新社会人、新入社員で一人暮らしの引越し時期はいつが良い?

公開日: : 最終更新日:2015/09/01 その他の話題

新社会人、新入社員で一人暮らしの引越し時期はいつが良い?c4d1e6e1582886ababc9c3da0e798e96_s

新入社員として4月から働き始める人も多いと思います。そんな方は一人暮らしを考えている人もいると思います。一人暮らしが初めての方は非常に不安なこともあると思いますけど、引越し作業が必要になります。新社会人として働く人が一人暮らしのために引越しをする場合、いつ頃行えば良いのか?というのは迷いそうですね。引越しにかかる料金の問題や自分が社会人として働くことへの問題などもありますから、それらを踏まえたうえで、引越しをする時期を選んでほしいと思います。ベストな時期を1つ決めるのは難しいですけど、以下のポイントを参考にしてもらえると、自分にとって良い時期をチョイスできるのではないでしょうか?引越し1度すると元になかなか戻せませんからね。慎重に検討しましょう。

 

新社会人や大学生などを中心にして、春休みに引越しが盛ん

一般的には引越しの1番盛んな時期というのは、春です。2月から4月あたりだと思われます。それは春は新年度を向かえる時期であり、新年度は新たな環境で生活をスタートする人が多いからです。要は大学に新たに進学するとか、新たに社会人になるとか、そういうことです。だから、その時期には生活環境が変わるために(一人暮らしをする人も多いため)、その前に引越しをする人が多いのです。だから、2~4月頃、ちょうど春休みの時期に引越しは非常に盛んになります。新たに社会人となる人も基本的には、この春休みの時期に引越し作業を行う場合が多いです。やはり、直前まではいかないけれども、1ヶ月とか数週間とか、それくらい前に一人暮らしを始めておいて、実際に社会人として働き始める前に、一人暮らしに慣れておく。一人暮らしにある程度慣れてから、実際に働き始めるのがスムーズだろうと考えている人もいると思います。

 

社会人として働き始める前に、一人暮らしに慣れておく必要性

一人暮らしをすることが決まっている場合には、入社式の1ヶ月前とかには引越しを済ましておいて、一人暮らしの生活に慣れておいてから社会人生活をスタートさせた方が合理的なのでしょう。それは慣れない社会人としての仕事をしながら、慣れない一人暮らしを両立するのは厳しい場合もありますから、一人暮らしの部分はあらかじめ慣れさせておいて、もう1つの仕事の部分は徐々に慣れるのを待つとしたほうが良いということでしょう。どちらも不慣れな状態でスタートしてしまうと、当然仕事に慣れるまで時間がかかると思いますけど、その不安や葛藤を抱えながら、慣れない一人暮らしの生活を毎日送らないといけない。仕事に対して不安を抱えながら、家に帰っても誰も迎えてくれない、そばに相談できる人、頼れる人がいない生活はやっぱり精神的に辛いと思うので、それまで家族と一緒に過ごしていた当たり前の生活に頼れないわけですから、最低でも一人暮らしに精神を慣れさせておいてから社会人生活を始めるという意味では、最低でも入社式の1ヶ月くらい前からすでに引越しを済ませておくというのは意味が大きいと思います。

 

一人暮らしをすることがまだ完全に決まっていないような場合には、とりあえず社会人としての生活をスタートさせて、仕事に慣れてきたら、改めて引越しをして一人暮らしをするということで良いのではないでしょうか?この場合、引越しシーズンを過ぎてからになるので、料金的にも安くなる可能性が高いです。結局は一人暮らしと社会人の仕事、両方慣れないものを両方同時にスタートさせることがリスクがあるということであり、それを回避できるのならば、どちらかを事前に慣れさせておいて、もう1つを後からスタートさせるのであれば、リスクは最小限になると思います。そんな感じで新社会人を向かえる方の引越しについては考えてもらえれば良いのではないか?と思います。

 

引越し前の見積もりはネットからの一括申し込みが主流

そして、引越しをする場合には必ず見積もりをしますよね。見積もりをしないと、どれだけの料金がかかるのか?分からないです。今はネットからの一括申し込みが主流です。1社ごとに電話をかけてという方はあまりいないと思います。特に若い方は。ネットからの一括申し込みをすると、複数の会社に見積もりを同時に依頼できるので、非常に便利です。また、できるだけ多くの会社に見積もり依頼ができた方が、より安い料金で引越し作業をしてくれる業者に出会いやすいですよね。1社しか見積もりをしないケースよりも、10社見積もりを依頼した方が、より安い金額を提示してくれる業者を見つけやすいですから、やはりネットからの一括申し込みは、一括でできるので、手間も全然かからないですし、便利なんです!そのネットからの一括申し込みができるサイトとして、特に優れているのは「HOME’S引越し見積もり」です。

 

ここは最大でなんと・・・100社に一括申し込みが可能です。ここまでできると、かなり業者によって料金に差が出ると思いますから、そその中で相場よりも結構安い金額でやってくれるところを見つけやすいと思います。しかし、安いだけじゃ心配という方もいると思います。安いだけでサービスの質が心配という方のために、ホームズではちゃんと口コミや評判とランキングを掲載しています。ランキングは、実際に利用した人からの投票によって特に票が多く集まっていて、評判の良い業者ということであり、また、口コミを見ると、各引越し業者を利用した人からの具体的な感想(良かったところや不満なところなど)が掲載されており、料金だけで決めてしまうのは不安という方のために、これらも参考にしていくと、できるだけ安くて、できるだけ評判の良い、安心して任せられる業者を選べると思います。ホームズの一括見積もり自体は最短45秒程度で完了するとのことですから、手間も全然かからないですし、もちろん無料ですし、やっぱりネットの一括申し込みのできるサイトとしては1番オススメしたいと思います!

日本最大級の引越し見積もりサイトはこちら
HOME’S引越し見積もり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

毎日が忙しい短期大学に行く意味は?メリットやデメリットで短大に行く価値や理由を判断しよう

短期大学というのがありますが、これは2年間で卒業のため、4年間ある四年制大学と比べるとあっと

記事を読む

國學院大學文学部の難易度や倍率は上昇!入試科目が楽で受かりやすい?

國學院大學は昔から有名な、伝統のある大学で渋谷にキャンパスを構えた頃からやはり人気と偏差値上

記事を読む

横浜市立大学の評判や口コミや立地条件は?就職率や就職状況、医師の国家試験の合格率についても記載

横浜市立大学はキャンパスが4つほどあります。学部は2つしかないのですが、キャンパスは4つある

記事を読む

明治大学総合数理学部は歴史は浅いが評判は良い!難易度や倍率は高い!就職状況や就職率はまだ不明

明治大学のリ理系は通常は理工学部のみでしたが、数年前に総合数理学部という新学部が設置されまし

記事を読む

獨協大学の滑り止めや併願はどこがいい?外国語、国際教養、法、経済学部でおすすめなのは?

獨協大学の滑り止めを受けるときににはどの大学が良いのでしょうか?獨協大学は学部によって偏差値

記事を読む

記述模試は受けるべきか?私立文系が受ける意味はなんのため?受けないと困るのか?

大学受験の模試では大きく分けて記述模試とマーク模試がありますけど、この中で記述模試は必要な人

記事を読む

指定校推薦を後悔し辞退、やめたい、中退しても良いのでは?

大学入試も多様化し、今ではいろいろな方法で進学できるようになりました。私が高校生の頃にはすで

記事を読む

青山学院女子短期大学から青学への編入の難易度や倍率は?簡単な方法もある?就職への影響は?

青山学院女子短期大学は短大の中では特に難しい大学の1つになりますが、この短大に在籍している人

記事を読む

神田外国語大学の偏差値は高くないが、面接対策の必要で難易度は跳ね上がる?

外国語専門の大学というと、そこまで多くの数は存在していません。全国でもそんなにないのではない

記事を読む

成人式の服装は?コートは必要?いらない?二次会や同窓会は私服?スーツ?

成人式のときの服装は基本的には男性がスーツ、女性は振袖が多いですが、これはルールで決まってい

記事を読む

日本大学文理学部の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインはどうなっている?

日本大学の中でも特に学科が多くて、難易度がそれぞれで全然違うと

日本大学と近畿大学の文系と理系のレベルはどっちが上?就職はどっちがいいのか?

日本大学と近畿大学はどちらも中堅大学のレベルで、比較的近い存在

日本史のセンターから日東駒専までのレベルや難易度は?教科書だけで対策はOK?

日本史を選んでいる人はセンター試験を受ける人も多いと思いますけ

神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

就活をするときには学歴フィルターというものが1つ重要になってき

東京外国語大学の偏差値や難易度と倍率は?センターの足きりのボーダーラインはどうなっている?

東京外国語大学は都内の国立大学で、知名度はそこまでないかもしれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑