労働基準監督官の面接で志望動機や自己PRの例や聞かれることや倍率はどうなっている?

公開日: : 公務員という働き方

労働基準監督官の面接で志望動機や自己PRの例や聞かれることや倍率はどうなっている?

労働基準監督官の面接対策はどうやって行うべきでしょうか?労働基準監督官の面接に関してはやはりしっかりとした対策をしておかないといけないのです。労働基準監督官の面接は意外と倍率も高い可能性がありますから。詳しくは後述しますけど、労働基準監督官の面接は本当に難しいと思います。筆記試験も難しいですけど、面接対策は労働基準監督官という試験種が特殊なので、本当に大変だと思ってやっていきましょう。労働基準監督官の仕事内容をある程度理解しないと、志望動機とかもつかめない可能性がありますから。そこは知っておいてほしいと思います。労働基準監督官の面接では何を聞かれるか?というのも重要ですし、そういう頻出の質問はどういったものがあるのか?というのも知っておくと良いと思います。労働基準監督官の面接では何を聞かれるのか?についてもちゃんと対策をすることで、本番の面接でいろいろな質問をされても対応しやすいと思いますから。労働基準監督官の面接で聞かれることを対策しておかないと、それこそ労働基準監督官の面接で不合格フラグが建つことになるので、労働基準監督官の面接で落ちる不安がある人は面接対策にとにかく時間をかけていきましょう。労働基準監督官の面接対策においては、労働基準監督官の面接で聞かれることをある程度想定しておいた方が良いと思いますけど、その前に知っておきたいのは労働基準監督官の面接の倍率です。これによって、労働基準監督官の面接の難易度が決まるので、それは知っておきましょう。

 

労働基準監督官の面接の倍率はどれくらい?

労働基準監督官の面接の倍率は調べれば出てきますが、正確な数字はちょっと分かりません。労働基準監督官の面接の実施結果を見ると、二次試験の倍率が分かるのですが、それは一次試験合格者と二次試験の合格者による比なので、要するに二次試験の受験者が分からないということなのです。そして、一次試験の合格者数と二次試験の合格者数の比で倍率を出すと、労働基準監督官Aは2.5倍くらい、労働基準監督官Bは3.5倍くらいとなっています。年度によって倍率はちょっと変わると思いますけど、一応こういった数字になるということなのです。ただ、すでに話したように、これは正確な二次試験の倍率ではありません。実際の数字よりも高く出ているはずなのです。一次試験に受かった人が全員二次試験を受けているわけではないので、そこは知っておかないといけないのです。だから、労働基準監督官の面接の倍率は正確には言えませんが、労働基準監督官Aが2倍、労働基準監督官Bが3倍弱くらいじゃないでしょうか?この倍率の傾向は今後も続くか?分かりません。したがって、労働基準監督官の二次試験の倍率はいきなり上がったりすることもあるので知っておきましょう。労働基準監督官の面接の倍率はそういう感じですけど、問題はやはり労働基準監督官の面接での志望動機の考え方です。労働基準監督官の面接の志望動機の例はいろいろなものがありますけど、1番しっくりくるのは自分が労働基準監督官の仕事をするにあたって力になれる人間であるということを話すべきなのです。労働基準監督官の面接での志望動機の考え方はそういったものが必要になると思います。

 

労働基準監督官の面接の志望動機の考え方は?

労働基準監督官の面接の志望動機の例としては、まずは仕事内容をきちんと理解するところから始めましょう。公務員試験の面接ではそれぞれの試験種の仕事内容を受験生が理解しているか?ということも見られています。なぜならば、仕事内容を理解していない人を採用して、実際の仕事をやらせたら、予想以上にきついとか、思っていたのと違うとか、そういった理由で辞めていく人が多くいたというのがあるのでしょう。したがって、面接の中で仕事内容をきちんと理解しているか?ということも問われているのです。だから、労働基準監督官の面接を受ける受験生は自らそういった部分をアピールできるように、志望動機や自己PRなどの中にそれを混ぜていくと良いのです。そして、そういったときには労働基準監督官の仕事内容を例に出し、その仕事に必要な能力などを指摘して、その能力を自分が持っているとアピールするのです。これが労働基準監督官の面接での自己PRの例になります。そして、自己PRを話す際に今のようなことを言えば、労働基準監督官の仕事内容を一部ではありますけど理解している、知っているということを面接官にアピールできるのです。そして、労働基準監督官の面接での自己PRを通じて、こういう能力があって、その能力は労働基準監督官の仕事において重要である。だから、自分は労働基準監督官の仕事に向いているということが説明できます。すると、自分は労働基準監督官の仕事に向いていることまで言えたわけですから、そんな自分が労働基準監督官になれば、労働基準監督官として貢献をすることができるということになるのです。これ自体が労働基準監督官の面接の志望動機になるわけです。貢献ができるまで言えているので、そんな人ならば労働基準監督官を目指す理由になるわけですから。要は労働基準監督官に向いている人が労働基準監督官になって貢献をしてくれるのが1番なわけで、これこそが労働基準監督官の志望動機の考え方の例として1番だと思います。あとは労働基準監督官の面接で聞かれる質問はどんなものがあるのか?も知っておきたいところです。労働基準監督官の面接で何を聞かれるのか?調べておくと、本番でもより的確な回答ができて、受かる可能性が上がると思いますから。労働基準監督官の面接対策としてこういったところは重要なのです。

 

労働基準監督官の面接で聞かれることはどんな質問?

・労働基準監督官の仕事内容を説明してくれる?

実際、この質問をされることを予想してない受験生がいますが、これをされて答えられないと落ちます。労働基準監督官の面接に落ちた人の中にはこの質問にノーマークで不合格になっている人もいると思うのです。したがって、労働基準監督官の仕事内容はしっかりと調べておいてほしいですし、自己PRや志望動機の中でそれを絡ませて話せると良いと思います。これが答えられないと、労働基準監督官の面接は不合格になることがあるので、労働基準監督官の面接では不合格フラグにならないように対策をしておいてほしいです。

 

・全国転勤があるが大丈夫か?

国家公務員は基本的に全国転勤の可能性があります。したがって、労働基準監督官の面接でもそれを聞かれることがあるのです。全国転勤の質問は頻出だと思うので、労働基準監督官の面接を受ける人はあらかじめ知っておかないといけないのですが、これも大丈夫と答えるしかありません。ダメだといったら落ちることになります。さすがに労働基準監督官の面接に落ちた人の中で、これを拒否したことが理由という人は少ないとは思いますけど、これは基本的に大丈夫と答えないと、労働基準監督官の面接では不合格フラグが建ちます。したがって、注意をしないといけないのです。

 

・クレーム対応は問題ないか?

これは労働基準監督官の仕事内容として間違いなく発生するものでしょうから、そこの確認の質問です。これも労働基準監督官では頻出の質問になると思います。これに答えるときには自分がクレーム対応に対して問題ないという根拠を一緒に述べたいです。自分の過去のエピソードなどを話して、クレーム対応への適性を話せると良いと思うのです。労働基準監督官の面接で聞かれることの中でも割と頻出だと思うので、これもしっかりと対策をしておきましょう。

 

・ストレス発散方法は何か?

これはどの公務員でも聞かれる質問になりますけど、労働基準監督官の面接でも聞かれる質問と言えます。ストレスが溜まりやすい職種はそれを発散して、仕事に入ってもらわないといけないので、各自ですぐに実践できるストレス発散の方法を聞いてくるのです。ストレス耐性がないと労働基準監督官も務まらないということが言えるのです。労働基準監督官の面接ではストレス耐性の質問が頻出なので、毎日でも行えるストレス発散の方法を話していきましょう。こういったところが労働基準監督官の面接で聞かれることの代表になりますが、これ以外でも労働基準監督官の面接では何を聞かれるか?分からないと言えるので、いろいろな情報から労働基準監督官の面接の頻出の質問を集めていきましょう。予備校に通っている人はそこで過去の面接体験などを見られると思うので、それを生かしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

公務員の面接の志望動機で観光やまちづくりで活性化での考え方の注意点

公務員試験の志望動機を考えるときには割と定番な内容になりますけど、観光関連のものを話す人が結

記事を読む

公務員の給料が安い、上がらない人が副業で給与上げる方法

公務員の給料が安いか?高いか?というのは個人の感じ方にもよると思いますし、どういう場所で働く

記事を読む

警視庁など警察官の面接で頻出の質問、聞かれること一覧

警視庁の採用試験では、面接があるわけですが、その面接においてよく聞かれる質問といったらどうい

記事を読む

公務員の志望動機で地元へ恩返し、生まれ育った愛着等ありきたりしか思いつかないのはNG?

公務員になりたい理由として、志望動機を考えないといけませんが、市役所職員や官庁の職員など、い

記事を読む

公務員試験の併願のパターンの例は?どこを受ける?どこでもいい場合には?

公務員試験を受けるときには併願先を考えないといけません。どこでもいいという人もいるのかもしれ

記事を読む

裁判所職員の採用漏れの人数は?最終合格の順位でリスクが変わる

裁判所職員の採用試験は、筆記試験、面接試験ともに非常に難易度が高く、突破するのが難しいと言わ

記事を読む

縁もゆかりもない地元以外の市役所、県庁が不利にならない理由

公務員試験では、地方上級や市役所試験において、いろいろな自治体を受けると思います。多くの方は

記事を読む

公務員試験の面接カードで学歴や大学名は合否に関係ない?職歴はアルバイトは入る?

公務員試験の面接カードを記入するときにはいろいろな項目があって大変かもしれませんが、1つ1つ

記事を読む

学校事務になるには?なりたい人の難易度や年齢制限は何歳まで?倍率は高い?

学校事務になりたいという人もいると思うのですが、学校事務になるためにはどうしたら良いのでしょ

記事を読む

私立大学の職員は受からない?国立大学は面接の倍率が低く受かりやすい

大学職員というのは、新卒の大学生の人気の就職先となっています。それはどうしても仕事が楽という

記事を読む

西武鉄道の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

西武鉄道というと、複数の路線があり、都心の駅も多く通っています

豊田通商の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はあるのか?

豊田通商はトヨタグループの会社になりますが、トヨタグループとい

桜美林大学と大東亜帝国のレベルはどっちが上?イメージや雰囲気の違いと就職の比較について

桜美林大学のレベルというのはどれくらいなのか?というのは気にな

三井住友銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

メガバンクへの人気というのは就活生の中では常にあるわけで、三井

パナソニックの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

パナソニックと言えば、言わずと知れた大手企業になりますけど、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑