併願優遇で基準に満たない場合、内申点が足りない状況でも加点されるケースがある?

公開日: : その他の話題

併願優遇で基準に満たない場合、内申点が足りない状況でも加点されるケースがある? – Retire in their 20s

併願優遇は東京都内の私立高校などで主に実施されている制度です。都立高校が第一志望で、私立高校を併願する際に内申点などを基準にして、私立高校の学力試験で優遇される制度と言えます。併願優遇は入試で加点される措置がとられることが多く、それによって合格する可能性が高まるのです。この併願優遇は内申点が重要になるわけですけど、当然ながら内申が足りない場合もありえるでしょう。併願優遇で内申足りないケースにおいては、そもそも受けることができないのか?という疑問があります。併願優遇で基準に満たないケースではどのように扱われるのか?内申が足りないケースは併願優遇は受けられないのか?そういったところは気になるでしょう。実際に併願優遇で内申が足りないケースはどうなるのか?について知っておくといいです。

 

併願優遇では基準に満たない場合はどうなる?

併願優遇では内申点などの基準が設けられている場合がほとんどであり、この基準に満たないケースが実際に出てきます。普通に考えたら、併願優遇の基準に満たない時点で厳しいとなりそうですけど、必ずしもそうではありません。基準は基本的には内申点ですけど、併願優遇の内申が足りないとしても、別の部分で内申点に加算ができる要素が存在している場合もあるのです。併願優遇の基準は基本的には内申点であり、それに満たないと基本的には優遇されないですが、内申点を高められる方法が存在する場合もあります。これは完全に高校次第なので、それぞれごとに対応の仕方は異なっています。しかし、成績以外の部分で内申点に加点できるというルールになっている高校も存在しているのです。そういった部分で、併願優遇の内申足りないという問題を解決できる場合があるのです。併願優遇は内申点の加点という部分で、認められるケースが実際に存在しています。

 

例えば「英検などの資格を持っている人であれば、何級以上はいくつ加点します」などのルールが存在しているケースがあります。この場合には、所定の資格を取得している場合には、併願優遇の基準に満たない場合であっても、結果的に基準を満たすケースが生まれるのです。併願優遇の内申点が足りない場合でも、基準を満たすことができて、優遇を受けられる場合もあるということです。だから、こういった手段を使うことができる高校ならば、併願優遇で内申足りない状況であっても、なんとかなる場合もあるのです。それぞれの高校の基準を見て、自分の内申点は併願優遇の基準に満たないと思ったとしても、そこで諦める必要はないのです。英検は単なる例なので、それ以外でもいろいろな資格が対象になる場合も考えられます。また、資格以外を対象にするケースもあるでしょう。学業以外の部分で評価してくれる学校もあるはずです。部活動とか、課外活動とか、生徒会とか、そういった部分で併願優遇の内申点が足りない場合の加点が行われる可能性も考えられます。併願優遇で基準の満たないと悩んでいる人であれば、自分が受けたい高校の併願優遇について調べて、そういった部分がないか?をチェックしていきましょう。

 

併願優遇は基準を満たしていても絶対に受かるとは言えない?

併願優遇は基本的に基準に満たない場合には利用できません。だから、併願優遇で内申点が足りないときには、何かしらの策を考えないといけないわけです。でも、基準を満たしていて、実際に優遇が受けられたとしても、絶対に受かるとは言い切れないのです。併願優遇は加点が行われるので、かなり手厚い優遇措置となるため、優遇を受けていない他の受験生と比べたらかなり有利な状況になります。だから、実際問題としては併願優遇は合格する生徒がかなり多いはずです。しかし、絶対に合格が保証されるわけではありません。併願優遇で加点を受けたとしても、合格点に届かないことがあり得るからです。だから、併願優遇で受験する際には、しっかりと対策をしていくべきと言えるでしょう、手段をしていると落ちてしまう可能性がありますから。優遇措置があったとしても、全力を尽くして受験に当たるべきと言えます。でも、第一志望は都立高校などになるわけですから、もちろんそっちの対策も頑張ってもらう必要があります。そこに受かるのが1番望ましいので、基本的には第一志望の対策に1番時間をかけて欲しいと思います。

 

でも、併願優遇に関しても絶対に受かってもらわないと困るという人もいるはずなので、それなりに時間をかけてほしいということです。高校受験はそんなに受けられる数が多くないですから、受験するところに関しては対策をみっちりやっていく必要があります。併願優遇で内申足りないという点があれば、それも悩みの1つでしょうけど、併願優遇で落ちるという状況になれば、それは非常に大きな問題と言えます。併願優遇に関してまずは仕組みなどをきちんと理解して、そのうえでどこが実施しているか?を調べて、それぞれの基準を知ったうえで、自分がその基準を満たしているか?考えていきましょう。そして、実際に併願優遇で受験する高校が決まったら、改めてしっかりと対策をやっていってほしいと思います。そういったプロセスが非常に重要になりますから、併願優遇を検討している人たち、実際に受けることを決めた人たちは覚えておいてほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

神戸大学はオシャレで高学歴、頭いいからモテる?関西では強力なライバルも多いが

神戸大学と言えば、関西ではかなり有名な大学で、非常に頭いいというイメージもあります。そんな神

記事を読む

司法書士講座がある費用、授業料が安い予備校はどこ?

司法書士を目指されている方は、独学で勉強する予定でしょうか?それとも予備校に通って勉強をしよ

記事を読む

横須賀学院高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

横須賀学院高校は神奈川県横須賀市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は京急本線の横須賀中央

記事を読む

東京理科大学の偏差値、難易度は上智並み!受かりやすい学部は?

理系の方が目指す大学と言うと、結構限定されてきますよね。私立大学だと、首都圏では早慶の理系学

記事を読む

インターンシップの面接の服装はスーツが最善?私服はOK?必要なマナーとは?

インターンシップの面接のときには服装がまず着になるかもしれません。どういった服装をしていけば

記事を読む

立正大学の難易度やレベルと大東亜帝国、日東駒専はどっちが上?雰囲気やイメージの比較をしてみた

都心にキャンパスを構える立正大学は知名度はそこまで高くはないかもしれませんが、人気の大学の1

記事を読む

愛知大学のレベルや偏差値は日東駒専や産近甲龍に近い?どのくらいの評価か?

愛知大学のレベルというのはどれくらいになるのか?というと、偏差値で言えば50強くらいが大学全

記事を読む

働きながらの社会人が通える通信制の大学はどこがいい?

高卒で就職したけど、何か大卒資格が欲しくなってくる。そういう人もいるかもしれません。というか

記事を読む

進研模試の難易度やレベルはセンターや共通テストより難しい?受ける意味ないとは言えない理由

進研模試というのは全国の多くの高校で受験しているはずです。ただ、その難易度やレベルについては

記事を読む

東京四大学の偏差値などのレベルやランクは?各大学の序列や順位はどんな感じか?

東京四大学という大学群をご存知でしょうか?これは非常に地味なネーミングですけど、知っている人

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑