北海道大と名古屋大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

公開日: : その他の話題

北海道大と名古屋大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い – Retire in their 20s

北海道大学と名古屋大学はどっちが上でしょうか?偏差値やレベルを比較すれば、そういった点について理解しやすいと思います。どちらも旧帝大であり、非常に難易度が高いと言えますし、頭いいイメージはあるでしょう。しかし、どっちが上と言えるのか?については、気になる人もいるはずです。したがって、今回は北海道大学と名古屋大学の偏差値やレベルの違いを見ながら、優劣を判断していきたいと思います。また、両者のイメージや雰囲気に関しても比較をしていきたいと思うのです。実際のキャンパスライフの雰囲気などを想像したうえで、どっちがいいか?について決めるといいと思います。

 

北海道大学と名古屋大学の学部ごとの偏差値の違いは?

北海道大学と名古屋大学の偏差値やレベルの比較を実際にして、どっちが上か?について調べていきますが、今回は河合塾の偏差値をもとにしていきます。まずは文学部からです。北海道大学が62.5で、名古屋大学が62.5となっています。文学部に関しては難易度は全く同じです。次は法学部ですけど、北海道大学が60.0~62.5で、名古屋大学が60.0です。法学部については、北海道大学の方がやや偏差値が上と評価できます。さらに経済学部はどうか?というと、北海道大学が60.0~62.5で、名古屋大学が60.0です。経済学部も北海道大学の方がレベルは高いでしょう。そして、教育学部に関しては、北海道大学が60.0~62.5で、名古屋大学が60.0です。教育学部も北海道大学の方が難しいと言えると思います。文系はだいたいこんな感じです。

 

理系についても見ていきたいと思います。まずは理学部ですけど、北海道大学が57.5~65.0で、名古屋大学が57.5です。理学部は北海道大学の方がかなりレベルが高い状況です。次は工学部について見ていきますが、北海道大学が57.5~62.5で、名古屋大学が60.0です。工学部については同じくらいの難易度になります。そして、農学部については、北海道大学が57.5~62.5で、名古屋大学が55.0~57.5となっています。農学部に関しては、北海道大学の方が偏差値は上です。最後に医学部ですけど、北海道大学が50.0~65.0で、名古屋大学が52.5~67.5です。医学部は名古屋大学の方が難しいでしょう。理系についても偏差値やレベルの比較をしましたが、だいたいこういった感じです。北海道大学と名古屋大学はどっちが上か?と言えば、文系と理系でやや状況違っており、文系は北海道大学、理系に関しては同じくらいか、北海道大学の方がやや上と言える状況でしょう。両者ともに頭いいと言える学歴ではあるものの、難易度に違いはあると評価できるのです。

 

北海道大学と名古屋大学のイメージや雰囲気の違いは?

北海道大学と名古屋大学のイメージや雰囲気の比較をしていきたいと思います。主にキャンパスの立地条件の違いを見ていきましょう。北海道大学は北海道札幌市にあり、名古屋大学は愛知県名古屋市にメインキャンパスが存在しています。両大学ともほぼ全員がこういった場所にあるキャンパスに通うので、都会的な雰囲気は多少なりとも感じやすいでしょう。ただ、北海道大学についてはどちらかと言えば、自然環境に富んだ部分が特徴的と言えます。だから、都会よりは自然の雰囲気を感じやすいキャンパスという言い方ができるかもしれません。また、北海道大学の場合には敷地面積がかなり広大なので、そこも特徴です。都会的な雰囲気は名古屋大学の方が感じやすいかもしれないですけど、北海道大学は自然と広々とした雰囲気を感じやすいと言えるので、そういった点を覚えておきましょう。そのうえで北海道大学と名古屋大学はどっちがいいか?自分に合っているか?を決めるといいと思います。

 

北海道大学と名古屋大学では就職における違いはある?

北海道大学と名古屋大学に関して、就職の違いはあるのか?というと、ほとんどないのではないか?と思われます。基本的には旧帝大ということで、どちらも非常に偏差値やレベルが高いです。微妙に差はあるものの、気にするほどの差には見えません。したがって、人事としても北海道大学と名古屋大学はどちらも頭いいという評価であり、これといった評価の違いは生じないでしょう。ただ、北海道内、愛知県内で就活をするときには、それぞれの大学の方が評価されるかもしれませんが。だから、就活する場所が決まっていて、それぞれ北海道内、愛知県内であれば、おすすめな方が決まってくるという言い方になるでしょう。ともに難易度がかなり高い大学であるため、多くの就活生よりは有利になれるはずですし、全国的な傾向で言うならば、就職において北海道大学と名古屋大学はどっちがいいか?というと、あまり変わらないという言い方になると思うのです。したがって、就活をする場所によりけりという言い方ができ、北海道でも愛知県でもないような場所、例えば東京で就活をする際には、どっちを選んでもあまり変わらないと評価できるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

中央大学杉並高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

中央大学杉並高校は東京都杉並区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は西武新宿線の上井草駅で

記事を読む

成城大学の英語、国語、選択科目の過去問や入試の傾向と対策は?

成城大学の入試対策を行ううえでは、やはり過去問の研究というのは、必要です。そのうえで英語、国

記事を読む

日本史のセンターから日東駒専までのレベルや難易度は?教科書だけで対策はOK?

日本史を選んでいる人はセンター試験を受ける人も多いと思いますけど、日本史のセンター試験のレベ

記事を読む

横浜創英高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

横浜創英高校は神奈川県横浜市神奈川区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR横浜線の大口

記事を読む

マフラーやストールはいつから使う?気温が何度ならOK?

冬になると、暖かくして外に出かける方が非常に多くなります。特に防寒対策はかなりきっちりやって

記事を読む

神奈川県立津久井浜高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立津久井浜高校は神奈川県横須賀市にある男女共学の公立高校です。最寄り駅は京急久里浜線

記事を読む

指定校推薦の面接での服装は制服?私服?スーツ?時期や日程はいつか?

指定校推薦では校内選考を突破して、いよいよ大学独自の選考に進むとなると、指定校推薦の面接の時

記事を読む

武庫川女子大学の偏差値や難易度は?倍率や入りやすい学部とボーダーラインなどの情報

関西には有名な女子大というのがいくつかあるのですが、その中には武庫川女子大学があります。これ

記事を読む

椙山女学園大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの得点率について

椙山女学園大学は愛知県にある女子大で、このエリアでは特に規模が大きい女子大になります。したが

記事を読む

ナシ婚夫婦は後悔する割合多い?離婚率が低いというメリットも

結婚式をあげない、いわゆる「ナシ婚」が増えているそうですが、今後これがトレンドになるか?は分

記事を読む

神奈川県立金沢総合高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金沢総合高校は神奈川県横浜市金沢区にある男女共学の公

昭和第一高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

昭和第一高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り

藤沢翔陵高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

藤沢翔陵高校は神奈川県藤沢市にある男子校の私立高校です。最寄り

神奈川県立川和高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川和高校は神奈川県横浜市都筑区にある男女共学の公立高

都立小山台高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じか?

都立小山台高校は東京都品川区にある男女共学の公立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑