併願優遇の高校に行きたくない!辞退したい!ときに行かないという選択は可能?

公開日: : その他の話題

併願優遇の高校に行きたくない!辞退したい!ときに行かないという選択は可能? – Retire in their 20s併願優遇に関しては後々行きたくないと思うケースがありえます。基本的に都立高校などに受かれば、そっちに進学するということで問題ありませんが、都立高校などの第一志望に落ちたときには、併願優遇に受かっていれば、そちらに進学するというのが原則です。でも、受かった併願優遇に行きたくないと感じられる状況が実際にあるのです。併願優遇を辞退したいと思うわけです。基本的には併願優遇は第一志望に落ちたときには入学するという約束をして利用するものです。そういう意味では、併願優遇を辞退したいと思っても、しづらいと評価できます。でも、人間にはどうしても感情があって、実際に併願優遇で受かった高校に入らないといけない状況になったときには、行きたくないと思ってしまうこともあるでしょう。併願優遇を受けると決めたときはそうでなかったとしても、どうしても気持ちは変化しやすいものですから。だから、併願優遇では辞退できるのか?行かないという選択肢は可能なのか?について知っておくといいでしょう。

 

併願優遇は基本的には辞退すべきじゃないものと言える

併願優遇は制度的には第一志望に受かった場合のみ辞退ができるものであり、それ以外のケースでは辞退ができないという建前です。そうなると、本来は併願優遇を辞退したいと思っても、できる場面は限られます。とはいっても、辞退はしないのが原則であるというだけで、絶対にできないとは言えません。ただ、実際に世の中で併願優遇を受けている生徒らのほとんどは、第一志望に落ちたときには併願優遇の高校に進学していると思われます。でも、ある程度満足したうえでなのか?嫌々という状況でなのか?は分かりませんけど。実際に併願優遇に行きたくないときには、どうしても併願優遇を辞退したいと考えたときには、実際に辞退という選択肢を考えてもいいと思います。多くの人たちは第一志望に落ちたら絶対に入学しないといけないと思っているはずで、併願優遇に行かないという選択肢はほぼないでしょう。でも、とりあえず併願優遇の高校に行かないという選択肢は頭に入れておいていいと思うのです。併願優遇は辞退すべきじゃないということは言えても、結局は高校側の意向もありますから、そこを調べてからでもいいと思います。

 

併願優遇に行きたくないときには、とりあえずそういった選択肢は頭に入れておくといいです。行かないといけないと思って、何もせずに入学手続きをするというのは、ちょっと早いかもしれません。したがって、併願優遇の高校に行きたくないときには、まずは自分の中学校の担任の先生などに相談をしてみるといいです。併願優遇を辞退したいという気持ちを踏まえたうえで、併願優遇に行かないという選択肢はありなのか?について、まず聞いてみるといいでしょう。何もしないよりはマシだと思うので、そういったことはしておいてほしいです。併願優遇の高校に行きたくないという意思を伝えて、そのうえで辞退は可能なのか?に関して聞いてみるといいです。併願優遇で辞退ができるか?は分かりませんけど、担任の先生に話せば、とりあえず自分が合格した併願優遇の高校に問い合わせてくれるのではないか?と思うのです。第一志望に落ちたら、併願優遇に行きたくないとしても行く約束をしたのだからと諭される可能性もありますけど、そうじゃない対応をしてくれる可能性も期待できます。

 

併願優遇の辞退を認めている高校は実際に存在する

併願優遇の高校に行きたくないと思ったときには、まずは担任の先生に併願優遇を辞退したいと相談をしてみるといいです。すると、併願優遇に行かないという選択肢をとることができる可能性は高まります。担任の先生がどのようなリアクションをするか?はケースバイケースですけど、前向きに考えてくれる状況はあり得るでしょう。その場合には、実際に担任の先生が自身が合格した併願優遇の高校に出向いてくれて、辞退をしたがっているという話をしてくれると思われます。その結果として、高校側もそれを了承し、改めて併願優遇の辞退が認められるという可能性は割と考えられるのです。実際にそのような高校は存在するみたいです。でも、逆に言えばそれが認められない可能性もあるということです。考え方は高校次第なので、担任の先生に相談をしても、併願優遇の高校に行かないという選択肢が認められない場合もありえます。でも、これは実際に行動に移してみないと分からないので、どうしても併願優遇に行きたくないのであれば、まず相談をしてみましょう。

 

併願優遇の高校に行かないというケースは基本的には多くないでしょう。行きたくないと感じたとしても、結局はそこに進学するケースが多くあるはずです。併願優遇に行きたくないと感じて、辞退をするというのは世間的に見れば、よろしくない行為という言い方はできるものの、高校側が了承してくれるのであれば、いいんじゃないか?と思うのです。したがって、どうしても併願優遇に行きたくないのであれば、こういった部分は考えてみるといいと思います。併願優遇に行きたくないと感じる気持ち自体はそんなに珍しいものではないでしょう。第一志望の高校に落ちている時点で、どうしても未練はあるでしょうし、どうしても第一志望じゃないところに行きたくないと思ってしまうことはあると思います。そういったときに我慢してそこに入学するのか、多少なりとも志望順位が高い別の高校に入学するのか、そういった選択肢があるわけで、そこに関して考えていくといいのではないか?と思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

北里大学の偏差値や難易度の比較でMARCHどどっちが上?どっちがいい?

北里大学というのは大学のレベルとしての位置づけが難しい印象がありますね。北里大学のレベルとい

記事を読む

駒澤大学の全学部統一の難易度や倍率は?合格最低点とT方式との違いについて

駒澤大学の全学部統一日程の難易度はどれくらいでしょうか?駒澤大学を受験するときには、全学部統

記事を読む

no image

経営学部や商学部は何を学ぶのか?数学できないときつい?学ぶ内容は面白い、楽しいことも多い?

経営学部や商学部は社会科学系の学部としてはかなりメジャーで、多くの大学に設置されています。経営学部と

記事を読む

都立田園調布高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立田園調布高校は東京都大田区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は東急多摩川線の沼部駅で

記事を読む

神戸学院大学は入試科目が2科目でもOK!難易度で受かりやすい学部はどこも一緒?

関西にある大学の中には関東地方でいうところの大東亜帝国のような括りがあります。関西の方は摂神

記事を読む

愛知県立刈谷高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

愛知県立刈谷高校は愛知県刈谷市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は名鉄三河線の刈谷市駅で

記事を読む

横浜市立横浜商業高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

横浜市立横浜商業高校は神奈川県横浜市南区にある男女共学の公立高校です。最寄駅は京急本線の南太

記事を読む

バイト辞めたいが人手不足で辞められない、言えない場合どうする?

バイトを辞めたいが、辞められないという人たちが非常に多いようです。どうしてか?っていうと、い

記事を読む

都立町田総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立町田総合高校は東京都町田市にある男女共学の公立高校です。最寄駅はJR横浜線、小田急小田原

記事を読む

東洋大学文学部の難易度は高い?学生の評判と就職実績はどうか?

東洋大学は日東駒専の中ではかなり偏差値も人気も上がってきている印象を受けますが、今後さらなる

記事を読む

ダイセキの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ダイセキの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

タカノの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

タカノの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職した

ニューフレアテクノロジーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ニューフレアテクノロジーの就職の難易度はどうなっているのか?こ

エスケー化研の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

エスケー化研の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就

図研の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

図研の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと思っ

→もっと見る

PAGE TOP ↑