日本学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

公開日: : その他の話題

日本学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ? – Retire in their 20s

日本学園高校は東京都世田谷区にある男子校の私立高校です。最寄り駅は京王線、京王井の頭線の明大前駅で、徒歩5分となっています。それ以外にも京王線、東急世田谷線の下高井戸駅から徒歩10分、小田急小田原線の豪徳寺駅から徒歩15分となっています。やはり日本学園高校の偏差値が気になるでしょう。偏差値に関しては特に重要な要素であり、学校のレベルをまず調べていく必要があります。でも、日本学園高校の難易度をチェックするときには、倍率も一緒に把握してほしいです。そして、日本学園高校の評判も知っていきましょう。進学実績などを含めて、学校の実態を少しでも理解しておく必要があると思います。

 

日本学園高校の偏差値や倍率はどれくらいか?

日本学園高校の偏差値に関して、チェックをしていきましょう。偏差値に関してはコースごとに違いがあります。普通科特進コースが55、進学コースが47、スポーツコースが45となっています。特進コースに関しては、それなりに日本学園高校の偏差値が高いですが、それ以外のコースはそこまで難易度が高いとは言えません。だから、日本学園高校のレベルを把握するときには、コースごとに偏差値が異なるという点を理解しておきましょう。日本学園高校の難易度については、こういう偏差値からも把握できますけど、やはり日本学園高校の倍率の情報も重要です。そういった部分も調べておく必要があるでしょう。日本学園高校の偏差値も大切な情報ではあるものの、倍率も含めてちゃんと日本学園高校の難易度を理解してほしいです。

 

では、倍率についてもチェックしていきます。日本学園高校の倍率については、一般入試は1倍台前半となっています。1.1~1.5倍程度であることが多いです。つまり、年度によって日本学園高校の倍率の数字は変動があるということです。しかし、コースごとの差はそんなにないです。スポーツコースが多少低いかな?という気はしますけど、全体的には同じような倍率となっています。日本学園高校の偏差値のみならず、こういった部分も含めて、学校のレベルを評価していくといいです。倍率もやはり必要な情報になってきますから。日本学園高校の難易度について知りたいときには、覚えておきましょう。そして、進学実績についても知っておくといいと思います。日本学園高校の評判にかかわる部分として、こういったところもちゃんと調べておいてほしいと思うのです。

 

日本学園高校の進学実績はどうなっている?

日本学園高校の進学実績をチェックしていきますが、全体的な傾向としては、ボリューム層は日東駒専からGMARCHくらいとなっています。例年30~40人くらいずつそういったレベルの大学に受かっています。早慶上理に関しては、例年10人前後くらいであり、そこまで多い人数ではありません。でも、難関大学にそれなりに受かっている状況は評価できます。日本学園高校の偏差値を考慮したときには、かなり優れた結果と言える可能性もあるでしょう。特進コースはそれなりに難易度が高いですから、そういったコースの人たちが多く有名大学に合格している可能性もありますが。そして、こういった進学実績には指定校推薦などの結果も含まれている可能性もあります。ただ、日本学園高校の進学実績はかなり魅力的と言えるものであり、日本学園高校ではレベルの高い大学に結構受かっています。しかし、国公立大学については、例年合格者があまりいないようです。そういったところも知っておくといいと思います。卒業後の進路に関しては、日本学園高校の評判としてかなり重要なので、事前にしっかりと把握しておいてほしいです。日本学園高校の難易度などを理解しながら、こういう部分もきちんと考慮しておきましょう。

 

日本学園高校の評判はどんな感じか?

日本学園高校の評判を見ていきましょう。在校生や卒業生の口コミをチェックすることで、普段の状況を確認することがしやすいと思います。校則については厳しいとはほとんど言われていません。日本学園高校の校則については、染髪禁止、ピアス禁止、校内でのスマホ禁止などはあるものの、普通くらいという認識の人が多いようで、厳しいという評価をしている人はほとんどいません。そして、いじめに関してもほとんど目撃されていないようです。だから、いじめはほぼないと見ていいかもしれません。それ以外では進学実績に関しては、特進コースの生徒らの影響が大きいと言われています。難関大学の合格については、特進コースの功績が大きいということでしょう。日本学園高校の偏差値では、特進コースはそれなりに高いですから。日本学園高校ではそういう高いレベルの入試を潜り抜けてきただけのことはあると言えるのではないでしょうか?あとは学校の周辺が自然環境に富んでいるところがいいとも言われています。こういう評判はちょっと珍しいですけど、そういう口コミを投稿している人はそれなりに多く見られますから、知っておくといいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

横浜国立大学の都市科学部が新設!受験科目や偏差値、難易度は?学ぶ内容は?どんな勉強をする?

横浜国立大学は学部自体は少ないのですが、毎年多くの受験生が受験している難関国立大学です。その

記事を読む

青山学院大学の併願や滑り止めでおすすめなのはどこがいい?日東駒専や成城、明治学院はありか?

青山学院大学を目指している受験生は多くいると思いますが、青学の滑り止めはどこがいいのでしょう

記事を読む

関西学院と中央大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

関西学院大学と中央大学はどっちが上か?偏差値やレベルを比較したらどうなるのか?そこが気になる

記事を読む

女子大と共学のメリット、デメリットの違いやモテるのはどっち?就職に不利なのは?合わない可能性もある

女子高生は大学進学を考えるときには、男子高校生とは違う部分で迷うかもしれません。というのも、

記事を読む

神奈川県立新城高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立新城高校は神奈川県川崎市中原区にある男女共学の学校となっています。最寄り駅はJR南

記事を読む

武庫川女子大学の偏差値や難易度は?倍率や入りやすい学部とボーダーラインなどの情報

関西には有名な女子大というのがいくつかあるのですが、その中には武庫川女子大学があります。これ

記事を読む

ゼミは入らなくてもいい?ぼっちで辞めたい、行きたくないなどデメリットがあるのを知っておこう

大学のゼミには入らなくても良いという理由は存在します。ゼミは入ったら入ったで楽しい場合とそう

記事を読む

日本大学法学部の偏差値や倍率と評判、合格最低点やボーダーラインはどうか?

日本大学の文系学部の中では特に偏差値が高いのが法学部と言われています。日本大学の場合には理系

記事を読む

首都大学東京の偏差値はマーチ並!センターのボーダー、足きりは何割?

関東圏の国公立大学で、人気なのが首都大学東京です。名前がパッとしないせいか、受験生や一般の方

記事を読む

経済学部はつぶしがきくがつまらない?役に立たない?チャラい人が多いは本当?

経済学部というのは文系の学部でありながら、数学を使うなど非常に厄介な面もあります。実際、私は

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑