会社を休みたい、サボるときのバレない理解される言い訳や理由

公開日: : 現代の日本人の働き方

会社を休みたい、サボるときのバレない理解される言い訳や理由b79be864be965d39dac289acf327c36d_s

朝起きて会社に行きたくない、休みたいと思う人も多いのではないでしょうか?そういう非常に悩ましいときに、どうしても休みたいときにはバレないように休むという方法もあります。サボりになってしまいますが、人間ですから、そりゃサボりたくなるときもあるでしょう。問題はそういったサボりをするときに、いかにバレばいように言い訳を考えるか?です。下手な理由で休むと怪しまれる恐れがありますから。できるだけサボりだと悟られないように、かつ確実に休めて、上司の印象も害さないような理由が必要です。それらを満たせるものを以下で紹介していきたいと思いますので、良かったら参考にしてみてください。たまに休むのであれば、上司もそんなに疑ってはこないのではないでしょうか?ただ、ある程度の演技力は必要かもしれないですね。

 

子供が熱を出して・・・

これはお子さんがいる家庭でしか使えませんが、子供が熱を出してしまったという場合には、さすがに上司も「会社に来い!」とは言いいづらいですね。病院に連れて行ったり、その後の看病をしないといけないとなれば、1日くらい休むことはしょうがないと思うでしょう。奥さんも働いていて、自分が面倒を見ないといけないということにしておけば夫が会社を休んでも不自然ではないと思います。これは自分が風邪をひいたというのではなく、お子さんが風邪をひいたというのがポイントで、演技がいらないですよね。つまり、自分が風邪をひいて休みたいという場合では、自分が電話することになるため、そこで風邪をひいていて、体調が優れないような感じにしないといけないので、その演技力が問われますが、お子さんが風邪をひいたというのであれば、自分は快調でも問題ないので、そこまでの演技力はいりませんから、疑われる余地が少ないと思います。お子さんを利用するみたいで気が引けるかもしれませんから、後ろめたい気持ちがあるならやめておいた方が良いかもしれません。

 

ペットが病気になって・・・

上記の言い訳は結婚していてお子さんがいる家庭じゃないと使えませんが、こちらは誰でも使えます。というか、ペットを飼っていない人でも、ペットを飼っているか?なんて調べようがないので、バレないでしょう。ペットが病気になったくらいで休む必要ないと思っている人も一部いるかもしれませんが、ペットだって命あるものですから、飼い主である以上は、ちゃんと責任を持って面倒みないといけないのでしょう。だから、ペットだろうが、人間だろうが、ちゃんと面倒をみないといけない理屈は存在します。そのため、ペットが病気になったから病院に連れて行かないといけないという理由は一応通ると思います。理解のある人ならば。特にペットを飼っていた経験があったり、今飼っている人でればあるほど、その悩みは理解してもらえるんじゃないですか?最近はAIBOでしたっけ?ロボットの犬をペット道瀬に飼っている家庭もありますし、家族同然だと思っている人もいますからね。

 

冠婚葬祭を理由にするのはイマイチかもしれない

冠婚葬祭の場合は、あらかじめ日にちが決まっていることが多いですから、当日いきなり休みたいというのは明らかに不自然です。前もって休みたいと言ってくるならまだしも。また、例えば、結婚式などは平日にやるでしょうか?あまり聞いたことがないのですが。時期にもよるかもしれませんが。少しでも多くの人にきてほしいと言うのであれば、働いている人がきやすい土日、祝日にするのではないでしょうか?だから、平日休みたいと言っても、どこまで信用してもらえるでしょうか?土日に多くはやるといっても、貴重な休みの日がつぶれますし、平日に結婚式をやれば、本来会社に行かないといけない日に会社に行かなくて言い口実になるから、あえて働くサラリーマンのことを思って平日にしましたよ!みたいなケースがあれば別ですけど、そんなカップルはなかなかいないと思います。だから、これはあくまでも結婚式の例ですが、冠婚葬祭は総じて、当日にいきなり休むことは不自然ですし、平日に休まないといけない理由にはならないという事情があると思います。

 

仮病は無難な言い訳だが、1番サボりを疑われやすい

仮病を使う人が間違いなく多いと思います。パッと思いつくのがこれですし、誰にも迷惑をかけない(子供を勝手に病気にしたりしないため)ので、1番とりやすい手段かもしれませんが、これは定番なんです。上司もあなた以外から、今まで何度も同じような理由で会社休みたいと連絡が着ていてはずです。だから、もう慣れてしまっていると同時に、またか!と思われるかもしれません。そして、上司だって、仮病を使う可能性があるくらいは認識しているでしょうから、本当に本人の病気で会社を休みたいと連絡がきたときに信用してくれるか?は分かりません。サボる可能性があることは分かっているでしょうし、そのときに使われる1番の理由が、「体調がすぐれなくて・・・」とか、「気分が悪くて・・・」とかでしょうから、そういう理由で休みたいと言うと、まさかと思われる可能性が1番大きいです。あと、さらに可能性としてあるのは、仮にその言い訳を一応信用してくれたとしても、「午後から出られないか?」とか言われる可能性があるということです。お子さん病気とかの場合には、そういうことは上司としても言いづらいと思うんです。でも、本人はもう大人ですし、言ってもいい雰囲気があるんでしょう。そういうことを言われたときに、どう対処するか?が問題です。午後からなら出ても良いという覚悟があるなら良いですし、または熱が38度以上あって、今日は厳しいといった、さらなる言い訳をする勇気があるのであれば、その修羅場もくぐりぬけられるかもしれません。ただ、最終的に休むことを承認してくれたとしても、上司の疑念は拭い去れないでしょう。だから、休めても上司の印象を害す可能性がある。そういうリスクが存在していることはしっておいた方が良いと思います。1番使われている理由なので、そう思われてもしょうがないでしょうけどね。ちなみにぎっくり腰になったといういいわけが有効としている例もありますが、ぎっくり腰の場合は、そもそも1日休んで次の日問題なく会社に来たら、それも怪しまれる気もします。会社に来れたとしても、常時腰が悪そうな演技をしないといけないので、別の意味で疲れると思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

週休1日など休みが少ないときつい、ストレスや疲れから辛いと感じる人が多く、辞める人も中には出てきそう

働いている会社によっては休みが少ないということも稀じゃないです。休みが少ないと辞めたいとか、

記事を読む

飲み会を断り続ける、行かない人が増えた理由は金にならないから

会社の飲み会に参加しない若者が増えているという。単純に酒を呑まない人が増えているから。という

記事を読む

会社でのゴルフは付き合いと諦める?自腹で強要のケースも多くやりたくない人も多いけど

社会人になるとゴルフを始める人が増えますよね。それは好きで始めているのか?どうかは分かりませ

記事を読む

社会人、サラリーマンのコートの色の選び方は黒が無難

どんどん気温も下がってきて、働きに行くときでもいよいよコートが欲しい時期が近づいていました。

記事を読む

障がい者の雇用促進は社会の生産性を下げる?差別禁止は健常者への差別になる

去年だったかな?ホリエモンが「障がい者は働いても効率性がよくないから、そういう人間は生活保護

記事を読む

正社員はオワコン?非正規の方が安定だし、楽しく暮らせる

非正規雇用って、世間のイメージではあまり宜しくいない扱いですよね。アルバイト、パート、派遣な

記事を読む

クラウドワークスのライターの仕事は本業でも副業でも稼げる!

クラウドソーシングサイトが非常に活況を呈しており、それを利用してお金を稼ぐことが割と容易にで

記事を読む

社会人は友達が少なくなる、減る?作り方は?いらない、必要ないという意見もあるが

大人になると友達の数は基本的に減る人が多いかもしれないです。友達という感覚の人が減るという感

記事を読む

多い企業は30万!初任給の手取りと額面の平均と少ないのはいくらから?

大学を卒業して春から新入社員というケースでは、5月くらいに初任給が支給されると思います。その

記事を読む

上司とのカラオケで何を歌えば良い?盛り上がるおすすめの選曲は福山雅治か80年代の曲!

職場では、いろいろな人間と上手く付き合っていかないといけませんが、その中でも上司とはなかなか

記事を読む

no image
印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多

佛教大学の難易度やレベルを産近甲龍と比較すると?イメージや雰囲気の特徴は?

京都にある佛教大学は関西の中では有名な私立大学であると思います

生命保険や損害保険の就職の難易度や倍率は?激務と評判なのは当然?

生命保険や損害保険の業界は大変な仕事をしているというイメージは

大阪産業大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

大阪にある大阪産業大学は関西では規模がそれなりに大きい私立大学

部活動はなんのために?だるい、めんどうくさいからサボると怒る奴いるし、あり方を考え直すべき

学校での部活動ってなんのためにあるんですかね?部活動のあり方を

→もっと見る

PAGE TOP ↑