川崎市立川崎総合科学高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

川崎市立川崎総合科学高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

川崎市立川崎総合科学高校は神奈川県川崎市幸区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR京浜東北線、東海道線、南武線の川崎駅で、そこからバスを使います。他にも東急東横線、JR南武線、横須賀線などの武蔵小杉駅からもバスで通学できます。まずは川崎市立川崎総合科学高校の偏差値が気になるでしょう。難易度をチェックしていくときには、まずは偏差値の情報が必要です。でも、川崎市立川崎総合科学高校のレベルに関しては、倍率なども知っておく必要があります。そういった部分も含めて、学校のレベルを判断していくべきです。そして、進学実績などに関しても調べておく必要があるでしょう。川崎市立川崎総合科学高校の評判にかかわる部分なので、細かいところまで確認しておいてほしいと思います。

 

川崎市立川崎総合科学高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

川崎市立川崎総合科学高校の偏差値をまず見ていきますが、偏差値については科学科が59、情報工学科が48、総合電気科が48、電子機械科が48、建設工学科が48、デザイン科が48となっています。だから、コースがかなり多くて、それぞれで偏差値が違いますが、大きく分ければ、科学科とそれ以外で難易度に違いがある状況と評価できます。川崎市立川崎総合科学高校の偏差値については、そこが特徴的なので覚えておきましょう。川崎市立川崎総合科学高校のレベルに関しては、科学科がそれなりに高いですけど、それ以外はそこまで難しいわけではないので、そこは知っておいてほしいです。でも、川崎市立川崎総合科学高校の難易度を知るにあたっては、他にも倍率の情報が必要と言えます。そういったところも含めて、トータルで川崎市立川崎総合科学高校のレベルを判断してほしいと思います。

 

倍率に関して見ていきますが、川崎市立川崎総合科学高校の倍率は学科ごとに若干の差があります。でも、全体的な傾向で言えば1.5倍未満であるケースが多いです。ただ、特定の年度、特定の学科によっては1.5倍を超えているケースがたまにあります。だから、例年は多くの学科で1.2~1.5倍くらいの間ですけど、そうではないときのあるので、倍率は変動するという前提でいてほしいです。川崎市立川崎総合科学高校の偏差値も重要ですが、こういう倍率もしっかりと頭に入れておく必要があります。学校のレベルを判断する際に重要ですから。実際、川崎市立川崎総合科学高校の倍率に関してはそこそこ高い年もあるので、難易度的にはちょっと高いと言えるケースもあるわけです。そして、学校の評判にかかわる部分として、川崎市立川崎総合科学高校の進学実績についても調べておくといいと思います。

 

川崎市立川崎総合科学高校の進学実績はどうなっている?

川崎市立川崎総合科学高校の進学実績を調べていきますけど、大学進学をした人の中で言えば、ボリューム層はGMARCHになる可能性があります。ただ、日東駒専の合格者も割と多いので、こういったレベルの高い大学に受かっている生徒はそれなりに多いわけです。早慶上理については数は大分減りますが、合格者は存在しています。こういった進学実績は指定校推薦が含まれている可能性があります。そして、国公立大学についても合格者はちゃんと確認でき、過去には東京大学、東京工業大学、筑波大学といったかなり難易度の高い大学に受かったケースもあるのです。このような点は川崎市立川崎総合科学高校の評判として非常に大きいでしょう。学科によっては、川崎市立川崎総合科学高校はそれなりに偏差値も高いですし、有名大学に進学できても不思議ではないと思われます。卒業後の進路に関しては、多くが気になるポイントになると言えるでしょうから、事前にしっかりと確認をしておいてほしいと思うのです。

 

川崎市立川崎総合科学高校の評判はどんな感じか?

川崎市立川崎総合科学高校の評判についてチェックしていきますけど、在校生や卒業生の口コミを参考にして、日常の光景について調べていきたいと思います。校則については普通と言っている人もいれば、厳しいと言っている人もいます。川崎市立川崎総合科学高校の校則が厳しいと証言している人の中には、例えば男子生徒の頭髪について厳しいと考えている人もいます。いじめについては表立ったものはないと言われています。でも、表面上はないという口コミなので、実際は分からない面もあると言える可能性が存在しています。進学実績については、理系の学科が多いために、そういう大学や学部に進む人が多いと言われています。あとは就職を選ぶ人も多く、就職をするにあたってはかなりおすすめの大学という評判も見られるのです。川崎市立川崎総合科学高校の難易度はそこそこありますが、必ずしも進学のみではないところは特徴でしょう。そして、食堂がかなり高い位置にあるみたいですが、その評判がいいです。そこからの眺めが最高みたいで、そういった部分が実際に評価されているのです。川崎市立川崎総合科学高校の評判はこういう感じですけど、事前にどんな学生生活になりそうか?については、細かく把握しておいてほしいです。そのうえで受験をしていくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

コンビニのおでんの時期はいつから?いつまで販売?一年中のケースもありうる

コンビニのおでんは結構いろいろな時期で売っていることが多いです。コンビニのおでんは冬だけの販

記事を読む

神奈川県立七里ガ浜高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立七里ガ浜高校は神奈川県鎌倉市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は江ノ電の七里ヶ

記事を読む

獨協大学の学部ごとの合格最低点、センター利用のボーダーは何割?

獨協大学の入試を受けるという方、受けたという方はそのボーダーラインが気になるのではないでしょ

記事を読む

実践女子大学の偏差値や難易度は?倍率や入りやすい学部とボーダーラインなどについて

女子大にはいろいろな有名な大学がありますけど、そのうちの1つには実践女子大学があります。こち

記事を読む

国産でも産地直送で値段も安い!食材宅配はパルシステム

家族の食材を用意するときに非常に便利なのが食材宅配です。わざわざスーパーなどに買いに行かなく

記事を読む

流通経済大学付属柏高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

流通経済大学付属柏高校は千葉県柏市にある男女共学の私立高校です。最寄駅は東武野田線の江戸川台

記事を読む

慶應義塾大学の滑り止めは併願先はどこがいい?おすすめはGMARCHや成成明学か?

慶應義塾大学を受験する人たちは、滑り止めや併願をどうするか?について考えないといけません。慶

記事を読む

成城大学と明治学院大学はレベルはどっちが上?就職はどっちがいい?ほぼ同じ評価か?

成城大学と明治学院大学はどっちが上でしょうか?成城大学と明治学院大学ではレベルに差があるのか

記事を読む

埼玉県立浦和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

埼玉県立浦和高校は埼玉県さいたま市浦和区にある男子校の公立高校です。最寄り駅はJR京浜東北線

記事を読む

東京立正高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

東京立正高校は東京都杉並区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は東京メトロ丸の内線の新高円

記事を読む

新潟運輸の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

新潟運輸の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

東計電算の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

東計電算の就職の難易度はどうなっているのでしょうか?実際にここ

共和レザーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

共和レザーの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職

千葉県立柏の葉高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立柏の葉高校は千葉県柏市にある男女共学の公立高校です。最

栗田工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

栗田工業の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと

→もっと見る

PAGE TOP ↑