大学受験の赤本はいつ買うべき?いつから始めるといい?始める時期の注意点

公開日: : その他の話題

大学受験の赤本はいつ買うべき?いつから始めるといい?始める時期の注意点 – Retire in their 20s

大学受験における赤本はいつから始めるといいのか?この始める時期というのは、悩む人もいるはずです。いずれは買って取り組むことになるとしても、そのタイミングが難しいでしょう。多くの人たちは大学学部別の赤本に取り組むはずです。共通テストの赤本を買う人もいるでしょうけど。こういった赤本については出る時期がだいたい決まっています。したがって、赤本はいつ出るのか?をまず理解して、そのうえで購入時期を判断していきましょう。そして、実際に赤本はいつから始めるといいのか?その始める時期については、基本的には購入後自分の好きなタイミングでやっていくといいと思うのです。まずは大学受験の赤本はいつ出るのか?について理解しておきましょう。

 

赤本はそもそもいつ発売されるのか?

大学学部別の赤本については、いつ発売されるか?という点は定まっていません。つまり、それぞれごとにバラバラなのです。強いて言うならば、有名大学の赤本の方が早く発売される傾向にあると言えます。早い大学では4~5月頃、遅いところは冬の時期になったりもします。つまり、赤本の発売時期がいつ頃か?というのは、何とも言えない部分があるのです。だから、赤本のホームページなどで、自分が欲しいと思っている赤本の発売時期を調べたりするのがおすすめです。そのうえで赤本はいつ買うのがいいのか?というと、基本的には受験することが決まっているならば早い方がいいです。有名大学の場合には売り切れという状況があり得ますから。売り切れになっても、別のお店には売っているとか、そういうこともありますが、すぐに手に入らないケースもありえます。だから、赤本はいつ買うべきか?については、できるだけ発売後すぐにがおすすめです。そのためには希望の大学の赤本がいつ出るか?を知らないといけないと評価できるのです。

 

でも、早い時期だとまだ志望大学が決まっていないケースも多々あるでしょう。そういったときには、志望大学が決まっていない以上、赤本をすぐに買うことはできません。オープンキャンパスよりも前の時期に発売される大学の場合には、受験することが決まっていないときには、とりあえずスルーでもいいと思います。そして、受験することが決まった段階で改めて購入するといいのです。ちなみに私は主にMARCHや慶應義塾大学、上智大学あたりを受けましたが、私のときには購入時期は秋から冬にかけてだったと思います。一部大学に関して、売り切れになっていたものもありましたが、基本的には受験するところはすべて買うことができました。売り切れになっていたものは、後日ネットで購入したと思います。だから、赤本はいつ買うべきか?について、多少遅くなっても大丈夫だとは思います。でも、できるだけ早く買っておいた方がいいのは間違いないので、個別の大学ごとに赤本はいつ出るか?を調べて、そのうえで早めに購入する意識でいてほしいです。そして、赤本を購入したらいつから始めるべきか?という点が重要になります。赤本を始める時期についてもちゃんと考えておく必要があるのです。

 

大学受験の赤本についてはいつから始めるべきか?

赤本はいつ買うべきか?またはいつ出るか?についてはすでに話した通りです。ただ、購入した赤本をいつ始めるか?という問題もあります。私は秋から冬にかけて購入したので、買ってすぐに始めました。だから、いつから始めるか?に関しては、当時はあまり意識していません。売り切れにならないように前もって購入した人であれば、それが夏とか、それ以前という可能性もあります。そういったときには、買ってすぐに始めない人もいるでしょう。別に早くから始めてはいけないとは、一概には言えません。ただ、赤本は基礎が完了し、自分が普段やっている勉強において、突き詰めるべき部分がなくなってきたと言えるタイミングで始めてほしいです。そうなると、赤本を始める時期に関しては早くても夏休み明け以降でしょうか?9月以降ということになります。ただ、遅くても年内には始めてほしいです。赤本はどのくらいの点数がとれるか?の確認も重要ですけど、個別の傾向を把握し、対策をしていく部分にも大切なポイントがあります。それを実際にやるには一定時間が必要です。だから、赤本を始める時期については、遅くても年内にしてほしいのです。赤本をいつから始めるか?に関しては、正解と言える部分はないと思いますけど、さすがに遅すぎると赤本を解く意味がどんどん薄れていってしまいます。赤本を使う意味を理解したうえで、赤本を始める時期について考えていくといいと思うのです。

 

共通テストの赤本はいつ買って、いつ始めるべきか?

大学学部別の赤本に関して、いつ買うべきか?いつから始めるべきか?について書いていきましたが、大学入学共通テストの赤本に関しても同じくいつ買うべきか?始める時期はどうするか?について考えていきます。共通テストの場合、赤本以外にもいくつか選択肢がありますけど、いつ出るか?と言えば、赤本の場合には春の時点で売られているようです。したがって、割と早くから購入することができます。共通テストを受けるか?どうかは、早いうちに決定できる人も多いでしょう。国公立大学を受験する人は必須ですし、私立大学しか受けない人も共通テスト利用のために受験する人が現実的に多いので、結果的に受ける人が多いと思われます。ただ、共通テストは赤本以外でも構わないので、すぐに買わないといけない必要性は低いです。だから、共通テストの赤本はいつ買うか?については、あまりにも遅くならなければいいと思います。そして、始める時期に関しては大学別の赤本と同じような時期でいいと思うのです。日頃の勉強がある程度進んだら、ひと段落したら始めるといいと思います。私の時代はセンター試験でしたけど、センターの赤本を買ったのは冬休みだった気がします。つまり12月です。結構遅いですけど、当時は黒本を買おうと思っていたけど、売り切れていて赤本を買った記憶があります。そして、冬休み中に解いていたという状況です。私の場合にはちょっと始める時期が遅かったでしょうから、もう少し前から始めて行くといいと思います。赤本はいつから始めるか?そのタイミングに関しては、正解はありませんけど、時間的に余裕がある中で始めてほしいと思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

和光大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や入試科目とボーダーラインの情報

和光大学というのは一般的にはあまり知名度は高くはないと思いますが、学部は3つほどあり、大学の

記事を読む

愛知東邦大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインについて

愛知東邦大学というのは愛知県内ではそれなりに知名度があって、人気もあるのではないか?と思いま

記事を読む

都立翔陽高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立翔陽高校は東京都八王子市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR中央線、京王線の高尾

記事を読む

no image

みすず学苑のCMは意味不明で怪しい、頭おかしい?口コミは評判いいし、満足度も高い

大学受験の予備校を選ぶときにみすず学苑を選択肢に入れる人はどれだけいるか?は分かりませんが、かなり個

記事を読む

偏差値はマーチ並!入試難易度も易しく受かりやすい成蹊大学

これから大学受験を向かえる高校生にとって、志望大学の決定は非常に重要ですね。志望大学を決める

記事を読む

武庫川女子大学と産近甲龍はレベルはどっちが上?就職はどっちがいい?

関西では有名な女子大として武庫川女子大学があります。女子大としては規模も大きく、関西ではかな

記事を読む

東北学院大学と日東駒専、大東亜帝国はどっちが上?頭いいレベル?イメージや雰囲気の違いを比較してみた

東北地方にある私立大学の中でとくに有名なのは東北学院大学です。地元の私立大学としては最も知名

記事を読む

社内ニートはうらやましい?楽しい?楽か?実は苦痛は大きくうつ病の原因にもなる

「社内ニート」という言葉をご存知でしょうか?これはニートとついているけど、厳密に言えばニート

記事を読む

横浜市立大学の滑り止めはどこがいい?日東駒専や成成明学獨國武あたり?併願のおすすめは? 

横浜市立大学を受験する人は滑り止めを受けるときにはどこを候補にしていけば良いのでしょうか?横

記事を読む

成人式後の同窓会の参加費は高い?参加率や出席率は?誘われないケースも稀にある

成人式の後に行われる同窓会の参加率というのはどれくらいなのでしょうか?これは結局、ケースバイ

記事を読む

千葉県立柏の葉高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立柏の葉高校は千葉県柏市にある男女共学の公立高校です。最

栗田工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

栗田工業の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと

東亞合成の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

東亞合成の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

日比谷総合設備の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

日比谷総合設備の就職の難易度はどれくらいでしょうか?実際にここ

島精機製作所の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

島精機製作所の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就

→もっと見る

PAGE TOP ↑