指定校推薦の面接がうまくいかなかった!的外れや内容が薄い回答、答えられなかったとしても大丈夫!

公開日: : その他の話題

指定校推薦の面接がうまくいかなかった!的外れや内容が薄い回答、答えられなかったとしても大丈夫! – Retire in their 20s

指定校推薦の面接は事前にしっかりと対策をしていく人が多いでしょう。ただ、どれだけ対策をしっかりとやっても、絶対に満足いく状況になるとは言えません。指定校推薦の面接がうまくいかなかったケースもあるはずです。答えられなかった質問などが生まれる可能性もあります。でも、それは面接においては珍しいことではありません。指定校推薦の面接では的外れな回答をしてしまったなど、うまくいかなかったと言える状況は普通にあるでしょう。完璧な面接で終えられる人はほぼいないと思います。でも、指定校推薦の面接に関しては、それで構わないと言えるでしょう。指定校推薦の面接は基本的にまず落ちることはありません。仮に指定校推薦の面接で回答の内容が薄いなどの状況があっても、答えられなかった質問があったとしても、真面目な態度で臨んでいれば、基本的には受かります。だから、指定校推薦の面接がうまくいかなかったと感じても、気にすることはないと言えます。

 

指定校推薦の面接は失敗しても合否にほぼ関係ない

指定校推薦の面接においてうまくいかなかったと感じる可能性があります。それはいろいろな原因として感じられるでしょう。例えば、指定校推薦の面接で答えられなかった質問があった、答えられたけど内容が薄いと感じられたなどのケースがあるのです。こういった状況は指定校推薦の面接だけに限らず、いろいろなケースでありえます。珍しい光景ではないでしょう。でも、実際に指定校推薦の面接で答えられなかったなどの状況があれば、失敗したと思い、落ちるんじゃないか?と心配する可能性もあります。一般的な面接であればともかく、指定校推薦の面接ではうまくいかなかったことが不合格に結び付くことはまずないでしょう。というのも、指定校推薦の面接は落ちる人なんかほぼいないからです。受かる人しかほぼいません。そして、とんでもない的外れな回答をしたとしても、基本的には受かっているものでしょう。指定校推薦の面接では的外れな回答であっても、大して評価は下がらないと言えます。それは指定校推薦の面接は受からせるためのものだからです。別の言い方をすれば、的外れな回答で評価が下がっても、不合格と言えるレベルにはならないということです。

 

指定校推薦の面接で的外れな回答で大丈夫ならば、内容が薄い程度は全く問題ありません。完璧な回答ができる人なんてほとんどいないのですから、指定校推薦の面接では内容が薄いと感じられる回答はそんなに珍しくないでしょう。予想外の質問が来ることもあるため、内容が薄くなってしまうのはしょうがないと言えます。だから、実際に指定校推薦の面接で内容が薄い回答しかできない質問があったとしても、それを気にする必要は全くないのです。というか、高校生が受ける面接において、素晴らしい回答ができるケースはほとんどないでしょう。あらかじめ予想できる質問であっても、他の生徒と同じような回答になってしまうケースは多い気がします。だから、指定校推薦の面接でうまくいかなかったと思っても、それは他も同じであると言えるわけです。指定校推薦の面接では答えられなかった質問に関しても、たいていは難しいものであり、面接官もそういう想定はあるのではないか?と思います。だから、指定校推薦の面接は内容が薄いとか、的外れとか、そういう部分は気にしないいいと言えます。

 

指定校推薦の面接は自分なりに真面目にやれば受かる

指定校推薦の面接というのは、すでに話したように受からせるための面接です。したがって、実際に面接をやってみて、特に異常がなければ合格という流れであり、基本的には難しいものではありません。異常が見つかるといっても、それはかなり稀なことであり、いわゆる通常想定されるような面接の失敗であれば、それは異常ではないでしょう。面接が苦手なんだなという印象を生むだけであり、それは面接官からすれば問題児に映るわけではありませんから。そういう意味では、指定校推薦の面接でうまくいかなかったというのは、普通の失敗であり、面接官からすれば、不合格にしないといけない理由にはなりません。大学側にとっては問題児を入れたくないという思いはあるでしょうけど、面接が苦手な人を入れたくないという思いはないはずです。面接が苦手だという理由で、何か問題を起こすか?というと、それは関係ないです。うまくいかなかったとしても、答えられなかったとしても、それは不合格にしないといけない理由がないという点は大きいです。

 

指定校推薦の面接は初めて受けるわけですし、人生で1回というのが基本でしょう。したがって、よく分からないものという認識の人が多いはずです。指定校推薦の面接に合格してしまえば、こんなものかと思う可能性もありますが、受ける前の時点でや合格をもらう前の時点ではそういった認識にはなれないでしょう。どうしてもネガティブな考えが頭に浮かんでしまうのではないでしょうか?でも、実際に面接を受ければ基本的には受かりますし、そんなに難しいものではなかったという認識になれる人が大半でしょう。指定校推薦の面接で的外れの回答をしても、そういう感覚になれる人が多いと思うので、指定校推薦の面接はそんなものであるという認識でいるといいと思うのです。面接が得意な人はなかなかいませんし、たいていの受験生は指定校推薦の面接では内容が薄い回答になりがちです。他の人たちも自分と同じようなレベルと思っておくといいのではないか?と思います。気楽に受験することで、練習通りの自分を出すことができるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

愛知大学国際コミュニケーション学部の偏差値や難易度は?倍率や合格最低点と評判について

愛知大学は複数の学部を備えており、その中には特徴的な学部も含まれています。その1つには国際コ

記事を読む

愛知大学のレベルや偏差値は日東駒専や産近甲龍に近い?どのくらいの評価か?

愛知大学のレベルというのはどれくらいになるのか?というと、偏差値で言えば50強くらいが大学全

記事を読む

神奈川県立七里ガ浜高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立七里ガ浜高校は神奈川県鎌倉市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は江ノ電の七里ヶ

記事を読む

大阪経済大学と産近甲龍、摂神追桃はどっちが上か?難易度やレベルで比較してみた

大阪経済大学と言えば、関西地方の有名大学で関関同立や産近甲龍ほどの知名度はないかもしれません

記事を読む

甲南大学経営学部の偏差値や入試科目と倍率は?評判やボーダーラインはどうなっている?

甲南大学経営学部に関しては難易度はどうなっているのでしょうか?甲南大学の文系学部は偏差値はほ

記事を読む

筑波大と九州大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

筑波大学と九州大学はどっちが上でしょうか?実際にこの2つで悩むケースがあるはずです。偏差値や

記事を読む

文教大学と大東亜帝国、日東駒専のレベルはどっちが上?頭いい?の比較やイメージ、雰囲気の違いについて

文教大学というと、世間一般的にはあまり知名度は高くないと思います。知らない人は結構いるんじゃ

記事を読む

肩身が狭い?世間体が悪い?生涯未婚、独身の生き方が勝ち組の時代へ

生涯独身を貫くと決めている方もすでに多いようで、これは生涯未婚率という形でも現れています。生

記事を読む

大学受験の志望学部が決まらない!決め方の基準をどうやって決めるのか?

大学受験をするときには受ける大学と学部(学科)を決めないといけません。自分が題が君は言ってか

記事を読む

岡山大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは産近甲龍や日東駒専あたりか?

岡山大学を受験するにあたって、滑り止めや併願はどこがいいか?が問題になります。岡山大学が第一

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑