川崎市立橘高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

川崎市立橘高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

川崎市立橘高校は神奈川県川崎市中原区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR南武線の向河原駅で、徒歩8分となっています。それ以外にも同路線の平間駅から徒歩10分、武蔵小杉駅から徒歩12分となっています。こうやっていくつかの駅から通える点は大きいでしょう。この学校の場合、普通科以外にも国際科、スポーツ科が存在している点が特徴です。それぞれごとに偏差値が違うので、そこは知っておいてほしいです。川崎市立橘高校の難易度を調べるときには、まず偏差値が重要ですけど、それ以外でも倍率なども知っておく必要があります。そういう部分も含めて、川崎市立橘高校のレベルを把握してほしいです。そして、学校の評判も調べておきましょう。川崎市立橘高校の進学実績などは、かなり気になる点になると思います。

 

川崎市立橘高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

川崎市立橘高校の偏差値はどうなっているのか?ここに関してチェックしていきます。実際の数字としては普通科が58、国際科が55、スポーツ科が44となっています。したがって、川崎市立橘高校の難易度としては、普通科と国際科はそれなりと言えるでしょう。スポーツ科については、ちょっと偏差値が落ちます。学科ごとに難易度に大きな違いがあるので、そこはまず理解しておかないといけません。だから、川崎市立橘高校を受ける人の場合には、どの学科を受けるか?まず決めないといけないでしょう。そうしないと適切な難易度が分かりませんから、自分が受かる確率なども判断しづらいです。偏差値はこういう感じですけど、川崎市立橘高校のレベルを正確に知るには、他にも倍率の情報が必要です。川崎市立橘高校の倍率も含めて、難易度がどうなっているのか?を調べておきましょう。

 

倍率に関してチェックをしていきたいと思いますけど、川崎市立橘高校の倍率については、学科ごとの違いはあまりないです。しかし、年度ごとの違いがそれなりにあります。全体的な傾向で言えば、1.5倍前後といった数字になっています。しかし、高いときには1.8倍台とかもありますし、低いときには1.2倍台というケースもあるのです。だから、年度ごとに倍率は大きく変わるので、川崎市立橘高校の難易度にも違いが生まれやすいと言えます。したがって、過去の倍率の傾向については参考程度に見ておくといいでしょう。その年ごとにレベルがちょっと変わる可能性が考えられます。川崎市立橘高校の偏差値はそこまで大きく変わらないものの、倍率は結構変化が顕著なので。でも、学校のレベルを調べるときには、偏差値のみならず、川崎市立橘高校の倍率も知っておきましょう。そして、進学実績の情報に関しても理解しておくといいのではないか?と思います。

 

川崎市立橘高校の進学実績はどうなっている?

川崎市立橘高校の進学実績を見ていきましょう。学校の評判に関する部分なので、かなり重要と言えます。ボリューム層については、日東駒専であると言えるでしょう。例年100人前後が合格している状況です。でも、GMARCHもそれなりに多く、50~100人くらいの合格者数がいます。早慶上理になると、10人弱くらいとなりますが、川崎市立橘高校ではそれなりにレベルの高い大学への進学実績が確認されます。川崎市立橘高校の難易度で言えば、普通科はそれなりに偏差値が高いので、こういった進学実績となっていても不思議ではないかもしれません。でも、有名大学に受かるにはきちんと勉強が必要なので、難易度が高い大学を目指している人は、そこは理解しておきましょう。また、こういった進学実績は指定校推薦なども含まれている可能性があるので、そこも知っておいてほしいです。ちなみに国公立大学については、例年5~10人くらいの合格者数となっているので、そんなに多い状況ではありません。川崎市立橘高校の評判として、こういう進学実績は頭に入れておいてほしいです。

 

川崎市立橘高校の評判はどんな感じか?

川崎市立橘高校の評判として、学校の雰囲気がどんな感じか?をチェックしてほしいです。在校生や卒業生の口コミから、そういったところを確認していきましょう。まず校則については、そんなに厳しい雰囲気はないです。アルバイトが原則として禁止みたいですけど、先生と話し合うことで認められる場合もあるようです。また、頭髪や服装検査はないと口コミで言われています。でも、染髪やピアスは禁止となっています。川崎市立橘高校の校則はそんなに厳しい方ではないと評価できるでしょう。いじめに関してはほぼ聞かないと言われているので、少なくとも目立ったいじめは存在しないという言い方ができそうです。あとは公立高校にしては、非常に校舎や施設が私立高校並みに綺麗とされています。川崎市立橘高校の評判として、ここは大きいと思います。快適な学生生活を送ることがしやすいですから。進学実績に関していえば、指定校推薦などは普通科よりも国際科、スポーツ科の生徒が利用することが多いようです。普通科の生徒らは一般受験など、他の手段で受験をするケースが多いのかもしれません。川崎市立橘高校のレベルは特に普通科が高いので、そういう傾向は実際に考えられるでしょう。川崎市立橘高校の評判としては、こういう感じとなっていますが、実際に入学したときの状況をあらかじめ想像しておくといいと思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

聖セシリア女子高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

聖セシリア女子高校は神奈川県大和市にある女子校の私立高校です。最寄り駅は小田急江ノ島線の南林

記事を読む

慶應義塾大学は頭いいでモテる?お金持ちのイメージ?うらやましい人も多いのでは?

慶應義塾大学は男女ともに1番モテる大学かもしれません。これは国公立大学を合わせてもです。関西

記事を読む

都立竹早高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立竹早高校は東京都文京区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は東京メトロ丸の内線の茗荷谷

記事を読む

慶應義塾大学の入試科目が2科目だから偏差値が高く出るという発想は間違い

慶應義塾大学は文系も理系も小論文を課す学部がいくつかあって、そこでは英語と社会や英語と数学、

記事を読む

立正大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

立正大学は大学の知名度がちょっと低い気もしますし、大東亜帝国とか、日東駒専みたいな有名な括り

記事を読む

摂南大学のキャンパスのアクセスや雰囲気、評判や就職先について

大阪にある摂南大学は、非常に多くの受験生が毎年受けていますが、この摂南大学はどういった大学な

記事を読む

慶應義塾大学の社会科は日本史と世界史はどっちがいい?どっちが有利なのか?

慶應義塾大学の文系学部では日本史か?世界史か?の選択が必要です。受験生はとっくに選択して勉強

記事を読む

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は東急目黒線の武蔵小山駅で

記事を読む

國學院大學栃木高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

國學院大學栃木高校は栃木県栃木市にある男女共学の私立高校です。最寄駅はJR両毛線、東武日光線

記事を読む

年賀状を出さない、メールで済ますは非常識!←理由は感情論

年賀状を出す人って、どれくらいいるのでしょうか?私なんかずーっと出してないですよ。かれこれ1

記事を読む

新潟運輸の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

新潟運輸の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職し

東計電算の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

東計電算の就職の難易度はどうなっているのでしょうか?実際にここ

共和レザーの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

共和レザーの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職

千葉県立柏の葉高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立柏の葉高校は千葉県柏市にある男女共学の公立高校です。最

栗田工業の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

栗田工業の就職の難易度はどうなっているのか?ここに就職したいと

→もっと見る

PAGE TOP ↑