理系で数学が嫌いで苦手!できない!勉強法を工夫すれば難関大学も狙える

公開日: : その他の話題

理系で数学が嫌いで苦手!できない!勉強法を工夫すれば難関大学も狙える57cda04947361a907d7b6879a71498a3_s

文系と理系に分かれるときに1番重要な要素って何でしょうか?理系の人間は文系の科目もある程度できる場合が多いです。しかし、数学や理科などの理系科目の方が得意だから、理系に進むケースが多いと思います。文系は理系科目が苦手なんですね。だから、文系の科目が得意か?どうかに関係なく、理系科目が苦手であれば文系に進む人が多くいると思います。しかし、中には理解に進んだが数学が苦手という人もいます。これはそんなに多いわけではないものの、少ないとも言えないかもしれないのです。数学が苦手といっても、苦手の程度は人それぞれでしょう。どれくらい苦手か?というとはケースバイケースですが、現実的に理系なのに定期テストで赤点をとるほど数学ができない、苦手でもやっていけるのか?大丈夫なのか?理系に進んで良いのか?大学に合格できるのか?という点は気になるのではないでしょうか?現在の苦手の度合いとどこまで仕上げないといけないか?にもよりますけど、なんとかなる場合もあります。

 

理系だけど数学ができない、苦手な人の対処策

理系で数学ができないっていうのは、確かに致命的でしょう。大学受験をするに当たって理系の学部に進みたいと思っているのであれば、数学は必須です。しかし、数学ができないっていうのは、今の時点での話であって、その状態で大学受験に突入するという前提では恐らくないと思います。今、高校3年生なのか?2年生なのか?1年生なのか?分からないけど、苦手の度合いにもよるかもしれないが、苦手を普通にすることはできるのではないですか?勉強法しだいでは。苦手科目を得意にするって人も中にはいるけど、それは厳しい場合もあります。でも、苦手科目を普通くらいにするなら可能だと思うのです。今、数学の偏差値が40くらいだとしても、それを偏差値50~55くらいまで上げるくらいならばぜんぜん現実的な話だと思います。数学が苦手な人がどの志望大学なのか?というのも気になりますが、数学が大して得意じゃなくても進学できる理系の大学、または理系の学部はあると思いますよ。

 

仮に数学の偏差値が50~55くらいまで上げられたとしたら、これは客観的に見たら悪い数字でもなければ、良い数字という感じでもないです。しかし、他の科目次第ではMARCHくらいの理系学部は狙えるんじゃないか?と思いますよ。数学が苦手な人の他の科目の成績や偏差値が分からないけど、英語と理科になると思います。私立大学を受ける場合にはね。だから、数学は苦手だとして、それ以外の2科目の成績はどうなのか?得意と言える科目はあるのか?その科目はどのくらいの偏差値なのか?とか、そういったことも結構かかわってきます。数学以外の2科目に関しても、これから勉強していけばさらに成績は上がる可能性があるので、現時点での成績が芳しくなくても、勉強次第ではなんとかなりますよ。私は文系ですけど、当初は、大学受験の勉強を始める前は得意科目なんてない。全科目が苦手科目みたいなものでした。3科目で偏差値45くらいじゃなかったかな?大東亜帝国すらも受からないんじゃないか?って感じでした。しかし、高校3年生から勉強を始めて、偏差値は一応伸びました。というか、正確に言うと物凄い伸びた科目と伸び悩んだ科目に分かれましたが、3科目で偏差値は50台後半くらいまでいったのかな?で、MARCHにギリギリ受かりました。今になって思えば、もっと違う勉強法や対策の仕方をしていれば、もっと成績が上がったかな?と思わないでもないけど、こういう壊滅的な状態から、MARCH合格まで持ってきたのです。

 

数学が苦手、できない理系でも良い大学は狙える?

そういう意味では、理系の人も、どのレベルの大学に行きたいのか?分からないけど、当初の私くらいの偏差値であっても勉強次第では、中堅大学は全然狙えるでしょう。中堅大学っていうと、私立大学だと日東駒専の理系とか、東京都市大学、工学院大学、芝浦工業大学あたりでしょうか。そして、場合によっては東京理科大学やMARCHの理系も狙えるくらいになるかもしれません。理系なのに数学が苦手な人は、数学が得意になれば1番良いが、それが難しい場合には数学をとりあえず普通と言える程度(偏差値50~55くらい)にはもってこれるように勉強をしましょう。そして、それ以外の英語と理科科目で数学の分を取り返すくらいの気持ちで勉強をしていく。理系で数学ができない人の勉強、対策の仕方としては、数学を程ほどにやりつつ、それ以外の2科目で点数を稼げるように勉強していく。3科目の中で1番数学が苦手ならね。これは1つの戦略として、有名な個別指導の予備校である武田塾でもおすすめしています。以下の動画ですね。理系でも数学が嫌いな人っていますよ。文系は言わずもがなですが、理系でも数学が嫌いで勉強できないって人もいますから。

 

数学に勉強時間をとられるのは得策ではない!?

上の動画でも解説されていますけど、数学って勉強した割には1番点数が伸びづらい科目なんだそうです。つまr、数学にあえて時間をかけない(他の科目に時間をかける)というのは、理系において非常に合理的な勉強法になる可能性があるわけです。数学が得意な人は良いかもしれないけど、理系でも数学が嫌いとか、苦手な人は勉強をしても成績が上がるペースが遅いはずですから、仮に頑張って勉強ができたとしても、あれ?全然成績上がってないじゃん!みたいなことがありえる。その点、理科の方が勉強した時間に対する成績の伸び率は多分大きいと思うので、数学が元々苦手な人は、数学の勉強は最小限に留めて、英語と理科で挽回する気持ちでやっていくと、難関国立大学や早慶レベルはきついと思いますけど、それ以下の大学ならばなんとかなるかもしれないです。理系で数学が苦手な人でも理系の大学、理系の学部に受からないわけではないですし、理系の道に進むのが間違っているわけでもないでしょう。戦略の問題で、理系で数学が苦手な人は数学を完全に捨てるとか、全くやらないのはマズイが、苦手なりに勉強をして、それ以外の英語と化学または物理などで稼いでいく。そういう戦略がとれるならば理系に進むのも、理系の大学を受験するのも間違っていないのではないでしょうか?理系なのに数学ができないとしても適切な勉強法、戦略を構築できれば、良い大学に合格できる道筋も見えますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

桐蔭横浜大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインと入試科目の情報

桐蔭横浜大学は神奈川県横浜市にキャンパスがあるスポーツ系で割と有名な大学です。スポーツ関連の

記事を読む

投票義務化のメリット、デメリットと日本で投票義務制が実現しない理由は?

選挙に行く人と行かない人が二極化しているのが現代の日本です。選挙に行かない理由はだいたい想像

記事を読む

教養のみは少ない!市役所上級と地方上級の難易度や倍率の違い、勉強期間や勉強時間はどれくらい必要?

市役所上級試験は市役所の職員を募集するための試験ですが、市役所上級は一般的に地方上級と同じ日

記事を読む

若者の免許離れの理由は?持たない、取得率低いのは合理的

若者の車離れが叫ばれて久しいが、それに伴って今度は若者の免許離れも加速しているらしい。そりゃ

記事を読む

大東文化大学の雰囲気や口コミと評判はどうか?就職実績や就職状況は割と良い

大東文化大学に入学を希望される方は非常に多いです。毎年多くの方々が受験していますし、推薦入試

記事を読む

神戸大学の滑り止めはどこがいい?同志社など関関同立?併願は早慶が多い?

神戸大学を受験する人は、どういった大学をその他に受けていくのでしょうか?もちろん私立大学も受

記事を読む

夫婦で働いている、共働き世帯に食材宅配はメリットが大きい

今は共働き世帯が非常に増えてきていると思います。それだけ家計が苦しい、2人とも働かないといけ

記事を読む

コンビニのおでんの時期はいつから?いつまで販売?一年中のケースもありうる

コンビニのおでんは結構いろいろな時期で売っていることが多いです。コンビニのおでんは冬だけの販

記事を読む

上智大学と同志社大学はどっちがいい?どっちが上?就職や知名度や人気において関東と関西で全然違う?

関西では抜群の知名度と偏差値を誇る同志社大学は関東で言うと上智大学と比較されることがあります

記事を読む

成城大学の看板学部は?偏差値で学部ごとの順位や序列を比較するとどうなる?

成城大学というのは東京都にある私立大学で偏差値もそれなりに高いです。したがって、受かるのは難

記事を読む

明治学院と國學院はどっちが上?偏差値やレベルを文学部、法学部、経済学部で比較!雰囲気や就職の違いはある?

明治学院大学と國學院大學はどっちが上となるでしょうか?明治学院

松蔭大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

神奈川県にある松陰大学というのは知名度はそこまでないかもしれま

化粧品会社への就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判は多い?

化粧品会社への就職を考えている人はその難易度は気になるところか

東京成徳大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインの情報

東京成徳大学というのは知名度はそこまではないと思いますけど、子

愛知東邦大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインについて

愛知東邦大学というのは愛知県内ではそれなりに知名度があって、人

→もっと見る

PAGE TOP ↑