はクビにすべき!というオリックスの宮内社長だったかな?が発言したのが話題となっ

記事を読む

貧困や仕事探し、生活費すら厳しいシングルマザーの辛さ

「シングルマザー」問題は以前から日本でも取り沙汰されてきました。実は、今日本で生活しているシ

記事を読む

クラウドワークスのライターの仕事は本業でも副業でも稼げる!

クラウドソーシングサイトが非常に活況を呈しており、それを利用してお金を稼ぐことが割と容易にで

記事を読む

カジノ法案への賛成や反対は割れてる?ギャンブル依存症や治安の悪化、犯罪増加が懸念みたいだが・・・

日本でのカジノの実現がいよいよ本格的にありうる状況になってきたのか?ということを窺わせるよう

記事を読む

障がい者の雇用促進は社会の生産性を下げる?差別禁止は健常者への差別になる

去年だったかな?ホリエモンが「障がい者は働いても効率性がよくないから、そういう人間は生活保護

記事を読む

ボーナスや退職金が出ない、貰えない会社はおかしいか?

全国の企業でボーナスが出て、どう使おうかな?という使い道を考えている頃かもしれません。私はフ

記事を読む

生活保護と年金の逆転なんて起きてない!実は年金の方が得

生活保護の問題になると、どうしても問題になるのは年金との問題です。ホリエモンなども「生活保護

記事を読む

ニートが追い出される、追い出すは間違い!親の金で寄生、すねかじりを続けさせた方が社会にとってはプラス

ニートが実家暮らしをしていると、何だか世間的にはよくないこととして扱われていますが、実はニー

記事を読む

体育が嫌いになる理由や原因は運動音痴か?トラウマになって克服はできる?

学校での体育の授業って嫌いな人も多いと思います。基本的に、学校で行われる授業のうち、何らかの

記事を読む

常総学院高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

常総学院高校は茨城県土浦市にある男女共学の私立高校です。最寄り

千葉県立検見川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立検見川高校は千葉県千葉市にある男女共学の公立高校です。

帝京大学高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

帝京大学高校は東京都八王子市にある男女共学の私立高校です。最寄

横浜市立大学は高学歴でモテる?医学部の存在で頭いいイメージ、横浜に立地している点でオシャレな印象を抱きやすい?

横浜市立大学は神奈川県内にある公立大学であり、偏差値はそれなり

埼玉県立所沢北高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

埼玉県立所沢北高校は埼玉県所沢市にある男女共学の公立高校です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑