駒澤大学の評判や口コミの紹介と大学の雰囲気や就職率、就職状況について

公開日: : 最終更新日:2018/01/21 その他の話題

駒澤大学の評判や口コミの紹介と大学の雰囲気や就職率、就職状況について3a40db91eb27461949e16f6e4dc420d5_s

駒澤大学は東急田園都市線の駒澤大学駅などから通うことになると思います。このあたりは渋谷にも近いですし、あとは三軒茶屋駅も隣にあるので、立地としてはそれなりに優れた場所になると思います。基本的にキャンパスは1つなので、全ての学部学科の学生がここで4年間を学ぶことになっています。駒澤大学のキャンパスまでは最寄り駅から徒歩10分くらいですかね?駒澤大学駅は私も何度か降りたことがあります。駒澤大学駅には駒澤オリンピック公園があって、そこに何度か行ったことがあるのですよ。駒澤大学のキャンパスに行ったことはないですけど、駒沢大学駅の雰囲気は分かります。あと、駒澤高校も近くにありますから、内部進学の人はほとんど通う場所が変わらないですね。そんな駒澤大学の駒澤キャンパスの雰囲気やそこで学んでいる学生たちの評判はどうなっているのか?を知っていくと良いと思います。駒澤大学を目指している人、興味がある人はこういった情報を事前に集めていくと良いと思います。

 

駒澤大学のキャンパスの雰囲気とは?

駒澤大学のキャンパスは基本的に駒澤キャンパスになりますけど、割と敷地は広いです。しかし、よくある感じのキャンパスとは違うかな?という気もします。最近のキャンパスは見た目も意識しているのか?綺麗な緑の芝生を敷き詰めているところも目立ちます。そういったとろろは割りと学生からも評判で、キャンパスの1つの特色になっている部分でもあると思いますけど、駒澤キャンパスの場合にはそれがいのです。ビルのような建物も一部あるので、そのあたりは駒澤大学も最近のキャンパスとしての雰囲気もあります。木々が多く植えられているので、自然もありますけど、どかこ高校のような雰囲気もありますね。周囲の環境が割と栄えていて、住宅地でもあり都会でもある場所ですから、それなりに賑やかな感じが駒澤大学の雰囲気としてあると思います。大学のキャンパスとしては不自由はないと思うので、駒澤大学に興味がある人は駒澤キャンパスについてもっと調べてみたり、駒澤大学のオープンキャンパスに行って見るというのも良いと思いますよ。

 

駒澤大学の周辺の立地状況と利便性について

駒澤大学は東急田園都市線の駒澤大学駅が最寄り駅になりますが、立地状況としては割と恵まれているところになると思います。駅周辺はそこまで栄えているというわけではないものの、隣の駅が三軒茶屋です。知っている人も多いと思いますけど、そして、その隣の隣、つまり、3駅後には渋谷駅があります。そして、田園都市線を反対方向に同じく3駅いくと二子玉川駅があるのです。東京都内のかなり栄えた街が2つとも近いというのは利便性としては最高ではないでしょうか?東京都内やその周辺に住んでいる人はこのあたりの地理状況はよく分かると思いますけど、渋谷までいければ、交通網が一気に広がりますから、都内へのいろいろな地域のアクセスが優れています。渋谷自体も楽しめる場所ではありますけど、渋谷までいければ、そこからあらゆる地域へのアクセスが良好な野々も魅力です。駒澤大学の学生は遊ぶ場所や飲み会をやる場所としては三軒茶屋か渋谷あたりになると思います。駒澤大学の周辺の雰囲気とはちょっと違う魅力を味わうことができるのではないでしょうか?

 

駒澤大学の学生がどういう評判を持っているのか?

駒澤大学の学生はどういう評判を抱えているのでしょうか?駒澤大学の評判としてはキャンパス内の校舎の建て替えなどがあったため、今はとても綺麗な状況が広がっていると言います。やはり綺麗な場所で過ごしたいという思いを思っている学生は多いと思いますから。また、駒澤大学の授業の評判としては、授業によって学生の態度や真剣さに差があるので、充実度が違うという声もあるのです。これはどの大学でもあるでしょうね。ちなみに駒澤大学法学部の評判や口コミとして挙がっていたのは、仏教の授業が必須になっていて、それを受けるために二子玉川の校舎に行かないといけないときがあるそうです。二子玉川は駒澤大学駅から割と近いですけど、定期が使えない場合もあって困るとう駒澤大学の学生の口コミもありました。駒澤大学法学部の評判としてあったものの、他の学部でもあるかもしれませんし、全員がそうなのか?は不明ですが、一応そういったことも存在するということですね。仏教の授業が必須っていうのは、ありそうですけどね。あとは学生の数の割には教室が狭いことがあったり、お昼時は食堂がかなり混んでいて利用しづらく、外のお店で食べる人も多いといった駒澤大学の口コミがあります。

 

駒澤大学の就職率や就職状況に関する口コミ

駒澤大学の就職に関する口コミとしては、可もなく不可もなくという感じのものが多い印象です。大企業への就職実績もありますけど、結局は個人の頑張りとしている人もいるので、駒澤大学のネームバリューが生きる部分はそこまでないのかもしれません。でも、就職課のサポートやセミナーは割と評判で力になってくれる部分は大きいのではないでしょうか?「KOMAZAWA CHANNEL」というサイトには、駒沢大が宇野就職に関するデータが多く載っているので、そういったものを参考にすると良いかもしれません。ここによると、駒澤大学の就職率は約95%となっており、駒澤大学に寄せられた求人数は12000社以上、学内説明会の参加企業数は1000社以上となっており、駒澤大学の就職力の高さがなんとなく分かるのではないでしょうか?駒澤大学では就職率もそれなりに高いですし、就職実績としても大手企業もあります。あとは就職支援に関する講座が300以上開かれているので、ここも魅力かもしれません。そして、このホームページには学部別の駒澤大学の就職状況が載っているので、これも気になる方は見ておくと良いかもしれません。駒澤大学の就職率は申し分ない数字でしょうし、駒澤大学の就職先二関しても期待を抱かせるものとなっているのではないでしょうか?駒澤大学の就職状況は割と評価できると思いますが、結局は自分で頑張らないといけないので、そこは肝に銘じておきましょう。

 

【あわせて読みたい記事】

就職活動での学歴フィルターの仕組みは?ボーダーは日東駒専や大東亜帝国あたり?どこからが影響する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

学習院大学の英語、国語、社会科、数学の入試の傾向や難易度と対策、勉強方法

学習院大学はGMARCHという序列の中の一角として、難関大学の扱いになっています。偏差値でい

記事を読む

同志社大学商学部の偏差値や難易度のレベルと評判は?就職率や就職状況などの魅力

同志社大学の中でも比較的有名人が多く卒業してきたのが商学部です。同志社大学商学部は難易度は結

記事を読む

近畿大学経済学部の偏差値や倍率と評判は?合格最低点、ボーダーラインと口コミや魅力について

近畿大学は文系も理系も非常に幅広い学部が用意されていますけど、その中で経済学部は中心的な存在

記事を読む

立命館大学の難易度では偏差値60が目安!受かりやすい学部は産業社会学部?

関西の大学の中ではトップクラスの偏差値を誇っているのが立命館大学です。こちらは関西の特に私立

記事を読む

日本史の出題傾向はどこからどこまで?よく出る時代は?どの時代から勉強すると良い?

大学受験で日本史を選ぶ人はどこからやって、どこまでやれば良いのか?そのおおまかな部分を知りた

記事を読む

東京大学の推薦入試の条件、基準が一般入試よりも難しい!

今朝の朝日新聞の一面に載っていたのだが、東京大学で推薦入試を始めるらしい。推薦で入学できるの

記事を読む

浪人で成績が下がる!受からない、落ちる人の特徴は?受かる確率を上げるには?

大学受験に失敗して浪人をしているが、それでも上手くいかない人っていうのは絶対にいるはずなんで

記事を読む

バイト辞めたいが人手不足で辞められない、言えない場合どうする?

バイトを辞めたいが、辞められないという人たちが非常に多いようです。どうしてか?っていうと、い

記事を読む

東洋大学経営学部の偏差値や難易度は?評判は高いが就職実績や就職状況の特徴は?

東洋大学は総合大学として、非常に多くの学部を擁していますが、その中には経営学部もあります。経

記事を読む

おもてなしの問題点やデメリットとは?したくない人に無理やり強要する同調圧力や不景気、ブラック企業の原因にもなる

日本では「おもてなし」という気遣いが根付いているような雰囲気もありますが、このおもてなしとい

記事を読む

武庫川女子大学と産近甲龍はレベルはどっちが上?就職はどっちがいい?

関西では有名な女子大として武庫川女子大学があります。女子大とし

日本大学文理学部の偏差値や倍率は?評判は高い?ボーダーラインはどうなっている?

日本大学の中でも特に学科が多くて、難易度がそれぞれで全然違うと

日本大学と近畿大学の文系と理系のレベルはどっちが上?就職はどっちがいいのか?

日本大学と近畿大学はどちらも中堅大学のレベルで、比較的近い存在

日本史のセンターから日東駒専までのレベルや難易度は?教科書だけで対策はOK?

日本史を選んでいる人はセンター試験を受ける人も多いと思いますけ

神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

就活をするときには学歴フィルターというものが1つ重要になってき

→もっと見る

PAGE TOP ↑