関西学院大学で難易度や倍率で受かりやすいのは人間福祉学部?

公開日: : 最終更新日:2017/10/24 その他の話題

関西学院大学で難易度や倍率で受かりやすいのは人間福祉学部?1b5a651a9a6dcdd089637b10b58c1f39_s

関西の方は私立大学というと、どうしても関関同立が思い浮かびますが、それ以外にも私立大学はあるものの、特に有名なのはこの4つの大学群になるのではないでしょうか?関東のほうは早慶上智、マーチなど、さらに有名大学は多いですが、だいたい東京都内に集中しています。ただ、関西は大阪府、京都府、兵庫県など、結構地域もバラバラですが、その中でも兵庫県にある関西学院大学は非常に受験生からの人気も高いですし、非常に多くの学生が学んでいる大学です。学部が多いので、入れるチャンスは大きいかもしれませんが、関東でいえば、青山学院大学や中央大学くらいのレベルはあると思いますし、偏差値は60弱くらいでしょうか?それなりに高いですから、しっかりと勉強しないと、やはり合格は難しいでしょう。その中で関西学院大学の受かりやすい学部はあるのでしょうか?

 

偏差値で言うと、人間福祉学部か?

法学部、経済学部、商学部、文学部、社会学部など伝統的な学部はやはりそれなりに偏差値高いのですが、あまり聞きなれない学部として人間福祉学部があります。この人間福祉学部は偏差値で言うと、55から50後半くらいなので、多少他の学部よりも偏差値は劣るかもしれません。それでも極端に偏差値が低いわけではないので、難易度が急激に落ちることはないでしょう。ただ、倍率でいうと2015年度の入試では学科にもよりますけど、3倍台とそんなに高くないので、受かりやすいという言い方はできなくはないですね。関西学院大学の場合には、文系の学部はどの学部も入試方式はほとんど変わりません。基本的には独自日程と全学部日程がありますが、文系の場合はいずれも3科目入試です。英語、国語、選択科目の3科目で受験します。ただ、人間福祉学部だけですかね?ここだけは一部2科目入試があるんです。人間福祉学部の2科目入試というのは、英語と国語だけで受けられるもので、これは受験生にとっては非常に大きいです。

 

英語と国語だけですから、選択科目が苦手な受験生、英語と国語が特に得意な受験生は3科目よりもこちらの方を選択したほうがいい結果が出る可能性があります。人間福祉学部を受けるにあたっては、3科目の偏差値と英国の2科目の偏差値を比べてみると良いでしょう。3科目がある程度バランス良いならば、最も高い科目と低い科目の偏差値の差が7くらいまでならば3科目受験の方が良いかもしれないが、それ以上に開いていると、2科目受験の方が良いかもしれないですね。例えば、英語62、国語58、選択科目55くらいならば3科目受験の方が良いかもしれないが、英語60、国語60、選択科目50とかだと、これは英国の2科目受験の方が可能性は高い気がします。基本的に2科目受験の方が負担は減りますが、受かるための難易度は高い場合が多いです。2科目受験はその2科目に長けた人が受けに来るので、最低合格点が高くなりやすくなるため、その分3科目受験よりも受かりやすさが低くなるのです。だから、3科目受験よりは2科目受験の方が、一般的には受かるためのハードルは高くなります。ただ、受験生の各科目の偏差値のばらけ具合によっては、2科目受験の方が合格可能性が高くなる場合もあるということですね。それは知っておきましょう。

 

倍率で言えば文学部も狙い目か?

文学部は、関西学院大学の場合はかなり学科が多いです。学科というか、専攻ですね。学科は3つしかありませんが、それぞれの学科で専攻するコースがかなり細分化されていて、10個くらいあるんじゃないかな?入試結果のページでは専攻別に倍率が表示されているので、選考別に入試が行われるのでしょう。だから、その10個くらいある選考の中では毎年どこかしら低倍率の専攻が生まれてしまうので、そこを責めると受かりやすいかもしれません。例えば、2015年の入試では、文化歴史学科の哲学倫理学専攻倍率1,7倍とかなり低いです。3倍を切ると低いと言われている中で、2倍も切ってますからね。しかも、驚くのは最低合格点の割合が5割を切っているということです。2015年の場合は48.4%で合格ですから、かなりハードルが低いです。私はこの文学部の文化歴史学科の哲学倫理学専修はかなり興味ありますから、ちょっと受けてみたいと思うくらいですけどね(笑)哲学とか好きなんです。それ以外は1倍台はありませんが、倍率が2倍前半とかは結構ありますし、最低合格点が50%台という学科、専攻も他にもあるため、年度によっては違いがあると思いますけど、倍率の低いところを狙っていくと、かなり可能性は上がると思います。

 

関西学院大学に受かるには偏差値60近くは欲しい

人間福祉学部や文学部の一部学科、専攻が受かりやすいということを話しましたが、受かりやすいといっても、ちゃんと勉強しないと話になりませんから。仮に倍率が1.1倍だったとしても、偏差値が50もない人が受けてもまず受からないでしょうから。人間福祉学部や文学部の一部学科、専攻は、関西学院大学の中では確かに偏差値は劣るでしょう。それ以外の学部は軒並み58~60くらいだと思いますが、これらの学部学科、専攻は55~58くらいかもしれません。だから、偏差値が50後半あれば、とりあえずどの学部学科も勝負にはなると思います。模試でC判定くらいは出るかもしれません。ただ、偏差値が57.8くらいだと、5個関西学院を受けて、全部落ちる可能性もありますし、1,2個くらいなら受かる可能性もあります。より受かる確率を上げたいならば、60はほしいかな?という感じです。偏差値が60あれば、B判定が出るかもしれません。それにある程度たくさん受ければ、1個は最低受かるのではないでしょうか?受験は絶対ということはありませんけど。3科目にしろ、2科目にしろ、最低57くらいはないと、関西学院に太刀打ちは厳しいですし、60あれば理想ですね。英国が得意な受験生は、60というのも可能性はあるのではないでしょうか?3科目だと苦手科目が足を引っ張ってしまうけど、2科目ならば、それがないから60以上というのもありえると思います。60を目標にして勉強を頑張っていってください。

 

【あわせて読みたい記事】

関西学院大学の偏差値での学部の序列や順位の比較は?穴場の学部はあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

大東亜帝国の偏差値は?難易度やレベルは受かりやすい、入りやすいけど簡単ではない?

大東亜帝国といえば、どういったイメージをお持ちでしょうか?大学群の中では比較的有名だと思いま

記事を読む

指定校推薦に合格後の取り消しの理由や過ごし方は?バイトや赤点をとって成績が悪い、欠席が多いなど

指定校推薦は学校内の推薦に通れば、大学の試験を受けてほぼ100%合格が決まります。そして、実

記事を読む

大東文化大学の偏差値は低く難易度はセンター利用が受かりやすい

大東文化大学って、何か個人的に好きなんですよね。偏差値でいえばあまり高くないのですが、名前が

記事を読む

MARCHトップは立教大学?明治大学?1番はどっち?進学はどっちがいいのか?

MARCHのトップは明治大学か?立教大学か?というところはよく争われています。今から10年前

記事を読む

首都大学東京の偏差値はマーチ並!センターのボーダー、足きりは何割?

関東圏の国公立大学で、人気なのが首都大学東京です。名前がパッとしないせいか、受験生や一般の方

記事を読む

明治大学法学部の偏差値や難易度は?合格最低点が高く、基礎の勉強が大切か!?

明治大学の中では偏差値的に抜けている学部はないものの、伝統的に強いのが法学部です。司法試験の

記事を読む

大阪大学と一橋大学はどっちが上?偏差値や入試の難易度で文系を理系を考えてみる

一橋大学は関東では東京大学の次に有名かつ偏差値の高い大学として知られています。しかし、関西で

記事を読む

短大は就職に有利?不利?就職率は高い?就活を始める時期はいつから?

短期大学は就職活動を早く始めないといけないなど、問題点というか、デメリットもあると思うんです

記事を読む

横浜市立大学とMARCHではどっちが上?就職や偏差値、難易度でどっちがいいのか?

横浜市立大学とMARCHは世間から見ると同列に見られているみたいですね。偏差値を比較してみて

記事を読む

公募推薦は欠席日数や遅刻は関係する?部活やってない、帰宅部は不利?受からない?

推薦入試というのは一般入試と同様に幅広く行われている入試形態になります。高校受験や大学受験で

記事を読む

東京外国語大学の偏差値や難易度と倍率は?センターの足きりのボーダーラインはどうなっている?

東京外国語大学は都内の国立大学で、知名度はそこまでないかもしれ

日本史の出題傾向はどこからどこまで?よく出る時代は?どの時代から勉強すると良い?

大学受験で日本史を選ぶ人はどこからやって、どこまでやれば良いの

成城大学の看板学部は?偏差値で学部ごとの順位や序列を比較するとどうなる?

成城大学というのは東京都にある私立大学で偏差値もそれなりに高い

no image
東京外国語大学のキャンパスの雰囲気や立地条件と評判、口コミや就職支援、就職実績など

東京外国語大学は東京都内にキャンパスがある数少ない国立大学です

日本大学商学部の偏差値や倍率は高い?評判やボーダーラインはどうなっているのか?

日本大学商学部に入りたい受験生も多くいるかもしれませんが、日本

→もっと見る

PAGE TOP ↑