駒場学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

公開日: : その他の話題

駒場学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか? – Retire in their 20s

駒場学園高校は東京都世田谷区にある男女共学の学校です。最寄り駅が複数あり、東急田園都市線の池尻大橋駅、京王井の頭線の池ノ上駅、駒場東大前駅から徒歩10分となっています。それ以外では、小田急小田原線の下北沢駅から徒歩15分なので、選択肢はそれなりに多いです。普通科のみならず、食物調理科が設置されている点が特徴であり、ここは他校との差別化になっています。そして、普通科に関しても特進コース、進学コース、国際コースの3つが存在している状況です。駒場学園高校の偏差値は中程度という状況かもしれませんが、進学実績はそれなりであり、評判の高い高校です。倍率などを含めて、まずは難易度を知っておきましょう。駒場学園高校のレベルを把握してほしいのです。

 

駒場学園高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

駒場学園高校の偏差値について見ていきたいと思います。駒場学園高校の場合、普通科が複数のコースに分かれているので、それぞれごとに偏差値をチェックしていきます。普通科の特進コースが57、国際コースが53、進学コースが48、食物調理科が45となっています。特進コースに関してはそれなりに高いレベルであり、難しい状況と言えるかもしれません。それ以外はそこまでの難易度には感じづらいと言えるでしょう。でも、よりいい大学に行きたいと思ったときには、特進コースに入るのが望ましいのでしょう。駒場学園高校の進学実績で上位の大学を占めているのは、恐らく特進コースの生徒ではないか?と思います。ここは特に評判がいいと思われるのです。ただ、偏差値だけチェックしても、難易度を正確に知ることはできません。したがって、駒場学園高校の倍率も調べていく必要があります。倍率の数字も含めて、学校のレベルを把握していかないといけないでしょう。

 

駒場学園高校の倍率に関して見てみると、全体的にはあまり高くないです。コースや入試方式にもよるものの、一般入試に関しては1倍台前半といったケースが多いです。ただ、募集人数が多くなく、推薦入試である程度の人数をとっているので、一般入試ではあまり人数を割いていないように見えます。併願優遇も実施していますが、そういった部分を含めても、全体の倍率は低い方ではないか?と思われます。高くても2倍程度でしょうか?年度によって多少差はあるものの、駒場学園高校の倍率としてはそういった部分を理解しておきましょう。普通科で言えば、進学コースは募集人数が多いですけど、特進コースと国際コースはあまり多くありません。特に偏差値の高い特進コースは、少数精鋭といった感じで、レベルの高い生徒が集まっているように思えます。倍率に関しては、駒場学園高校の難易度にかかわってくるので、頭に入れておくといいと思います。

 

駒場学園高校の進学実績はどうなっている?

駒場学園高校の進学実績について見ていくと、全体的には中堅大学の合格者数が多いです。ボリューム層となるのは日東駒専か?大東亜帝国か?という感じです。GMARCH以上に関しては数十人程度は存在しています。GMARCHだけで30~40人くらいで、早慶のみで10人いるか?どうかというレベルです。駒場学園高校の偏差値からすると、この進学実績は妥当なところかもしれません。ただ、国公立大学に関しては、年間で1人いるか?という状況なので、受験者自体がかなり少ないと言える可能性があります。また、こういった進学実績で上位の大学に受かっている人たちは、多くが特進コース在籍ではないか?と思われます。だから、いい大学に行きたいならば、よりレベルの高い特進コースに受かることが先決でしょう。駒場学園高校の特進コースはそれなりに難易度が高いと思われますが。ちなみにこの進学実績は指定校推薦なども含まれている可能性が考えられます。進学実績が今後上がれば、駒場学園高校の偏差値も評判もどんどん良くなる可能性があります。

 

駒場学園高校の評判はどんな感じか?

駒場学園高校の評判をチェックしていきますが、口コミを見る感じでは、校則は厳しいとは思えません。特に女子生徒に関しては、校則が厳しい状況はほぼないようです。ただ、男子生徒の頭髪については細かい状況があり、厳しいと感じるケースがたまにあるとされています。ただ、校則の厳しさに関しては人によって感じ方が違うと思われます。そして、いじめに関してはほぼないと言われています。それがゼロではあるか?と言われれば微妙かもしれませんけど、駒場学園高校で明らかにいじめが存在するという認識の人はほとんどいないようです。あとは立地が渋谷に近く、それなりにいいために校庭が狭いという口コミがあります。ここは気になる人もいるかもしれませんけど、全員が気になる評判とは言えないでしょう。そして、駒場学園高校の進学実績に関して、特進コースや国際コースの生徒は指定校推薦を利用できないと思っておくべきと言われています。より学力がない生徒は一般入試でそれなりの大学に受かる可能性が期待しやすいため、そういったレベルの大学の指定校推薦については、受かりそうもないレベルの生徒に優先的に使わせるという意図があるのかもしれません。そういう戦略をとった方が、全体の進学実績はよくなりやすいですから、いろいろな学校が実際にこういう作戦をとっている状況です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

同志社大学文学部の評判、偏差値や難易度は高い!倍率は易しめ?

同志社大学の中でも伝統的に看板学部という呼び声も高いのが文学部です。同志社大学文学部は、意見

記事を読む

大正大学と大東亜帝国のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

大正大学というと、知名度はそこまで高くはないかもしれませんが、偏差値やレベルがかなり低いわけ

記事を読む

神奈川県立横浜南陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立横浜南陵高校は神奈川県横浜市港南区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR京浜

記事を読む

目白大学の偏差値や難易度は?入試科目や倍率とボーダーラインはどうなっている?

東京都の新宿などにキャンパスがある目白大学は立地が良いために、その点において評判がいいとは思

記事を読む

no image

経営学部や商学部は何を学ぶのか?数学できないときつい?学ぶ内容は面白い、楽しいことも多い?

経営学部や商学部は社会科学系の学部としてはかなりメジャーで、多くの大学に設置されています。経営学部と

記事を読む

愛知東邦大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインについて

愛知東邦大学というのは愛知県内ではそれなりに知名度があって、人気もあるのではないか?と思いま

記事を読む

成蹊大学の看板学部は法学部?経済学部?学部の序列や順位のランキングは?

成蹊大学の看板学部はどこなんでしょうか?そもそも成蹊大学は4つしか学部がありません。しかも、

記事を読む

青山学院大学で受かりやすい学部は偏差値が劣る社会情報学部!

青山学院大学に受かりたい!合格したい!という受験生も多いのではないでしょうか?ここは確かに難

記事を読む

東京大学、早稲田、慶應などの高学歴の女性は結婚できない、不利になる原因になる?

女子学生も多く大学に進学するようになり、女子で高学歴の人も増えてきました。しかし、そういった

記事を読む

ベーシックインカムと社会主義や共産主義の違いは?生活保護や最低賃金は廃止?

ベーシックインカムというのは、国民全員に毎月定額のお金を支給するという部分に関しては知ってい

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑