部活動はなんのために?だるい、めんどうくさいからサボると怒る奴いるし、あり方を考え直すべき

部活動はなんのために?だるい、めんどうくさいからサボると怒る奴いるし、あり方を考え直すべき

学校での部活動ってなんのためにあるんですかね?部活動のあり方を考える機会が私もあったのだが、私は中学校で2年半くらい部活動をやってまして、最終的に何が楽しいのか?分からなくなって行かなくなっていましたが、それ以前にも部活動をサボることはたまにありました。結局つまらないんですよね。私は野球部に入ってましたけど、野球は好きなんですよ。大人になった今でも。ただ、部活動っていうのは楽しい感覚をなくさせる力を持っています。だから、部活動でサボりたくなってしまうのです。それは結局強制力が働くからです。上の人間が練習メニューとかを決めてやるわけだけど、そこに私たち部員の意思はほぼ入っていないから、練習があまり楽しいと感じられない。さらに言えば、休日も含めてほぼ毎日練習があるわけです。さすがにこれは飽きるよ(笑)だから、私は部活動のあり方を問い直して、やめました。小学生のときにクラスメイトと野球をやっていたのだが、それは週に1回、2回とかで、たまの楽しみみたいな感覚でした。でも、ほぼ毎日練習があって、しかも自分たちの好きなようにできないとなれば、まあサボりたくもなりますわな。とおいう感じで、私は大人になりましたが、部活動ってなんのためにやってきたのか?分かりません。

 

部活動は必ず足を引っ張る人間がいる

私はそもそも学校というものに存在意義を感じていないのだが、部活動もなんのために参加していたのか?は分からない。部活動のあり方にもつながる問題ですけど、まず部活動はだるいと感じている人も多くいると思いますが、私も感じていたのです。部活動をだるいと感じれば、当然サボることも増えます。しかし、そうなるとどうなるか?というと、同級生の奴らが「どうしてサボったんだよ?」とか、言ってくるんですよ。今でもこいつらは超絶頭わりいんだなwと個人的には思っていますけどね。別に部活動はサボっちゃいけないルールはないのだから、サボるのは自由なはずなんだけど?と今でも、当時も思っていました。別に私は他の部員がサボっても何も文句を言いません。それは文句を言える余地がないからです。しかし、当時の同級生は頭が悪いから、そういうことを言うんです。サボる人間を悪く言える根拠なんかないんですよ。あいつらが言っているのは100パー感情論なんです。恐らく99%くらいの確率で、サボっている私が羨ましく見えたんじゃないですかね?大人になっても、仕事を早く終わらせて帰ろうとすると文句を言ってくる人がいるみたいですけど、大人でいるのならば、子供でもいますよね。組織っていうのは、大勢の人間が集まるわけです。で、大勢の人間が集まれば、絶対頭の悪い人が一定数含まれちゃうんですよ。部活動も同じで、こういう他人の足を引っ張ろうとする人が絶対にいると思います。だから、余計に部活動はめんどうくさいなと感じるわけです。そういう頭の悪い同級生に嫌気が差して、私は最終的にこの部活動という組織から抜けたわけです。

 

大人になって思うのは、組織っていうのは絶対に他人の足を引っ張ろうとする人間がいるってことです。これに気付くと、部活動はなんのためにやるのか?意味が分からなくなってきます。だから、私は大人になって組織にはほぼ入ってないです。私は会社では働いていませんし、所属するコミュニティも選んでますからね。そういう人がいないところを選んで、そういう人がいたらさっさと抜けるようにしています。時間の無駄だからです。何も得るものはない。ストレスが溜まるだけ。本当に部活動はなんのためにやるのでしょうか?部活動っていうのは会社と同じで、一定規模の人数が絶対に揃うので、部活動をサボるような人間をよく思わなくて文句を言ってくる人間は絶対にいるんですよね。あと、他にも頭悪い奴いたな。私が所属していた野球部で、私が1番嫌いだったN君ですよ。私が彼を嫌っている理由は、やっぱり頭が悪いから。頭が悪いくせに平気な顔して私に的外れな文句を言ってきたんですよ。今思い出しても腹立たしいですね。そのN君は私のことが好きじゃなかったんでしょうね。練習中にいろいろと文句を言ってくることが多かったんですよ。試合形式の練習をしていて、内野を守っていた私がボテボテのゴロを処理してバックホームしたんですけど、そのときはボテボテの打球だったから、普通に捕って投げたら間に合わない状況で、私はグラブで捕ってそのままグラブトスをしたんですよ。プロ野球とかでも見る光景ですね。それをやったら、そのN君は「お前がグラブトスやるなんて100年早いわ」とか言ってきたんですね。100年か、100万年か、10年か、細かい数字は忘れましたが、そんな感じのことを言ってきたのです。でも、こ私の感覚というか、客観的状況から言ってグラブトス以外はどう見ても間に合わないだろうケースで、こんなことを言ってくるってことは、要するに私の格好つけたようなプレーが気に入らなかったんでしょう。だから、そんなことを言ったんだと思います。しかし、すでに話したようにグラブトス以外は間に合わないという状況のため、グラブトス以外をする意味はありません。つまり、そんなことすら理解できないくらいにN君は頭が悪いのです。

 

さらに別のエピソードでは、他校と練習試合をしたときに、私はスタメンで出場できたのですが、N君はスタメンに選ばれませんでした。私とN君で、どっちが野球が上手いか?というと、N君の方が上手かったかもしれないです。で、その状況でN君は「何で、〇〇(私の名前)が出れて、俺が出れないんだよ!」と、怒っていたのです。しかし、そもそも私とN君はポジションが違います。私は外野で、N君はピッチャーまたはサードでした。そもそも争っている相手が違うのだから、仮に実力がN君の方が上だとしても、こういう状況はありえますよ。おかしくないのですよ。要するにピッチャーとサードを争う相手と外野を争う相手のうち、後者の方に上手い人が少なければ、下手な人でも出やすいわけです。で、N君は外野を希望していたわけではないので、外野の中でN君がスタメンで出れる実力があったとしても、N君は選ばれません。そもそもお互いのポジションが全く異なる状況で、俺が出れないで、あいつ出れるのはおかしいという発想がもう頭が悪すぎます。馬鹿丸出しです。当時から私は心の中で「頭が悪すぎだろ・・・」と思っていましたが、大人になった今でも、あのN君のあの顔が忘れられませんよ。準備運動しているときに跳び蹴りくらわされたこともあったし、向こうはこっちが嫌いなんでしょう。私も嫌いになりましたが。野球それ自体はN君の方が上手かったかもしれないけど、私の方が圧倒的に足が速かったので、体育祭のリレーのアンカーを任された経験もありますし、そこに目をつけられて監督に重宝された時期もあるという要因もあるんですけどね。N君の足の速さは中学生の平均くらいじゃないですか?こういう足を引っ張る存在が絶対に組織にはいるんですよ。そして、頭が相対的に良い人間が割を食うんです。

 

部活動を真面目に頑張る人間は社畜になりやすい?

部活動は私はめんどうくさいと思って、途中で完全に行かなくなりましたし、高校以降は部活動は入っていません。やっぱり中学校の部活動を経験すると本当にだるいと思いましたし、炎天下の中でも練習をしていた当時の自分を思い出すと、本当になんのために部活動を頑張っていたのかな?と思います。部活動を通じて何を得たのか?というと、特に何も思いつかない。強いて挙げるならば、運動をしていたおかげで身長は伸びたかもしれないです。とはいっても、私は大人ですけど171~172cmくらいです。部活をやっていなかったら160cm台だったかもしれないということを考えると、メリットが0ではないが、別に部活動である必要もなかった。自分で運動をすればよかっただけなのです。部活動のあり方というのは近年見直されつつあると思います。それは教師にとっても負担であるということがまず発端でした。教師の中には部活動を廃止すべきという人もいます。教師にとって部活動の顧問をすることに特に意味はないですから。彼らが部活動を廃止すべきと考えるのは自然です。それ以外の大人の中にも部活動を廃止すべきと考える人は多くいます。子供にとっても、部活動のあり方を考え直すべきと言える時期がきているのです。部活動を真面目にやっている子ほど体調を崩しやすいと思うんですよ。私みたいに適度にサボりながら、練習中も手を抜いてやっているような人間ほど、健康被害は少ないと思います。この炎天下の中で部活動に熱中しすぎると、マジで倒れる子が増えます。大人の社会でも過労死っていうのがあるわけじゃないですか?過労死してしまっている人は恐らく真面目に仕事をやっている自覚のある人だと思うんです。社畜になるのが真面目か?というと、それは評価が分かれるかもしれないが、会社のために働くという気持ちを多く持っていた人たちだと思うんですよ。でも、そういう気持ちが強いからこそ、過労死してしまう人もいると思います。会社のためなんて気持ちはないが、会社のために働かないと仕事がなくなるかもしれないという恐怖心を持っていたからという人もいたとは思いますが。そういう人がもっとゆるく生きられたら過労死は回避できた可能性は高くなったはずです。

 

私は中学時代、真面目に部活動をやっていませんでした。部活動は適度にサボることをしながら、だるいと感じたら行かなかったですし、部活動はめんどうくさい存在として私の頭の中に刻まれたので、今の私があるのでしょう。今の私は自営業としてゆるく仕事をしながら、生きてますよ。会社で働くなんてありえないと思ってしまいますもん。おかげで、過労死とは無縁の働き方ができていますけど。だから、いわゆる「真面目な人」というのは、社畜になりやすい気がするんですよね。部活動に精を出す人はこのパターンになる気がする。いい加減に頑張ることを自分で是認できないような人は何事にも真面目に取り組んでしまうのだが、サラリーマンになってもそのスタンスだと、過労死のリスクが上がります。真面目な人間は評価されるかもしれないが、私はそういう人が本当に幸せなのか?はかなり疑問です。部活動を頑張っている人間の中にも幸せな人はいるんだろうが、苦痛を感じるハードルが上がるってことは間違いなく言えますよ。辛い思いを過去にしていれば、これくらいなんとも思わないと思って頑張ってしまう人も増えますから、それも過労死リスクになります。部活動は廃止すべきという意見もあるが、部活動を廃止すれば過労死は減る気がしますね。それは辛い思いをするハードルが上がりすぎないので、我慢をしないんですよ。我慢をできるだけしなければ、過労死する前に対策が打てますから。部活動のあり方というのはそういった面でも非常に重要ということになります。

 

改め考えてみて、部活動はなんのためにやるのか?分からない

部活動はなんのためにやるのか?の答えは私には出せません。部活動のあり方を私自身考えてみたけど、存在意義がよく分からないのです。足を引っ張る頭の悪い人間は絶対にいるし、それ以外でも嫌いな人間もいる可能性があるし、疲れるし、だるいし、めんどうだし、社畜になる可能性が上がるし、過労死リスクも高まるし、ということで結構問題が多いなと思えてきます。これは私の感想なので、他には違った感覚の人もいるでしょうけど、私は部活動はめんどうくさいとか、だるいという記憶しかないです。入ってよかったと思うことはほぼありません。中学生は部活に入る人が多いと思うんだけど、何も考えないで入っちゃうと、こういうことになるんだなと思いましたよ。私も当時は本当に思考停止だったから、ある意味頭が悪かったと思う。部活動に入って得られることとして、礼儀とか、協調性とか、そういうものを挙げる人もいます。それは教育そのものがそうですね。でも、そういうのを身に付けるからみんな社畜になっちゃうんじゃないの?と思いますけどね。和を乱す人間はダメとか、日本らしい負の文化がありますけど、イレギュラーを認めないような方針で洗脳すると、サラリーマンばかりが増えて、サラリーマンが増えれば企業にとって選べる人間がたくさんいるわけだから、待遇を下げても問題ないわけで、結果的に社畜が増えるんですよ。私は大学卒業後、協調性とか、社会性とか完全に捨てて生活していますけど、そういうものを捨てられたから、今の私があるんでしょう。社会性とか、世間体を気にしていたら絶対にサラリーマンを目指していたと思います。で、今頃は私も社畜ですか。イレギュラーを認めて、1人1人が違う生き方をするのが当然の社会の方が、結果的に幸せな人間は増えると思いますがね。そのためには協調性や社会性は邪魔な存在なのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

國學院大學の滑り止めはどこがいい?日東駒専でも専修大学と駒澤大学ならOKか?併願でおすすめなのは?

國學院大學は文学部の偏差値がやや抜けている感じですが、それ以外の学部の偏差値も近年上昇傾向か

記事を読む

立命館大学の英語、国語、社会科の問題の難易度、入試傾向と対策の仕方

関西の有名私立大学の立命館大学では、他の大学とはやや異なる入試傾向になっていることも多々あり

記事を読む

東洋大学国際地域学部の偏差値と難易度は上昇気味?倍率と評判も高く人気になりつつある

東洋大学の中でも比較的最近になってできた学部として、国際地域学部があります。「国際」が付く学

記事を読む

成成明学獨國武の順位や序列は?偏差値や難易度がMARCHレベルなのが特徴!

MARCHと日東駒専という大学の括りは有名です。首都圏の私立大学の序列の中ではマーチは準難関

記事を読む

日本大学商学部の偏差値や倍率は高い?評判やボーダーラインはどうなっているのか?

日本大学商学部に入りたい受験生も多くいるかもしれませんが、日本大学商学部の難易度はどれくらい

記事を読む

大学受験の一般入試の併願の決め方は?数は何個、何校受けるべき?

大学受験においていろいろなレベルの大学を受けると思います。行きたいところしか受けないというケ

記事を読む

亜細亜大学の偏差値や倍率はどうか?入りやすい学部やボーダーラインや合格最低点の情報

亜細亜大学と言えば、東京にキャンパスを置く有名大学です。大学の規模はそこまで大きくはないもの

記事を読む

スキー場のバイトの求人はどこで探す?どうやって見つける?

冬休みの時期になると、この時期にしかやっていないバイトとかもありますよね。それがスキー場のバ

記事を読む

実践女子大学の偏差値や難易度は?倍率や入りやすい学部とボーダーラインなどについて

女子大にはいろいろな有名な大学がありますけど、そのうちの1つには実践女子大学があります。こち

記事を読む

東京理科大学の雰囲気と学生の評判は?留年率が高いのが特徴

東京理科大学は、理系の方であれば非常に多くの方が目指す総合理系大学です。早慶上智にも匹敵する

記事を読む

星野リゾートの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

星野リゾートグループは星野リゾート・マネジメントを束ねるグルー

新潟大学、信州大学、静岡大学は学歴フィルターの影響を受ける?関係ある?

新潟大学、信州大学、静岡大学に在籍している学生は就活において学

京都文教大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や合格最低点の情報について

京都にある私立大学としてはちょっと変わった学部のみを揃えている

東映の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

東映と言えば、日本を代表する映画などの製作配給会社であって、知

ソニーミュージックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無は?激務という評判はある?

音楽業界の中では特に有名と言えるソニーミュージックエンタテイメ

→もっと見る

PAGE TOP ↑