都庁の論文の配点や足きりは?対策や勉強法と過去のテーマはどうなっている?

公開日: : 公務員という働き方

都庁の論文の配点や足きりは?対策や勉強法と過去のテーマはどうなっている?5e36fd49a72d7b90b9aef1f66acd80cd_s

東京都庁の公務員試験は一次試験を突破するのが意外と大変だったりします。都庁の一次試験は教養試験、論文試験、専門記述がありますが、この中で論文試験の対策は後回しにする人もいるかもしれないんですけど、早めにやっておいてほしいと思います。都庁の論文の配点は正確には分からないものの、推測はされていて、それによると結構高いということを聞いています。したがって、都庁の論文はきちんと対策をしていかないといけません。都庁の論文のテーマはそんなに難しいものが出ているという印象はないので、対策は割としやすいのではないか?と思うんですけど、教養試験の足きりがあるので、そもそも論文をどれだけちゃんと書いても読まれない可能性もあるわけです。そういう意味では都庁の教養試験をちゃんとやらないと、論文をどれだけ対策しても意味がないとなってしまいます。都庁の教養試験の足きりの点数も年によって区々ですけど、まずはそっちの対策も頑張っていかないといけないのです。それをしっかりと認識しておきましょう。

 

都庁の論文の配点はどれくらいなのか?

都庁の論文の配点は推測ですけど、75点ということが言われています。これは専門記述と同等とも言われており、教養試験の配点が50点と言われているので、かなり重要な試験になるでしょう。そして、都庁の論文には足きりがあると言われています。言われてはいますけど、個人的には本当かな?と思う部分もあります。それは文字数が足りていないと足きりになるということで、1000文字を基準にして、都庁の論文は足きりがあるのではないか?と言われています。文字数が足りないと都庁の論文は足きりになるのか?というのは予想の範疇を出ませんけど、可能性としてはありえるのかもしれません。1000文字は基準になっていますが、目安なのか?最低ラインなのか?で違いますから。足きりにならないためには、確実に1000文字は超えた方が良いということですね。しかし、都庁の論文の配点がそれなりに高いとなれば、かなり時間をかけていかないといけないということになります。都庁の対策はかなりいろいろなテーマをやっておかないといけないでしょう。そうしないと、予想される広範囲のテーマに対応できませんから。

 

都庁の論文テーマはいろいろなものが考えられます。過去のテーマを調べればいくつか分かると思いますが、私の感覚だと特別区よりはオーソドックスな予想しやすいテーマが多いかな?という印象です。東京に関するものが割と多いので、その点に関しては1つのテーマを勉強すると、それをいろいろなテーマに広範囲に応用できるということもあるかもしれませんが、都庁の論文のテーマは過去に出たものと同じようなものが繰り返し出ることもあれば、新しい感じの昨今の都内で話題になっていること、課題になっていることなどから出ることもあり、校舎の場合には予想が難しいです。それは特別区も同様だと思いますけど。今は1つ出題されて、それを必ず答えないといけないので、対策をしていないものがきたらきついです。都庁の論文の傾向からいって、考えさせるような問題が割と出ていますから、全く答えられないことはないにしても、都庁の論文の配点はすでに言ったように高いですから、少しでも良い点数をとるにはより多くの都庁のための論文のテーマを勉強しておいて、出た問題に対応できるように、やった問題が出なかった場合には、やったテーマから応用させられるように、いろいろなテーマをあらかじめ勉強しておいた方が良いです。そのためには早くから都庁の論文の対策を始めないといけませんけどね。都庁の論文の対策の時期はいつからが良いのか?早い方が良いのですが、最低でも年内の秋くらいには始めたいですね。

 

都庁の論文の対策はいつからやるべき?勉強法はどうする?

都庁の論文の対策はいつからが良いのか?というと、すでにちょっと話しましたが早めにやっておいてほしいです。できるだけたくさんのテーマをやっておいた方が良いので、択一試験や専門記述の勉強も同時並行しないといけないことを踏まえると、やはり受験する年の前の年の秋ごろには始めて、余裕を持ってほしいと思うのです。都庁の論文の勉強法としてはオーソドックスで良いと思うのです。市販の公務員試験の論文の参考書を読みながら、それぞれの過去の頻出のテーマにおけるものをおさらいして、知識を吸収していきます。都庁の論文の勉強法としてはこれで8割くらいでしょう。それをひたすら繰り返し、何度も読み込み、1冊の参考書に載っているテーマは全てやりきることが必要です。そのうえで必要な知識を溜め込んだら論文を書いていくことになります。予備校などではテーマ例があって、それについて書いて、出して添削を受けるなどができると思いますから、それをやってほしいですね。独学の人でも都庁の論文の頻出のテーマなどで実際に書いてみて、それを誰かに見てもらう、アドバイスをしてもらうと良いと思います。そういった感じで都庁の論文の対策をしてほしいのです。都庁の論文の過去のテーマはだいたい一般的な参考書に載っているもので対応可能なものが多いと思いますけど、特別区同様に東京都に特化したテーマも出るので、そこが注意です。

 

都庁の過去の論文のテーマはどういったものが出ている?

都庁の論文は配点がとても高いので対策はしっかりとやってほしいと思いますけど、その配点が高い都庁の論文のテーマの例としてはdぉういったものがあるでしょうか?予備校に通っていればそういうデータの冊子とかもくれると思うのですが、通っていない人のために一例を話しておくと、先ほども言ったように受験生に考えさせるテーマが出ます。資料を添付して、それを見て解答していくようなものも近年多いので、都庁の論文の頻出のテーマの例を見て都庁の論文の形式に慣れていくことも重要です。また、そういう形式を意識した都庁の論文の勉強法を実践していくのも重要です。書く練習をするときとかは特にそうですね。例えば、「別に添付した資料から、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を踏まえて、東京を訪れる人の満足度をより高められるような魅力を世界に発信していくために、あなたが特にポイントとなる課題を200字程度で簡潔に述べよ。また、すでに述べた課題に対して、どのような取り組み東京都がしていくべきか?あなたの考えを述べよ」といったものです。しかし、別の年度では全く違った都庁の論文のテーマも出ています。「わが国の国際競争力隆盛の時代から、1990 年代後半以降大きく低下し、現在では多くの欧米・アジア諸国に追いつかれ、追い抜かれ、わが国の社会経済の先行きに対する懸念が広がっているという現状があります。 こういった状況において、東京都は羽田空港における国際化を進めるなど、他国に負けない国際競争力を高める取組を行ってきています。首都として日本を牽引していかないといけない東京都はそれ以外で、今後どのような取組を行っていけばいいのでしょうか?あなたの考えを述べてください」といったものです。

 

こういったものが都庁の論文のテーマの例になります。これといって頻出というテーマはあまりないかもしれませんけど、数年ごとに繰り返し出ている、似ているようなテーマはあると思うので、そういうのは都庁の論文でも頻出のテーマになると思いますし、都庁以外の試験種でも出る可能性があるので、ちゃんと対策を念入りにやっておきましょう。都庁の論文は足きりがあると言われていますから、それは最低限超えられるようにしていきましょう。特都庁の論文はかなり配点が高いと言われているので、勉強法はしっかりと行って万全の体制で、何が出ても大丈夫という感じでやっていきましょう。都庁の論文にも足きりがあると言われているので、しっかりと対策をしていかないと良い論文は書けませんし、充実した内容のものを書くにはやはり事前の対策はかなりやらないといけないのです。都庁の論文で評価されるものを書けるように、都庁の論文のテーマの例を多く学習して、本番に備えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

配点の高い公務員試験の集団討論は皆が失敗する!対策やコツは?

就職活動、または公務員試験の採用試験では最近はグループディスカッションという、討論形式の試験

記事を読む

特別区は運ゲーの論文の配点が高く意外と難易度高いし難しい

東京都特別区は公務員試験の行政職の採用試験の中では、まあまあ難易度が低い方じゃないか?と言わ

記事を読む

労働基準監督官の難易度や倍率は?筆記のボーダーラインや足きりの基準点は何割?

労働基準監督官という採用試験は非常に難しいです。なぜならば、国家公務員だからです。国家公務員

記事を読む

公務員の面接では容姿や見た目は関係する?コネ採用はある?コネなしは不利なのか?

公務員試験の面接では何を見るのか?どこを見ているのか?というのは気になりますが、意外と容姿を

記事を読む

公務員試験の面接で落ちたらどうする?希望しない部署や苦手なタイプの回答の仕方

公務員試験の面接ではいろいろなことを聞かれますけど、中でも頻出のものがあるので、それをいくつ

記事を読む

公務員試験の性格検査、適性検査の質問が酷いと話題に

公務員試験の採用状況って、多分ほとんど人は知らないと思います。ベールに包まれているというか、

記事を読む

学校事務になるには?なりたい人の難易度や年齢制限は何歳まで?倍率は高い?

学校事務になりたいという人もいると思うのですが、学校事務になるためにはどうしたら良いのでしょ

記事を読む

公務員試験の面接で頻出の質問、よく聞かれることで外せないもの

公務員試験の面接ではいろいろな想定質問が考えられ、その中で1つ1つ適切な回答を考えていく作業

記事を読む

縁もゆかりもない地元以外の市役所、県庁が不利にならない理由

公務員試験では、地方上級や市役所試験において、いろいろな自治体を受けると思います。多くの方は

記事を読む

公務員の面接の志望動機で観光やまちづくりで活性化での考え方の注意点

公務員試験の志望動機を考えるときには割と定番な内容になりますけど、観光関連のものを話す人が結

記事を読む

no image
印刷業界の就職の難易度や倍率は?激務な評判は?今後や将来性はどうか?

印刷業界というのは就活生の中ではあまり話題になりませんけど、多

佛教大学の難易度やレベルを産近甲龍と比較すると?イメージや雰囲気の特徴は?

京都にある佛教大学は関西の中では有名な私立大学であると思います

生命保険や損害保険の就職の難易度や倍率は?激務と評判なのは当然?

生命保険や損害保険の業界は大変な仕事をしているというイメージは

大阪産業大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインはどうなっている?

大阪にある大阪産業大学は関西では規模がそれなりに大きい私立大学

部活動はなんのために?だるい、めんどうくさいからサボると怒る奴いるし、あり方を考え直すべき

学校での部活動ってなんのためにあるんですかね?部活動のあり方を

→もっと見る

PAGE TOP ↑