立教大学の英語の傾向は短い時間で語数多い英文の処理が必要

公開日: : その他の話題

立教大学の英語の傾向は短い時間で語数多い英文の処理が必要f8346e3facf17e8e7cd23fc0124439d1_s

立教大学に受かりたい人多いと思います。立教大学は日本のミッション系の大学の中でも非常に有名大学で偏差値の高い大学ですから、行きたい人も多いでしょう。立教大学は早慶上智に次ぐ、MARCH群を形成する1つの大学ですから、難しいといえば難しいです。だから、ここに入りたいのであれば、かなり勉強をしないと厳しいと思います。私は立教大学のキャンパスに行ったことあります。池袋という大都市の中にいきなり、あの蔦に包まれた有名な校舎を含むキャンパスが出現するので、異世界に来たような感覚ですね。あの感覚を是非多くの方に味わってほしいと思います!立教大学はミッション系の大学ですから、英語が難しいというイメージがあるかもしれませんが、実はそれほどでもないのです。立教大学の英語の傾向について分析していきたいと思います。

 

立教大学の英語の難易度は特別難しいわけではない

立教大学の英語は私も取り組んだことあるのですが、はっきり言って簡単ではないですけど、立教にしてはこんなものなのか。という感じです。難易度的には難しいまではいかないけど、決して簡単ではない。高得点とるのは難しいけど、それなりの点数をとるのはさほど苦労しないかもしれないというレベルではないでしょうか?ただ、長文読解の文章が割と長いという特徴を持っており、解くのが疲れる人もいるかもしれません。また、多くの学部では、英語の時間は75分です。これは割と短い方です。その短い時間の中で、それなりの量のある、語数の多いの英文を読んで、適切に解答していかないといけないので、いかに問題を早く処理するか?そして、正確に処理するか?という能力が求められていると思います。だから、基本的な問題のレベルはそれほどではないものの、だからといって高得点がとりやすいわけではないのです。センター試験の英語も時間足りないという人多いと思いますけど、そんな感じですかね?

 

立教大学の英語は基本的に問題構成としてはオーソドックスで、よくある入試問題の構成になっていると思います。多くの学部において、長文読解、文法問題、会話問題、記述問題などが本当にバランスよく配置された出題がされると思います。そういう意味では、本当にセンター試験に近い感じですね。立教大学で出題される文法問題、会話問題についても、レベルでいえばそれほど高くないと思います。これも決して簡単ではないでしょうけどね。市販の参考書をちゃんとやっていれば、十分対応できるという声もあるくらいです。そして、記述問題というのは、いわゆる、日本語があって、それを英訳しろという問題ではなく、立教大学の場合は、数百文字の英文があって、その英文のところどころに空欄があります。その空欄に適当な単語というのを自分で考えて入れていくというものです。選択するわけじゃないので、存在する無数の単語の中から、自分で1個をチョイスして書いていかないといけないので、正解が1個しかないのか?どうかは不明ですけど、一般的な日本語分を英訳する問題よりは難易度が高いといえそうです。

 

問題はそれほど難しくないかもしれないが、ボーダーが高い

立教大学の入試問題は、難易度的には思ったより難しくないかもしれませんけど、やはり立教大学は難関大学ですから、とらないといけない点数が高いのです。英語だけの合格点などはないと思いますけど、3科目で7割以上とらないといけない学部も多いと思うので、そういう意味では、英語もそれなりの点数をとらないと厳しくなるということです。英語は特に配点も高いですから、7割くらいを目安にしていった方が良いでしょう。国語か選択科目で物凄い点数がとれるくらい得意な人であれば、もう少し低くても問題ないかもしれませんけど。立教は問題の難易度が簡単ではありませんけど、言うほど高くはないという現実があるので、結局ボーダーラインが高くなり、自分としてはそれなりの点数とれた!と思っても、実力が足りない方は、ボーダーに足りていないということになってしまうかもしれません。立教はどの学部でも代ゼミの偏差値だと、60~63くらいですからね。早慶上智が64~70くらいだと思いますけど、その下に位置する大学で、マーチの中でも1番難しいとされている大学ですから、やはりそう簡単には受からないということです。

 

立教大学に関する最新の入試と大学生活の情報を入手!

立教大学に合格するためにはやはり情報も必要ですね。情報を知っているか、知っていないかで合否が分かれるケースは普通にありますから。したがって、立教大学を目指す受験生の方は、日頃からホームページの受験生向けのページをチェックして、最新情報はないか?というのを見て欲しいのですが、後はパンフレットを請求すると、かなり詳しい情報が手に入ります。「なるには進学サイト」では、無料でパンフレット、資料の請求ができます。立教大学から専用の資料請求をすると、入試に必要な情報は勿論なんですが、実際に立教の学生がどういうキャンパスライフを送っているのか?または合格したらどういう生活を送ることになるのか?それを普段の授業、サークル、卒業後の進路など、非常にいろいろな分野にわたった細かい詳細な部分まで知ることができます。入試についての情報をチェックするのも当然ですが、自分が合格したらどういう大学生活を送ることになるか?それを想像するのにイメージを喚起しやすくしてくれます。そして、それがイメージできれば間違いなく、立教に入りたい気持ちが強くなり、モチベーションが上がりますから、今まで以上に気を引き締めて、真剣に受験勉強に取り組むことができて、結果的に立教大学に合格する可能性が高まると思います。資料請求は無料ですから、気軽にできますし、立教大学について深く知るためにも良いと思いますね!

人気の大学・専門学校・通信制高校が満載!【なるには進学サイト】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

工学院大学の偏差値は?難易度が高い建築学部と受かりやすい情報学部

工学院大学というのは、理系専門の大学としては偏差値の中堅くらいになると思います。理系の大学な

記事を読む

横浜国立大学の雰囲気や評判、就職実績や就職率はどうか?

関東圏の国立大学では、かなり人気も高い横浜国立大学ですが、オープンキャンパスもやっているので

記事を読む

大妻女子大学のキャンパスの立地条件の評判や魅力は?就職率や就職実績は良い?

大妻女子大学は女子大の中でも非常に知名度があって、人気と言えると思いますけど、大学自体につい

記事を読む

入試が難しく、難易度も高い上智大学の受かりやすい学部は?

東京都の四谷にある上智大学に入ってみたいという方もいるかもしれません。私も受験生の頃は上智大

記事を読む

武蔵野大学は知名度は薄いが、偏差値や難易度はそこそこ高い

東京都の武蔵野大学って武蔵大学とちょっと似ていて紛らわしい大学かもしれません。ただ、吉祥寺と

記事を読む

no image

指定校推薦の枠はどれくらい?減る、増える理由は?なくなる理由は相当なことがあったとき?

指定校推薦というのは、それぞれの高校によって大学学部ごとの枠が決まっています。そして、その枠は毎年変

記事を読む

東京理科大学の偏差値、難易度は上智並み!受かりやすい学部は?

理系の方が目指す大学と言うと、結構限定されてきますよね。私立大学だと、首都圏では早慶の理系学

記事を読む

貯蓄ゼロの割合が3割から一気に5割に!?貯蓄なしで老後は?結婚できない人が増加?

単身者における貯蓄ゼロという世帯が一気に増えているというニュースがあったのですが、衝撃的でし

記事を読む

AO入試では資格は有利になる?英検2級や準1級などは?資格なしは不利にはならないと思う

AO入試というと、徹底した人物入試という感じがとてもする入試形態になると思います。面接や小論

記事を読む

同志社大学法学部の偏差値は60前後?難易度は倍率で見ると低い!評判は高い

同志社大学法学部は、関西地方では非常に有名で名門とも言えると思います。京都大学法学部や大阪大

記事を読む

芝浦工業、工学院、東京都市、東京電機大学と学歴フィルターの影響はある?

学歴フィルターというのは就活をする以上、かなり気になる存在だと

武蔵大学のレベルは日東駒専やMARCHとどっちが上?イメージや雰囲気の特徴は?

武蔵大学というと、大学名自体は知名度はあまり高くありません。有

椙山女学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの得点率について

椙山女学園大学は愛知県にある女子大で、このエリアでは特に規模が

no image
印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多

佛教大学の難易度やレベルを産近甲龍と比較すると?イメージや雰囲気の特徴は?

京都にある佛教大学は関西の中では有名な私立大学であると思います

→もっと見る

PAGE TOP ↑