東京工業大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは早慶や上智大、理科大あたりか?

公開日: : その他の話題

東京工業大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは早慶や上智大、理科大あたりか? – Retire in their 20s

東京工業大学を受験する予定の人にとって、滑り止めをどこにするのか?という部分はかなり重要なポイントになります。難関国立大学だけに、滑り止めを受験するときの選択はかなり重要でしょう。また、併願をどこにするか?という部分も大切です。東京工業大学を受験するにあたって、滑り止めはどこがいいか?併願先はどこがおすすめか?に関して悩んでいる人がいれば、ここで書いてあることを参考にしてもらうといいと思います。東京工業大学を受けるにあたって、滑り止めや併願先の候補はいくつかありますから、そういった中で自分に合ったところを見つけてもらうといいのではないか?と思います。

 

東京工業大学の滑り止めの候補はどこがいいか?

東京工業大学の滑り止めとしては、おすすめの候補が複数あります。まず挙がるのは早慶でしょう。早稲田大学と慶應義塾大学は東工大の滑り止めになるのではないか?と考える人がいます。早慶の理系については、東京工業大学よりは難易度は低いかもしれません。でも、世間一般で言えば、相当難しい大学になります。したがって、東京工業大学が第一志望の受験生にとって、滑り止めになるケースもありますが、ならないケースも十分に考えられます。模試などでB判定以上が出ている人であれば、東京工業大学の滑り止めとして早慶はありかもしれませんが、C判定以下がほとんどの場合には、東工大の滑り止めとして早稲田大学、慶應義塾大学はちょっと厳しい可能性が考えられます。だから、そういった人の場合には、ちょっとランクを下げる必要があります。次に候補になるのは上智大学、東京理科大学です。現実的にこの2つに関しては、東工大の滑り止めとして受けている人はそこそこいるでしょう。東京工業大学の滑り止めはどこがいいか?では、おすすめとして真っ先に挙がるのは早慶かもしれませんけど、上智大学や東京理科大学も割とメジャーな選択肢です。

 

上智大学や東京理科大学についてもそれなりに偏差値が高いので、東京工業大学の滑り止めとして、絶対に機能するとは言い難いです。特に東京理科大学の場合には、学部ごとに若干難易度も変わりますし。そこを含めると、上智大学や東京理科大学は東工大の滑り止めの候補としてはおすすめであるものの、もっと下を受けた方がいい場合もありえるのです。次に候補になるのはMARCH上位レベルでしょう。工学系がある大学で言うならば、明治大学、青山学院大学などです。東京工業大学と比べると、レベルに割と差はあるものの、滑り止めとしてこのあたりを受けるべき受験生はいると思います。特に模試などでD判定以下が多いというときには、東工大の滑り止めに関しては、明治大学や青山学院大学なども検討するといいでしょう。MARCHレベルも候補に入れておくことは大切です。東京工業大学の滑り止めはどこがいいか?については、主にこういった候補がありますけど、各自の偏差値や模試の判定などによって、どこを受けるべきか?は変わってきます。そこを理解しておくといいでしょう。

 

東京工業大学の併願先はどこがおすすめか?

東京工業大学の滑り止めはどこがいいか?については、ある程度の候補を挙げさせてもらいました。ただ、併願先についても考えていくべきです。滑り止めの候補として早慶は1つあるものの、早慶については東工大の併願先になりうる選択肢です、すでに話したように、模試で芳しい判定が出ている人以外は、早稲田大学や慶應義塾大学は東工大の滑り止めにはなりづらいです。そのため、C判定以下がほとんどであるという人たちにとっては、早慶を受けるときには滑り止めではなく、併願という認識でいるといいでしょう。また、上智大学や東京理科大学に関しても同様です。これらの大学も東工大の滑り止めになる可能性はあるものの、判定が芳しくない人にとっては、滑り止めよりは併願という位置づけになります。東京工業大学の併願先はどこがいいか?おすすめか?では、そういった部分を理解しておくといいでしょう。でも、さすがにMARCHレベルは滑り止めであり、併願にはすべきではないと思います。明治大学や青山学院大学あたりが併願という位置づけになる場合には、東京工業大学の合格が現実的に相当難しいとなってしまうので。基本的にはMARCHレベルは絶対に滑り止めになると言い切れる状況を作ってほしいです。

 

あとは後期で別の国公立大学を受験するという選択肢もあります。基本的には東京工業大学よりもレベルが下がるところを受けるわけですが、候補となりそうなのは横浜国立大学、東京農工大学、筑波大学あたりでしょうか?女子学生であれば、お茶の水女子大学も併願の候補になりそうです。あとは地方の旧帝大を受験する人もいるでしょう。東大、京大以外の旧帝大であれば、後期に受験する選択肢としてはありなんじゃないか?と思えるのです。国公立大学の後期入試の場合には、実際に大学入学共通テストを受けてみての結果、または私立大学の合格状況などを見ながら決める部分もあるので、現時点ではっきりと決定しなくてもいい気はします。東京工業大学の併願はどこがいいか?については、こういう部分を覚えておくといいのではないでしょうか?私立大学のみではなく、国公立大学も検討しておくことが重要と言えるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

東北大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや上智、理科大、早慶あたりか?

東北大学を受験する人にとって、どんなところを滑り止めや併願先にするといいのか?こういったとこ

記事を読む

若者が車を買わない、興味がない理由は価値観の変化が大きい

最近の若者は本当にモノを消費しなくなった。景気があまり回復しない原因の一端には若者の消費行動

記事を読む

都立小金井北高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立小金井北高校は東京都小金井市にある男女共学の公立高校です。最寄駅はJR中央線の東小金井駅

記事を読む

浦和実業学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

浦和実業学園高校は埼玉県さいたま市南区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR京浜東北線

記事を読む

神奈川県立麻生高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立麻生高校は神奈川県川崎市麻生区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は小田急小田原

記事を読む

中央大学附属高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

中央大学附属高校は東京都小金井市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR中央線の武蔵小金

記事を読む

埼玉県立豊岡高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

埼玉県立豊岡高校は埼玉県入間市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は西武池袋線の入間市駅で

記事を読む

東京農業大学第三高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

東京農業大学第三高校は埼玉県東松山市にある男女共学の私立高校です。最寄駅は東武東上線の東松山

記事を読む

東海学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

東海学園高校は愛知県名古屋市にある男女共学の私立高校です。最寄駅は名古屋市営地下鉄の鶴舞線の

記事を読む

パルシステムは食費や費用が安い!安全性も高い!メリット大きい!

食材宅配サービスを利用して、毎日非常に助かっているという夫婦は多いみたいですね。メリットがか

記事を読む

ダイセキの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ダイセキの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

タカノの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

タカノの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職した

ニューフレアテクノロジーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ニューフレアテクノロジーの就職の難易度はどうなっているのか?こ

エスケー化研の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

エスケー化研の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就

図研の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

図研の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと思っ

→もっと見る

PAGE TOP ↑