公務員への転職の難易度は?失敗しない筆記の勉強期間と勉強時間はどれくらい?

公開日: : 公務員という働き方

公務員への転職の難易度は?失敗しない筆記の勉強期間と勉強時間はどれくらい?9bcb5ea5e764e129232b94c15c7ba809_s

転職して公務員を目指すという方も非常に多いです。しかし、すでに働いている方が公務員試験を受けて行くので、なかなか大学生が受ける場合とは勝手が違うということもあると思いますけど、その分民間企業経験者の人の採用試験はハードルが低いことが多いです。特に筆記試験においては教養試験のみの出題となることも多いですし、受けやすい、勉強しやすいということは言えるかもしれません。そのため、働きながら公務員試験の勉強をするという方であっても、勉強期間はそこまで多くとらなくてもなんとかなることもあるでしょう。公務員の転職を目指すという方は、現実的にどのくらいの勉強時間と勉強期間を用意すれば良いのでしょうか?ここが1つ気になるところでもあり、知っておきたい部分ですよね。1日にどれくらいの時間を確保できるのか?にもよりますから、難しいですけどね。

 

転職して公務員になるためにどのくらいの勉強時間が必要か?

会社で働いている人の場合には1日の勉強時間をそんなに長くは確保しづらいですから、せいぜい頑張って2、3時間くらいではないですか?もっと少ない人も多いでしょう。でも、公務員の転職の場合には教養試験のみというケースが大半だと思うので、それくらいでも全然大丈夫でしょう。ちゃんと自分が受ける予定の自治体や試験種の経験者採用の出題科目はチェックしておいてほしいですけど。1つ知っておいてほしいのは民間経験者採用の場合には、筆記試験はほとんど足きりにしかなっていないケースが多いということです。つまり、筆記試験は面接の前にある程度人数が絞れれば良いと思っていて、だからそこまで高い難易度の問題は出ないでしょう。したがって、転職で公務員を目指す場合には、勉強はちゃんとしないといけないものの、物凄い時間をかけて真剣に取り組んでいかないと受からないという状況でもないと思うのです。時間はかけた方が良いというのは言えますが、同じ時間をかけるならば、面接対策にかけてもらった方が良い場合もあるのです。経験者採用の場合には面接試験の方がウェイトがかなり高いでしょうから。

 

結局、採用する側も見たいのは、経験者採用をする場合に民間企業で行ってきたことを公務員として働くときにどうやって生かすか?ほとんどこの一点でしょう。あえて新卒を採用しないで、年齢が上の人間を採用する理由は、もはやここしかないのです。新卒にはない部分があって、それが公務員として働くときにもかなり有利に働くであろうという予測から、そういう人を採用する意味があるのです。結局、そこを見たいという意味では、筆記試験は通ってしまえば良い程度の認識でも良いのかもしれません。筆記試験に通って面接試験からが本当のスタート地点とも言えるでしょう。そうなれば、公務員試験の民間経験者採用の筆記試験のボーダーを越えられれば良いということになりますが、そのボーダーは受けるところによって違うため何とも言い難いです。しかし、先ほども言ったように1日2、3時間くらいの勉強が出できれば、それを半年程度毎日続けていければ十分筆記試験に合格する可能性はあると思います。

 

公務員の転職に必要な勉強期間は結局個人差はある

勉強のやり方や理解の速度などは人それぞれ違うため、確実なことは言えませんが、平均してこれくらいの勉強が出来れば、転職で公務員を目指す場合の筆記試験のボーダーを越えても不思議ではないということです。個人差があるので、この勉強期間では足りないというケースも中にはあるでしょう。平均してこれくらいが妥当だと思うので、自分で勉強してみて、半年じゃ終わりそうもない、間に合いそうもないと思ったらペースを上げるか?勉強期間を伸ばすか?した方が良いでしょう。公務員の転職に失敗する原因としては、多くは面接試験になりそうな気はしますが、もちろん筆記試験が通らないというケースもあるでしょう。数的処理とかが極端に苦手だと筆記試験の勉強で苦労する方もいると思うのですが、その場合にはさらに長い期間が必要になることもありますけど、数的処理が苦手でも、それ以外の知識問題などをしっかり勉強できれば、十分カバーできるのではないか?とも思います。公務員の転職は筆記試験の難易度はそれほど高くないです。倍率もそこまでじゃないケースが多いと思います。転職の公務員試験の場合にはやはり難易度が高いのは、しっかり見られているのは面接試験です。でも、そこまでいくのには筆記試験のボーダーを越えないといけないのですが。

 

公務員に転職したい場合には筆記試験の勉強と同時に面接試験のことも

公務員に転職するときに必要な勉強期間はとりあえず平均で6ヶ月、半年くらいじゃないか?と思います。それは公務員の転職を目指す人が1日に2,3時間程度勉強できたらの話です。公務員の転職はどうしても働きながらが多いのっで、平日は厳しくても、休日にはしっかりと勉強できるケースも多いでしょう。だから、公務員の転職に必要な1日の勉強時間は勉強期間にもよりますけど、半年程度で済ませたいならば、平均で1日2,3時間くらいはやておきたいですね。ということです。これじゃ足りない、こんなにいらないケースもあると思いますけど、公務員試験の転職の筆記試験の難易度はそれほどではないので、間に合うケースが多いように思います。公務員試験の経験者採用の難易度は低くはないが、高いとも言えないケースが多いので、筆記試験の勉強をしながら同時に面接試験の対策をしていけるくらいがちょうど良い。筆記試験はやや簡単な分(特に地方公務員の試験)、面接試験の方が難しいですから。国家公務員は筆記試験もやや難しい場合も多いですけど。地方公務員も国家公務員も結局、公務員に転職をする場合には面接の倍率は高い場合も多く、難易度も高いと思うので、理想は筆記試験の勉強をしながら、面接試験のこともちゃんと考えておくということです。そうしないと、公務員の転職は失敗するケースもあるのではないでしょうか?公務員に転職を目指す場合の筆記試験の勉強期間と1日の勉強時間はこういった感じだと思うので、それを目安にできる限り頑張って、同時に面接試験のことも考えていけると良いのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

特別区の面接の内容や当日の流れは?雰囲気は和やか、穏やかや圧迫面接もある?

特別区の面接については事前に流れを知っておくと良いでしょう。特別区の面接は初めてという人がほ

記事を読む

警視庁などの警察事務の志望動機が思いつかない!自己PRと関連させる考え方の例

警察事務の採用試験の志望動機が思いつかない!という方はどうやって考えれば良いのでしょうか?警

記事を読む

公務員試験の面接で落ちたらどうする?希望しない部署や苦手なタイプの回答の仕方

公務員試験の面接ではいろいろなことを聞かれますけど、中でも頻出のものがあるので、それをいくつ

記事を読む

財務専門官の筆記試験のボーダーラインは?何点?何割?教養の足きりは?

財務専門官の一次試験は非常に難しいと思います。勉強は必須ですけど、勉強をしたからといって、確

記事を読む

公務員試験で年齢ギリギリは不利?高齢で職歴なしの26歳、27歳、28歳あたりは受からない?

公務員試験では年齢が結構いっている人などはなかなか採用されないということも言われています。一

記事を読む

no image

警察官の面接の評価基準や受かる人と落ちる人の特徴は?落ちる理由は曖昧なものかもしれない

警察官の面接に受かるにはどういったポイントが必要になるでしょうか?警察官というのは公務員の中でやや特

記事を読む

配点の高い公務員試験の集団討論は皆が失敗する!対策やコツは?

就職活動、または公務員試験の採用試験では最近はグループディスカッションという、討論形式の試験

記事を読む

特別区の面接は女性が有利で落ちない?失敗で即不合格?加点なしを回避するには?

特別区の面接試験は以前からいろいろな噂があります。その1つが女は有利なのではないか?というこ

記事を読む

労働基準監督官の面接で志望動機や自己PRの例や聞かれることや倍率はどうなっている?

労働基準監督官の面接対策はどうやって行うべきでしょうか?労働基準監督官の面接に関してはやはり

記事を読む

刑務官の難易度や筆記、面接の倍率は高い?筆記のボーダーラインは何割か?

公務員試験においては事務職や警察官などが有名な職種になると思いますが、そうじゃない職種を受け

記事を読む

no image
エーザイの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

エーザイに就職したいと思っている人はその難易度を把握しておきましょう。

協和発酵バイオの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

協和発酵バイオに就職したいという人もいるはず。そういったときに

三陽商会の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

三陽商会に就職したいと思っている人もいるのではないでしょうか?三陽商会

マニュライフ生命の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

マニュライフ生命保険の就職の難易度はどれくらいか?というのは気

ビズリーチの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ビズリーチに関して、就職の難易度というものを知っておいてほしい

→もっと見る

PAGE TOP ↑